リボ払いはやばい?危険?怖いと言われる理由と知らずに利用するリスクや注意点を解説

リボ払いはやばい?危険?怖いと言われる理由と知らずに利用するリスクや注意点を解説
クレジットカード

金銭的な余裕がないとき、毎月1万円の支払いで数万円~数十万円の商品を購入できると判断して、リボ払いをした経験がある方もいるのではないでしょうか。

しかし、安易にリボ払いの仕組みを知らず、繰り返し高額な支払いに利用してしまうのは非常に危険です。

この記事では、リボ払いの仕組みやリボ払いを続けるリスクと危険性に加え、リボ払いをやめたいと思ったときの対処法を紹介します。

また、リボ払いの一括返済におすすめの借り換え・おまとめローンも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

  • リボ払いの危険性とリスク
  • リボ払いの仕組みと分割払いとの違い
  • リボ払いを一括返済する方法
  • リボ払いの返済におすすめの借り換え・おまとめローン
【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

リボ払いがやばい・危険と言われる理由

そもそも、リボ払いはなぜ利用するとやばい、怖いと言われているのでしょうか。

まずは、リボ払いを安易に利用し続ける危険性やリスクについて解説します。

  1. 高い手数料がかかる
  2. 毎月の支払額が少ないほど最終的に支払う金額が増える
  3. 複数の商品をリボ払いにすると危険

①高い手数料がかかる

ショッピングやサービス利用時にリボ払いを選択すると、商品購入代に金利が上乗せされます。金利はクレジットカード会社によって異なりますが、15%程度が目安です。

100万円をリボ払いして年間手数料が15万円かかるようなケースでは、月々の支払いに手数料が12,500円加算されている状態になります。

返済が遅くなればなるほど金利が発生し、手数料の負担が増える仕組みです。

これは、カードローンや借金の仕組みと同じであり、リボ払いの利用金額が高額になるにつれ、金利を返すだけで精一杯になってしまいます。

実際にリボ払いの残高が金利によって返せなくなり、自己破産したケースも少なくありません。

リボ払いで借りたお金は立替金と呼ばれることもあり、借金という印象が少ないですが、カード会社に借金をして購入しているということを忘れないようにしましょう。

②毎月の支払額が少ないほど最終的に支払う金額が増える

リボ払いは、毎月の支払金額を少なく抑えられるため、魅力的に感じるかもしれません。

しかし、リボ払いでの購入は、実際には一括購入よりもさらに高額な費用を支払っている状態です。

リボ払いの月々の支払金額は、少なければ少ないほど利息が膨れ上がり、最終的に支払う金額が高くなります。

リボ払いの仕組みを理解せず、毎月の支払金額が少なく抑えられることを理由にして安易に手を出すと、大きな損をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

