仮想通貨の今後の推移はどうなる?将来の見通し・暴落のリスクを解説【2024年】

仮想通貨の今後の推移はどうなる?
投資

ビットコインは、世界初の仮想通貨として有名で、多くの人がこれを思い浮かべることでしょう。

ビットコインは支払い手段や投資対象として世界中で使われていますが、いくつかの問題や課題も持っています。

2024年現在、ビットコインは価格の上昇傾向が見られますが、今後、価格がさらに上がるか、下がるかは未知数です。

ビットコインの将来性と近い将来の推移見通しについて解説していきます。

【2024年最新】おすすめ仮想通貨(暗号資産)比較ランキング11銘柄!将来性・初心者向け取引所を紹介

【Pick Up】Zaif
Zaif
おすすめポイント
  • 手数料無料のカンタン自動売買
  • 1,000円から始められる「コイン積立」
  • コールセンター相談など安心の顧客対応
取扱暗号資産
20通貨※2024年1月時点
手数料
販売所:スプレッド 取引所:Maker 0%・Taker 0.1%
最低取引単位
販売所:0.0001 BTC 取引所:0.0010 BTC※2024年1月時点
取引形式
販売所・取引所
公式サイトはこちら 暗号資産交換業登録済 近畿財務局長 第00001号(暗号資産交換業) 商号:株式会社Zaif 加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

仮想通貨の今後の推移見通し

長期的に見ると上昇の見込

暗号資産の今後ですが、「長期的にみると上昇していく」と予想されるでしょう。

暗号資産の規制が緩和される国が増えつつあり、暗号資産を法定通貨として採用する国もでてきています。

なぜならビットコインなどの知名度の高い仮想通貨は、店舗決済として利用できる場所が拡大してきているからです。

暗号資産は認知度や信頼度が高まると需要が増え、価格も上昇していきます。

2024年に半減期が訪れる見通し

またビットコインは、2024年に4年に1度の「半減期」が訪れるといわれています。

過去の実績からみても、半減期に向けて価格は上昇する傾向にあるので、今後も期待できるといえるでしょう。

ただし暗号資産は、社会情勢やあらゆる要因で価値が大きく変動する性質があるので要注意です。

長期的な目でみると価値は上昇しているので、焦らずに取引することが大事です。

今後に期待できる仮想通貨を選ぶポイント

送金と決済方法に使える場所が増えている

送金と決済手段に利用できる場所が増えている暗号資産は、今後に期待できます。

なぜなら送金や決済手段として使われるということは、通貨としての安全性や信頼性が認められたということだからです。

ますます安全で信頼できる暗号資産は需要が高まり、価格が上がると予想できます。

プラットフォームとして利用されている

プラットフォームに利用されている暗号資産は今後伸びる可能性が高いです。

なぜなら、暗号資産のブロックチェーン技術はNFTやオンラインゲームなどにも利用され、プラットフォームが伸びればベースになる暗号資産の価値も上がることが期待できるからです。

