【2024年】投資信託おすすめ銘柄ランキングと初心者に人気の証券会社を紹介!コストや利回りを比較

投資信託,おすすめ

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

投資

投資信託は、将来のためにお金を賢く増やすための一つの方法です。

結婚や出産などのライフイベント、それに伴う教育費や住宅購入などの大きな支出。

さらにその先の生活費や旅行費など日常の小さな支出も積み重ねも考えていったとき、メインの収入だけでなく投資による資産形成を検討する方が増えています。

中でも初心者向きの投資として注目されているのが投資信託です。

例として、投資初心者にも向いている投資信託の一つである「NISA」の口座を持っている人の割合は、2022年度では32.0 %だったのに対し、2023年度では42.6%と、近年増加傾向となっています。

2023年度投資信託に関するアンケート調査報告書(投資信託協会)

引用:2023年度投資信託に関するアンケート調査報告書(投資信託協会)

そこでこの記事では、今注目の投資信託のおすすめ銘柄人気の証券会社を紹介します。

また、投資信託の選び方のポイントをあわせて解説。

さらに投資信託における注意点とリスク管理についても、詳しく説明します。

種類別|おすすめの投資信託ランキング

投資信託の商品分類

ここでは、おすすめの投資信託を種類別に紹介します。

種類別|おすすめの投資信託ランキング

  • 全世界株式おすすめランキング
  • 国内株式おすすめランキング
  • 先進国株式おすすめランキング
  • 新興国株式おすすめランキング
  • 債券おすすめランキング
  • 不動産(REIT)おすすめランキング

利回りや信託報酬、シャープレシオなどを一覧表にしたので、投資信託選びの参考にしてください。

株を買うタイミングはいつ?分析方法や注意点を解説

全世界株式の投資信託おすすめランキング

全世界株式の投資信託とは、世界中のさまざまな国や地域の株式市場に投資するファンドです。

日本、米国、欧州、新興国など、世界のさまざまな地域の株式に分散投資を行うことで、リスクを抑えながら、長期的な資産運用を目指せます。

連動指数 純資産(億円) リターン(年率/1年) 信託報酬 シャープレシオ(1年) NISA口座での買付
1位 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス 約17,000 21.09% 0.05775% 1.37
2位 eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース) 約3,473 21.07% 0.05775% 1.35
3位 eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)
  • 東証株価指数(配当込み)
  • MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)
  • MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース)
約96 19.41% 0.05775% 1.44
4位 SBI・全世界株式インデックス・ファンド FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース) 約1,525 9.36% 0.1102% 0.85
5位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース) 約3,816 19.92% 0.132% 1.28

国内株式の投資信託おすすめランキング

国内株式の投資信託とは、日本の株式市場に投資する投資信託のことです。

東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQなどの株式市場に上場している株式に投資することで、日本の経済成長や企業の成長を取り込むことが可能です。

連動指数 純資産(億円) 利回り(年率/1年) 信託報酬 シャープレシオ(1年) NISA口座での買付
1位 eMAXISSlim国内株式(TOPIX) 東証株価指数(TOPIX)(配当込み) 約1,003 21.36% 0.143% 1.51
2位 eMAXISSlim国内株式(日経平均) 日経平均株価(日経225)(配当込み) 約435 21.23% 0.143% 1.28
3位 ニッセイ日経225インデックスファンド 日経平均株価(日経225)(配当込み) 約2,491 21.06% 0.275% 1.28
4位 日本好配当リバランスオープン 日経500種平均株価採用銘柄のうち、予想配当利回り上位70銘柄 約1,329 30.87% 0.913% 2.28
5位 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド TOPIX(東証株価指数、配当込み) 約1,098 21.29% 0.176% 1.51
6位 日経平均高配当利回り株ファンド 日経平均株価採用銘柄のうち、予想配当利回りの上位30銘柄を選定 約411 44.23% 0.693% 2.56

日本のおすすめバリュー株銘柄12選を紹介!バリュー株の探し方も解説

先進国株式の投資信託おすすめランキング

先進国株式の投資信託とは、アメリカ、ヨーロッパ、日本などの先進国の株式市場に投資するファンドです。

連動指数 純資産(億円) 利回り(年率/1年) 信託報酬 シャープレシオ(1年) NISA口座での買付
1位 eMAXIS Slim米国株式(S&P500) S&P500 約29,246 23.37% 0.09372% 1.36
2位 楽天・全米株式インデックス・ファンド CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース) 約11,935 21.79% 0.162% 1.26
3位 eMAXIS Slim先進国株式インデックス MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース) 約5,767 21.9% 0.09889% 1.36
4位 たわらノーロード先進国株式 MSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし) 約4,157 21.9% 0.09889% 1.36
5位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース) 約5,962 21.91% 0.09889% 1.36

