学生におすすめのクレジットカード比較ランキング!大学生でも作れる人気のクレカ19選

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

クレジットカード
クレジットカードの中には、大学生でも作れるものが複数あります。
学生でも使えるように年会費が無料・または低額だったり、学生向けの特典が充実していたりするのが特徴です。
株式会社ペンマークが2022年に実施したアンケートでは、クレジットカードを持っている学生の割合は約80%と結果が出ました。
殆どの学生がクレジットカードを保有していることが分かります。
初めてクレジットカードを持つ場合、何が良いのかわからないこともあるでしょう。
そこで今回は、学生におすすめのクレジットカードを厳選して紹介していきます。
【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら
  1. おすすめの学生カード比較ランキング【2023年最新】
    1. JCB CARD W
    2. 三井住友カード(NL)
    3. 三菱UFJカード VIASOカード
    4. JCBカード S
    5. 学生専用ライフカード
    6. 三菱UFJカード
    7. エポスカード
    8. 楽天カード
    9. ソラチカカード
    10. Olive(一般)
    11. JCB CARD W plus L
    12. ウエルシアカード
    13. イオンカードセレクト
    14. メルカード
    15. PayPayカード
    16. dカード
    17. 「ビュー・スイカ」カード
    18. ANAカード〈学生用〉
  2. 学生カードの選び方
    1. 年会費が安いものを選ぶ
    2. ポイント還元率が高いものを選ぶ
    3. サービスや付帯保険の内容が充実しているものを選ぶ
    4. 学生向け特典で利用したいものを選ぶ
  3. 学生カードのメリット
    1. 現金を持つ必要がない
    2. ポイントがたまりやすい
    3. 計画的にお金が使えるようになる
    4. クレジットヒストリーを積み上げられる
  4. 学生カードのデメリット・注意点
    1. 計画的に利用しないと信用情報に傷がつく
    2. リボ払いやキャッシングの利用は避ける
  5. 学生カードの審査基準
    1. 申込者の属性情報
    2. 安定した収入があること
    3. クレジットヒストリーに傷がないこと
  6. 学生カードの審査通過を引き上げるコツ
    1. 同時にカードの複数申込を行わない
    2. 記載情報を正確に書く
    3. アルバイトを通じて安定した収入を築く
    4. クレジットヒストリーを作っておく
  7. 収入がない学生がクレジットカードを作る方法
    1. 学生向けクレジットカードの申込要項を満たしておく
    2. 学生専用のクレジットカードを中心に申し込む
  8. 学生カードに関する質問
    1. 学生カードの審査は厳しい?
    2. 学生カードの限度額はいくら?
    3. 学生カードを有効的に使う方法はある?
  9. 学生がクレジットカードを持つときは利用目的に合ったものを選ぶこと

おすすめの学生カード比較ランキング【2023年最新】

学生向けクレジットカード JCB CARD W 三井住友カード(NL) 三菱UFJカードVIASOカード JCBカード S 学生専用ライフカード 三菱UFJカード エポスカード 楽天カード ソラチカカード Olive(一般)
年会費(税込) 永年無料 永年無料 永年無料 初年度無料
通常1,375円
永年無料 在学中は無料 永年無料 永年無料 初年度無料
2年目以降2,200円
永年無料
ポイント還元率 1.0〜5.5% 0.5〜7% 0.5~1.0% 0.5~5.0% 0.5~1.0% 0.5〜5.5% 0.5~1.0% 1.0%〜 0.5〜1.5% 0.5%~20%
発行スピード 最短5分 最短10秒
※即時発行ができない場合があります。
最短翌営業日 最短5分 最短3営業日 最短翌営業日 最短即日 通常1週間 最短5営業日 最短3営業日
付帯保険 海外旅行
ショッピング
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
海外旅行
ショッピング
国内・海外旅行
ショッピング
海外旅行 海外旅行
ショッピング
海外旅行 海外旅行 国内・海外旅行
ショッピング
海外旅行
限度額 ~100万円 最大100万円 最大10万円 最大100万円
国際ブランド JCB Visa/Mastercard® Mastercard® JCB Visa/JCB/Mastercard® Visa/JCB/AMEX/Mastercard® Visa Visa/JCB/AMEX/Mastercard® JCB Visa
学生向け優待 ・スターバックス:ポイント最大20倍
・Amazon:ポイント最大4倍
・対象コンビニ:ポイント最大3倍
・対象のコンビニなどで最大7%
・LINE Payの利用:ポイント最大3%還元
・対象のサブスク:ポイント最大10%還元
・貯まったポイント:自動でキャッシュバック ・スマートフォン保険:年間最高30,000円
・スターバックス:ポイント最大20倍
・対象コンビニ:ポイント最大3倍
・海外ショッピング:3%キャッシュバック
・海外旅行傷害保険:最高2,000万円自動付帯
・対象コンビニ:ポイント最大10%還元 ・映画館や水族館:割引やエポス枠で予約可
・海外旅行保険:自動付帯
・楽天ミュージック:新規入会初回30日無料 ・メトロポイント:毎日の通学でポイントが貯まる
・マイルに交換可能:卒業旅行に向けて貯められる
・対象のコンビニやマクドナルドなどで、スマホのタッチ決済でポイント7.0%還元
・対象のサブスク支払いで最大10%還元
入会可能年齢 満18歳~満39歳 満18歳以上 満18歳以上 満18歳以上 満18歳~満25歳 満18歳以上 満18歳以上 満18歳以上 満18歳以上 満18歳以上

