アルトコインとは?有望な理由やおすすめ銘柄・投資のメリットを紹介

アルトコインとは?有望な理由やおすすめ銘柄・投資のメリットを紹介
投資

アルトコインとは、ビットコインの後に作られた様々な種類の暗号資産(仮想通貨)のことです。これらはビットコインの代わりとなるコインという意味で「アルトコイン」と呼ばれています。

ビットコインの基本的な構造をベースにしているけれども、ビットコインの欠点を改善したり、新しい機能を加えたりしています。

市場でも多くのアルトコインが注目されていますが、ビットコインに比べると、流通量や市場価値が低かったり、安全性や信頼性に問題があるものもあります。

アルトコインには大きな値上がりのチャンスがあるため、多くの人が興味を持っています。しかし、しっかりした計画なしにアルトコインに投資すると、損失を被る可能性もあります。

今回は、アルトコインの基本的な知識や、どのように選ぶべきか、おすすめのアルトコインについて、わかりやすく説明します。

【2023年最新】おすすめ仮想通貨(暗号資産)比較ランキング11銘柄!将来性・初心者向け取引所を紹介

【Pick Up】Zaif
Zaif
おすすめポイント
  • 手数料無料のカンタン自動売買
  • 1,000円から始められる「コイン積立」
  • コールセンター相談など安心の顧客対応
取扱暗号資産
20通貨※2024年1月時点
手数料
販売所:スプレッド 取引所:Maker 0%・Taker 0.1%
最低取引単位
販売所:0.0001 BTC 取引所:0.0010 BTC※2024年1月時点
取引形式
販売所・取引所
公式サイトはこちら 暗号資産交換業登録済 近畿財務局長 第00001号(暗号資産交換業) 商号:株式会社Zaif 加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

アルトコインとは

アルトコイン(Altcoin)は、「オルトコイン」とも呼ばれ、ビットコイン以外の仮想通貨全般を指します。

“アルト”は”alternative”(代替)の略語であり、ビットコインに対する代替通貨を指しています。

ビットコインが最初に登場し、その後にさまざまな仮想通貨が生まれたため、これらを総称してアルトコインと呼びます。

アルトコインとビットコインとの違い

アルトコインとビットコインには以下のような違いがあります。

新規発行枚数の上限

ビットコインの新規発行枚数は、最大で2,100万枚までと制限されています。

一方で、アルトコインはビットコインと同様の供給上限がある場合もあれば、上限がないものもあります。

利用目的の違い

ビットコインは仮想通貨としての利用がメインであり、基本的にはコインの所有者間での取引に使われます。

一方、アルトコインには、ビットコインよりも多様な目的に利用されます。

例えば、イーサリアムはスマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)のプラットフォームとして使われますし、リップルは金融機関向けの国際送金を改善する目的でも利用されます。

価格の変動性の違い

ビットコインは、仮想通貨市場全体の市場変化に影響を与えており、または影響を及ぼされるという仕組みを持っています。

アルトコインも仮想通貨全体の値動きに影響されますが、それぞれの特性に則った独自の市場の動向を持っています。

また、ビットコインと比較して市場が小さく、値動きが起こりやすいのも大きな特徴です。

有望なアルトコインのおすすめ銘柄

イーサリアム

スマートコントラクト機能を提供し、分散型アプリケーション(DApps)の開発を可能にするプラットフォーム。

イーサリアム(ETH)には、スマートコントラクトが実装されています。スマートコントラクトではある条件が整うと自動契約し、ブロックチェーン上にアプリケーションの記録や契約内容が保存されます。

