プラチナカードの審査基準は厳しい?必要年収の目安・審査に落ちた時の対処法を解説

プラチナカードの審査基準は厳しい?

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

クレジットカード

プラチナカードは、高い年会費とステータスを持つクレジットカードで、一般カードやゴールドカードより上位のサービスを提供します。

豊富な付帯サービス、手厚い旅行傷害保険、限られた人だけが持てる希少性が魅力です。

会員限定のコンシェルジュサービスや旅行傷害保険などが付帯し、ビジネスや日常生活での利便性を高めてくれます。

審査は厳しいものの、適切に選べばビジネスやプライベートでの活用が可能です。また、持っているだけでステータスにもなります。

今回は、プラチナカードの審査基準は実際どのくらい厳しいのか、審査通過のためにはどれくらいの年収が必要なのかを紹介していきます。

審査が甘い・緩いクレジットカードは本当にある?審査基準や審査落ちの原因も解説【クレカ審査が不安な方必見】

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら
  1. プラチナカードの審査基準
    1. 勤務先と勤続年数
    2. 信用情報に傷がないこと
    3. 安定した収益があること
    4. クレジットヒストリー
    5. クレジットカードの複数申し込みを行っていないかどうか
  2. プラチナカードの取得に必要な年収はいくら?
    1. 具体的な収入条件はない
    2. 年収が低くても作成できる可能性がある
    3. 年収以外にも審査で重要な要素がある
  3. 【年収別】おすすめのプラチナカード
    1. 年収200万円台の方おすすめのプラチナカード
    2. 年収300万円台の方おすすめのプラチナカード
    3. 年収400万円台の方おすすめのプラチナカード
    4. 年収500万円以上の方おすすめのプラチナカード
  4. プラチナカードの審査に落ちてしまう原因
    1. クレジットカードを複数申し込んでいる
    2. 過去に金融事故を引き起こした経歴がある
    3. クレジットヒストリーが構築できていない
  5. プラチナカードの審査で落ちないための方法
    1. カードの利用実績を積む
    2. クレジットヒストリーに傷をつけない
  6. プラチナカードの申込から受け取りまでの流れ
    1. 【Step1】カード会社の公式サイトから申し込みを始める
    2. 【Step2】本人情報を入力する
    3. 【Step3】審査の実施
    4. 【Step4】郵送受取
  7. プラチナカードの審査通過率を上げる方法
    1. 提携カードを利用する
    2. 転職したら半年以上の時間を空ける
    3. 新規カードの申し込み後も半年以上の時間を空ける
    4. 分割払いやリボ払いの残高をゼロにする
    5. ゴールドカードを作成した会社でプラチナカードを作成する
  8. プラチナカードの審査は十分な対策が必要

プラチナカードの審査基準

勤務先と勤続年数

プラチナカードの審査では、勤務先の種類と勤続年数が重視されます。

公務員や上場企業の正社員、専門職など安定した職業に長期間勤めていることが好ましいとされています。

自営業者や起業家、フリーランスなどは、事業の継続年数や安定した収入が証明できれば有利に働く可能性があります。

信用情報に傷がないこと

信用情報のクリーンさも審査において重要です。

過去にクレジットカードの延滞や滞納、強制解約などのトラブルがある場合、審査に悪影響を及ぼします。

信用情報に問題がないことが、プラチナカード取得のためには必要不可欠です。

安定した収益があること

プラチナカードの審査では、申し込む人の収入レベルも重要なポイントです。

特に年収が高いほど審査に有利ですが、単に年収が高いだけではなく、その収入が安定しているかどうかが問われます。

クレジットヒストリー

長期間にわたる良好なクレジットヒストリーは、プラチナカード審査において重要です。

これまでのクレジットカード使用歴がある程度の期間続いており、延滞や滞納がないことが望ましいです。

クレジットカードの複数申し込みを行っていないかどうか

クレジットカードの複数申し込みは、審査に不利になる可能性があります。

特に短期間に多くのカードに申し込む行為は、財政的な不安定さの兆候と見なされることがあるため、注意が必要です。

通常、半年間に2枚までの申し込みが推奨されています。

プラチナカードの取得に必要な年収はいくら?

