ANAカードのおすすめ11種類を徹底比較!それぞれの特徴や還元率を紹介

ANAカード

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

クレジットカード

ANAカードはショッピングなどの日常利用やポイント移行がしやすい便利なカードとして有名です。

そこで今回はANAカードのそれぞれの特徴についてご紹介します。

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

ANAカード11種類を徹底比較!

ANAカードは提携カードや国際ブランド、グレードによって多様な種類があり、年会費も異なります。

予算に合わせて選択でき、特に年会費無料のANA JCBカード ZEROは、カードに年会費をかけたくない方に適しています。

ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

学生向けクレジットカード ANAカード 一般カード ANA JCB 一般カード ANA JCBカード ZERO ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) ANA VISA Suicaカード ANA VISA nimocaカード ANA JCB ワイドカード ANA JCB ワイド ゴールドカード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ANA JCB カード プレミアム
年会費(税込) 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込
初年度:無料
2年目以降:無料(5年間)
初年度:7,700円(税込)
2年目以降:7,700円(税込)
初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
初年度:7,975円(税込)
2年目以降:7,975円(税込)
初年度:15,400円(税込)
2年目以降:15,400円(税込)
初年度:34,100円(税込)
2年目以降:34,100円(税込)
初年度:77,000円(税込)
2年目以降:77,000円(税込
ポイント還元率 0.5% 0.3%~1.0% 0.3%~0.5% 0.3%~1.0% 0.5~1.5% 0.3%~0.5% 0.3%~1.0% 0.3%~1.0% 0.6%~1.3%
家族会員年会費 1,100円 1,100円 無料(5年間) 2,750円 1,100円 1,100円 1,650円 4,400円 17,050円 4,400円
マイレージ還元率(最大) 1.0% 0.5~1.0% 0.5% 1.0%~2.5% 0.3%~1.0% 0.5% 0.5~1.0% 0.5% 1.0% 1.0%~3.0% 1.3~3.3%
入会時のボーナスマイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
ANA便搭乗ごとのボーナスマイル 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%
更新時のボーナスマイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル

ANAカード 一般カード

ANAカード 一般カード

年会費 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率 0.5%
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 0.5%
旅行保険 海外旅行保険
ポイント名 OkiDokiポイント
締め日・支払日 締め日:毎月15日・支払日:翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
申し込み条件 18歳以上(学生不可)で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書等の本人確認書類

ANAカード(一般カード)は初年度年会費無料で、ボーナスマイルが搭乗ごとに10%分加算され、入会・継続時に1,000マイルも貯まるお得なカードです。

カード利用でVポイントが200円(税込)につき1ポイント貯まります。

マイルへの移行には通常コースと1ポイント=2マイルの2倍コースがあり、最高1,000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯します。

機内販売や空港免税店の優待割引など、旅の楽しさを広げる特典も充実しています。

ANA JCB 一般カード

ANA JCB 一般カード

年会費 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率 0.3%~1.0%※
発行スピード 最短5営業日(通常2週間程度)
追加カード ETCカード家族カード
ETCカード発行手数料 無料
マイル還元率(最大) 0.5~1.0%
旅行保険 海外旅行保険
ポイント名 OkiDokiポイント
締め日・支払日 締め日:毎月15日・支払日:翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
申し込み条件 18歳以上(学生不可)で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書等の本人確認書類

ANA JCB 一般カードはANAと提携したJCBが発行するカードで、年会費無料です。

利用代金1,000円ごとにOki Dokiポイントを1pt獲得し、1pt=5マイルまたは1pt=10マイルに交換できます。

ポイントの有効期限は最長で2年。5,500円の手数料で10マイルコースに変更可能で、リーズナブルにマイルを貯めることができます。

ANAのノーマルカードを探す方におすすめです。

ANA JCBカード ZERO

ANA JCBカード ZERO

年会費 初年度:無料
2年目以降:無料(5年間)
ポイント還元率 0.3%~0.5%
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 0.5%
旅行保険 海外旅行保険
ポイント名 OkiDokiポイント
申し込み条件 18歳以上(学生不可)で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。

ANA JCBカード ZEROは5年間限定のカードです。

主要なANAカードが2年目以降に年会費が2,200円(税込)かかる中、ZEROは5年間ずっと無料で利用できます。

お得な特典を提供しますが、入会できるのは18歳以上29歳以下に限られますので、年齢の面では注意が必要です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