JCB CARD W

JCB CARD W

年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 1.0〜5.5%
付帯保険 海外旅行
ショッピング
限度額
国際ブランド JCB
入会可能年齢 満18歳~満39歳

JCB CARD Wは、18歳から39歳までの若年層に特化した、年会費永年無料のクレジットカードです。

このカードの大きな魅力はその高いポイント還元率にあります。

通常のJCBカードの還元率は1.0%ですが、JCB CARD Wを使うと、還元率が2倍になり、一部の提携店舗ではさらに高い還元率が適用されます。

さらに、JCB CARD WはApplePayやGooglePayにも対応しており、スマートフォン一台でスムーズな支払いが可能です。セキュリティ面では、不正使用を防ぐための検知システムや、本人認証サービスが備わっており、万が一の紛失や盗難にも、60日前からの損害を補償する安心のサポートがあります。

利用者の利便性をさらに高めるために、「使いすぎアラート」機能も搭載されています。

設定した金額を超えると通知が届き、使いすぎを防ぐことができるので、特に予算管理を重視する学生や若い世代には非常に便利です。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 0.5〜7%
付帯保険 海外旅行傷害保険
(利用付帯)
限度額 ~100万円
国際ブランド Visa/Mastercard®
入会可能年齢 満18歳以上

三井住友カード(NL)は、特にサブスクリプションサービスやコンビニ利用が多い方におすすめのクレジットカードです。

永年無料の年会費というのも大きな魅力の一つです。

基本的なポイント還元率は0.5%ですが、特定の加盟店やサービスでは、その還元率が大幅にアップします。

学生にとって特に魅力的なのは、対象となるサブスクリプションサービスの支払いに対して、最大10%のポイント還元を受けられることです。

このサービスは、dアニメストア、Hulu、U-NEXT、DAZN、dTV、Amazon Audible、LINE MUSICなど多岐にわたります。さらに、大学生協での支払いにもポイント2倍の特典があります。

セキュリティ面でも、カード券面に番号が記載されていないナンバーレス仕様を採用しており、安心して利用することができます。

また、使いすぎを防止するためのサービスも充実しており、設定した金額を超えると通知が届くシステムが備わっています。

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 0.5~1.0%
付帯保険 海外旅行
ショッピング
限度額 最大100万円
国際ブランド Mastercard®
入会可能年齢 満18歳以上

三菱UFJカード VIASOカードは、特に学生や若年層におすすめのクレジットカードです。

このカードの最大の特徴は、年会費が永年無料であることと、貯まったポイントが自動で現金に還元される「オートキャッシュバック機能」を備えている点です。

この機能により、ポイントの使用を忘れてしまうことがなく、常にポイントを最大限に活用することができます。

さらに、最大2,000万円までの海外旅行傷害保険が付帯しており、海外での安心をサポートします。

ネットショッピングでの利用時には、最大12.5%のポイント還元が可能で、特にオンラインでの買い物が多い学生にとっては、非常に魅力的な特典です。

JCBカード S


年会費(税込) 初年度無料
通常1,375円
ポイント還元率 0.5~5.0%
付帯保険 国内・海外旅行
ショッピング
限度額
国際ブランド JCB
入会可能年齢 満18歳以上

