ブラックOK・即日融資OKの中小消費者金融は存在する?ブラックでも借入ができる人の特徴や審査なしでお金を借りる方法を紹介

ブラックOK・即日融資OKの中小消費者金融は存在する?ブラックでも借入ができる人の特徴や審査なしでお金を借りる方法を紹介
消費者金融

公共料金の支払いや税金の納付を怠ったなどで、金融事故を引き起こし、信用情報(下記参照)に傷がついた方は「ブラックリスト」に名前が記入されます。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。
そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。
そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

引用元:CIC信用情報とは

ブラックリストに載ってしまった場合、カードローンでお金を借りられるのでしょうか。

結論、大手消費者金融のカードローンは審査に通らない可能性が高いです。

なぜなら大手消費者金融はコンピューターによる自動審査が行われるため、ブラックリストに載っているだけで審査に落とされてしまうのです。

一方で中小の消費者金融なら「独自審査」が行われるため、お金を借りられる可能性があります。

そこで今回は、「ブラックでも借りれる可能性があるおすすめの中小消費者金融」を厳選して紹介します。

また、「借入審査の通過率を引き上げる方法」「審査なしでお金を借りる方法」も紹介します。

この記事で分かること

  • ブラックでも借りれる可能性があるおすすめの中小消費者金融
  • 中小消費者金融以外でブラックの方がお金を借りる方法
  • ブラックの方がお金を借りるときの注意点
  1. ブラックでも借りれる可能性があるおすすめの中小消費者金融
    1. ダイレクトワン
    2. セントラル
    3. フクホー
    4. エイワ
    5. アロー
    6. いつも
    7. フタバ
    8. ニチデン
    9. スカイオフィス
  2. ブラックでも中小消費者金融なら審査に通る可能性はある?
    1. 大手消費者金融で借りられなかった方が申し込みに来る
    2. 独自の審査基準を設けているため
  3. ブラックOKの中小消費者金融でもお金を借りるのが難しい理由
    1. 貸し倒れリスクがあるため
    2. 審査では個人信用情報が必ず参照される
  4. プラックでも中小消費者金融からお金が借りられる可能性がある方
    1. 個人信用情報に事故登録が行われていない
    2. 滞納・延滞などの経歴がない方
    3. 前回の申請から半年以上が経過している方
    4. 総量規制が上限に達していない方
    5. 安定した収入が得られる仕事に従事している
  5. 中小消費者金融以外でブラックの方がお金を借りる方法
    1. 質屋を利用する
    2. 家族や友人に頼る
    3. 保険の契約者貸付を利用する
    4. 会社の従業員貸付制度を利用する
    5. 総合支援資金を利用する
  6. ブラックの方がお金を借りるときの注意点
    1. ブラックOKを謳う消費者金融は利用しない
    2. 個人間融資は利用しない
    3. 給与ファクタリングは利用しない
    4. 短期間に複数社に借入申込を行わない
  7. ブラックOKの中小消費者金融に関する質問
    1. 中小消費金融ならブラックでも借入ができる可能性がある理由は?
    2. 自分がブラックかどうかを確認する方法は?
    3. ブラックの状態を改善する方法はある?
    4. ブラックの状態で中小商社金融からお金を借りるのはリスキー?
    5. ブラックの状態で中小消費者金融から即日融資を受けることはできる?
  8. ブラックの方でも中小消費者金融でなら借入ができる可能性がある

ブラックでも借りれる可能性があるおすすめの中小消費者金融

「ブラック」と呼ばれている方々でも特定の条件を満たしている場合であれば、消費者金融から融資を受けられる一方、場合によっては、これから紹介する機関からも借り入れを拒まれる恐れがあります。