③リボ払いを複数利用すると危険

リボ払いを利用する上でもっとも危険なことは、リボ払いを複数利用してしまうことです。

支払いが先送りできる利便性だけを見て次々に支払いをリボ払いにしてしまうと、支払い総額が把握できなくなります。

気づけば残高が膨れ上がって利息負担も大きくなり、最終的には支払い困難に陥りかねません。

リボ払いで破産する人は、リボ払いの複数利用が原因になるケースが多い点が特徴です。

どうしてもお金が用意できず、リボ払いに頼って計画的に返済するのであれば問題はありませんが、便利だからすべてリボ払いで支払うという使い方は問題があります。

リボ払いを複数利用する際は、必ず現在の残高を把握し計画的な返済計画を立てて利用するようにしてください。

リボ払いとは?仕組みと種類について

リボ払いは、リボルビング払いの略で、毎月一定の支払額に利息(手数料)を加えて支払う決済方法の1つです。便利な反面、一括払いと比べて支払総額が高くなります。

リボ払いの支払い方法は、以下の2種類です。

  • 定額方式
  • 残高スライド方式

ここからは、それぞれどのような仕組みの支払い方法なのか、さらに分割払いとリボ払いにはどのような違いがあるのかについて解説します。

定額方式

定額方式とは、支払残高に関係なく月々の支払いを一定額にする支払い方法です。

支払い金額を毎月一定額に調整できるメリットがある一方で、残高が増えても返済金額が変わらず、最終的な手数料の負担が大きくなります。

また、定額方式にはそれぞれ「元金定額」と「元利定額」の2種類の支払い方法があるのも特徴です。

元金定額方式は、毎月一定の支払額に利息(手数料)が含まれていない支払い方式のことを指します。利息が加算されるため、支払い金額が変動する点が特徴です。

<例>元金定額方式で毎月1万円ずつ支払うコースの場合

元金10,000円+利息=毎月の支払額

一方で、元利定額方式は、毎月一定の支払額にリボ払い手数料が含まれる支払い方法になります。支払金額が一定額に調整できるため、毎月の支払い金額が把握しやすい点が特徴です。

<例>元利定額方式で毎月1万円ずつ支払うコースの場合

元金+利息=毎月10,000円ずつの支払い

元金と元利の違いは、毎月の支払い金額に利息が含まれるか含まれないかという点にあります。

元利定額方式の場合、支払いに占める利息の負担が大きいとリボ払いの元金が減らず、利息だけを支払っている状態になることがあるため注意しなければなりません。

残高スライド方式

残高スライド方式は、支払残高に応じて返済額が変わる支払方法です。

例えば、残高が10万円以内であれば1万円、50万円であれば5万円といった形です。10万円以内なら5,000円、20万円以内で1万円など、返済額の設定はクレジットカード会社によって異なります。

また、残高スライド方式にも、元金方式と元利方式がある点に注意しなければなりません。

クレジットカードでリボ払いを利用する場合は、事業者ごとに支払い方法が異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

