ビックカメラSuicaカードの特徴や利用上のメリット・ポイントの有効的な活用方法について紹介

ビックカメラSuicaカード 特徴

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

クレジットカード

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでの利用時に10%の高還元率を提供するクレジットカードです。

Suicaのオートチャージ機能付きで、ビックカメラ以外の店舗利用でも実質1%のポイントが付与されます。

年会費は初年度無料、翌年からは524円で、一定条件下では無料になることもあります。

このカードでSuicaへのチャージを行うと、1.5%のJRE POINTが還元され、JRE POINT加盟店での利用でもポイントが貯まります。

今回は、ビックカメラSuicaカードの特徴や利用上のメリットについて紹介します。

【Pick Up】ACマスターカード
ACマスターカード キャプチャ
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

ビックカメラSuicaカードの基本情報

ビックカメラSuicaカード

年会費 524円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
国際ブランド VISA/JCB
ポイント還元率 0.50%~10.00%
貯まるポイント ビックポイント
追加カード ETCカード
付帯保険 海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
電子マネー
スマホ決済
Suica
Apple Pay
pay pay(Visaのみ)

ビックカメラSuicaカードは、日本の人気家電量販店ビックカメラとの提携カードで、特にビックカメラでの購入時に大きなメリットを提供します。

このカードは、Suicaのオートチャージ機能を備えており、ビックカメラでの利用時には通常の現金払いと同等の10%のビックポイントが付与されます。

これは、他のクレジットカードの利用時と比較して、顕著な高還元率です。

よって当カードは、ビックカメラやコジマ、JR線を頻繁に利用する人にとって、日常の支出を賢く管理し、ポイントを最大限に活用する方法として最適です。

ビックカメラSuicaカードを利用するメリット

ビックカメラSuicaカードは、多彩なメリットを提供するクレジットカードです。

ここでは、ビックカメラSuicaカードの特徴と併せて、カードを利用するメリとについて6つ紹介します。

年1回の利用で年会費が無料

年会費は初年度無料で、翌年からは524円ですが、年に1回でもカードを利用することで、翌年の年会費が無料になります。

これにより、実質的に年会費無料のカードと言えます。この手軽さが、多くのユーザーにとって大きな魅力となっています。

ビックカメラ・コジマで最大11.5%のポイント還元が得られる

ビックカメラSuicaカードは、多彩なメリットを提供するクレジットカードです。

特にビックカメラやコジマでの利用時には、最大11.5%という驚異的なポイント還元率を享受できます。

一方、ビックカメラやコジマでの買い物では、ビックカメラSuicaカードを使用すると、現金支払いと同じ10%のポイントが貯まります。

ただし、通常のクレジットカード決済では8%の還元率となるところ、このカードを使えば10%のポイントが付与され、さらにSuicaへのチャージで1.5%のJRE POINTも得られるため、合計で11.5%の還元率となります。

支払方法 ポイント還元率
現金 10%
Suicaなどの電子マネー 10%
ビックカメラSuicaカード 10%
クレジットカード 8%
バーコード・QR決済 8%

標準還元率が1.0%

ビックカメラ・コジマ以外の店舗でも、ビックカメラSuicaカードは標準で1.0%のポイント還元率を提供します。

これは多くのクレジットカードが提供する還元率よりも高く、どこで使ってもポイントが貯まりやすいというメリットがあります。

ビックポイントとJRE POINTの両方が0.5%ずつ貯まる仕組みで、普段のショッピングや公共料金の支払いでも効率良くポイントが貯められます。

ビューカードの種類 年会費 家族カード 還元率 定期券
ビュー・スイカカード 524円(税込) 524円(税込) 0.5% あり
ルミネカード 1,048円(税込) なし 0.5% あり
ビックカメラSuicaカード 524円(税込) なし 1.0% なし