ここからは、ブラックでも借入ができる可能性がある金融機関を9社紹介します。

また、下記一覧は今回紹介する中小消費者金融の特徴をまとめたものです。

中小消費者金融カードローン ダイレクトワン セントラル フクホー エイワ アロー いつも フタバ ニチデン スカイオフィス
金利 4.9%~18.0% 年4.8%~年18.0% 7.30%~18.0% 10万円未満:年19.9436%
10万円以上:17.9507%
年15.0%~年19.94% 年4.8%~年18.0% 10万円未満 :14.959%~19.945%
10万円以上:14.959%~17.950%
7.3%~17.52% 年15.00~20.00%
借入限度額 1万円~300万円 1万円~300万円 200万円 1万円~50万円 最大200万円 1万円~500万円 1万円~50万円 50万円 1万円~50万円
審査期間 最短30分 非公開 非公開 非公開 最短45分 最短30分程度 非公開 最短10分 最短30分程度
融資スピード 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
電話連絡 原則あり 原則あり 原則あり 原則あり 原則なし 原則なし 原則なし 原則あり 原則あり
郵送物の有無 なし なし なし あり あり あり なし なし なし
申込受付時間 24時間 24時間 24時間 24時間 24時間 24時間 24時間 24時間 24時間
申込対象年齢 20歳~69歳まで 満20歳以上 満20歳以上 満20歳以上満79歳以下 満25歳以上満65歳以下 満20歳以上満65歳以下 満20歳以上 満20歳以上 満20歳以上

ダイレクトワン


ダイレクトワン

金利 4.9%~18.0%
借入限度額 1万円~300万円
審査期間 最短30分
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則あり

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループに属する消費者金融で、金融庁認可の下で運営されている信頼性の高い金融機関です。

当行は、一般的な消費者金融のサービスを提供しており、その審査基準は銀行系大手消費者金融とほぼ同様であることが特徴です。

中堅や中小の消費者金融と異なり、ダイレクトワンは「ブラックリスト」に載った個人に対しても厳格な審査基準を適用します。

多くの場合、これらの個人は過去に金融事故を起こしており、信用情報が損なわれているため、借入の際には審査に落ちる可能性が高いです。

このことは、ダイレクトワンが信用情報を重視し、リスクを避けるための厳しい審査基準を設けていることを示しています。

ダイレクトワンに関して一部で「ブラックでも借り入れ可能」という噂がありますが、これは根拠のない情報であり、実際の審査は非常に厳格です。

特に、他社からの借入を滞納している人や債務整理を行っている人は、ダイレクトワンの審査を通過することはほぼ不可能です。

セントラル

セントラル

金利 年4.8%~年18.0%
借入限度額 1万円~300万円
審査期間 非公開
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則あり

セントラルは、創業から40年以上の歴史を持つ消費者金融で、特に債務整理や自己破産の経験がある方への融資実績を有しています。

この金融機関は、全国のセブン銀行ATMを利用して手軽に借入が可能です。

特筆すべきは、初めての利用者に対する最大30日間の無利息期間の設定です。

この期間は利息負担を大幅に軽減し、資金調達の負担を減らすことができます。

セントラルのサービスは、忙しい人にとっても便利な即日融資対応を含みます。

これには、24時間オンラインでの申し込み、Web完結の手続き、郵送物や電話連絡が不要なシステムがあり、カードレスでの取引が可能です。

さらに、保証人の要求がなく、学生でも利用できる点も魅力的です。

融資に関しては、年4.8%から18.0%の範囲の金利が適用され、少額融資にも対応しています。

フクホー

フクホー

金利 7.30%~18.0%
借入限度額 200万円
審査期間 非公開
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則あり

フクホーは、50年以上の歴史を持つ信頼されている消費者金融業者で、日本貸金業協会の会員企業として確固たる地位を築いています。

この金融機関は特に即日融資に対応しており、今すぐお金を必要とする人々にとって非常に便利な選択肢です。

24時間365日、インターネットや電話を通じて申し込み可能で、忙しい日中でも都合の良い時間に手続きができるのが大きな特徴です。

フクホーのサービスはカードレスで、保証人不要、学生でも利用できるなど利便性が高く、年利は7.30%から18.00%の範囲です。

無利息期間は設けられていませんが、来店不要で手続きが完結するため、時間と手間を節約できます。

仮審査に通過すると、契約書類はセブンイレブンのマルチコピー機で受け取ることができ、迅速に手続きを進めることが可能です。

エイワ

エイワ

金利 10万円未満:年19.9436%
10万円以上:17.9507%
借入限度額 1万円~50万円
審査期間 非公開
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則あり

