楽天カードの審査基準は厳しい?必要年収の目安・審査に落ちた時の対処法を解説

楽天カードの審査

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

クレジットカード

楽天カードはポイント還元率の高さや年会費の低さから、最もコスパの良いクレジットカードの一つに数えられます。

NTTコムの「クレジットカードに関する調査結果」によると、数あるクレジットカードのブランドの中でもっともよく使用されているのが楽天カードという結果でした。

また、もっともよく使うカードを使用する理由の調査結果では、「ポイントを貯めているから」が71.7%ともっとも多く、次いで「手数料が安い(または無料)だから」「よく利用する企業・お店の提携カードだから」が約20%でした。

以上のことから、ポイントを貯めるために楽天カードを利用しているユーザーが多いことがうかがえます。

広い層から支持されている楽天カードですが、所有するためには審査が必要です。

楽天カードの申し込みを検討している方のなかには、審査に通過できるかどうかが不安だと感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、楽天カードの審査の難易度や、申し込み時の注意点について解説していきます。

楽天カードの実際の審査基準についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

審査が甘い・緩いクレジットカードは本当にある?審査基準や審査落ちの原因も解説【クレカ審査が不安な方必見】

【Pick Up】ACマスターカード
ACマスターカード キャプチャ
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

楽天カードの審査基準

楽天カードは、日本のクレジットカード市場において人気の高い選択肢の一つです。

その審査基準について理解することは、申し込みを検討している方にとって非常に重要です。

ここでは、楽天カードの審査基準について詳しく解説します。

高校生を除く満18歳以上の方

楽天カードの基本的な申し込み資格は、満18歳以上の方であることが求められます。

ただし、重要な例外として、高校生はこの年齢要件を満たしていても申し込むことができません。

これは、高校生には一般的に安定した収入がないと見なされるためです。

高校を卒業し、安定した収入源がある場合に申し込むことを推奨します。

安定かつ継続的な収入がある方

楽天カードの申し込みには、安定かつ継続的な収入が必要です。

これには、正社員、アルバイト、パート、主婦(配偶者に収入がある場合)、学生(親に収入がある場合)、年金受給者などが含まれます。

申し込む人が自身の収入か他者(例えば家族)の収入に依存しているかにかかわらず、定期的で信頼できる収入源があることが重要です。

クレジットヒストリーに傷がない方

クレジットカードの審査では、申し込み者の「信用情報」も重要なチェックポイントです。

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの過去の契約内容や支払い状況に関する記録です。

過去に支払いの遅延やデフォルト(支払い不能)があった場合、それは審査に不利に働く可能性があります。

したがって、良好なクレジットヒストリーを維持することが、カードの申し込みにおいて非常に重要となります。

楽天カードの審査は厳しい?

楽天カードの審査基準について検討する際、多くの人が疑問に思うのは「審査の難易度」です。

実際、楽天カードは会社員だけでなく、収入が比較的少ないとされる主婦、学生、アルバイトやパートの方々にも広く利用されています。

このことは、楽天カードの審査基準が決して厳格ではないことを示唆しています。

また楽天カードは「流通系カード」に分類され、一般にこの種のカードは銀行系カードや独立系カードに比べて審査が比較的容易であることが知られています。

流通系カードは、信販系カードと同等か、それ以下の審査難易度を持っていると一般に考えられています。

これは、流通系カードが顧客の利便性を重視し、より多くの人にサービスを提供しようとするビジネスモデルに基づいているためです。

審査のプロセスにおいて、楽天カードは毎月安定した収入の有無を重視しますが、必ずしも高額な収入を要求するわけではありません。

したがって、安定した収入がある場合、例えそれが比較的少なくても、楽天カードの審査を通過する可能性は高いと言えます。

このことは、初めてのクレジットカードとして楽天カードを選ぶ人々が多いことを示しており、審査のハードルが比較的低いことを裏付けています。

楽天カードの申込は無収入でも入会できる?