JCBカード Sは、利便性と経済性を兼ね備えたクレジットカードで、特に18歳以上の方々に適しています。

このカードの主な特徴は、年会費が本人用・家族用ともに無料であることです。

ポイント還元率は0.50%から最大5.00%に及びます。

特に、JCB PREMOやnanacoポイントに交換することで、最大還元率を享受できます。

JCBカード Sの特徴的なサービスの一つに、JCBスマートフォン保険があります。

これは利用付帯条件で提供され、年間最大30,000円までのスマートフォンの修理費用をカバーしますが、自己負担額として10,000円が必要です。

また、タッチ決済機能も備わっており、支払い時の利便性が高まります。

\↓年会費永年無料!/

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 0.5~1.0%
付帯保険 海外旅行
限度額
国際ブランド Visa/JCB/Mastercard®
入会可能年齢 満18歳~満25歳

学生専用ライフカードは、特に学生向けに設計されたクレジットカードで、年会費が永年無料という大きなメリットがあります。

このカードは、18歳以上25歳以下の大学、大学院、短期大学、専門学校に在学中の学生が対象です。

最大の特徴は、卒業後も継続してカードを使用でき、年会費が無料のままであることです。

これにより、学生時代に慣れ親しんだカードを、社会人になってからも同じ条件で利用できる点が魅力です。

ただし、学生専用の特典は卒業後に利用できなくなる点や、提携店舗が少ない点は考慮する必要があります。

全体的に見て、学生専用ライフカードは、学生生活をサポートする多様な特典と、卒業後も継続して利用できる利便性を兼ね備えたカードです。

三菱UFJカード

三菱UFJカード

年会費(税込) 在学中は無料
ポイント還元率 0.5〜5.5%
付帯保険 海外旅行
ショッピング
限度額 最大10万円
国際ブランド Visa/JCB/AMEX/Mastercard®
入会可能年齢 満18歳以上

三菱UFJカードは、学生に特におすすめのクレジットカードです。

このカードの大きな特徴は、在学中の学生に対して年会費が無料であることです。

入会から3ヶ月間はポイント還元率が最大で1.6%相当となり、特にセブン-イレブンやローソンなどの対象コンビニで利用すると、最大5.5%相当のポイント還元が受け取れます。

これにより、日常の買い物でも効率的にポイントが貯められます。

三菱UFJカードの安全性も学生にとって魅力の一つです。

ナンバーレスカードであるため、カード番号の盗み見リスクが減少し、24時間365日の不正利用監視が提供されているため、安心して利用できます。

また、タッチ決済やスマホ決済の機能が搭載されており、スムーズなキャッシュレス支払いが可能です。

エポスカード

エポスカード

年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 0.5~1.0%
付帯保険 海外旅行
限度額
国際ブランド Visa
入会可能年齢 満18歳以上

エポスカードは、学生や初めてクレジットカードを利用する方におすすめのカードです。

その最大の特徴は、年会費が永年無料であることです。

また、発行スピードが非常に速く、最短で即日発行が可能であり、迅速にカードを受け取れます。

エポスカードには、ETCカードの年会費と発行手数料が無料で、家族カードもゴールドカードやプラチナカード会員の紹介があれば作成可能です。

また、付帯保険として傷害死亡または後遺障害保険、傷害治療費用保険、疫病治療費用保険、賠償責任保険、救援者費用、携行品損害保険が利用付帯されており、旅行時の安心をサポートします。

楽天カード

楽天カード

年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
付帯保険 海外旅行
限度額 最大100万円
国際ブランド Visa/JCB/AMEX/Mastercard®
入会可能年齢 満18歳以上

楽天カードは、学生間で高い人気を誇るクレジットカードです。

このカードの最大の魅力は、年会費が永年無料であることと、基本ポイント還元率が1.0%と比較的高いことです。

特に楽天市場での利用時、ポイント還元率は3.0%にアップし、キャンペーンによっては最大15倍にまで達することもあります。

加えて、楽天ペイや楽天Edyを利用することで、ポイントの二重取り・三重取りが可能となります。

セキュリティ面においても、カード利用お知らせメールや本人認証サービスを通じて、安全性が確保されています。

クレジットカード番号が背面に印字された片面ナンバーレスカードは、セキュリティを強化しつつ、デザイン性も高いものとなっています。

ソラチカカード

年会費(税込) 初年度無料
2年目以降2,200円
ポイント還元率 0.5〜1.5%
付帯保険 国内・海外旅行
ショッピング
限度額
国際ブランド JCB
入会可能年齢 満18歳以上