エイワは、店舗での直接相談に基づく「対面与信」方式を重視する消費者金融会社です。

このアプローチは、人柄や個人の状況を考慮した柔軟な審査を可能にし、特に困難な状況にある方々にとっては頼りになる存在です。

エイワは、主に小口融資を行っており、借入限度額は1万円から最大50万円までとなっています。

この金融機関は、主婦、パート、アルバイト、学生など幅広い層に対して融資を行っています。

エイワの大きな特徴の一つは、人間性を重視した審査プロセスです。

直接店舗の担当者と対話することで、個々の状況やニーズを詳細に伝えることができ、それに基づいた融資の検討が可能です。

アロー

アロー

金利 年15.0%~年19.94%
借入限度額 最大200万円
審査期間 最短45分
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則なし

アローは、迅速で便利な消費者金融サービスを提供する企業です。

特にWeb完結型のサービスを重視しており、外出することなく、家族や職場に借入が知られることなく手続きを行うことができます。

そのため、プライバシーを重視する利用者にとっては理想的な選択肢となります。

アローのカードローンは、最短45分でのスピーディーな審査が特徴で、即日融資も可能です。

この迅速なサービスは、急ぎで資金が必要な方に特に適しています。

また、申し込みから契約までのすべての手続きがWeb上で完結するため、郵送でのやり取りや窓口への来店が不要です。

これにより、手続きの簡便さとプライバシーの保護が両立されています。

いつも

いつも

金利 年4.8%~年18.0%
借入限度額 1万円~500万円
審査期間 最短30分程度
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則なし

「いつも」は、その利便性と利用者に優しい無利息期間で注目を集める消費者金融業者です。

この金融機関の最大の特徴は、最大60日間の長めの無利息期間を提供する点にあります。

これは、多くの大手消費者金融の無利息期間が最大で30日間であることを考慮すると、特に長く利用者にとってお得な条件です。

いつもは、スマートフォン完結型のサービスを提供しており、どこからでも手軽に借入の申し込みが可能です。

24時間365日のオンライン申込みと即日振り込みに対応しているため、急な資金需要にも迅速に応えることができます。

さらに、郵送物やカードがなく、借入がバレにくい点も多くの利用者にとって魅力的です。

フタバ

キャッシングのフタバ

金利 10万円未満 :14.959%~19.945%
10万円以上:14.959%~17.950%
借入限度額 1万円~50万円
審査期間 非公開
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則なし

フタバは、利息の負担を軽減したい人や忙しい人に適した消費者金融業者です。

特に過去に延滞事故、債務整理、自己破産などの経験があるブラックの方の申し込みも積極的に受け付けています。

この金融機関のサービスは、利便性を重視し、来店不要でWeb上での申し込みが可能です。

フタバの大きな特徴は、初めて利用する際に提供される最大30日間の無利息サービスです。

これにより、初回利用者は利息負担を抑えながら資金を調達できます。

これらの特徴から、フタバは幅広い層の利用者にとってアクセスしやすい消費者金融といえるでしょう。

ニチデン

ニチデン

金利 7.3%~17.52%
借入限度額 50万円
審査期間 最短10分
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則あり

