必ず審査が通る・ブラックでも作れる審査なしの落ちないクレジットカードはある?作れるか不安な人におすすめのクレカ8選

無審査のクレカはある?
クレジットカード

審査に不安があって「無審査でも作れるクレジットカードはないかな」とお探してはありませんか。

残念ながら、無審査のクレジットカードはなく、審査を通るには属性情報と信用情報を良くすることで通りやすくなります。

しかし、今すぐクレジットカードをつくりた方も多いかと思います。

そこで、この記事では、審査に通るか不安な方におすすめのクレジットカード8選を選びました。

クレジットカードを作れるか不安でも、諦めずに最後までお読みください。

審査が甘い・緩いクレジットカードは本当にある?審査基準や審査落ちの原因も解説【クレカ審査が不安な方必見】

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

無審査のクレジットカードはない

無審査のクレジットカードは通常はなく、ほとんどのクレジットカードは審査を経て発行されます。

クレジットカードの審査は改正割賦販売法によって義務付けられており、基準も基本的に非公開です。

そのため、審査にどうやったら通るのか明確ではなく、攻略法も存在しません。

ただし、審査は下記の2つがあります。

  • 属性情報
  • 信用情報

属性情報は、家族構成や勤務先など本人か家族の情報で、信用情報は他のクレジットカードの発行情報などです。

審査に通るか不安な方は、属性情報と信用情報を良くすると通過する確率が上がります。

審査に通るか不安な方におすすめのクレジットカード8選

とはいえ、属性情報と信用情報を良くするには時間がかかり、今すぐクレジットカードを作りたい人もいるかと思います。

そこで、審査に通過するか不安といった方におすすめのクレジットカードを選びました。主なカードは下記の8つです。

年会費無料のクレジットカード ACマスターカード 三井住友カード(NL) JCB CARD W プロミスVisaカード PayPayカード イオンカードセレクト 三井住友カードRevoStyle Nexu Card
年会費 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料
基本ポイント
還元率
0.25% 0.50% 1.00% 0.50% 1.0% 0.50% 0.50% 0.50%
付帯保険 海外旅行傷害保険 海外旅行保険
ショッピング保険
海外旅行傷害保険 ショッピングセーフティ保険 ショッピング保険
家族カード 年会費無料 年会費無料 年会費無料 年会費無料
ETCカード 年会費無料 年会費無料 年会費無料(年に1度の利用が必要) 1枚あたり550円 年会費無料 年会費無料(年に1度の利用が必要)
国際ブランド Mastercard VISA
Mastercard
JCB Visa JCB
VISA
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa Mastercard
発行日数 最短即日
※当日契約(融資)の期限は21時
最短10秒で発行※9時〜19時30分の間に発行で審査が5分 最短5分 1週間で発行 最短7分で審査完了
1週間で発行
最短5分 最短翌営業日 1週間で発行
申し込み可能
年齢
満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
18〜39歳 満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
18歳以上の方(高校生不可)

借入が多くてもおすすめのクレジットカードなら審査に通るはずです。ぜひ参考にお選びください。

ACマスターカード

ACマスターカードは即日発行に対応している?

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.25%
付帯保険
国際ブランド Mastercard
申し込み可能年齢 満18歳以上
(高校生不可)

ACマスターカードは独自審査によっておこなわれるため、審査に通る可能性が高いです。

Web申し込みして、契約後カード受け取りをアコムの無人契約機でもできます。

利用金額もWEBサイトから確認できるので、自宅に送付されたくない人にもおすすめです。

また、カードローンがついて最高限度額が300万円と、一般カードの中では高めなので重宝するでしょう。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行傷害保険
国際ブランド VISA
Mastercard
申し込み可能年齢 満18歳以上
(高校生不可)

