Zaif(ザイフ)の評価・口コミは?手数料やサービス・取引上のメリットを徹底解説

Zaif

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

投資

国内に点在している仮想通貨取引所の1つである「Zaif(ザイフ)」には、競合他社には見受けられないユニークな銘柄を取り扱っているほか、投資家にとって有益なサービスを多数提供しています。

そんな「Zaif(ザイフ)」で、総通貨取引を始めてみたいと考えている方の中には、「どんなサービスを提供しているのか…その実態を知りたい!」や「他社に比べてどのようなメリットがあるのかを知りたい」などと思う方がいます。

そこで今回は、「Zaif(ザイフ)」の基本情報をはじめ、実際に利用している方が記載した口コミ・評判、提供しているサービスの内容を詳細に解説します。

この記事を読んでわかること
  • ZAIF(ザイフ)の基本情報
  • ZAIF(ザイフ)の手数料
  • 利用できるサービスの内容
  • 口座開設の手順

Zaif(ザイフ)の基本情報

Zaif(ザイフ)

仮想通貨取引所の名称 Zaif(ザイフ)
取り扱い銘柄数 22種類(2024年2月時点)
提供する取引形式 現物取引(販売所・取引所)
最大レバレッジ 2倍(信用取引)
最小取引数量 (ビットコインの場合) ・現物取引(販売所):0.0001BTC
・現物取引(取引所):0.001BTC
注文の種類 成行注文、指値、ストップ売り(信用取引)、リミット売り(信用取引)
最大発注数 制限なし
その他のサービス ・自動売買おてがるトレード
・Zaifコイン積立
・Zaif Payment
・ソーシャルチップ
運営会社 株式会社カイカエクスチェンジ

Zaif(ザイフ)は、日本国内で活躍する独特な仮想通貨取引所であり、株式会社カイカエクスチェンジによって運営されています。

この取引所の最大の特徴は、カイカコインやフィスココインなど、他では取り扱っていないユニークな暗号資産の多彩なラインナップです。

Zaifは、元々テックビューロによって設立され、その後フィスコを経て、現在はCAICAグループの一員として運営されています。

Zaifでは、仮想通貨取引だけでなく、暗号資産CFDの取引で提供しているサービスも展開しています。

暗号資産CFDの取引で提供しているサービス
  • カイカ証券
  • NFTマーケットプレイス
  • 暗号資産レンディングサービスなど

その中でも、シンボル(XYM)やフィスココインのレンディングサービスは注目を集めています。

これらのサービスは、仮想通貨業界におけるZaifの独自性と革新性を象徴しており、今後のユーザー数の増加と存在感の強化が期待されています。

Zaif(ザイフ)の取引手数料

以下は、Zaif(ザイフ)が提供している各種サービスを利用した時に発生する手数料をまとめた一覧表です。

手数料の内容 料金
口座開設手数料 無料
取引手数料
(ビットコインの場合)
・現物取引(販売所):無料、スプレッドあり
・現物取引(取引所):maker 0%、taker 0.1%
日本円の入金手数料 ・銀行振込:振込手数料を自己負担
・コンビニ入金:入金額が3万円未満は495円、3万円以上は605円
・ペイジー入金:入金額が3万円未満は495円、3万円以上は605円
日本円の出金手数料 銀行振込:出金額が3万円未満は385円、3万円以上は770円
仮想通貨の入金手数料 無料
※マイナーに支払う手数料は自己負担
仮想通貨の出金手数料 銘柄ごとに異なる
自動積立の積立手数料 ・積立金額2,000円以下:100円/月
・積立金額3,000円以上:1.5~3.5%/月(※金額によって異なる)

Zaifはユーザーフレンドリーな料金体系を採用しており、口座開設は無料であり、さらに口座の維持費も基本的には発生しません※

ビットコインを含む仮想通貨の取引手数料に関しては、現物取引では「販売所」と「取引所」の二つの形態があります。

販売所形式では取引は無料ですが、スプレッドが存在する一方、取引所形式ではマーケットメーカー(maker)に対しては0%の手数料が適用され、マーケットテイカー(taker)は0.1%の手数料が発生します。