ニチデンは、関西地方を中心に展開する中小消費者金融業者です。この金融機関は、特に柔軟で迅速な審査と融資を提供することで知られています。

ニチデンは初回利用者に対して、最大100日間の無利息期間を提供しており、このキャンペーンを活用することで利用者は利息負担を大幅に軽減できます。

特に信用情報に不安を抱えている方にとって、このような条件は非常に魅力的です。

また、ニチデンではスマートフォンからの申し込みにも対応しており、外出せずにカードローンと契約することが可能です。

この点は特に、忙しくて店舗に足を運ぶことが難しい方や、プライバシーを重視する方にとって便利です。

スカイオフィス

スカイオフィス

金利 年15.00~20.00%
借入限度額 1万円~50万円
審査期間 最短30分程度
融資スピード 最短即日
電話連絡 原則あり

スカイオフィスは福岡県に本店を構える中小消費者金融業者で、独自の審査基準を設けています。

この金融機関の最大の特徴は、その迅速な審査プロセスです。申し込みから最短30分で審査が完了し、即日融資も可能です。

このスピーディーなサービスは、急な資金調達を必要とする方にとって大きな利点となります。

スカイオフィスの審査には柔軟性があり、信用情報に問題がある方や他社からの借入が複数ある方でも、返済能力があれば審査に通過する可能性があります。

このため、信用情報に不安を持つ方や他社での借入に苦戦している方にとっても選択肢の一つとなり得ます。

ブラックでも中小消費者金融なら審査に通る可能性はある?

中小消費者金融は、ブラックリストに載っている方々にも融資のチャンスを提供することがあります。

これは、大手消費者金融と比較して、中小消費者金融が持つ特有の柔軟な審査基準に由来しています。

大手消費者金融で借りられなかった方が申し込みに来る

大手消費者金融の厳格な審査基準により融資を断られた方々は、代替の融資先として中小消費者金融を選びます。

中小消費者金融は、これらの顧客層を対象にしており、大手に比べて融資のハードルが低い傾向にあります。

これは、中小消費者金融が特定の市場ニーズを満たし、より幅広い顧客層にサービスを提供しようとする結果です。

独自の審査基準を設けているため

中小消費者金融の最大の特徴は、その独自の審査基準にあります。

大手消費者金融が一般的に採用する画一的な審査基準とは異なり、中小消費者金融では個々の申込者の状況をより詳細に考慮します。

これにより、過去に金融事故を起こしたり、信用情報に問題がある方々でも融資を受けられる可能性が高まります。

この柔軟な審査プロセスは、多様な顧客のニーズに応えるために設計されており、ブラックリストに載っている方でも融資の扉が開かれる可能性があるのです。

ブラックOKの中小消費者金融でもお金を借りるのが難しい理由

前節で、中小消費者金融であれば、ブラックの方でも借入ができる可能性があると述べましたが、借入前に行われる審査で参照される情報次第では借入を断られる可能性があります。

最も、中小消費者金融でも、融資を受ける際、個人の信用情報を重要視しています。

特に信用情報機関に長期滞納や債務整理などの事実が登録されている「超絶スーパーブラック」とされる方々は、中小消費者金融でも融資を受けるのは困難です。

これは、過去の金融事故が金融機関にとって高い貸し倒れリスクを意味するからです。

ここからは、ブラックOKの中小消費者金融でもお金を借りるのが難しいと言われる理由について解説します。

貸し倒れリスクがあるため

金融機関は貸し倒れを避けるために、借り手の信用情報を厳しくチェックします。

特に超絶スーパーブラックの方は、過去に金融事故を起こしている可能性が高いため、これが大きなネガティブ要因となります。

金融機関はこのような高リスクな顧客に対して、通常は融資を行わないポリシーを持っています。

これは、将来的に返済が滞る可能性が高いと判断されるためです。

審査では個人信用情報が必ず参照される

消費者金融のカードローン審査では、申込者の個人信用情報が必ず参考にされます。

この情報には、借入額、借り入れ件数、そして過去の債務状況などが含まれています。

特に、金融事故が記録されている場合、それは新規のカードローン契約を結ぶ際に大きな障害となります。

ただし、信用情報機関の事故情報が消えていれば、融資の可能性は再び生まれるため、自身の信用情報を確認し、状況を正確に把握することが重要です。

プラックでも中小消費者金融からお金が借りられる可能性がある方

ブラックリストに載っている方でも、特定の条件を満たしていれば、中小消費者金融から融資を受けることが可能です。

  • 個人信用情報に事故登録が行われていない
  • 滞納・延滞などの経歴がない方
  • 前回の申請から半年以上が経過している方
  • 総量規制が上限に達していない方
  • 安定した収入が得られる仕事に従事している