Suica一体型でオートチャージができる

ビックカメラSuicaカードはSuica一体型のクレジットカードで、オートチャージ機能が大きな特長です。

この機能により、券売機での手間を省き、改札を通過する際に自動でチャージが行われます。

これにより、急いでいる時でもチャージ残高を気にする必要がなくなり、非常に便利です。

さらに、このカードでチャージできるのは内蔵されたSuicaだけでなく、My Suica、モバイルSuica、Apple PayのSuicaにも対応しています。

チャージや定期券購入でJRE POINTの還元率が1.5%

ビックカメラSuicaカードを使用してSuicaへのチャージやSuica定期券の購入、JR東日本国内ツアーなどを利用すると、JRE POINTの還元率が1.5%になります。

これは通常のポイント還元率よりも高く、JR東日本関連の利用でポイントが3倍になるため、電車を頻繁に利用する人にとって特に魅力的な特典です。

ただし、ポイントが3倍になるのはJRE POINTのみで、ビックポイントは対象外である点には注意が必要です。

モバイルSuicaやApple Payからもチャージできる

ビックカメラSuicaカードは、モバイルSuicaやApple Payに登録したSuicaへのチャージにも対応しています。

これにより、さまざまなデバイスから手軽にチャージが可能となり、利便性が高まります。

ただし、ビューカード以外のクレジットカードでは、Suicaへのチャージでポイントが貯まるカードは限られており、ビックカメラSuicaカードのこの特徴は大きなアドバンテージとなっています。

また、Android版のモバイルSuicaの年会費が無料になる点も、このカードの利用者にとっての追加メリットです。

ビックカメラSuicaカードが抱えるデメリット

ビックカメラSuicaカードは多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。

これらのデメリットを理解することは、カードの利用を最大限に活かすために重要です。

Suica定期券の機能が付いていない

ビックカメラSuicaカードにはSuica定期券の機能が付いていません。

このため、通勤や通学で定期券を頻繁に利用する人にとっては不便に感じるでしょう。

しかし、この問題はApple Payを使用して定期券を別途購入し、そこに登録することで解決します。

とはいえ、これには別途の手間がかかるため、定期券機能が必要な方には他のオプションを検討する価値があります。

また、以下は、ビューカードの中でSuica定期券一体型のクレジットカードです。

ビューカード 初年度年会費 還元率 電子マネー等 付帯保険
ルミネカード 無料
2年目以降953円
0.5~1.84% Suica 旅行傷害保険(国内/海外)
ビューSuicaカード 477円
2年目以降477円
0.50~1.84% Suica 旅行傷害保険(国内/海外)

Suicaのチャージ機能に上限額が設けられている

ビックカメラSuicaカードでのSuicaへのチャージには20,000円の上限が設定されています。

このため、高額商品の購入時には、この上限額を超える支払いには対応できません。

例えば、10万円の商品を購入する場合、Suicaでの支払いは最大2万円までで、残りは他の支払い方法を利用する必要があります。

これは高額商品の購入時にポイント還元の機会を逃す可能性があるということです。

決済分 決済額 還元率 ポイント
Suica決済分 2万円 11.5% 230ポイント
カード決済分 8万円 10% 800ポイント

ショッピング保険が付帯していない

ビックカメラSuicaカードにはショッピング保険が付帯していません。

これは、カードで購入した商品が破損や盗難にあった際の補償がないことを意味します。

高価な商品を購入する際には、この点を考慮する必要があります。

ただし、ビックカメラでは独自の長期保証サービスを提供しており、一定の条件下で製品の保証を受けることが可能です。

しかし、このサービスは別途の費用が発生する場合があります。

海外旅行保険の補償額が少ない

ビックカメラSuicaカードには海外旅行保険が自動付帯していますが、補償額が比較的少なめです。

具体的には傷害死亡・後遺障害で500万円、傷害治療費用および疾病治療費用でそれぞれ50万円となっています。

付帯保険の内訳 補償額 保険の対象
傷害死亡・後遺障害 500万円 死亡・後遺症が残った場合
傷害治療費用 50万円 ケガをした場合
疾病治療費用 50万円 病気をした場合
携行品損害 ケータイやカメラなど所持品を盗難・破損した場合
賠償責任 他人をケガを負わせた時や他人のモノを壊した場合
救援者費用 入院時・行方不明時の救援者の旅費や探索費用