新興国株式の投資信託おすすめランキング

新興国株式の投資信託は、中国、インド、ブラジル、ロシアなどの新興国の株式市場に投資するファンドです。

これらの市場は高い成長潜在力を持っていますが、同時に特定のリスクも伴います。

連動指数 純資産(億円) 利回り 信託報酬 シャープレシオ NISA口座での買付
1位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス MSCI エマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース) 約1,294 14.98% 0.1518% 1.02
2位 たわらノーロード新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし) 約196 14.42% 0.1859% 0.99
3位 SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま(新興国株式)) FTSE エマージング・インデックス(円換算ベース) 約242 13.87% 0.176% 0.97

債券の投資信託おすすめランキング

債券投資信託とは、債券に投資する投資信託のことです。

国債、地方債、社債、投資信託など、さまざまな種類の債券に分散投資を行います。

連動指数 純資産(億円) 利回り 信託報酬 シャープレシオ NISA口座での買付
1位 eMAXISSlim先進国債券インデックス FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース) 約892 7.79% 0.154% 0.89
2位 たわらノーロード 先進国債券 FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース、為替ヘッジなし) 約443 7.81% 0.187% 0.89
3位 東京海上セレクション・物価連動国債 -(日本の物価連動国債に投資を行う) 約50 3.34% 0.275% 1.35

不動産投資信託(REIT)おすすめランキング

不動産投資信託(REIT)は、不動産や不動産関連の資産に集中して投資するタイプの投資信託です。

連動指数 純資産(億円) 利回り 信託報酬 シャープレシオ NISA口座での買付
1位 ダイワJ-REITオープン(毎月分配型) 東証REIT指数(配当込み) 約3,660 -3.20% 0.792% -0.24
2位 フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド 東証REIT指数(配当込み) 約412 0.33% 1.045% 0.09
3位 ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型) Bコース(為替ヘッジなし) FTSE NAREIT エクイティREIT・インデックス(配当金込み、円ベース指数) 約7,337 5.71% 1.672% 0.37
4位 三井住友・DC外国リートインデックスファンド S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース) 約245 4.59% 0.297% 0.33

投資信託がおすすめな理由・メリット

投資信託の魅力は、比較的リスクが抑えられている投資法かつ、運用の手間がかからないこと。

また税制面の優遇も受けられるなど、効率の良い資産運用ができることです。

ここからは投資信託の具体的なメリットについても解説していきます。

投資信託がおすすめな理由・メリット

  • 少額から投資できる
  • 分散投資でリスクを抑えられる
  • 運用を専門家に任せられる
  • NISAやiDeCoなら税制優遇を受けられる

少額から投資できる

投資信託の大きな魅力の一つは、比較的少額から投資を始められる点です。

例えば株式は一般的に100株単位(1単元)からしか購入ができず、一株1,000円の銘柄を100株購入するには10万円必要です。

中には1株1万円を超える銘柄もありますので、銘柄選びによっては初期投資費用が高額になることがあります。

一方、投資信託では1万円程度から投資をスタートできることが多いです。

そのため投資初心者にもハードルが低い投資法として注目されています。

分散投資でリスクを抑えられる

投資信託は、株式や債券など複数の有価証券に対して分散投資を行うことができます。

投資対象を分散することで、特定の銘柄や市場が不調でも、他の資産のパフォーマンスがこれを補える可能性が高まります。

このように複数の商品に投資できる投資信託は、その性質上全体的なリスクが抑えられる傾向にあります。

運用を専門家に任せられる

投資信託では、ファンドマネージャーと呼ばれる専門家が資産運用を代行してくれます。

投資に関する深い知識や市場分析がなくても、運用をプロに任せられる投資信託なら、投資初心者にとっても安心です。

むしろ投資初心者の場合、専門家に運用を任せることで、個人で運用するよりも安定した成果を期待できる可能性があります。

NISAやiDeCoなら税制優遇を受けられる

投資信託では、NISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)などの税制優遇制度も活用することで、より効率的な資産形成を目指すことができます。