プラチナカードの取得に必要な年収に関する情報は、多くのカード会社では明確に公開されていません。

しかし、一般的な傾向として、年収450万円から500万円程度が必要と見なされることが多いです。

この金額は、プラチナカードが提供する高度なサービスと特典に見合った収入水準と考えられています。

これらのカードは通常、ゴールドカードよりも高い年会費を要求するため、年会費が2万円から4万円程度、時にはそれ以上の高額な年会費を持つものもあります。

具体的な収入条件はない

プラチナカードの取得に必要な年収は、カードによって異なり、カード会社の個別の基準や申込者のクレジットヒストリーによっても変わる可能性があるため、具体的な数字を決めるのは難しいです。

このため、プラチナカードを目指す方は、自身の収入やクレジットスコアを考慮した上で、慎重に検討することが重要です。

年収が低くても作成できる可能性がある

年収が比較的低い場合でも、プラチナカードを手に入れる道は存在します。

特に、同一発行会社のクレジットカードを利用して良好な利用実績を積むことは、プラチナカードへのランクアップに有利に作用します。

一般カードやゴールドカードを使用して、適時に支払いを行い、信頼を築くことで、プラチナカードの審査においても有利に働くことが期待できます。

年収以外にも審査で重要な要素がある

プラチナカードの審査において、年収は重要な要素の一つですが、多くのカード会社では具体的な年収基準を公開していません。

審査では年収の他にも、信用情報、支払い履歴、勤務先、勤続年数など複数の要素が考慮されます。

つまり、年収は審査の一部として扱われますが、それだけで審査が決まるわけではありません。

総合的な信用力や経済的安定性が、プラチナカードの審査でより重要視される傾向にあります。

【年収別】おすすめのプラチナカード

プラチナカードには年収に合わせた選択肢であると同時に、各カードには独自のメリットやサービスがあります。

自身のライフスタイルやニーズに合ったプラチナカードを選ぶことが重要です。

また、カードの申し込み前には各カードの詳細な条件やサービス内容をよく確認し、自分にとって最適なカードを選ぶことをお勧めします。

年収200万円台の方おすすめのプラチナカード

年収が200万円台の方には、年会費が比較的低めのプラチナカードが適しています。

例えば「TRUST CLUB プラチナマスターカード」は、年会費が5,000円から1万円程度と手頃で、利用限度額が比較的低めに設定されているため審査通過しやすいです。

このカードは、年会費の割に高いポイント還元率や豪華なサービスを提供しており、年収が低くてもプラチナカードのメリットを享受できます。

年収300万円台の方おすすめのプラチナカード

年収が300万円台の方には、年会費が15,000円から25,000円程度のプラチナカードが適しています。

この価格帯のカードには、「UCプラチナカード」や「ジャックスカードプラチナ」などが含まれ、コンシェルジュサービスなどの充実した付帯サービスを受けることができます。

これらのカードは、ゴールドカードよりも手頃な年会費でプラチナカード特有のサービスを提供しています。

年収400万円台の方おすすめのプラチナカード

年収が400万円台の方には、年会費が25,000円から35,000円程度のプラチナカードが適しています。

「JCBプラチナカード」や「エポスプラチナカード」など、この価格帯のプラチナカードは、充実した付帯サービスを提供しており、所有することで高い満足感を得ることができます。

年収がこのレベルになると、より多くのプラチナカードが選択肢に入るようになります。

年収500万円以上の方おすすめのプラチナカード

年収が500万円以上の方には、年会費が5万円以上のプラチナカードが最適です。

「三井住友カード プラチナ」や「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」など、この価格帯のカードは、高額な利用限度額や豊富な付帯サービスを提供しています。

年収が500万円を超えると、高いステータス性を備えたカードを選択でき、ブラックカードに匹敵するような満足感を得られます。

プラチナカードの審査に落ちてしまう原因

クレジットカードを複数申し込んでいる

多重申し込み、すなわち短期間に複数のクレジットカードに申し込む行為は、審査に不利な要因となります。

これは、カード会社が個人の信用情報をチェックする際に、多重申し込みを貸し倒れリスクの高さの指標と捉えるためです。

したがって、プラチナカードを含む新たなクレジットカードを申し込む際には、他のカード申込みから一定の期間を空けることが重要です。

過去に金融事故を引き起こした経歴がある

金融事故とは、クレジットカードの支払い遅延や返済不能など、金融取引における問題行為を指します。

このような経験があると、クレヒス(クレジットヒストリー)に傷がつき、審査で不利に働く可能性が高くなります。

特に重大な金融事故を起こした場合、クレジットカードの契約が不可能になる「ブラックリスト」状態に陥ることもあります。

クレジットヒストリーが構築できていない

クレジットカードの利用履歴、すなわちクレジットヒストリーの構築は、審査において非常に重要です。

良好なクレヒスとは、定期的なカード利用と、支払いの遅延がないことを意味します。

特に、長期間にわたり一つのカードを使用し続けることで、安定した利用者であることを示せます。

支払い延滞を一度でも起こすと、その記録がクレヒスに残り、将来の審査に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