たとえば実際、NFTのプラットフォームで利用されたイーサリアムは、NFT市場の拡大と共に価格が上昇したといったケースも。

暗号資産がこれから伸びるかは利用されているプラットフォームの需要の高さにも注目しましょう。

発行限度枚数に近づいている

発行限度枚数に近づいている暗号資産は今後、価格の上昇が期待できる可能性が多岐です。

なぜなら発行限度枚数に達してしまえば、今後その暗号資産は新しく発行されないので希少性が高まるからです。

たとえばビットコインは2022年時点で発行限度枚数まで残り10%となっており、希少性が高まって価格が高くなる可能性が高く狙い目です。

ですので、事前に暗号資産の発行限度枚数を確認して、これから希少性が高まるか確認することをおすすめします。

著名な企業が提携・出資している

大手企業や機関投資家が仮想通貨に対する関心を高めており、機関投資家の参入が増えることで市場への資金流入が期待されます。

なぜなら、大手企業が提携・出資しているということは、その暗号資産の安全性や信頼性を認めているからです。

たとえば「リップル」は日本国内の金融機関と提携していることで信頼性があり、ユーザーも安心して取引しやすいでしょう。

事前にニュースなどを見ておき、少量からでも取引に慣れておくのがいいでしょう。

今後期待できる仮想通貨5選

ビットコイン

ビットコインは今後、株式市場から資金が流入して価格が上昇する可能性が高いといわれています。

ビットコインは2022年はアメリカで金利の引上げが続き、株価が下落した過去があります。

一般的に金利の引上げで株価は下がる傾向にあるといわれています。

2024年もアメリカ金利の引上げ継続が予想されているので、株式市場から流出した資金が暗号資産市場に流れ込む可能性が極めて高いです。

イーサリアム

イーサリアムのスマートコントラクト技術は、FT市場が盛り上がればイーサリアムの価値が上がる可能性が高いといわれています。

世界的大企業とも提携しており、アメリカではMicrosoftやJPモルガンなど、日本ではKDDIや三菱東京UFJ銀行などがイーサリアムと提携しています。

先ほども述べたように、大手企業が提携・出資しているということは、その暗号資産の安全性や信頼性が高いということ。

利用者が多いので今後も主要テクノロジーでイーサリアムの技術が応用される可能性が高く、今後も需要拡大が期待できます。

リップル

リップルの発行限度枚数は1,000億枚ですが、すでに上限に達しているので今後新しく発行されることはないでしょう。

そのためリップルの需要が高まると、枚数が決まっているので価格が急騰しやすいといえます。

リップルは発行限度枚数に達して価格が安定していることに加え、これからも送金手段として重宝されるやすい銘柄です。

エンジンコイン

エンジンコインは現在、世界中で2,000万人以上(2024年時点)がプレイに利用しています。

これから世界的にメタバースの需要が拡大するので、NFTやオンラインゲーム分野も伸びる可能性が高め。

エンジンコインが関連する分野がこれから成長すると期待されるので、持っておくとメリットが多いでしょう。

アイオーエスティー

アイオーエスティーのブロックチェーンは医療関連の個人情報を管理するプロジェクトに利用されており、今後の発展に期待されています。

医療分野以外にも、NFTやブロックチェーンゲームに利用されるなどさまざまなジャンルで利用されているため、今後も需要が高まります。

仮想通貨が今後暴落する可能性のある要因

ハッキング被害

仮想通貨や暗号資産は、ハッキング被害によって今後暴落する可能性があります。

過去に日本でも2018年にコインチェックがハッキング被害に遭いました。

ハッキング被害に遭う原因は取引所だといわれています。

ハッキングといった事件が起きると、仮想通貨自体の印象が悪くなってしまい、価格の暴落に繋がりやすいと言われています。

ただし以前よりも取引所のセキュリティー対策が強化されており、近年ではハッキング被害は減ってきているのも事実です。

著名人の発言

大きな影響力を持つ著名人が暗号資産に関する好意的な発言をすると、市場に投資家が増える傾向にあります。

逆に否定的な発言があると市場に不安が広がり、大暴落する可能性も否めません。

ただし著名人の発言による影響は一時的なものであり、市場の本質的な要素や指標には影響を及ぼしにくいといった面もあります。

投資判断をする際には過度に感情に惑わされず、情報の正確性を確認して、複数の情報源を参考にすることが大事です。

各国の金融規制

とくにアメリカや中国などの大国の金融規制となると受ける影響は大きく、規制が強化されると仮想通貨や暗号資産の需要は減るので、価格も下がってしまいます。

実際2021年9月には、中国で仮想通貨での決済や関連事業が禁止されたことをきっかけに、ビットコインの価格が暴落するということがありました。

ただし金融規制による暴落は一時的なことが多いため、焦らずに長期的な目でみていくことが大事です。

世界情勢の動き

仮想通貨や暗号資産は、世界情勢に大きく影響されます。

とくに大きな戦争が起きると予測不能な状態に陥る可能性が高く、投資をする際はそういったリスクがあることを覚えておくといいでしょう。

現最近ではロシアとウクライナでの戦争が続いており、第三次世界大戦も懸念されています。

市場の変動

仮想通貨市場は変動が大きいため、市場参加者はリスク管理が重要です。価格の変動に対応できる戦略が求められます。

2024年現在は市場規模がまだまだ大きいとは言えず、前述の要人発言などの影響で多くの投資家が動けば、市場は大きく変動する可能性が十分にあります。

仮想通貨に投資するなら今後の推移も知っておこう

【Pick Up】Zaif
Zaif
おすすめポイント
  • 手数料無料のカンタン自動売買
  • 1,000円から始められる「コイン積立」
  • コールセンター相談など安心の顧客対応
取扱暗号資産
20通貨※2024年1月時点
手数料
販売所:スプレッド 取引所:Maker 0%・Taker 0.1%
最低取引単位
販売所:0.0001 BTC 取引所:0.0010 BTC※2024年1月時点
取引形式
販売所・取引所
公式サイトはこちら 暗号資産交換業登録済 近畿財務局長 第00001号(暗号資産交換業) 商号:株式会社Zaif 加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

仮想通貨はまだ新しい投資先ということもあり、値動きをする可能性が他の投資手法と比べて多くあります。

仮想通貨に投資をする場合、今後どのように推移するかの見通しもつけておく必要があります。

値動きに十分注意して、慎重に投資を進めていきましょう。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。