楽天カードの申し込みに関しては、無収入の状態でも特定の条件下で審査対象となることがあります。

これは、楽天カードが比較的申し込みの敷居を低く設定している流通系のクレジットカードであるためです。

主に、無収入と見なされる主婦や学生、そして年金受給者が、楽天カードの審査を通過する可能性がある条件を探ることは重要です。

主婦や学生の場合、個人としての直接的な収入がない場合でも、同居している家族が収入を有している場合、その収入を間接的な支援として考慮することが可能です。

つまり、家族の経済的支援に依存している場合、楽天カードの申し込みにおいて「収入がある」とみなされる可能性があります。

しかし、同一生計に属する家族がおらず、かつ自身がアルバイトやパートをしていない場合は、無収入と見なされる可能性が高くなります。

これは、クレジットカードの申し込みにおいて、ある程度の経済的自立が重視されるためです。

楽天カードの場合も例外ではなく、完全に無収入の状態では審査を通過することが難しいと考えられます。

総合すると、楽天カードの申し込みにおいては、無収入であっても家族からの経済的支援があるか、定期的な年金受給がある場合には審査の対象となる可能性があります。

しかし、完全に無収入の状態ではカード発行が難しいという現実もあります。

楽天カードの審査に落ちてしまう人の特徴

楽天カードの審査は一般的に申込者にとって比較的容易とされていますが、それでも審査に落ちるケースは存在します。

ここでは、楽天カードの審査に落ちる人の特徴を詳しく探ってみましょう。

完全無収入の状態で申し込みを行った方

クレジットカードの審査において、最も重要視される要素の一つは収入です。

楽天カードでも、完全に無収入の状態では、信用力が足りないと見なされ、審査に落ちる可能性が高くなります。

学生や主婦であっても、定期的な仕送りや家族からの経済的支援がある場合は、これを収入として申告できる場合があります。

申し込み情報に誤記入や虚偽の情報がある

申し込み情報の正確性は、クレジットカードの審査において非常に重要です。

誤記入や虚偽の情報があると、審査の過程で信用を損ねる原因となります。

これは、金融機関が申込者の信用度を判断する上で、正確かつ真実の情報に依存しているためです。

特に、収入や職業、雇用形態などに関する情報は、審査の重要な判断基準となります。

クレジットヒストリーに傷がある

過去のクレジットカード利用やローンの支払い履歴は、新たなクレジットカードの審査に大きな影響を与えます。

支払い滞納やデフォルトがある場合、これらはクレジットヒストリーに「傷」として記録され、信用情報機関によって保持されます。

楽天カードの審査では、このクレジットヒストリーがチェックされ、過去に問題のあった申込者は審査に落ちる可能性が高くなります。

楽天カードの審査を通過する方法

【Pick Up】ACマスターカード
ACマスターカード キャプチャ
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

楽天カードの審査を成功させるためにはいくつかの戦略的なアプローチが有効です。

ここで、審査の成功率を高めるための具体的な方法を詳しく解説します。

キャッシング枠をゼロにする

楽天カードの申し込み時にキャッシング枠をゼロに設定することは、審査通過の可能性を高める重要な戦略の一つです。

キャッシング枠が大きいほど、貸し倒れのリスクが高まり、カード発行会社にとってはリスクが増加します。

キャッシング枠をゼロに設定することで、これらのリスクを減らし、審査通過の可能性を高めることができます。

公共料金の支払いや税金の納付をきっちり済ませる

公共料金の支払いや税金の納付状況は、信用情報機関によって記録され、クレジットカードの審査に影響を与えることがあります。

これらの支払いを適時に済ませることは、良好なクレジットヒストリーを維持するために不可欠です。

定期的にこれらの支払いを行うことで、信用度を高め、審査通過の可能性を向上させることができます。

他社からの借り入れを返済してから申し込む

他社からの借入れがある場合、これが審査に不利に働くことがあります。

特に、多額の借入や多数の借入先がある場合は、多重債務者と見なされるリスクが高まります。

楽天カードの申し込み前に、他社からの借入れを返済し、財務状況を整理することは、審査通過率を高めるために有効です。

収入を得てから申し込む

収入の有無はクレジットカードの審査において非常に重要な要素です。

無収入の状態では審査通過が難しくなるため、アルバイトやパートタイムの仕事、または定期的な仕送りなど、一定の収入源を確保してから申し込むことが推奨されます。

少しでも収入を得ることで、審査における信用度が向上し、成功の可能性が高まります。