こでは、融資を受ける可能性がある方の特徴について詳しく解説します。

個人信用情報に事故登録が行われていない

信用情報機関に事故情報が登録されていない方は、カードローンの審査に通過する可能性が高まります。

金融事故の情報は一定期間(約5〜10年)経過後には消去されます。

この期間が経過している場合、過去の金融事故が審査に影響を与えることは少なくなります。

滞納・延滞などの経歴がない方

滞納や延滞が60日以上ない方は、信用情報機関にブラックとして登録されるリスクが低く、審査に通る可能性があります。

定期的な返済履歴があると、貸金業者からの信用を得ることができ、審査に有利に働きます。

前回の申請から半年以上が経過している方

前回のカードローン申請から半年以上経過している方は、再度の審査に通る可能性があります。

短期間に複数の金融機関に申し込む行為は信用情報に影響を与えるため、半年以上の間隔を空けることが望ましいです。

総量規制が上限に達していない方

年収の1/3未満の借入れであれば「総量規制(下記引用参照)」の範囲内であるため、融資を受けられる可能性が高いです。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用元:日本貸金業協会貸金業法について

これは個人が過度な借金をすることを防ぐための規制であり、この範囲内であれば金融機関は融資を行いやすくなります。

安定した収入が得られる仕事に従事している

安定した収入がある方は、返済能力があると見なされ、ブラックでも融資を受けやすくなります。

金融機関は借入者が返済可能であるかを重視するため、安定した職業に就いていることは大きな利点となります。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミスプロミス
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短20分融資!
審査スピード
最短20分!
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短20分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!

中小消費者金融以外でブラックの方がお金を借りる方法

ブラックリストに載っている方々でも、消費者金融以外にもお金を借りる方法はいくつか存在します。

ここでは、それらの代替手段について詳しく解説します。

質屋を利用する

質屋は、ブランド品や家電などの品物を担保にして即日で現金を調達できる手段です。

この方法は、信用情報が審査基準にならないため、ブラックリストに載っていても利用可能です。

ただし、期限内に返済できない場合は担保品を失うリスクがあるため、注意が必要です。

家族や友人に頼る

家族や友人からの借入は、形式的な審査がないためブラックリストに影響を受けません。

しかし、関係が悪化するリスクがあるため、借入時は借用書を作成するなどの形式を取ることが重要です。

また、税法上の問題も考慮する必要があります。

保険の契約者貸付を利用する

終身保険や養老保険などの積立型保険に加入している場合、契約者貸付制度を利用して借り入れが行えます。

この方法は、保険解約せずに融資を受けられる利点がありますが、借入額が増えると将来の保険金受取額が減少するリスクがあります。

会社の従業員貸付制度を利用する

一部の企業では、従業員を対象とした貸付制度が提供されています。

これは福利厚生の一環として、特定の目的で低利あるいは無利子での融資が可能です。

ただし、利用できるのは主に正社員であり、利用目的や条件が限定されていることが多いです。

総合支援資金を利用する

失業者などを対象にした国の総合支援資金は、一時的な資金需要に応じる制度です。

連帯保証人がいる場合、無利子での貸付が可能ですが、審査や手続きに時間がかかるため、緊急性の高い資金調達には向いていないことがあります。

ブラックの方がお金を借りるときの注意点

ブラックの方がお金を借りる際には、いくつかの重要な注意点があります。

これらの注意点を怠ると、犯罪に巻き込まれたり、深刻なトラブルに発展するリスクが高まります。

ブラックOKを謳う消費者金融は利用しない

ブラックOKと宣伝する消費者金融は、法律に違反している「闇金(下記引用参照)」である可能性が高いです。

貸金業法では返済能力を超えた融資を禁止しており、ブラックの方に対して確実に融資を約束する業者は信用できません。

貸金業を営む場合、貸金業規制法に基づき、国(財務局)か都道府県の登録を受けなけれ
ばなりません。それにもかかわらず無登録で貸金業を営む業者は、ヤミ金融業者と呼ばれて
います。また、最近では、登録業者を含め、法律に違反するような高金利で貸付けを行った
り、悪質な取立てを行ったりする業者もヤミ金融業者と呼ばれています。