海外での治療費が高額になり得ることを考えると、これらの補償では不十分な場合があります。

携行品損害や賠償責任に対する保険も付帯していません。

そのため、海外旅行時には別の補償額が高い保険を検討することが望ましいでしょう。

家族カードが発行できない

ビックカメラSuicaカードは家族カードの発行ができません。

家族が別途カードを申し込む必要があるため、ポイントを家族全体で共有したい場合や、家族にも同様のカード特典を提供したい場合には不便です。

多くのクレジットカードが家族カードの発行を可能にしている中で、この点は明らかなデメリットと言えます。

ETCカードの年会費が有料

ビックカメラSuicaカードに付随するETCカードは年会費が有料です。

多くのクレジットカードが年会費無料のETCカードを提供している中で、この年会費524円(税込)は一つの負担になります。

ただし、ETCカードの利用でも0.5%のJREポイントが貯まりますので、年間に一定額以上の高速道路利用がある場合は、この年会費を相殺することが可能です。

ETCカードの即日発行はできず、手元に届くまでに時間がかかる点も注意が必要です。

年会費無料のETCカードが必要な場合は、他のカードを検討することをおすすめします。

ビックカメラSuicaカードで貯まる各種ポイントの使い方

ビックカメラSuicaカードでは、ビックポイントとJREポイントの2種類のポイントを効率的に貯めることができます。

これらのポイントは、様々な方法で利用できます。

以下は、ビックカメラSuicaカードで貯まるビックポイントとJRE POINTを有効的に活用する方法になります。

ビックポイントの使い道 JRE POINTの使い道
・1500ポイント=1000円」でSuicaにチャージ
・JALマイルやJ-WESTポイント、エムアイポイントなどの提携ポイントへの交換
・「1ポイント=1円」でSuicaにチャージ
1000ポイント単位でビックポイントに交換
商品券や他社提携ポイントへの交換

JRE POINTをビックポイントにする

JRE POINTをビックポイントに交換することで、ビックカメラでの買い物やその他の提携ポイントへの交換に利用することができます。

1000ポイント単位での等価交換が可能で、これにより利用範囲が広がります。

商品券や他社提携ポイントと交換する

ビックカメラSuicaカードで貯まったポイントは、商品券や他社提携ポイントと交換することもできます。

これにより、ビックカメラやJR東日本以外のサービスでもポイントを活用することが可能になります。

JRE POINTは、商品券やクーポン、Suicaグリーン券などに交換することができ、また「JRE MALL」での商品購入にも使用できます。

ビックポイントも、JALマイルなど他社提携ポイントへの交換が可能です。

ビックカメラSuicaカードと他のビューカードとの違い

ビックカメラSuicaカード、ルミネカード、ビュースカイカードは、それぞれ異なる特徴を持つビューカードです。

以下は、それぞれの特徴をまとめた一覧表です。

カード名 ビックカメラSuicaカード ルミネカード ビュースカイカード
初年度年会費 無料 無料 524円
年会費(年会費) 524円
※年1回の利用で翌年も無料
1,048円 524円
還元率 0.5~1.5% 0.50% 0.50%
還元率アップの方法 ビックカメラ・駅ビル 駅ビル 駅ビル
suicaの機能 あり あり あり
定期券機能 なし なし なし
家族カード なし なし なし