分割払いとの違い

リボ払いと分割払いは、利用金額を毎月分割して支払うという点では同様の支払い方法です。

大きな違いは、支払い金額を指定するか、支払い回数を指定するかという点にあります。

リボ払いは毎月の支払金額を指定できますが、支払い回数は指定できません。

一方で、分割払いは、支払総額を指定した回数で分割して支払うため、金額は指定できませんが完済するタイミングを設定できます。

この違いを理解した上で、利用する支払い方法を選択することが大切です。

リボ払いを利用しない方が良い人の特徴

リボ払いを利用しない方が良い人の特徴は、以下の3点です。

  • 仕組みが理解できていない
  • お金を計画的に使うことができない
  • 高い金利を払いたくない

それぞれ詳しく解説します。

仕組みが理解できていない

リボ払いの仕組みが理解できていない人は、リボ払いの利用は避けた方が良いでしょう。

リボ払いは、毎月の支払金額を抑えられる反面、手数料として支払う利息はカードローンなどの借り入れに適用される利率とほぼ同等です。

支払い期間が長くなればなるほど、利息の負担が大きくなってなかなか返済できず、かえって家計の負担になる可能性があります。

適切に利用すれば便利な支払い方法ではあるものの、仕組みを正しく理解した上で利用するようにしましょう。

お金を計画的に使うことができない

普段からお金を計画的に使うことができていない人は、リボ払いの利用に適していません。

リボ払いを計画的に利用しなければ返済負担が大きくなり、利息が膨らんで返済が困難になる可能性があるためです。

普段からお金を計画的に使うことができているのであれば、リボ払いも計画的に利用できるでしょう。

しかし、支払い金額の把握や小まめな残高確認、計算などが苦手な場合は、リボ払いではなく完済期間が指定できる分割払いの利用がおすすめです。

高い金利を払いたくない

高い金利を払いたくない人も、リボ払い以外の支払い方法をおすすめします。

リボ払いの金利は、前述の通りほぼカードローンと同等です。

高い金利を払うよりも、一括払いで支払った方が支払総額は少なく済みます。

資金面で余裕があるのであれば、リボ払いではなく利息を払わずに済む一括払いを選びましょう。

リボ払いはどれくらい危険?実際の支払い額をシミュレーション

ここからは、リボ払いで実際の支払い金額はどれくらい変化するのか、具体的な支払額のシミュレーションを例示します。

ただし、クレジットカード会社によって金利設定や支払い方式が異なるため、あくまで参考としてください。

定額方式のシミュレーション

まずは、元金定額方式でリボ残高50万円を年利15%で5万円ずつ返済した場合の支払額シミュレーションを紹介します。

支払回数 支払額 手数料 総支払額 リボ残高
1 50,000 6,250 56,250 450,000
2 50,000 5,625 55,625 400,000
3 50,000 5,000 55,000 350,000
4 50,000 4,375 54,375 300,000
5 50,000 3,750 53,750 250,000
6 50,000 3,125 53,125 200,000
7 50,000 2,500 52,500 150,000
8 50,000 1,875 51,875 100,000
9 50,000 1,250 5,1250 50,000
10 50,000 625 50,625 0
合計 500,000 34,375 534,375

定額方式でのシミュレーションの結果はこのようになりました。

支払回数10回でかかる手数料の合計は34,375円で、総支払額は534,375円です。

残高スライド方式のシミュレーション

次に、残高スライド方式のシミュレーションです。

残高スライド方式の元金定額で、リボ残高50万円を年利15%で返済していきます。

また、50万円から40万円以上の支払額が5万円、10万円未満で1万円の支払額であると仮定して算出しました。

支払回数 支払額 手数料 総支払額 リボ残高
1 50,000 6,250 56,250 450,000
2 50,000 5,625 55,625 400,000
3 50,000 5,000 55,000 350,000
4 40,000 4,375 44,375 310,000
5 40,000 3,875 43,875 270,000
6 30,000 3,125 33,125 240,000
7 30,000 3,000 33,000 210,000
8 30,000 2,625 32,625 180,000
9 20,000 2,250 2,2250 160,000
10 20,000 2,000 22,000 140,000
11 20,000 1,750 21,750 120,000
12 20,000 1,500 21,500 100,000
13 10,000 1,250 11,250 80,000
14 10,000 1,000 11,000 70,000
15 10,000 875 10,875 60,000
16 10,000 750 10,750 50,000
17 10,000 625 10,625 40,000
18 10,000 500 10,500 30,000
19 10,000 375 10,375 20,000
20 10,000 250 10,250 10,000
21 10,000 125 10,125 0
合計 500,000 47,125 547,125

残高スライド方式のシミュレーションは上記の通りになりました。

支払回数は21回となり、47,125円の手数料がかかり、総支払額は547,125円となっています。

定額方式と比較すると定額方式では支払回数が少ないので手数料が安くなります。

リボ払いの危険な使い方を回避するポイント

リボ払いを利用する際、危険な使い方にならないように使うポイントは以下の5つです。

  • 自動リボ払いを安易に設定しない
  • リボ払いの解除を検討する
  • 分割払いを活用する
  • ボーナス一括払いを活用する
  • 効果的にポイントをためて活用する

