SBIマネープラザの住宅ローンの口コミや評判は?メリットデメリットなどを解説!

SBIマネープラザの住宅ローンの口コミや評判は?メリットデメリットなどを解説!

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

住宅ローン

SBIマネープラザは、 日本全国に拠点を持っています。

対面で相談が可能な住宅ローンサービスです。

住信SBIネット銀行の低金利のメリットを受けられる点が魅力です。

変動金利の住宅ローンや、全期間固定のフラット35などを提供しています。

変動金利は金利の見直しにより、返済額が増える可能性がありますが、固定金利の場合は金利変動のリスクがない金利タイプです。

固定金利とは、住宅ローンなど金融機関の融資の「金利タイプ(金利の見直し方法)」の一種で、所定の期間中は金利を固定するというもの。つまり、その期間中の金利は変わらず、返済額も同じままということです。

引用元:SUUMO(スーモ)固定金利

また、SBIマネープラザの住宅ローンでは、店舗の立地や取り扱い商品が限定されているなどの注意点もあります。

この記事では、SBIマネープラザの住宅ローンについて、口コミやメリット・デメリットなどをご紹介します。

この記事の内容

  • SBIマネープラザの住宅ローンの口コミ・評判
  • SBIマネープラザの住宅ローンのメリット
  • SBIマネープラザの住宅ローンのデメリット
  • SBIマネープラザの住宅ローンの審査の流れ
  • SBIマネープラザの住宅ローンに関するよくある質問Q&A

SBIマネープラザについて気になる人はぜひ参考にしてください。

【Pick Up】paypay銀行住宅ローン-
paypay銀行住宅ローン
おすすめポイント
    • スマホで書類提出が可能
    • 新規お借入れ時の金利は、「0.250%~」
    • 業界最低水準の金利
実質年率
変動金利:年0,250%~0.290%※2024年2月適用金利 【新規】
限度額
500万円~2億円(10万円単位)
審査時間
3~10営業日
融資時間
1か月程度
公式サイトはこちら

SBIマネープラザの住宅ローンの口コミ・評判

SBIマネープラザの住宅ローンの口コミ・評判

SBIマネープラザの住宅ローンの口コミ・評判について調査しました。

SBIマネープラザの住宅ローンの口コミ・評判には以下のようなものがありました。

SBIマネープラザの住宅ローンの口コミ・評判

  • 疾病保障が充実している
  • 金利が低い
  • 店舗で対面での相談できる

疾病保障が充実している

30代男性

住宅ローンの金利の低さと疾病保障の充実度から、SBIマネープラザを選びました。SBIマネープラザは、対面で相談ができ、些細な疑問も解決できました。そのため、安心して住宅ローンに申し込めました。

金利が低い

40代男性

SBIマネープラザの住宅ローンは、低金利が魅力です。また、対面で相談できたことにより、審査もスムーズに進みました。住宅ローンに申し込む決めてとなったのは担当者の対応の良さでした。

40代男性

住宅ローンの借り換えのために相談を重ねていましたが、最終的に金利の低さと対面での丁寧な対応が理由でSBIマネープラザを選びました。都市銀行と比較しても金利の面でメリットを感じました。また、住宅ローンの借り換えもスムーズに実施することができました。

40代男性

資産運用のために利用していたSBIマネープラザを利用していました。SBIマネープラザは、住宅ローンも取り扱っていることを知り、担当者の勧めで借り入れを決めました。住信SBIネット銀行と同等の金利で住宅ローンを組めて、納得のいく借り入れが可能でした。

店舗で対面での相談できる

30代男性

SBIマネープラザの店舗が近場にあり、疑問点を何度も相談できました。分からない点を何度も丁寧に説明してもらえました。SBIマネープラザの柔軟な対応力に感謝しています。

40代男性

住宅ローンの借り換えを検討中、大手銀行よりも低金利で疾病保障も充実しているSBIマネープラザを見つけました。親切で丁寧に対応してくれる担当者との対面相談をすることにより、安心し住宅ローンのて借り換えを決めました。特に、対面で相談したい人には、SBIマネープラザの住宅ローンをおすすめします。

30代男性

会社近くにSBIマネープラザの店舗があったことをきっかけに住宅ローンの相談を開始しました。SBIマネープラザの担当者の熱心かつ丁寧な説明により、納得して借り入れを行うことができました。審査がギリギリの状況でも、無事にローンを組むことができ、感謝しています。