プラチナカードの審査で落ちないための方法

プラチナカードの審査に成功するためには、特に2つの重要なポイントに注意を払う必要があります。

これらは、審査においてカード会社が重視する要素であり、あなたの信用力を示す重要な指標となります。

カードの利用実績を積む

カードの利用実績は、プラチナカードの審査において非常に重要な要素です。

日常的にクレジットカードを利用し、公共料金の支払いや買い物にカードを使用することで、利用実績を積むことができます。

利用額や使用頻度が高いほど、あなたの信用力が強いと判断されやすくなります。

特に、同じカード会社でのランクアップを目指す場合、既存のカードの利用実績がスムーズなランクアップに直結することが多いです。

クレジットヒストリーに傷をつけない

クレジットヒストリーは、審査においてカード会社が最も重要視するポイントの一つです。

支払い遅延を避けるために、利用金額や引き落とし日を常に把握し、計画的な支払いを心掛けることが重要です。

多くのクレジットカードにはリアルタイム通知機能やアプリでの利用履歴管理機能が備わっており、これらを活用することで支払い漏れや遅延を防げます。

万が一支払い遅延が発生しそうな場合は、速やかにカード会社に連絡し、対応を取ることが重要です。

良好なクレジットヒストリーは、プラチナカード審査において大きなアドバンテージとなります。

プラチナカードの申込から受け取りまでの流れ

【Step1】カード会社の公式サイトから申し込みを始める

申込みは、カード会社の公式サイトから行います。

公式サイトにある申込ページにアクセスし、案内に従って手続きを開始します。

オンラインでの申し込みは迅速かつ容易で、必要情報の入力から審査プロセスへと直接進むことができます。

【Step2】本人情報を入力する

申込ページで指示された本人情報を入力します。

これには氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先の情報、年収などの詳細が含まれます。

また、支払いに関する情報やローンの状況なども必要に応じて入力が求められます。

正確な情報入力は審査のスピードと結果に影響を与えるため、間違いがないよう注意深くチェックしてください。

また、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)の提出も必要です。

【Step3】審査の実施

全ての必要情報の入力と本人確認書類の提出が完了すると、カード会社による審査が行われます。

この審査期間は通常約1週間程度ですが、カード会社によって異なる場合があります。

審査結果が出るまで待機し、承認されればカードが発行されます。

【Step4】郵送受取

審査が通過しカードが発行されると、申込時に登録した住所にクレジットカードが郵送されます。

通常、簡易書留や本人限定受取郵便などの方法で送付され、これによりカードの安全な受け取りが保証されます。

カードの到着後、受け取りを確認したら、カードの発行手続きは完了となります。

プラチナカードの審査通過率を上げる方法

プラチナカードの審査通過率を上げるための方法を理解することは、多くの人にとって有益です。

ここでは、そのための具体的なアプローチを解説します。

提携カードを利用する

提携カードは、国際ブランドと提携している企業が発行するカードで、審査の通りやすさが特徴です。

これらは商品・サービスの拡販を目的としているため、審査基準が若干緩和されており、プラチナカードへのアクセスが容易になります。

転職したら半年以上の時間を空ける

転職直後は、試用期間中とみなされ、収入の安定性が疑問視される可能性があります。

そのため、転職後半年以上経過してからプラチナカードの申請を検討することが望ましいです。

新規カードの申し込み後も半年以上の時間を空ける

新規カード申込みの記録は約半年間残ります。

そのため、新しいカードへの申し込みは前回の申込みから半年経過してから行うことで、審査に影響を与える可能性を減らせます。

分割払いやリボ払いの残高をゼロにする

分割払い、リボ払い、キャッシングの残高がある場合、これらを早めに完済し、残高をゼロにすることが推奨されます。

高額な未払い残高は、金融的な安定性に疑問を投げかけ、審査に不利に働く可能性があります。

ゴールドカードを作成した会社でプラチナカードを作成する

既にゴールドカードを利用している場合、同じ会社のプラチナカードへの切り替えは比較的スムーズです。

長期間の良好な利用歴は、審査での信頼性を高めます。

プラチナカードの審査は十分な対策が必要

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

プラチナカードの審査は長期のカード利用状況や属性、収入の安定性が見られるため、一朝一夕で対策できるものではありません。

ただし、いくら属性が審査基準を満たしていても、申込時のミスなどで審査に落ちてしまうケースはあります。

プラチナカードに申し込む際は審査が厳しいということを前提の上で、慎重に申し込むことをおすすめします。