三井住友カードは最短10秒で審査が完了するカードです。

通常ポイント還元率が0,5%と低めですが、毎日のショッピングやタッチ決済によってポイントが効率よく貯められます。

三井住友カード(NL)については、下記で詳しくお伝えしています。

JCBCARD W

JCB CARD W

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 1.00%
付帯保険 海外旅行保険
ショッピング保険
国際ブランド JCB
申し込み可能年齢 18歳以上39歳未満の方

JCBCARD Wは40歳未満が作成できる、主に若年層~中年層向けのカードです。

ナンバーレスなら最短5分でカード番号が発行できるので、なるべく早くカードが欲しいといった方におすすめです。

ほかにも、本人認証サービス・損害補償サービス・セキュリティ体制など、充実しているので初めてカードを作る方にもおすすめです。

JCBカードWについては、下記が参考になります。

プロミスVisaカード

プロミスVisaカード

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.50%
付帯保険 海外旅行傷害保険
国際ブランド Visa
申し込み可能年齢 満18歳以上
(高校生不可)

プロミスVisaカードは、一般的な銀行系クレジットカードよりも比較的審査に通りやすいと有名です。

ローン機能であれば、最短即日での融資を受けられます。

また学生限定で、「対象のサブスク料金で最大10%」「携帯料金で最大2%」などの特典もあるので、学生にもおすすめです。

PayPayカード

PayPayカード

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 1.0%
付帯保険
国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
申し込み可能年齢 満18歳以上
(高校生不可)

PayPayカードは24時間申し込みができ、審査は最短2分で終了するカードです。

審査完了からカード到着までは約1週間程度かかりますが年会費無料でありながらも、基本還元率1%と高めのクレジットカードです。

効率よくポイントを貯められて、直接チャージができるので、PayPayをよく利用する人にはおすすめです。

PayPayカードの詳細は下記が参考になります。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.5%
付帯保険 ショッピングセーフティ保険
国際ブランド Visa
Mastercard
JCB
申し込み可能年齢 18歳以上の方
(高校生不可)

イオンカードセレクトは最短5分でカード番号が発行され、ApplePayなどですぐに利用できます。

イオン系列店舗でポイント2倍、還元率が1.0%になるメリットがあるので、普段からイオン系列店を利用している方にはおすすめです。

しかし、イオンカードセレクトは、イオン銀行の口座開設が必要となるので注意が必要です。詳しくは下記をご参考ください。

三井住友カードRevoStyle

三井住友カードRevoStyle

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.50%
付帯保険 ショッピング保険
国際ブランド Visa
申し込み可能年齢 満18歳以上
(高校生不可)

三井住友カードRevoStyleは、リボ払い専用で比較的審査に通りやすいといわれています。

しかし、即時発行には対応しないので注意が必要です。

Nexu Card

Nexu Card

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.50%
付帯保険
国際ブランド Mastercard
申し込み可能年齢 満18歳以上
(高校生不可)

Nexus Cardはデポジット型なので、「ほぼ審査がない」「ブラックでも審査に通る可能性が高い」といった口コミがあります。

また、デポジット型なので使い過ぎないといったメリットもあります。

貯まったポイントは、約6,000種以上の交換先がある、デジコのデジタルギフトに交換できます。

ただし、Nexus Cardはカードの利用には保証金の入金が必要となるため、注意が必要です。

クレジットカードの審査とは

前述しましたが、クレジットカードの審査には下記の2つが重視されます。

  1. 属性情報
  2. 信用情報

参考にしてクレジットカードの審査の通過率を上げてみましょう。

属性情報

属性情報は主に申込者の支払い能力を判断するための材料になるものです。主に以下のものが挙げられます。

  • 勤務先の社名や企業規模
  • 勤続年数
  • 役職
  • 年収
  • 家族構成
  • 住まいが賃貸か持ち家か

属性情報が良いと、クレジットカードの審査が通過しやすいと言われています。

クレジットカードを不正利用せず、通常の使用の範囲で使うと見込めるからです。

信用情報

信用情報とは主に、クレジットやローンなどの契約内容や支払い状況、残高などの情報、クレジットヒストリーなどを指します。

信用情報に傷がついていると、審査の面で不利になる可能性が極めて高いです。

信用情報期間は過去5年間保持されるといわれており、以下のスコアリングが対象となります。

  • 支払遅延の有無
  • 支払遅延の回数
  • 支払遅延の期間
  • 強制解約の有無
  • 自己破産の有無
  • 債務整理の有無
  • 多重申し込みの有無