引用元:金融庁ヤミ金融対策法のポイント 

これらの業者から借り入れると、「法外な金利」や「悪質な取り立て」に遭う可能性があります。

個人間融資は利用しない

SNSやインターネット上で見かける個人間融資(下記引用参照)の提案は、極めてリスクが高いです。

・ 個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業に該当します。
・ 不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法の規定に抵触する場合があります。
・ 個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

引用元:金融庁 消費者金融・暗号資産交換業者・プリペイドカード等について 

個人間融資は、「犯罪被害に遭う」「トラブルに巻き込まれる」など多くの危険性があります。

給与ファクタリングは利用しない

給与ファクタリングは、本来は事業者向けの資金調達手段ですが、個人を対象としたサービスも存在します。

しかし、これらの中には違法な闇金業者が紛れ込んでいることがあり、高額な手数料を請求されるリスクがあります。

給与ファクタリングは、法的なリスクや財務上の危険を伴うため、利用は避けるべきです。

短期間に複数社に借入申込を行わない

短期間で複数の消費者金融に借入申し込みを行う行為は、信用情報に悪影響を及ぼします。

複数の申し込みは、財務状況が不安定であることの兆候と見なされ、審査の際に不利に働くことがあります。

したがって、一度に多くの貸金業者に申し込むのは避けるべきです。

ブラックOKの中小消費者金融に関する質問

中小消費者金融は、ブラックリストに載っている方々にも融資の機会を提供することがあり、その背景やリスクについて理解することが重要です。

中小消費金融ならブラックでも借入ができる可能性がある理由は?

中小消費者金融は、大手金融機関と比較して柔軟な審査基準を持っていることが多いため、ブラックリストに載っている方でも借入の可能性があります。

これは、中小消費者金融が個々の顧客の状況を詳細に検討し、独自の基準に基づいて融資を行うためです。

自分がブラックかどうかを確認する方法は?

自身がブラックリストに載っているかどうかを確認するためには、CIC、JICC、KSCなどの信用情報機関に情報開示を申請する方法があります。

これにより、自分の信用情報を確認し、現在の信用状態を把握することができます。

ブラックの状態を改善する方法はある?

ブラックの状態を改善するには、「定期的に返済を行うこと」、「新たな借入れを制限すること」、「信用情報機関に状況を説明しアドバイスを求めるなど」の手段があります。

信用情報の改善には時間がかかるため、長期的な視点での取り組みが必要です。

ブラックの状態で中小商社金融からお金を借りるのはリスキー?

ブラックの状態で中小消費者金融からお金を借りる際には、高い金利や厳しい返済条件などのリスクが伴います。

また、返済能力を超えた借入れは信用情報のさらなる悪化を招く可能性があるため、慎重な計画が必要です。

ブラックの状態で中小消費者金融から即日融資を受けることはできる?

ブラックリストに載っている状態で中小消費者金融から即日融資を受けることは可能ですが、審査に通るかどうかは確約されていません。

即日融資を提供する中小消費者金融も存在しますが、信用状態が低いと審査が厳しくなり、即日融資が難しい場合もあります。

ブラックの方でも中小消費者金融でなら借入ができる可能性がある

ブラックリストに載っている方でも、中小消費者金融(街金)を中心に融資を受ける道は閉ざされていません。

これらの金融機関は大手に比べて審査基準が柔軟であり、借入件数が少なければ融資を受けることが可能なケースがあります。

ただし、どの金融機関も個々の信用状態を基に融資判断を行うため、借入可能性は個人の状況によって異なります。

一方、ブラックの状態でも、信用情報機関からの事故情報が消えている場合は、一定のチャンスがあります。

信用情報の開示を申請し、現在の登録状況を確認することが第一歩です。

この情報に基づいて、どの金融機関が融資可能かを探ることが重要です。

また、金融事故情報がまだ残っている場合は、保険の契約者貸付制度や国の支援制度を利用することも検討する価値があります。

これらの方法は、通常の消費者金融のカードローンよりも手軽かつ安全に資金を調達する手段となる可能性があります。