また、この通貨のブロックチェーン技術は、DeFi(分散型金融)と呼ばれる金融資産管理の仕組みの基盤になっているというメリットがあります。

リップル

金融機関向けに開発された、迅速で低コストな国際送金を可能にする仮想通貨。

リップル(XRP)には、ほかの仮想通貨(暗号資産)に比べ取引速度が速く、コストが安価。

取引速度が他の仮想通貨よりも比較的速いとされているため、海外への送金など決済に時間がかかるケースを解決で着る可能性が高いです。

また、この通貨には金融システムへの応用が進んでいるというメリットがあります。

アイオーエスティー

アイオーエスティー(IOST)は、送金速度が比較的早いことで知られているアルトコイン。

アイオーエスティー(IOST)には、独自のPoBというコンセンサスアルゴリズムを利用しており、処理速度を上げやすい傾向にあるのが特徴です。

プログラム言語がJavaScriptであるというメリットがあります。

JavaScriptは使用する開発者が多い言語のうちの1つで、マイナーな言語と比較すると開発のハードルも低め。

エンジンコイン

エンジンコインは、2009年にシンガポールで創業したEnjin(エンジン)が、同年に立ち上げたブロックチェーン資産発行プラットフォーム。

門言語での開発経験がないブロックチェーン未経験者でも、通常の開発言語を利用してブロックチェーンゲームの作成や管理を行うことがで着るメリットがある。

不要になった資産はNFTマーケットプレイスで売却したり、資産をメルト(溶解)してエンジンコインを取り出すこともできます。

オーエムジー

オーエムジー(OMG)は、オーエムジーネットワーク(OMG Network)上で使用されている仮想通貨です。

イーサリアムと比較しても処理能力(速度)、手数料共に優れています。

チェーンリンク

チェーンリンク(LINK)は、ブロックチェーンに特徴をもった仮想通貨(暗号資産)です。

チェーンリンク(LINK)には、ブロックチェーンと現実世界のシステムのデータを接続することができるといった特徴を持ちます。

ビットコインキャッシュ

ビットコインから分岐して生まれた通貨で、発行上限はビットコイン(BTC)と同じ2100万枚となっています。

分岐時にはブロックサイズを8MB上げることでビットコインよりも取引にかかる時間を少なくし、スケーラビリティの問題を解決します。

ネム

アジアや日本で特に人気が高い銘柄です。

処理速度が速く、ビットコインだと1ブロックの処理に約10分を要しますが、ネム( XEM/NEM)の場合、1分程度で完了します。

それほど多くの電力を消費せず、通常のパソコンでも取引しやすいのが特徴です。

独自トークンが発行可能で、仮想通貨としてだけではなく、株式、投票、署名、デジタルゲームなど用途が広いのも魅力です。

有望なアルトコインの見分け方

ここでは、有望なアルトコインの見分け方についてご紹介します。

知名度が高い取引所に上場している

ユーザーを多く抱えていて取引量が多い取引所ほど、通貨を上場する際に必要となる費用も高額になるのが一般的です。

もし取引所に上場している場合、運営者に上場費用を負担できるだけの財政的な余裕があり、運転資金が豊富にある可能性が高いです。

1日の取引量が多い

1日の取引量が多いと、有望なアルトコインである可能性が高いです。

人気のある通貨は取引量が多い傾向にあります。

逆に、知名度のない通貨は取引量が少ないため、自分の好きなタイミングで売買ができない恐れがあれます。

なお、通貨の出来高はCoinMarketCapやCoinGeckoなどの価格情報を提供しているサイトで確認できます。

「ホワイトペーパー」を見て将来性があるかを判断する

ホワイトペーパーとは、ICOによる資金調達の際に通貨の発行元が公開する事業計画書のことです。

通常、暗号資産の発行元は資金調達をする際にホワイトペーパーを用意します。

ホワイトペーパーには、通貨の発行目的や技術的な内容などが書かれており、暗号資産を購入通貨の計画性や将来性を確認するのに有効です。

将来性があると判断してからしてから購入することで、投資に失敗するリスクを減らすことができます。

情報を積極的に発信している

開発状況や提携に関する情報などを積極的に発信していると、信頼性が高いです。

暗号資産を購入する際は、事前にそのコインのSNSや公式サイトなどをチェックして情報が頻繁に更新されているかを確認するといいでしょう。

実績のある開発陣が携わっている

プロジェクトの背後にいる開発者やチームの経験や信頼性を確認しましょう。

有望なアルトコインの多くは、強力な開発者やリーダーシップチームによって支えられていることが多いです。

実績のある著名な開発陣がメンバーにいると、そのようなアクシデントが起こる可能性を抑えられます。

さらに、過去の実績により通貨の期待値が上昇しやすいというメリットもあります。

影響力のある人物や企業が注目している

アルトコインは、影響力のある人物や有名企業が注目し、それを公表することで価格が変化する傾向があります。

例えば、Twitterである世界的大手企業のCEOなどの発言によって価格が変化したケースもあります。

「ホワイトリスト」に入っている

ホワイトリストとは、金融庁が認めている銘柄を掲載しているものです。

ホワイトリストに載るには、一定の水準をクリアする必要があるので、信頼度が高いと判断できます。

アルトコインのメリット

独自性がある

アルトコインは新しい技術や機能を導入し、ビットコインにはない独自の特徴を持っています。

異なる用途に利用できることが、独自の投資需要や値動きの傾向を生み出しています。

投資の大きなチャンスがある

アルトコイン市場はまだ成熟していないため、初期のビットコインのように、今のうちに買っておいて大きな値上がりを期待することもできます。

まだ未成熟であることは、裏を返せば大きな投資チャンスでもあります。

多様な種類から選択できる

多くのアルトコインが存在し、それぞれが異なる特性や目的を持っています。

投資家は多様性を持ち、自分の投資目的に合わせた選択肢を見つけることができます。

条件がビットコインと比較して緩い

アルトコインはビットコインよりも柔軟性が高い場合があり、アップグレードや変更が比較的容易に行えることがあります。

アルトコインのデメリット

市場が不安定である

アルトコイン市場は非常に不安定で、急激な価格変動が発生することがあります。

ビットコインよりも価格が変動しやすいとされています。

先行きが不透明である

アルトコインはまだ未知のプロジェクトが多いため、投資に伴うリスクが高まります。

一部のプロジェクトは失敗する可能性があります。

例えば、今は評判の良いアルトコインの取引所が、将来的に倒産するリスクも十分にあります。

取引量が少ない

アルトコインの中には取引量が少なく、流動性が低いものもあります。

これにより、大口のトレードが難しく、価格が急激に変動することがあります。

大きく普及していない

アルトコインの中にはまだ広く普及していないものもあり、一般の認知度は比較的低いです。

投資商品の認知度が向上しないと市場の活性化はなかなか起こらないため、現時点ではまだ将来性に賭けるべきフェーズと言えます。

アルトコインは将来有望な投資先の一つ

【Pick Up】Zaif
Zaif
おすすめポイント
  • 手数料無料のカンタン自動売買
  • 1,000円から始められる「コイン積立」
  • コールセンター相談など安心の顧客対応
取扱暗号資産
20通貨※2024年1月時点
手数料
販売所:スプレッド 取引所:Maker 0%・Taker 0.1%
最低取引単位
販売所:0.0001 BTC 取引所:0.0010 BTC※2024年1月時点
取引形式
販売所・取引所
公式サイトはこちら 暗号資産交換業登録済 近畿財務局長 第00001号(暗号資産交換業) 商号:株式会社Zaif 加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

前述の通り、アルトコインは市場規模や認知度がまだまだ低いものの、将来性の観点からも今後有望な投資先の一つと言えます。

「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「エンジンコイン(ENJ)」は特に知名度も高まってきており、将来的により大きくなる可能性があります。

それぞれの特徴を比較して、慎重に銘柄を選ぶことをおすすめします。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。