これらのカードを比較することで、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶのに役立ちます。

ここからは、年会費、ポイント還元率、定期券機能の3つの観点からカードの違いを解説します。

年会費

ビックカメラSuicaカードの年会費は初年度無料で、以降524円ですが、年に1回の利用で翌年も無料になります。

一方、ルミネカードは初年度無料で、2年目からは1,048円の年会費がかかります。

ビュースカイカードも初年度年会費が無料で、2年目から524円が必要です。

この点で、ビックカメラSuicaカードは年会費の面で最もお得です。

ポイント還元率

ビックカメラSuicaカードのポイント還元率は0.5~1.5%で、ビックカメラ・駅ビルでの利用時に還元率がアップします。

ルミネカードは一律0.50%の還元率ですが、ルミネ・NEWoMan・アイルミネでの利用時に特典があります。

ビュースカイカードも同様に0.50%の還元率で、駅ビルでの利用時にポイントがアップします。

ポイント還元率の高さを考慮すると、ビックカメラSuicaカードが優れています。

定期券機能

ビックカメラSuicaカードにはSuica定期券の機能がありませんが、定期券の機能が必要な場合は、Apple Payを使用して解決することができます。

ルミネカードとビュースカイカードもSuica定期券の機能はありません。

一方、Suica定期券一体型のカードを求める場合は、ビュー・スイカカードやビューゴールドプラスカードなど他のビューカードを検討する必要があります。

定期券の機能を重視する場合、ビックカメラSuicaカードは適さず、ルミネカードとビュースカイカードなど、定期券一体型のカードを利用するのが得策です。

これらの比較から、ビックカメラSuicaカードは年会費の安さとポイント還元率の高さで優れていますが、定期券機能がない点に注意が必要です。

一方、ルミネカードはルミネ系列の店舗での特典が魅力ですが、年会費が高めです。

ビュースカイカードは基本的な機能に加えて、Suicaとの組み合わせが可能ですが、ポイント還元率ではビックカメラSuicaカードに劣ります。

ビックカメラSuicaカードに関する質問

ビックカメラSuicaカードに対するよくある質問について、詳しく回答していきます。

これらの情報は、カードの申し込みを考えている方や、カードの利用を最大限に活かしたい方にとって役立つでしょう。

ビックカメラSuicaカードの審査基準は厳しい?

ビックカメラSuicaカードの審査基準は比較的柔軟です。

申し込み条件は「日本国内にお住まいの満18歳以上(高校生を除く)で、電話連絡が取れる方」であり、特に「安定した収入」や「一定の勤続年数」を求める明確な記述はありません。

そのため、正社員でなくても、学生や主婦、アルバイトでも申し込みが可能です。

一方、無職の方は審査が通りにくい可能性がありますが、それ以外の職業カテゴリーでは比較的発行しやすいと言えます。

ビックカメラSuicaカードは学生でも取得できる?

ビックカメラSuicaカードは学生でも申し込みが可能です。

条件は「18歳以上であること(高校生を除く)」と「親権者の同意が必要であること」のみです。

これにより、大学生や専門学生など、高校を卒業した18歳以上の学生が対象となります。

学生であってもビックカメラSuicaカードを持つことで、ビックカメラでのショッピングやSuicaを利用した交通費でポイントを貯めることができます。

ビックカメラSuicaカードはどんな人におすすめ?

ビックカメラSuicaカードは、特に以下のような方々におすすめです。

  • ビックカメラやその系列店舗でのショッピングを頻繁に行う方
  • Suicaを日常的に利用する方
  • 学生やパート・アルバイトなど、幅広い職種の方

これらの特徴から、日常的に電子マネーを使用し、ビックカメラでの買い物をよくする方にとって、このカードは大いに役立つでしょう。

また、年会費が実質無料になる条件も柔軟であり、カードを持つことのハードルが低いのも魅力です。

ビックカメラSuicaカードはビックカメラや電車移動をする機会が多い方におすすめ

【Pick Up】ACマスターカード
ACマスターカード キャプチャ
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

ビックカメラSuicaカードは、特にビックカメラでのショッピングとJR線の利用が多い方に最適なクレジットカードです。

このカードを使用すると、ビックカメラでの購入時には現金と同じ10%のポイント還元を受けることができます。

また、Suicaのオートチャージ機能が付いているため、電車利用時の手間が省け、移動時にもポイントが貯まります。

年会費は年1回の利用で翌年無料になるため、コストパフォーマンスも良好です。

電子マネーを頻繁に使用し、ビックカメラやJR線をよく利用する方にとって、日常生活での便利さと経済的なメリットが大きいカードです。