年会費 初年度:7,700円(税込)
2年目以降:7,700円(税込)
ポイント還元率 0.3%~1.0%※
発行スピード 2週案程度
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 1,0~2,5%
旅行保険 海外旅行保険、国内旅行保険
ポイント名 ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
締め日・支払日 登録された口座振替金融機関等の関係により、お客様ごとに個別に設定)
申し込み条件 原則として20歳以上の定職のある人
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書等の本人確認書類

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、他のJCBやVisaと比較して高めの年会費がありますが、ゴールドカードに匹敵する特典が付いています。

国内28空港や一部国際空港のカードラウンジが無料で利用でき、同伴者も1名まで無料です。

アメックスの利点は魅力的ですが、年会費や移行手数料が一定のコストがかかるため、コストを重視する利用者には向かないかもしれません。

ただし、国内ラウンジの無料利用など、旅行に嬉しい特典が揃っており、ANAマイルを貯めながら快適な旅を楽しみたい方にはおすすめのカードです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

年会費 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率 0.3%~1.0%※
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 0.3~1.0%
旅行保険 海外旅行保険、国内旅行保険
ポイント名 ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
締め日・支払日 登録された口座振替金融機関等の関係により、お客様ごとに個別に設定)
申し込み条件 18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書等の本人確認書類

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、ANAと東京メトロの提携で提供されるカードで、Oki Dokiポイント、ANAマイル、メトロポイントの3つのポイントが貯まります。

特にこれらのポイントを既に利用しているユーザーにはおすすめのカードであり、還元率も良好です。

年間のカード利用額が数十万円以上ある場合には、10マイルコースにすればよりお得にマイルを貯めることができます。

全日空と東京メトロを利用する頻度が高い方にとって、幅広いポイントが得られるお得なカードといえるでしょう。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

年会費 初年度:無料2年目以降:2,200円(税込)
年会費 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率
発行スピード 3~4週安定度
追加カード ETCカード
マイル還元率(最大) 0.5%
旅行保険 海外旅行保険、国内旅行保険
ポイント名 Vポイント
締め日・支払日 15日
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く) ※20歳未満の方は保護者の同意が必要です。

ANA VISA Suicaカードは、JRの定期券購入やオートチャージでANAのマイルが貯まるカードで、Suica機能も備えています。

Suicaを日常的に利用する方やANAのマイルを積極的に貯めたい方にとっておすすめのカードです。

Suicaへのチャージやオートチャージ機能を活用することで、日常の利用で自然にポイントを獲得でき、この特典を生かすことができるユーザーにとっては利用価値が高いでしょう。

カードのメリットとデメリットを検討し、自身のライフスタイルに合った利用ができるかどうかを確認することが重要です。

ANA VISA nimocaカード

ANA VISA nimocaカード

年会費 初年度:無料
2年目以降:2,200円(税込)
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行スピード 14営業日程度
追加カード ETCカード家族カード
旅行保険 海外旅行保険、国内旅行保険
ポイント名 nimocaポイント

ANA VISA nimocaカードは、ANAマイレージクラブ、nimoca、nimocaポイント、定期券、クレジットの機能を備えたカードで、交通系ICカード「nimoca」を使用する方におすすめです。

nimocaポイントとANAマイルは相互に交換可能で、柔軟なポイントやマイルの利用ができます。

nimocaを活用している方やANAマイルを有効活用したい方にとって、便利で魅力的なカードと言えるでしょう。

ANA JCBワイドカード

ANA JCBワイドカード

年会費 初年度:無料2年目以降:2,200円(税込)
年会費 初年度:7,975円(税込)
2年目以降:7,975円(税込)
ポイント還元率 0.3%~0,5%※
発行スピード 最短5営業日(通常2週間程度)
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 0.5%
旅行保険 海外旅行保険
ポイント名 OkiDokiポイント
締め日・支払日 締め日:毎月15日・支払日:翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
申し込み条件 18歳以上(学生不可)で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書等の本人確認書類