口コミや評判に多かったのは、相談店舗で対面で住宅ローンのことについて聞けるということでした。

家を買うという大きな買い物についてのローンのため、しっかりと疑問を解消したいという人に対面で相談できるSBIマネープラザがおすすめです。

SBIマネープラザで取り扱っている住宅ローンの種類

SBIマネープラザで取り扱っている住宅ローンの種類

SBIマネープラザで取り扱っている住宅ローンの種類について以下の2つをご紹介します。

  • 住信SBIネット銀行 住宅ローン
  • 住信SBIネット銀行 フラット35

住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローンは、対面で相談や申し込みができる住宅ローンです。

オンライン申込みと同じ金利の低さで住宅ローンを組めるという特徴があります。

また、病気やケガで働けなくなった場合に備えた保障が無料付帯されています。

なお、繰上返済には手数料がかからないという利点もあります。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴

  • 対面で相談できる住宅ローン
  • オンライン申込みと同じ金利
  • 全疾病保障が無料付帯できる
  • 繰上返済手数料無料

住信SBIネット銀行 フラット35

住信SBIネット銀行のフラット35は、全期間固定金利型の住宅ローンです。

金利が固定されており、金利変動による返済額が増えるリスクがありません。

安定した金利で住宅ローンを返済できます。

【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利の住宅ローンです。資金の受取時に返済終了までの借入金利と返済額が確定するため、長期にわたるライフプランが立てやすくなります。

引用元:【フラット35】借入れをご検討の方

また、全疾病保障が付帯されているという利点もあります。

住信SBIネット銀行のフラット35の特徴

  • 全期間固定金利型
  • 全疾病保障が付帯されている
  • 繰上返済手数料無料

なお、フラット35の審査について気になる人は以下の記事をご覧ください。

SBIマネープラザの住宅ローンのメリット

SBIマネープラザの住宅ローンのメリット

SBIマネープラザの住宅ローンのメリットについてご紹介します。

SBIマネープラザの住宅ローンのメリット

  • 低金利
  • 対面での相談ができる
  • 全疾病保障付帯

低金利

SBIマネープラザの住宅ローンの金利は、業界最安水準の低金利です。

SBIマネープラザでは、住信SBIネット銀行の住宅ローンを取り扱っています。

そのため、実店舗でもネット銀行の金利で住宅ローンを組めます。

  • 住信SBIネット銀行の住宅ローンを取り扱っている
  • 変動金利型と固定金利型でも魅力的な金利

なお、住宅ローンの金利について気になる人は以下の記事をご覧ください。

対面での相談ができる

SBIマネープラザの住宅ローンは、対面で相談可能な点が大きな魅力です。

住宅ローンに関する不安や疑問を直接店舗の担当者に相談できます。

対面相談できるため、疑問を口頭で確認できるという利点があります。

  • SBIマネープラザの住宅ローンは対面で相談できる
  • 口頭で相談できるため不安解消につながる

全疾病保障付帯

住信SBIネット銀行の住宅ローンでは、全疾病保障が付帯されます。

病気やケガなどにより、働けなくなった場合のための保障です。

全疾病保障は、金利上乗せなしで付帯されています。

全疾病保障の特徴

  • 病気やケガで働けなくなった時に毎月のローンの返済が0円になる
  • 病気やケガで働けない状態が一定期間経過するとローン残高が0円になる

SBIマネープラザの住宅ローンのデメリット

SBIマネープラザの住宅ローンのデメリット

SBIマネープラザの住宅ローンのデメリットについてご紹介します。

SBIマネープラザの住宅ローンのデメリット

  • 事務手数料が高め
  • 相談できる店舗が都市部に集中している

事務手数料が高め

SBIマネープラザの住宅ローンの事務手数料は、借入金額の2.20%(税込)です。

住宅ローンの業界の中では、比較的事務手数料が高めの設定となります。

事務手数料が最安水準ではないということがデメリットとして挙げられます。

  • 事務手数料は借入金額の2.20%(税込)
  • 業界内で見ると高め

相談できる店舗が都市部に集中している

SBIマネープラザの住宅ローンは、店舗で相談できるのが魅力の1つです。

とはいえ、SBIマネープラザの店舗は、都市部に集中しています。

そのため、地方に住む人にとっては相談しにくいというデメリットがあります。

2024年3月時点では、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県に店舗があります。

SBIマネープラザの相談店舗は以下のとおりです。

SBIマネープラザの相談店舗

  • 新宿中央支店
  • 秋葉原住宅ローンプラザ
  • 大宮住宅ローンプラザ
  • 船橋住宅ローンプラザ
  • 横浜住宅ローンプラザ
  • 名古屋支店
  • 大阪支店
  • なんば住宅ローンプラザ
  • 神戸住宅ローンプラザ
  • 福岡中央支店