これらのポイントを意識することで、どのような利点があるのかを詳しく解説します。

自動リボ払いを安易に設定しない

カード会社の中には、すべての支払いを自動的にリボ払いにする「自動リボ」という設定があります。

自動リボに設定するとお店で一括払いに設定したとしても、自動的にリボ払いによる支払いになるため注意が必要です。

支払いを一括からリボ払いに自動で変更したい人には便利な機能ですが、知らずに利用しているとリボ利用残高が膨れ上がる原因になります。

リボ払いの仕組みを良く知らずに設定した場合や、間違えて設定した場合は非常に危険です。

自動リボはカード会社のサイトにログインすれば設定を解除できるので、万が一間違えて設定してしまった場合はすぐに解除しましょう。

また、すでにリボ払いが始まってしまった人は、リボ払い自体を解除するなどして一括返済する必要があります。

リボ払いの解除を検討する

お金が用意できているのであれば、リボ払いをまとめて返済する形でリボ払いそのものを解除しましょう。

リボ払いの解除方法はクレジットカード会社によって異なりますが、クレジットカードのアプリや電話窓口を経由して、繰り上げ返済の手続きをすれば問題ありません。

注意しなければならないのは、リボ払いをリボ払い以外の支払い方法に切り替えたい場合です。

こちらもカード会社によって扱いは異なりますが、基本的には一度リボ払いを選択してしまった場合、残高を他の支払い方法への切り替えはできないケースがほとんどです。

リボ払いをやめたいと考えたときは、基本的に新たなリボ払いは行わず、繰り上げ返済で残高を減らしていく必要があります。

利息を支払わずに済むため、リボ払いは早い段階で繰り上げ返済をすると良いでしょう。

分割払いを活用する

リボ払いを利用するのではなく、2回払いなど分割払いで支払いを済ませるのもおすすめです。分割払いなら、商品購入やサービス利用の料金を任意の回数に分割することができます。

リボ払いとは異なり、支払い完了時期が指定できる点が特徴です。手数料は発生しますが、完済できるタイミングが分かりやすいため、残高が必要以上に増える心配がありません。

リボ払いと比較すると、支払い回数が指定できる分、高額な買い物でも利息を抑えることができます。

ボーナス一括払いを活用する

ボーナス一括払いとは、夏または冬のボーナスが出る1か月後にまとめて支払う決済方法です。

利用期間 支払い時期
夏のボーナス一括払い 12月から翌年6月まで 8月
冬のボーナス一括払い 7月から11月まで 翌年1月

ボーナス一括払いのメリットは、返済を半年以上先延ばしにしているにも関わらず期間内であれば手数料が無料になる点です。

ボーナスでお金を用意して一括返済ができれば、リボ払いよりもお得な支払い方法になります。

ただし、返済のシステムがボーナスに依存しすぎているので、ボーナスが出ない場合や、買い物をし過ぎると返済できなくなる可能性があるので気をつけましょう。

効果的にポイントをためて活用する

リボ払いを利用するとポイント還元率が通常のクレジットカードよりも高くなる、リボ払い専用のクレジットカードを利用するのもおすすめです。

リボ払いの利用は高い手数料がかかるため、ポイント還元率を高くすることで利用者増を図る狙いがあります。

しかし、あくまで金利は残高に対してかかるものです。残高を少なく抑えられれば、利息の負担を軽減できます。

つまり、利息負担を抑えることができれば、ポイントを効率よく稼ぐことも可能です。

リボ払い専用のクレジットカードでポイント還元率が上がる条件は、基本的にリボ払いを利用することなので、少額でもリボ払いが発生すればポイント還元率は上がります。

リボ払いは利用料を調整する必要があるので計画性が必要になりますが、ポイントを貯める手段として使うこともできるのです。

リボ払いから開放されるための一括返済の方法

リボ払いから解放されるには、リボ払いの残高を一括返済する必要があります。

リボ払いから解放されるための選択肢は、以下の2つです。

  • 借り換えやおまとめローンを利用する
  • 返済が難しい場合は債務整理や自己破産も選択肢

それぞれ詳しく解説します。

借り換えやおまとめローンを利用する

資金面で一括返済できるだけの余力がない場合、リボ払いの支払いを続ける以外には、借り換えやおまとめローンを利用する選択肢があります。

  • 借り換えローン:ローンの借り換え利用専用のローンで、比較的金利が低めに設定されている。
  • おまとめローン:複数社の借り入れを1つにまとめるための専用ローンで、消費者金融の借り入れやリボ払いの残高もまとめられる商品がある。