たとえば、支払遅延の回数や経験、期間が長くなるとスコアは減点されます。

他にも強制解約や自己破産、債務整理といった過去があれば大幅に減点されるので注意が必要です。

もし、信用情報が不安だといった方は、事前に開示報告書を請求しておくことをおすすめします。

開示報告書は郵送もしくはインターネットで取り寄せができ、以下の情報が明白になります。

  • 利用中・または以前利用したクレジットカード会社・ローン会社の名前
  • クレジットカードなど、契約内容、契約開始日
  • 利用金額の残高
  • 契約期間中の延滞
  • 支払いがなかった月
  • 契約期間(契約未終了の場合は記載なし)

開示報告書を取り寄せることで、信用情報にキズがつくことはないのでご安心ください。

クレジットカードの審査に落ちる原因

ここでは、クレジットカードの審査に落ちる原因として考えられるものについてご紹介します。

  • 定期的な収入がない
  • 申し込んだクレジットカードの審査難易度が高い
  • クレヒス・信用情報に傷がついている
  • 多重申込をしている

参考にしてクレジットカードの審査通過率をあげてみましょう。

定期的な収入がない

不安定な職業についているなど、収入がカード会社の基準を満たしていない場合、審査に通りにくくなります。

収入が安定しないと、返済ができるか不確かだからです。

定期的な収入は、クレジットリミットを決定する際に重要な要素の一つです。

申し込んだクレジットカードの審査難易度が高い

クレジットカードはカード会社やランクによって審査が異なり、申し込んだクレジットカードの審査難易度が高いと通りにくくなります

一般的に銀行系のカードは審査が高い傾向があります。

心配ならば、なるべく難易度が低めのカードを選ぶことをおすすめします。

クレヒス・信用情報に傷がついている

クレヒスもしくは信用情報に傷がついているといった場合、クレジットカードの審査に落ちる可能性があります。

主な信用情報には以下のものが挙げられます。

  • 氏名・住所・生年月日
  • 勤務先・勤続年数
  • 過去のクレジットカードやローンの利用状況
  • 支払い状況
  • 延滞や滞納の記録

先にも述べたように、信用情報機関による信用情報の保有期間は5年間と言われています。

多重申込をしている

一度に多くのクレジットカードに申し込むといった、多重申込の場合、審査に通りにくくなる可能性が高いです。

理由は申込先から「お金に困っているから複数申込しているのでは?」と、支払能力がないとみなされるからです。

一度に2件程度なら審査に通るでしょうが、3件以上の申込は危険です。

多重申込によって審査に落ちたのなら、少なくとも半年以上開けてから新しく申し込むようにしてください。

クレジットカードの審査に落ちたときの対応

クレジットカードの審査に落ちたときは、「主婦向け」「学生向け」によって対応が異なりますそこでここでは、それぞれの対応方法についてご紹介します。

主婦向けの場合

もし結婚しているのであれば、配偶者の収入を見込んで審査に通る可能性があります。主な対策は下記の通りです。

  • 配偶者の収入を合算する
  • 配偶者名義で家族カードを申し込んでみる

配偶者の収入を合算する

配偶者の信用情報に問題がなければ、配偶者の収入を合算して申し込むことができます。

ただし、年収103万以下の専業主婦の場合のみ適用されます。

配偶者のクレジットカードやローンの利用状況など、確認しておくといいでしょう。

配偶者名義で家族カードを申し込んでみる

配偶者がクレジットカードを持っているのなら、配偶者名義で家族カードを申し込むのもひとつです。

家族カードとは、契約者(本会員)がいれば、その家族もクレジットカードを利用できるサービスのtことです。

18歳以上の生計をともにする配偶者や両親、子どもであれば、基本的にカード会社が規定した枚数まで家族カードを発行できます。

学生向けの場合

学生でクレジットカードの審査に通らなかった場合、以下の方法があります。

  • 学生専用クレジットカードを選ぶ
  • 親の与信を使って家族カードを作る

学生専用クレジットカードを選ぶ