ANA JCBワイドカードは、電子マネー対応や利便性が高く、少額のお買い物でもマイルを貯めやすい優れた特典があります。

年会費は一般カードより高いが、入会・継続特典が充実し、旅行傷害保険も優れているため、頻繁に旅行する人やマイル積み重視の方におすすめです。

ANA JCBワイドゴールドカード

ANA JCBワイドゴールドカード

年会費 初年度:15,400円(税込)
2年目以降:15,400円(税込)
ポイント還元率 0.3%~1.0%※
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 1.0%
旅行保険 海外旅行保険、国内旅行保険
ポイント名 OkiDokiポイント
締め日・支払日 締め日:毎月15日・支払日:翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
申し込み条件 20歳以上(学生不可)でご本人に安定継続収入のある方。
必要書類
  • 法人の本人確認書類 現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書いずれか1点
  • 法人の代表者の本人確認書類 運転免許証または運転経歴証明書・パスポート・在留カード・特別永住者証明書等・マイナンバー(個人番号)カード・住民票の写しなど

ANA JCBワイドゴールドカードはANAとJCBの提携により発行された、豊富な特典と高いANAマイル獲得率が魅力のカードです。

「ANA JCBワイドカード」に比べ、特典やサービスが充実しており、マイル貯めに重点を置くユーザーに適しています。

ただし、年会費が15,400円とやや高額なため、積極的な飛行機利用者向けとなります。

移行手数料は無料であるが、ワイドカードとの比較で考えると差額は1,925円(税込)となり、この差額を考慮して利用を検討する必要があります。

総じて、高いマイル還元率や特典が魅力的ながら、コスト面で検討が必要なカードといえるでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 初年度:34,100円(税込)
2年目以降:34,100円(税込)
ポイント還元率 0.3%~1.0%※
発行スピード 2週間程度
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 1,0~3,0%
旅行保険 海外旅行保険、国内旅行保険
ポイント名 ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
締め日・支払日 登録された口座振替金融機関等の関係により、お客様ごとに個別に設定
申し込み条件 満20歳以上で安定した収入がある方
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書等の本人確認書類

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの上位バージョンにあたります。

他社のプラチナカードに匹敵する高品質なサービスと特典が魅力です。

アメリカン・エキスプレス独自の高水準なサービスを受けられるだけでなく、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで必要な6,600円の移行手数料を支払わずにマイルに移行できます。

豊富な旅行保険も備え、質の高いサービスと特典を求める利用者にとって、主力カードとして積極的な利用が価値ある選択となります。

ANA JCB カード プレミアム

ANA JCB カード プレミアム

年会費 初年度:77,000円(税込)
2年目以降:77,000円(税込)
ポイント還元率 0.6%~1.3%
追加カード ETCカード家族カード
マイル還元率(最大) 1.3~3.3%
旅行保険 海外旅行保険、国内旅行保険
ポイント名 OkiDokiポイント
締め日・支払日 締め日:毎月15日・支払日:翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
申し込み条件 30歳以上でご本人に安定継続収入のある方。
必要書類 運転免許証または経歴証明書・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書等の本人確認書類

ANA JCB カード プレミアムはANAとJCBが提携し、最高峰のサービスとステータスを備えた最高級のANA JCBカードです。

高額な年会費に見合ったマイル獲得や充実したサービスが特徴で、質の高い経験を求めるユーザーに人気です。

他の招待制のプラチナカードと異なり、招待を受けずに申し込み可能で条件も少ないため、プレミアムな経験を追求したい方にお勧めのカードと言えます。

ANAカードを作成するメリット

ここでは、ANAカードのメリットについてご紹介します。

マイルが貯めやすい

「陸マイラー」(おかまいらー)はANAカードまたはJALカードを活用し、飛行機に乗らなくてもショッピングによってマイルを貯める方法を実践する人たちを指します。

通常、マイルは飛行機に乗って移動距離に応じて獲得されるポイントですが、陸マイラーはショッピングマイルを利用し、旅行が少ない方や飛行機が苦手な方でもマイルを効果的に貯めることができます。