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は、学生に特におすすめのクレジットカードです。

このカードは、PASMOとANAカードの機能を一つに統合しており、特に地下鉄を利用する学生や、飛行機を頻繁に利用する学生に適しています。

年会費は初年度無料で、2年目以降は2,200円(税込)ですが、継続ボーナスとして毎年1,000マイル(4,000〜5,000円相当)を獲得できるため、実質的に年会費は無料と考えられます。

ただし、ソラチカカードの利用価値は地下鉄や飛行機を頻繁に利用する学生に限られること、また2年目以降は年会費が発生する点は考慮する必要があります。

全体的に見て、ソラチカカードは日常の通学や旅行をよりお得に、便利にするためのカードとして、特に交通機関を頻繁に利用する学生に適しています。

Olive(一般)

Olive(一般)

年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 0.5%~20%
付帯保険 海外旅行
限度額
国際ブランド Visa
入会可能年齢 満18歳以上

Olive(一般)は、三井住友銀行が提供する革新的なマルチナンバーレスカードで、クレジットカード、デビットカード、ポイント払いの機能を1つに統合したユニークなサービスです。

このカードは、特にスマホを通じた金融サービスに慣れたユーザーやクレジットカード初心者にとって魅力的です。

年会費は永年無料で、ポイント還元率は0.5%から最大20%まで、特定の利用条件下での高還元率を実現しています。

Oliveの目玉機能の一つが、専用アプリを通じた資金の一括管理です。

このアプリを使うことで、キャッシュレス決済、銀行口座の確認、振込手続き、さらには資産運用(SBI証券との連携)などを簡単に管理できます。

加えて、VISAが開発した「フレキシブルペイ」機能を世界で初めて搭載しており、クレジットモード、デビットモード、ポイント払いモードの3つの支払い方法を指一本で切り替えることが可能です。

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus L

年会費(税込) 無料
ポイント還元率 1.0%~5.5%
付帯保険 海外旅行/ショッピング
限度額
国際ブランド JCB
入会可能年齢 18歳~39歳

JCB CARD W plus Lは、18歳から39歳の女性を対象にしたクレジットカードで、多くの特典が付帯しています。

このカードの最大の魅力は、年会費が無料でありながら、1.0%~5.5%という高いポイント還元率を提供している点です。

特に、JCB優待店での使用時には、還元率が最大5.5%にまで上昇し、日常生活での使用に大変お得です。

JCB CARD W plus Lの特徴的な点は、女性特有の疾病に対する保険が付帯していることです。

乳がんや子宮がんなど、女性特有の疾病に対する補償が含まれているため、安心して使用できます。

また、コスメやエステなどの美容関連の優待や割引も提供されており、女性にとって魅力的なサービスが多数用意されています。

ウエルシアカード

ウエルシアカード

年会費(税込) 無料
ポイント還元率 0.5%~1%
付帯保険 ショッピング
限度額 1千円~300万円
国際ブランド Visa/Mastercard/JCB
入会可能年齢 18歳以上

ウエルシアカードは、18歳以上の方が申し込み可能なクレジットカードで、特にウエルシアグループやイオングループでの利用において多くのメリットを提供します。

その主な特徴として、0.5%~1%の還元率があり、ウエルシアグループでの利用時にはWAON POINTが基本の3倍になります。

さらに、毎週月曜日は還元率が最大3.5%にまでアップします。

デメリットとしては、通常のポイント還元率が0.5%と平均的な水準に留まることが挙げられます。

しかし、ウエルシアグループでの利用時の高還元率やイオングループの特典を考慮すると、特にこれらの店舗を頻繁に利用する方にとっては非常に魅力的なカードです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費(税込) 無料
ポイント還元率 0.5%~1%
付帯保険 ショッピング
限度額 10万円〜100万円
国際ブランド Visa/Mastercard/JCB
入会可能年齢 18歳以上

イオンカードセレクトは、年会費無料のクレジットカードで、Visa、Mastercard、JCBの国際ブランドに対応しています。

18歳以上の方なら誰でも申し込むことができ、特に高校生にとっては数少ない申し込み可能なカードの一つです。

ポイント還元率は0.5%~1%で、WAON POINTが主なポイント種類です。

イオンカードセレクトの最大の魅力は、映画好きの学生に向けた特典です。

特に「イオンカードセレクト(ミニオンズ)」を持っている場合、イオンシネマで映画チケットが通常より安価になり、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)でのポイント還元率が大幅にアップします。