さらに、Zaifでは自動積立サービスも提供しており、積立金額が2,000円以下の場合は月額100円の手数料が、3,000円以上の場合は1.5~3.5%の手数料がかかります。

このようにZaifは各種手数料について透明性を持っており、ユーザーが計画的に取引を行うための適切な環境を提供しています。

※ただし、本人確認が未完了の場合は口座管理維持手数料が100円から保有残高の10%まで発生します

Zaif(ザイフ)の良い口コミ・評判

ここでは、X(旧:Twitter)や口コミ系サイトを基に実際にZAIF(ザイフ)を利用している方が残した良い口コミ・評判を一部抜粋という形で紹介します。

入出金のレスポンスがいい

入金早いし、仮想通貨板購入はかなり安いし、即出金してくれる。

ここまでレスポンスが良いのはないと思うんだけど要するに取引所に保管しなければほぼリスクなくかなり使える

匿名

引用:X(旧:Twitter)より

取引手数料が安価

海外取引所は常に手数料安いっていうのは完全なる誤解で、板ある場合は普通に国内のが安いケースある(zaif / bitbankとか)

特にBinanceの現物は高い

匿名

引用:X(旧:Twitter)より

Zaif(ザイフ) の気になる口コミ・評判

ここでは、X(旧:Twitter)や口コミ系サイトを基に実際にZAIF(ザイフ)を利用して感じた気になる点を主とする口コミ・評判を一部抜粋という形で紹介します。

仮想通貨出金手数料が高い

手数料が凄く安いorゼロのかわりに、取引所からの仮想通貨出金手数料が鬼高い。
ETH出金が0.02ETHかかるのは辛い。

CMSトークンの出金も1回1万CMSまでの制限付きだし、都度5XEM手数料がかかる。

匿名

引用:X(旧:Twitter)より

Zaif(ザイフ) を利用するメリット

ここからは、前述した基本情報と口コミをもとにZaif(ザイフ) を利用するメリットについて紹介します。

Zaif(ザイフ) を利用するメリット/span>
  • 取引銘柄・トークンがともに豊富
  • 販売所と取引所のそれぞれで取引ができる
  • コイン積立システムの導入
  • 自社独自のNFTマーケットプレイスがある
  • 取引チャートが見やすく使いやすい
  • 自動積立・自動売買に対応している

取引銘柄・トークンがともに豊富

Zaifでは、BTCやETHなど仮想通貨と、ザイフトークンやフィスココインなどの独自トークンを含む多様な取引銘柄を提供しています。

以下は、Zaif(ザイフ)が取り扱っている銘柄と対応している取引方法です。

仮想通貨 ビットコイン(BTC) ネム(NEM/XEM) モナコイン(MONA) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアム(ETH) シンボル(XYM) ポルカドット(DOT) トロン(TRX)
取引所の取り扱い
販売所の取り扱い ×

そしてこちらは、Zaif(ザイフ)が取り扱っているトークンと対応している取引方法です。

トークン ザイフ(Zaif) フィスココイン(FSCC) カウンターパーティー(XCP) カイカコイン(CICC) ネクスコイン(NCXC) COMSAトークンERC20(ERC20.CMS) COMSAトークンMOSAIC(MOSAIC.CMS) Cosplay Token(COT) ポリゴン(MATIC) PolygonチェーンMV(POLYGON.MV) PolygonチェーンROND(POLYGON.ROND) ディープコイン(DEP) クレイトン(KLAY) マーブレックス(MBX)
取引所の取り扱い
販売所の取り扱い × × × ×

ここでの特徴は、他の取引所では見られない種類のトークンを取引できる点にあり、これはZaifを特別な位置づけにしています。

これらのトークンは、発行企業や個人の価値によって価格が大きく変動する可能性を秘めています。

販売所と取引所のそれぞれで取引ができる

Zaifは、仮想通貨取引を行うユーザーにとって柔軟な選択肢を提供しており、その一環として「販売所」と「取引所」という2種類の取引方法を提供しています。

取引方法 取引所 販売所
取引の概要 Zaifのプラットフォーム上で、ユーザー同士で直接取引を行う Zaif自体がユーザーとの間で直接取引ができる
取引上のメリット 販売所に比べて取引コストを抑えられる 取引の仕組みがシンプルで約定力の高い
取引上のデメリット 市場の流動性や注文の供給状況によっては、必ずしも希望通りの取引が成立できるとは限らない 取引コスト(スプレッド)が比較的高くなりがち