陸マイラーの特徴は、貯めたマイルを航空券だけでなく、提携ポイントへの交換制度を活用することです。

これにより、貯めたマイルをスターバックスカードへの入金やiTunesギフトコード、楽天Edy、Tポイントなどの電子マネーやポイントに簡単に移行できます。

非常に使い勝手がよく、多岐にわたる提携先で利用できるため、陸マイラーは旅行だけでなく日常生活でも便利にマイルを活用しています。

ボーナスマイルがもらえる

ANAカードでは、通常のフライトマイルに加えて、カードのグレードによって下記のようにボーナスマイルが変わります。

グレード ANA便搭乗ごとのボーナスマイル
ANAカード(一般カード) 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%
ANAワイドカード 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%
ANAゴールドカード 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%
ANAカードプレミアム 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%

ワイドカードは、ゴールドカードに匹敵するボーナスマイルを獲得できます。

ただし、ANAの会員ランク(プレミアムステータス)の決定にはマイルとは別にプレミアムポイントが関与します。

プレミアムポイントは、毎年1月から12月までの1年間に獲得され、プレミアムメンバーの認定に影響を与えるポイントです。

ANAの免税店や機内販売で割引がある

ANAカードで支払いすることで、ANAの機内販売や免税店などのサービスが割引価格で利用可能です。

たとえば空港免税店の割引はANAカード(一般カード)では5%OFF、ANAワイドカードは10%オフというように、カードのグレードによって変わります。

ANAカードを利用する際の注意点

ここでは、ANAカードを利用する際の注意点についてご紹介します。

マイル移行時の手数料・発行日数

ポイントの移行には手数料がかかることがあり、例えばANAクレジットカードでは10マイルコースでは年間5,500円(税込)の移行手数料が発生します。

TポイントからANAマイレージに移行する場合、移行レートが0.5であるため、損失が生じる可能性があります。

またマイル移行にかかる日数はおおよそ1営業日~1週間以内には完了しますが、移行方法によっては時間がかかるケースもあるのでちゅういがひつようです。

ハイシーズンのマイル使用はハードルが高め

ハイシーズンは航空券のマイル利用が増加し、余計なマイルが必要になるだけでなく、希望する飛行機チケットが売り切れることもあり、マイル利用のハードルが高まります。

多くの人が同じ休暇を取るため、ハイシーズンに旅行することは難しく、休暇の取得が難しい現実も考慮すれば、できるだけハイシーズンを避けて旅行を計画することが望ましいです。

マイルの有効期限

マイルには36ヶ月の有効期限があり、上級会員のステータス取得で有効期限を延長できます。

アメリカンエキスプレスの一般カードでも、高額な年会費7,700円がかかりますが、年間6,000円のポイント移行コースを利用するとポイントに有効期限がなくなります。

この特典は、コツコツ貯めるスタイルの利用者にとって有益であり、マイルの有効期限に悩むことなく利用できるメリットがあります。

マイルがたまらないケースもある

マイルが貯まらないまたは移行・合算できないケースがあります。

一例として、他の航空会社(例: JAL)のマイレージプログラムからの移行・合算が挙げられます。

また、特典航空券の利用もマイルを消費して手に入れるものの、特典航空券の利用そのものではマイルを貯めることができません。

これらのポイントに留意し、マイルの効果的な活用を考える際に注意が必要です。

ANAカードに関するよくある質問

ここでは、ANAカードに関するよくある質問についてまとめ見ました。

年会費無料のANAカードはある?

年会費無料のANAカードは以下のものが挙げられます。

  • ANAカード(一般カード)
  • ANA JCB一般カード
  • ANA JCBカード ZERO
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA VISA nimocaカード

また、ANA JCBカード ZEROは5年間しか利用ができませんが、基本的に5年間無料となります。

年会費を払ってお得になる人の特徴とは?

年会費を払ってお得になるのは、毎月のカード利用料が数万円かつマイルを効果的に貯められる方です。

マイルをコンスタントに貯められない場合には、年会費が発生しないカードの方が経済的かもしれません。

ANAカードはANAマイルを効率的に貯められる!

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

今回は、ANAカードの種類や年会費の違い、ANAマイルをお得に貯めて利用する方法についてご紹介しました。

ANAカードはANAマイルをためている方にとっては効率的にマイルを貯められるおすすめのカードだと言えるでしょう。

またANAの飛行機に搭乗しなくても、陸マイラーとしてさまざまなメリットがあるカードです。

ただし、ANAカードにはさまざまな種類があり、それぞれの年会費や特典が異なるため、自分に合ったカードを見つけることが大事です。