リボ払いの金利(手数料)よりも、金利が低い商品に借り換えることで、支払い負担を軽減する方法です。

借り換えローンやおまとめローンの中には、住宅ローン利用者なら金利優遇が受けられる商品もあるため、借り換えて支払い総額の低減を図ると良いでしょう。

返済が難しい場合は債務整理や自己破産も選択肢

リボ払いの返済がどうしても難しい状態に陥ったときは、債務整理や自己破産も選択肢の1つです。

ただし、債務整理や自己破産をすると新たなローン商品の借り入れができなくなったり、クレジットカードが発行できなくなったりします。

債務整理や自己破産をすることのデメリットを踏まえ、弁護士などの専門家に相談の上、対策を練ることが大切です。

リボ払いの借り換え・おまとめにおすすめのローン

ここからは、リボ払いの一括返済を検討中の方へ、リボ払いの借り換えやおまとめ利用ができるおすすめのローンを3選紹介します。

アイフル「おまとめMAX・借り換えMAX」

アイフル おまとめローン

アイフル「おまとめローン」概要
商品名 おまとめMAX・かりかえMAX
利用限度額 1~800万円
金利 3.0~17.5%
担保・保証人 原則不要
遅延損害金 20.0%

アイフルのおすすめポイント

  • 年齢制限に上限が設けられていない
  • 比較的利用限度額が高い
  • 契約期間が最長10年

アイフルの「おまとめMAX・かりかえMAX」は、リボ払いの借り換えやおまとめ利用も可能なローン商品です。

比較的利用限度額が高めに設定されているため、複数社のリボ払いを抱えている方の一括返済にも適しています。

また、契約期間が最長10年と長めに設定されているため、少しずつ計画的に返済していきたい方にもおすすめです。

ただし、返済期間が長くなるほど総支払利息金額は高くなるため、可能な限り短期間での返済を目指しましょう。

楽天銀行「スーパーローン」

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン概要
商品名 楽天銀行スーパーローン
利用限度額 ~800万円
金利 1.9%~14.5%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント

  • 楽天ポイントランクに応じて審査優遇が受けられる
  • 比較的金利が低い
  • 利用金額に応じて楽天ポイントが貯まる

楽天銀行スーパーローンは、借り換えやおまとめ利用専用ではありませんが、低金利でリボ払いを借り換えたい方におすすめの商品です。

楽天のポイントランクに応じて審査優遇が受けられるため、楽天ユーザーなら利用して損はないでしょう。

比較的金利が低い上に、利用限度額も高いため、リボ払いの利息支払いに悩んでいる方に最適です。

また、利用金額に応じて楽天ポイントも貯まるため、返済しながらポイントを貯めたい方にも適しています。

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」概要
商品名 東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」
利用限度額 30万円~1000万円以下(1万円単位)
金利 年9.8~14.6%
担保・保証人 不要
遅延損害金 年率14.6%
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

東京スター銀行のスターワン乗り換えローンのおすすめポイント

  • 利用限度額が最大1,000万円
  • 消費者金融の商品よりも金利が低い
  • WEBで手続きが完結できる

東京スター銀行のスターワン乗り換えローンは、利用限度額最大1,000万円にまで対応しているローン商品です。

契約期間も最長10年まで設定できるため、無理のない金額で返済していきたい方にも適しています。

また、WEBで手続きが完結できるため、店頭へ足を運ぶ時間が取れない方も安心です。

消費者金融よりも低金利でリボ払いの借り換えを検討しているのであれば、スターワン乗り換えローンを検討してみると良いでしょう。

リボ払いの仕組みまとめ

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

リボ払いについて理解していただけたでしょうか?

リボ払いは借金をすることと同じなので、計画的に利用しなければ非常に危険な支払方法です。

安易にリボ払いを利用した結果、リボ払いの残高が膨れ上がり手数料の返済だけで手一杯となり、最終的には破産してしまうことも・・・。

一括払いができるのであれば一括払い、一括払いができない場合でも2回払いやボーナス払いも検討したうえでリボ払いを利用するようにしましょう。

もちろん、リボ払いは計画的に利用すれば便利な支払方法です。

この記事を参考にリボ払いの危険性を理解し、その上でリボ払いを利用するかどうか考えてみてくださいね。