Zaifはこれらの特徴を理解した上で、ユーザーが自分の取引スタイルやニーズに合わせて、販売所(かんたん売買)または取引所(Orderbook trading)のどちらかを選択して取引を行うことが可能です。

このように、Zaifはさまざまなユーザーのニーズに対応するための多様な取引オプションを提供しているのが、他の取引所との大きな違いとなっています。

コイン積立システムの導入

仮想通貨市場の波動性に対応するため、Zaifではコイン積立システムを導入しています。

このシステムでは、相場が低い時には多めに、高い時には少なめに仮想通貨を購入する戦略をとることができます。

これにより、長期的な投資戦略を実行しやすくなり、ユーザーは市場の変動に柔軟に対応することが可能です。

自社独自のNFTマーケットプレイスがある

Zaifは、自社独自のNFTマーケットプレイス「Zaif NFT Marketplace」も提供しています。

Zaif NFT Marketplace

このプラットフォームでは、多様なジャンルのNFTが取引可能で、フィスココインを決済通貨として利用することもできます。

新しいマーケットであり、将来性と発展の可能性が大いに期待されています。

取引チャートが見やすく使いやすい

Zaifの取引チャートは、Trading Viewの提供により、使いやすく直感的なインターフェースを提供しています。

Trading Viewの提供チャート

引用:rading View|マーケットサマリーより

このチャートは、初心者から上級者まで幅広いユーザーにとって使いやすく、価格動向の確認や分析が容易に行えます。

自動積立・自動売買に対応している

Zaifでは、自動積立サービスと自動売買サービスも提供しています。

自動積立では、毎月最低1,000円から複数の仮想通貨を自動で積み立てることができます

また、自動売買サービスでは、事前に設定した条件に基づき、投資機会を逃さずに自動的に取引が行えます。

これらのサービスは、特に仮想通貨市場に新しいユーザーにとって有益であり、投資の機会を広げています。

Zaif(ザイフ)の口座開設手順

ここでは、Zaif(ザイフ)を介して仮想通貨の取引を行う時に必要な口座の開設方法について解説します。

以下は、口座開設の手順になります。

口座開設の手順
  • メールアドレスを登録する
  • パスワードの設定
  • 個人情報の入力
  • 本人認証

ここからは、上記4つの手順について1つずつ解説します。

メールアドレスを登録する

Zaif口座を開設する第一歩として、Zaifの公式サイトにアクセスし、「口座開設」ボタンをクリックします。

表示される会員登録画面で、自分のメールアドレスを入力します。

入力後、Zaifから確認用のメールが送付され、そのメール内のリンクをクリックすることで次のステップに進みます。

パスワードの設定

メールに記載されているURLにアクセスすると、パスワード設定画面が表示されます。

ここで、利用規約への同意を行い、安全なパスワードを設定します。このステップを完了すると、会員登録がほぼ完了します。

個人情報の入力

会員登録が完了すると、Zaifアカウントに自動的にログインされます。

 

ログイン後、画面上に表示される指示に従い、名前、住所、生年月日などの個人情報を入力します。

この情報は、後の本人確認プロセスで重要な役割を果たします。

本人認証

最後のステップは本人確認です。

Zaifでは、オンライン方法と郵送方法の2種類から選択できます。

本人確認方法 確認完了までの時間 確認に必要な書類
オンライン 最短即日 1種類
郵送 数日 2種類

オンライン方法ではスマホのカメラ機能を利用して本人確認を行い、最短即日で手続きが完了します。

郵送方法では、必要な書類を郵送し、数日で確認が完了します。

どちらの方法も確実な本人確認を提供し、口座開設手続きの完了に繋がります。

審査に問題がなければ、口座への資金入金を行い、取引を開始することができます。

Zaif(ザイフ)の利用がおすすめの方

ここまで紹介してきた特徴から、Zaifは独自トークンの発見や取引コストの削減を重視するユーザーに適したプラットフォームといえます。

さらに、コイン積立などの長期的な資産形成を目指すサービスも提供しているため、仮想通貨市場での資産運用を考えている方にとっても、Zaifは魅力的な選択肢と言えます。