上記のように関東を中心に都市部に10店舗あります。

SBIマネープラザの住宅ローンの審査の流れ

SBIマネープラザの住宅ローンの審査の流れ

SBIマネープラザの住宅ローンの審査の流れについてご紹介します。

SBIマネープラザの住宅ローンの審査の流れ

  1. 事前審査(仮審査)
  2. 正式審査
  3. 契約手続き
  4. 融資開始

1. 事前審査(仮審査)

SBIマネープラザの住宅ローンに申し込むと事前審査が開始されます。

借り入れできるかの確認となり、以下のような内容を申し込み書に記載します。

申込書記入内容

  • 氏名
  • 生年月日
  • 年収
  • 希望借入金額
  • 希望借入期間
  • 物件情報

また、以下のような書類が必要になります。

提出書類

  • 本人確認書類
  • 所得証明書類
  • 物件資料

審査期間は最短で3日間です。

2. 正式審査

事前審査を通ると正式審査に進みます。

事前審査よりも詳細な情報により審査が行われます。

一般的に、正式審査は5営業日程度で完了します。

3. 契約手続き

正式審査に通ると、契約手続きに進みます。

書面契約や電子契約などの方法があります。

4. 借入開始

契約完了後、融資実行日に融資を開始します。

融資実行が開始すると翌月か翌々月から住宅ローンの返済が始まります。

融資実行後のお問い合わせ先は、住信SBIネット銀行となります。

SBIマネープラザの住宅ローンに関するよくある質問Q&A

SBIマネープラザの住宅ローンに関するよくある質問Q&A

SBIマネープラザの住宅ローンに関するよくある質問とその回答についてご紹介します。

よくある質問

  • SBIマネープラザの審査期間はどれぐらいですか?
  • SBIマネープラザとはどのようなものですか?
  • SBIの住宅ローンは最長何年ローンですか?

SBIマネープラザの審査期間はどれぐらいですか?

住宅ローンの審査には、仮審査と正式審査があるのが一般的です。

仮審査と正式審査にかかる審査期間は以下のとおりです。

審査期間
仮審査(事前審査) 一般的に3営業日程度
正式審査 一般的に5営業日程度

SBIマネープラザとはどのようなものですか?

SBIマネープラザは、日本全国に拠点を持つ相談店舗です。

住宅ローンの相談を対面でできる店舗となります。

住宅ローン以外にも、証券取引や保険などについても取り扱っています。

SBIマネープラザで取り扱いがあるものの例

  • 株式
  • 債権
  • 投資信託
  • 保険
  • 住宅ローン
  • 年金

SBIマネープラザの住宅ローンは最長何年ローンですか?

SBIマネープラザの住宅ローンでは、最長35年の借入れが可能です。

とはいえ、申し込み年齢と完済時年齢に条件があります。

申込と完済に関する年齢条件
申込可能年齢 20歳以上65歳以下
完済時年齢 80歳未満

SBIマネープラザの住宅ローンは対面でローンの相談をしたい人におすすめ

SBIマネープラザの住宅ローンは相談店舗で対面で話せるのが大きな特徴です。

また、金利も業界最安水準という魅力もあります。

ネットで住宅ローンを申し込むのが不安な方や、対面でしっかりと話を聞いてローンを組みたい人におすすめです。

店舗が都市部に集中しているため、お近くに相談店舗があるか調べてから検討することを推奨します。

住宅ローンにはさまざまな種類があるため、それぞれの特徴を踏まえた上で決めてください。

なお、当サイト(マネースタジオ)には、他にも住宅ローンについての記事があります。

気になる記事があれば、ぜひご覧ください。

住信SBIネット銀行住宅ローンの口コミ・評判は?デメリットやよくある質問などを解説!

住信SBIネット銀行住宅ローンの借り換えはお得?金利や借り換え時の注意点を解説

住宅ローン借り換えの目安とは?借り換えタイミングやメリット・デメリットも解説

SBI新生銀行の住宅ローンには落とし穴があるってホント?借入前に知っておきたいデメリットについて解説