このようなエンターテイメント関連の特典は、学生にとって特に魅力的です。

メルカード

メルカード

年会費(税込) 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
付帯保険
限度額 最大50万円
国際ブランド JCB
入会可能年齢 20歳以上

メルカードは、特にメルカリの利用者に向けて設計されたクレジットカードで、20歳以上の方が申し込むことが可能です。

このカードの大きな特徴は、年会費が無料であることと、メルカリ内での利用において最大4.0%の高いポイント還元率を提供している点です。

メルカードのポイントはメルカリポイントとして貯めることができ、メルカリでの買い物や各種キャンペーンへの参加に利用できます。

しかし、デメリットとしては、メルカリをあまり利用しない人にはあまりメリットが感じられない点、定額払いに手数料が発生する点が挙げられます。

また、海外や国内旅行保険が付帯していないため、旅行時の利用には注意が必要です。

PayPayカード

PayPayカード

ポイント還元率 1.0%~3.0%(※)
付帯保険
限度額 最大200万円
国際ブランド Visa/Mastercard/JCB
入会可能年齢 18歳以上

PayPayカードは、特にPayPayアプリユーザーに向けた年会費無料のクレジットカードです。

このカードの最大の特徴は、PayPayへのチャージでポイントが貯まる唯一のクレジットカードであることです。

PayPayカードの主なメリットは、流通系クレジットカードであるため、学生でも審査に通りやすい点です。

また、PayPayアプリへのチャージによるポイント還元機能があり、PayPay残高で決済することでポイントの二重取りが可能です。

さらに、24時間申し込み可能で、審査は最短2分で完了し、即日発行に対応しています。

一方で、PayPayカードのデメリットとしては、旅行保険が付帯していないことや、PayPayアプリやYahoo!のサービスを利用しない人にとってはメリットが少ない点が挙げられます。

dカード

ドコモのクレジットカード「dカード」

年会費(税込) 無料
ポイント還元率 1.0%~4.5%
付帯保険 ショッピング
限度額 最大100万円
国際ブランド Visa/Mastercard
入会可能年齢 18歳以上

dカードは、docomoユーザーに特におすすめのクレジットカードです。

dポイントは携帯代にも充てることができ、dカードケータイ補償により、携帯電話の紛失・盗難・修理不能時に最大1万円分の補償が受けられる点が大きな魅力です。

dカードのメリットは、d払い対応の店舗での利用においてポイントの3重取りが可能であることです。

これにより、d払いで支払いを行うことで最終的な還元率は2.0%になります。

また、dポイントカード一体型で、提示と決済を一度に行うことができるため、ポイントの獲得が容易です。

ただし、dカードのデメリットとして、docomoの携帯料金支払い分はポイント還元がなく、電子マネーチャージでポイントがつかない点、海外・国内旅行保険が付帯していない点が挙げられます。

また、審査から発行までが最短5営業日かかるため、即時発行を期待する人には不向きです。

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード

年会費(税込) 524円(税込)
ポイント還元率 0.50%~1.84%
付帯保険 海外旅行/国内旅行
限度額 最大100万円
国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
入会可能年齢 18歳以上

「ビュー・スイカ」カードは、Suicaの利便性とクレジットカードの機能が一体化したカードで、特に鉄道利用が多い学生におすすめのクレジットカードです。

このカードの大きなメリットは、Suicaのオートチャージ機能があり、Suicaの利用によるJRE POINTの獲得が可能であることです。

また、Suicaとして利用すると、最大5%のJRE POINTを貯めることができます。これにより、電車通学や駅ビルでのお買い物など、日常の様々なシーンでポイントが効率的に貯まります。

デメリットとしては、年会費がかかる点と、オートチャージ機能がJR東日本沿線に限定されている点が挙げられます。

しかし、Suica決済対応の学食や生協などで利用可能であり、通学から旅行まで幅広いシーンで活用できるため、特に首都圏やその他JR東日本エリアに住む学生にとっては非常に便利なカードです。

ANAカード〈学生用〉

ANAカード〈学生用〉

年会費(税込) 無料
ポイント還元率 0.5%~3.0%
付帯保険 海外旅行国内旅行/ショッピング
限度額 上限30万円※20歳以上
国際ブランド Visa/Mastercard
入会可能年齢 18歳以上