それらを踏まえると、以下のような考えを持つ方にZaif(ザイフ)の利用はおすすめです。

Zaif(ザイフ)の利用がおすすめの方
  • Zaif(ザイフ)でしか取り扱っていない銘柄・トークンで取引を行いたい方
  • 手数料を安く抑えたい方

ここからは、上記2点について詳しく解説します。

Zaif(ザイフ)でしか取り扱っていない銘柄・トークンで取引を行いたい方

Zaifは独自の銘柄やトークンを取り扱っており、これらは他の取引所では見つけることができない特別なものです。

このため、新しい投資のチャンスを探求している方や、特定の企業やプロジェクトに興味がある方には特に魅力的です。

一部の独自トークンには、将来価値が高まる可能性があるため、それらに早期に投資することで大きなリターンを期待できる可能性があります。

手数料を安く抑えたい方

Zaifは低い手数料をその大きな特徴の一つとしています。

頻繁に取引を行う方、特に日々の市場変動に応じて素早くポジションを変更したいアクティブトレーダーにとって、低手数料は大きなメリットです。

取引コストを抑えることは、特に長期間にわたり多数の取引を行う場合、トータルの収益性に大きく影響します。

また、販売所形式の取引と取引所形式の取引を選択できるため、手数料と取引スタイルのバランスを取りながら最適な取引方法を選ぶことができます。

Zaif(ザイフ)に関する質問

最後に、Zaifを利用する前に解決しておきたい疑問や不安を質問形式で解説して行きます。

口座開設を済ませたその日から取引が始められる?

Zaifでの口座開設プロセスは迅速に行われます。

オンラインによる本人確認を選択した場合、最短で即日内に取引を開始することが可能です。

このスピーディな手続きは、特に急いで取引を開始したいユーザーにとって大きな利点となります。

参照: Zaif(ザイフ)の口座開設手順より

Zaif(ザイフ)のセキュリティ対策は万全?

Zaifは、過去にハッキング被害を経験したことを踏まえ、セキュリティ体制を大幅に強化しています。

現在の親会社CAICAは金融システム開発の分野で実績を持ち、セキュリティの専門家でもあります。

Zaifでは、顧客の資産をネットワークから隔離されたコールドウォレットで管理し、複数の権限者による電子署名が必要な厳格な内部統制を設けています。

これにより、Zaifのセキュリティ体制は非常に堅牢と言えます。

本人確認コードは再送してもらえる?

万が一、本人確認コードを紛失または破棄した場合でも、安心してください。

Zaifでは、本人確認後にコードの再送を行うサービスを提供しています。

このプロセスには、ご本人様確認のための追加情報提供とセルフィーの提出が必要です。

この手続きは、Zaifのお問い合わせページから行うことができます。

コイン積立の始め方は?

Zaifでコイン積立を始めるには、まず本人確認を完了させる必要があります。

  1. 本人確認完了後、Zaifにログインする
  2. アカウントページから「Zaifコイン積立」ページにアクセス
  3. 口座振替手続きを済ませる
  4. 積立内容の設定を行い、積立する通貨や毎月の購入金額を設定
  5. 設定後、「設定内容を保存する」をクリック
  6. コイン積立の設定が完了

このシステムは、長期的な投資戦略を持つユーザーに特に適しています。

Zaif(ザイフ)は仮想通貨取引が初めてな方でとっつきやすい環境ができている

Zaifは、仮想通貨取引が初めての方にとって理想的なプラットフォームです。

その理由の一つは、ユーザーインターフェイスが直感的で分かりやすいことです。

初心者でも容易にナビゲートできる設計となっており、必要な情報や取引オプションへのアクセスがシンプルです。

特に、Zaifの「かんたん売買」システムは、操作がシンプルで初心者にも理解しやすいため、仮想通貨の購入や売却をスムーズに行うことができます。

また、Zaifは手数料の低さも大きな魅力です。

初心者が小額から取引を始める際、手数料が低いことは大きな利点となります。

これにより、少ない資金でも効率的に投資を行うことが可能となり、初心者にとってリスクを最小限に抑えながら学ぶことができます。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。