通常のクレジットカードの審査に落ちたら、学生専用のクレジットカードに申し込むと比較的審査に通りやすいでしょう。

なぜなら、学生専用クレジットカードは、収入を理由に審査に落とされるケースが少ないからです。

よほどのことがなければ、審査に落とされることはまずないでしょう。

親の与信を使って家族カードを作る

主婦向けの対応策と同様、学生は親の与信を使って家族カードをつくることもできます

家族カードの審査は本会員である親が対象となるため、学生本人に不安要素があっても関係ありません。

クレジットカードと同じ使い方ができるカード

もしクレジットカードの審査に落ちたら、以下のクレジットカードと同等の使い方ができるカードを作成するのもひとつです。

  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • デポジット式クレジットカード

ここでは、クレジットカードの代わりとなるカードについてご紹介します。

デビットカード

デビットカードは審査が要らない、多くの銀行が発行しているカードです。

利用時に口座残高から決済金額が直接引き落とされ、使い過ぎを防げます。

プリペイドカード

プリペイドカードは、事前にあらかじめ一定額の金額をカードにチャージしておくことで、その範囲内で利用できるカードのことです。

デビットカード同様、審査不要なので比較的作りやすいカードです。

クレジットカードやデビットカードとは異なり、プリペイドカードは銀行口座と直接関連づけられておらず、チャージされた金額まで利用できます。

デポジット式クレジットカード

デポジット式クレジットカードは、利用者が一定のデポジット(保証金)をカード発行会社に預けることで利用できます。

審査はあるものの、事前I保証金を預けることで信用力を担保でき、クレジットカードの審査で不安な人でも審査に通りやすいです。

ただし、デポジット式クレジットカードは毎月の返済に加えて、デポジットが必要になるので注意が必要です。

審査に不安があってもクレジットカードは作れる

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

クレジットカードを作るにあたって、属性情報と信用情報は重要です。

しかし、審査に不安があってクレジットカードを作れるか不安な方には下記のクレジットカードをおすすめします。

年会費無料のクレジットカード ACマスターカード 三井住友カード(NL) JCB CARD W プロミスVisaカード PayPayカード イオンカードセレクト 三井住友カードRevoStyle Nexu Card
年会費 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料
基本ポイント
還元率
0.25% 0.50% 1.00% 0.50% 1.0% 0.50% 0.50% 0.50%
付帯保険 海外旅行傷害保険 海外旅行保険
ショッピング保険
海外旅行傷害保険 ショッピングセーフティ保険 ショッピング保険
家族カード 年会費無料 年会費無料 年会費無料 年会費無料
ETCカード 年会費無料 年会費無料 年会費無料(年に1度の利用が必要) 1枚あたり550円 年会費無料 年会費無料(年に1度の利用が必要)
国際ブランド Mastercard VISA
Mastercard
JCB Visa JCB
VISA
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa Mastercard
発行日数 最短即日
※当日契約(融資)の期限は21時
最短10秒で発行※9時〜19時30分の間に発行で審査が5分 最短5分 1週間で発行 最短7分で審査完了
1週間で発行
最短5分 最短翌営業日 1週間で発行
申し込み可能
年齢
満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
18〜39歳 満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
満18歳以上
(高校生不可)
18歳以上の方(高校生不可)

ぜひ参考にクレジットカードを作ってください。