ANAカード〈学生用〉は、特にマイルを貯めたい学生や旅行好きの学生に最適なクレジットカードです。

このカードの最大のメリットは、入会時に1,000マイル、継続時に毎年1,000マイルがもらえること、さらに卒業時に一般カードへの切り替えで2,000マイルが付与される点です。

これにより、大学1年生時から持ち続けることで、合計5,000マイルを貯めることが可能になります。

また、搭乗毎に区間マイル+10%のボーナスマイルを獲得でき、海外・国内旅行傷害保険が自動付帯されています。

さらに、ANAグループの空港内店舗やANAショッピングA-styleなどでの買い物が割引価格で利用可能です。

学生カードの選び方

前節で学生にオススメノクレジットカードを19種類紹介しました。

ここからは、自分に合ったクレジットカードがどれになるのかを選ぶ時のポイントを紹介します。

年会費が安いものを選ぶ

学生にとって最も重要なのは、年会費の有無です。

予算が限られているため、維持費用の少ない、または無料のクレジットカードが理想的です。

年会費無料のカードの提供形態は下記の通りです。

  • 永年無料
  • 初年度無料
  • 条件付き無料

特に「永年無料」のカードは、カードを持っているだけで年会費がかからないため、学生には最適です。

ポイント還元率が高いものを選ぶ

日常の支出で効率良くポイントを貯めたい場合は、ポイント還元率が高いカードを選ぶことが重要です。

特に、普段よく利用する店舗やサービスで高い還元率を提供するカードは、学生にとって大きなメリットとなります。

還元率が1.0%以上のカードを選ぶと多くポイントをゲットできる!

サービスや付帯保険の内容が充実しているものを選ぶ

クレジットカードには様々なサービスや付帯保険が含まれています。

特に、旅行傷害保険やスマホ保険は、学生旅行や日常生活でのアクシデントに対応できるため、これらのサービスが付帯されたカードがおすすめです。

自転車保険が含まれているカードも、自転車を頻繁に利用する学生にとってはメリットが大きい

学生向け特典で利用したいものを選ぶ

多くのクレジットカード会社は、学生向けの特別な特典やサービスを提供しています。

例えば、在学中は年会費無料、特定の店舗での割引、高いポイント還元率などがあります。

これらの学生特典を利用することで、学生生活がより充実し、経済的な負担も軽減されます。

学生カードのメリット

学生カードには様々なメリットがあります。

ここでは、学生カードのメリットを解説します。

現金を持つ必要がない

クレジットカードは、1枚で買い物が完結するため現金を持つ必要がありません。

カードによっては、海外旅行で使えるものもあります。

大量の現金を持ち歩くことがないから盗難や紛失の危険性を減らせる

近年では、スマートフォンやアプリに設定するだけでカード自体持ち歩く必要がありません。

クレジットカードは、ネットショッピングや公共料金の支払いにも使えるため便利です。

ポイントがたまりやすい

クレジットカードには、ポイント還元というシステムがあります。

カードを利用することでポイントは貯まり、現金代わりに買い物に利用することも可能です。

ギフト券や、支払金額としてキャッシュバックもできる

カードによっては、ポイント還元率が異なるため、選ぶ際はポイント還元率にも着目しましょう。

計画的にお金が使えるようになる

クレジットカードは利用明細を確認できます。

利用明細は、いつ、何に、いくら使ったのかを確認できる

カードによっては、専用アプリやWebサイトで利用状況を把握できます。

クレジットカードは支払い日が決まっているため、引き落とす金額を事前に確認できます。

月ごとの引き落とし金額を確認できるため、計画的に予算をたてることも可能です。

家計簿アプリと連携するサービスを提供するカード会社もあるため、気になった方はぜひ活用してみましょう。

クレジットヒストリーを積み上げられる

クレジットカードは、利用を続けることでクレジットヒストリーを積むことができます。

クレジットヒストリーとは…クレジットカードの利用履歴

クレジットヒストリーには、過去の支払い状況などが記録されています。

この記録は将来的に、ローンやクレジットカードの審査の重要な判断材料となります。

学生のうちにクレジットカードを作ることで、早い段階からクレジットヒストリーを積むことができます。

さらに、良好なクレジットヒストリーを築くことで、社会的な信用も得られます。

なお、クレジットヒストリーは支払い遅延や未払いがあると傷つくため、使い過ぎには注意しましょう。

学生カードのデメリット・注意点

学生カードにはメリットもありますが、デメリットもあります。

ここでは学生カードのデメリットを解説します。

計画的に利用しないと信用情報に傷がつく

クレジットカードは便利な支払い方法ですが、支払いを怠ることで大きなリスクを伴います。

支払いの遅延や未払いが発生すると、信用情報に傷がつく恐れがあります。

信用情報が傷つくと、下記のようなトラブルが発生する恐れがあります。

  • ローンやクレジットカードの審査が通らない
  • アパートやマンションの賃貸契約が結べない
  • 携帯電話の契約が結べない

学生は、アルバイトの身の収入で生活している方もいます。

そういった場合、支払いが困難になるケースもあるでしょう。

未払いや滞納を防ぐためには、下記のようなポイントを意識することをおすすめします。

  • 利用限度額を守る
  • 毎月の支払スケジュールを把握する
  • 支払いが困難な場合は、カード会社に相談する

計画的に利用するようにしましょう。

リボ払いやキャッシングの利用は避ける

リボ払いやキャッシングなどの利用は避けましょう。

リボ払いなどの支払い方法は、金利や手数料が高くなり返済負担が大きくなる恐れがあります。

特に、リボ払いは長期的な利用で非常に高額な手数料が発生する

キャッシングも金利が高くなっているため、利用の際は早急に返済しましょう。

クレジットカードは非常に便利な支払い方法ですが、使い方を誤ると多額の借金を抱えてしまうため注意が必要です。

学生カードの審査基準

クレジットカードの申し込み時には、学生でも一定の審査基準を満たす必要があります。

ここからは、学生カードの審査基準に関連する重要なポイントについて解説します。

申込者の属性情報

クレジットカードの審査では、申込者の属性情報が重要な要素となります。

主に下記の要素が、属性情報になります。

  • 年齢
  • 学生かどうか
  • 所属学校
  • 学年
  • 住所
  • 電話番号など

特に、学生カードの場合、在学中であることが重要視され、学生証や入学許可証などの提出が求められることもあります。

また、住所や連絡先の安定性も審査において重要な要素です。

安定した収入があること

クレジットカードの審査では、安定した収入の有無が判断基準の一つです。

学生の場合、アルバイトやパートなどの収入が審査に影響します。

定期的な収入があることを証明できれば、カード会社は返済能力があると判断しやすくなります。

ただし、学生の場合は収入が少なくても審査を通過することが多いです。

クレジットヒストリーに傷がないこと

クレジットヒストリー、つまりこれまでの信用履歴も審査で重要な要素です。

他のクレジットカードやローンの利用履歴、特に返済の遅れや滞納があると、審査に悪影響を与える可能性があります。

学生の場合、クレジットヒストリーがほとんどないことが多いため、他の要素がより重視されることが一般的です。

学生カードの審査通過を引き上げるコツ

学生がクレジットカードの審査に通過するためには、いくつかのコツがあります。

以下は、審査通過率を高めるための重要なポイントです。

同時にカードの複数申込を行わない

一度に複数のクレジットカードに申し込むことは避けるべきです。

カード会社は同時期に複数の申込を行っていると、信用リスクが高いと判断することがあります。

一つのカードに絞って申し込むことが望ましい

また、申し込みを行う際には、自分のニーズに最も合ったカードを慎重に選ぶことが重要です。

記載情報を正確に書く

申し込みフォームに記載する情報は、すべて正確かつ最新のものであることを確認してください。

特に、住所、電話番号、収入などの基本的な情報は、審査の重要な部分です。

誤った情報や不完全な記載は審査の遅延や不合格の原因となり得ます。

アルバイトを通じて安定した収入を築く

安定した収入があることは、クレジットカードの審査において非常に重要です。

学生であっても、アルバイトやパートタイムの仕事を通じて一定の収入を得ていれば、カード会社は返済能力があると判断しやすくなります。

また、収入があることを示すために、給与明細や勤務先の情報を用意しておくことも役立ちます。

クレジットヒストリーを作っておく

クレジットヒストリー、つまり信用履歴は審査において大きな影響を与えます。

既にクレジットカードや携帯電話の契約がある場合は、期日内の支払いを徹底し、良好な信用記録を築くことが重要です。

また、信用履歴がない場合は、学生向けのクレジットカードやプリペイドカードを利用して信用履歴を構築するのも一つの方法です。

収入がない学生がクレジットカードを作る方法

クレジットカードは、利用者とカード会社との信頼関係に基づくサービスであるため、原則、収入がない者がクレジットカードを持つことはできません。

しかし、例外として、収益のない学生は両親や親族の収入が審査対象になるのでクレジットカードを持つことができます。

ただし、その限りにあるのは、学生用のクレジットカードに限定されます。

ここでは、この制約を基に収益がない学生がクレジットカードを持つ方法について紹介します。

学生向けクレジットカードの申込要項を満たしておく

クレジットカードを作る際、学生は特定の申込要件を満たす必要があります。

  • 申し込み者が満18歳以上であること
  • 学校教育法に指定された学校に在籍していること

2022年4月の民法改正により、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられたため、多くのクレジットカードの申込条件も18歳以上に変更されました。

ただし、高校生については、一部のクレジットカードを除き、原則として申込みが不可能な場合が多いです。

学生専用のクレジットカードを中心に申し込む

収入のない学生がクレジットカードを作る際には、学生専用のクレジットカードに申し込むのが有効です。

これらのカードは、学生を主要な対象としているため、収入がなくても審査に通りやすい傾向があります。

代表的な学生専用クレジットカードとしては、「学生専用ライフカード」や「楽天カード アカデミー」、「ANA JCB学生カード」などが挙げられます。

学生向けクレジットカード 学生専用ライフカード ANAカード〈学生用〉
年会費(税込) 永年無料 無料
ポイント還元率 0.5~1.0% 0.5%~3.0%
付帯保険 海外旅行 海外旅行<br>国内旅行<br>ショッピング
限度額 上限30万円<br>※20歳以上
国際ブランド Visa/JCB/Mastercard® Visa<br>Mastercard
入会可能年齢 満18歳~満25歳 18歳以上

これらのカードは、年会費無料でありながら、様々な特典やポイント還元率を提供しています。

学生カードに関する質問

学生向けのクレジットカードは、学生のニーズと状況を考慮した特別なカードです。

以下は、学生カードに関するよくある質問とその回答です。

学生カードの審査は厳しい?

学生カードの審査は、通常のクレジットカードと比べて柔軟です。

多くのカード会社は学生の経済的な制約を理解しており、収入の少なさやクレジットヒストリーの未成熟さを考慮に入れています。

審査では、学生証の提示や親の同意書の提出が求められることもあります。

また、高校を卒業していること、個人情報の正確性、そしてアルバイトなどの定期的な収入源があるかどうかが重要な審査ポイントとなります。

学生カードの限度額はいくら?

学生カードの限度額は、一般的に10万円から30万円程度です。

これは、学生の収入が限られていることを考慮した設定です。

ただし、利用実績や返済状況に応じて限度額の増額が可能な場合もあります。

カードの利用を始めてから時間が経過し、カード会社からの信頼を得ることができれば、限度額の引き上げを検討することができます。

学生カードを有効的に使う方法はある?

学生カードを有効的に使うには、主に日常の支出に利用することが推奨されます。

これには学用品の購入や食費などが含まれます。

ポイント還元率が高いカードを選ぶことで、これらの支出で効率良くポイントを貯めることが可能です。

また、貯まったポイントは商品やギフトカード、さらには航空券などに交換できます。

計画的なカード利用と支払い管理により、学生生活をより豊かで便利にすることができます。

学生がクレジットカードを持つときは利用目的に合ったものを選ぶこと

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

学生時代は、多くの場合、初めてクレジットカードを持つタイミングです。

この段階で重要なのは、単にカードを持つことではなく、自分のライフスタイルや利用目的に合ったカードを選ぶことです。

学生の場合、その利用目的は非常に多岐にわたります。

例えば、日常の小売店でのショッピング、オンラインショッピング、海外旅行、学校の授業料の支払い、または将来的なマイル蓄積などです。

さらに、学校の授業料の支払いや大きな出費に備える場合、分割払いやリボ払いの条件が良いカードを選ぶと便利です。

このようなカードは、予期せぬ出費にも対応できる柔軟性を持っています。

また、学生の場合、クレジットカードを利用することで信用情報も築けます。

しかし、そのためには利用限度額内での使用と、支払いを期日に間に合わせることが重要です。

遅延や未払いは信用情報に悪影響を与え、将来的な金融取引に影響を及ぼすので、申しむ際は、自身の生活習慣や利用目的に合ったカードを選びましょう。