新NISAの詳細
投資枠 成長投資枠 つみたて投資枠
申込資格 日本に住んでいる18歳以上の方
投資対象商品 上場株式、公募株式投資信託、ETF、上場REIT、ETNなどの原則全銘柄 公募株式投資信託、ETFのうち一定基準を満たした銘柄
非課税保有限度額 1,800万円
(成長投資枠はうち1,200万円まで)
年間非課税投資枠 毎年240万円 毎年120万円
非課税期間 無期限

NISAでは毎年一定金額の範囲内で、投資によって得た収益が非課税となります。

これらの制度を利用することで、得られた利益に対する税負担を軽減し、長期的な資産増加につなげることが可能です。

投資信託の選び方のコツ

種類別|おすすめの投資信託

上記で紹介したように、投資信託にはさまざまな種類があります。

自分に合った投資信託を選ぶためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

投資信託の選び方のコツ

  • 投資目的の明確化
  • 投資期間を考慮
  • 運用実績をチェック
  • 手数料を比較

投資詐欺に遭わないようにするためには?

投資目的の明確化

投資目的を明確にすることで、自分に合った投資信託を選べるでしょう。

そのため投資信託を選ぶ際は、自分がどのような成果を期待しているのか、リスク許容度はどの程度かを明確化することが重要です。

資産の増加を目指すのか、定期的な収入を得ることを目指すのかによって、選ぶべき投資信託は大きく異なります。

投資期間を考慮

投資信託は、投資期間を考慮して投資信託を選ぶことが大切です。

投資信託の中でも短期的な運用を考えている場合は市場の変動に強い信託を、長期的な投資を考えている場合は安定した成長が見込める信託を選ぶと良いでしょう。

基本的に投資信託は長期的な運用を前提としていますので、今すぐに利益が欲しい方は別の投資法も検討しましょう。

運用実績をチェック

投資信託を選ぶ際には、運用実績をチェックすることが不可欠です。

運用実績をチェックすることで、投資信託のリスクやリターンを把握できます。

しかし過去の実績が、将来の運用成果を保証するものではありません。

手数料を比較

投資信託を選ぶ際には、手数料を比較しましょう。

購入時手数料、運用管理費用(信託報酬)、売却時手数料など、投資信託にはさまざまな手数料が発生します。

その他にも、運営報告書に事後報告で判明する実質コスト(監査費用、保管費用、有価証券取引税など)が存在します。

実質コストは、運営してからでないと確定しないコストです。

手数料は、運用成果に大きな影響を与える要素の一つです。

投資信託を選ぶ際には、信託報酬や購入時手数料など見えている手数料だけでなく、過去の実質コストも比較して選びましょう。

初心者にも気軽に始められるスマホ投資とは?メリットやおすすめサービスを紹介!

投資信託におすすめの証券会社3選

投資信託におすすめの証券会社

ここでは、投資信託の買付を検討している方におすすめの証券会社を3つ紹介します。

投資信託におすすめの証券会社

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

株式投資の始め方を分かりやすく解説!初心者におすすめの勉強法や株の買い方、必要資金も紹介

SBI証券

sbi

SBI証券のおすすめポイントは以下のとおりです。

  • 投資信託の取扱銘柄数2,500以上
  • 取引に応じて貯まるポイントを選べる
  • 投信積立の買付タイミングを自由に設定可能

SBI証券は、国内最大手のネット証券会社です。

投資信託の取扱銘柄数は2,500以上と業界トップクラスであり、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応しています。

SBI証券では、取引に応じてポイントが貯まります。

貯められるポイントは、以下のうちから選択可能です。

SBI証券の取引で貯められるポイント
  • Tポイント
  • Vポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント
  • JALのマイル

 

またTポイント・Vポイント・Pontaポイントは、国内株式(現物)や投資信託の買付に利用できます。

さらにSBI証券では、投信積立の買付タイミングを自由に設定することが可能です。

毎日・毎週・毎月・隔月・複数日など、自分のライフスタイルに合わせて買付タイミングを設定できます。

投信積立は、買付手数料が無料で100円から積立が可能なため、コストを抑えながらコツコツと投資をしたい方におすすめの証券会社です。

楽天証券

rakuten

楽天証券のおすすめポイントは以下のとおりです。

  • 楽天ポイントで投資信託を買付可能
  • 楽天カード決済で投信積立をするとポイント還元率最大2.0%
  • 投資信託の手数料が無料

楽天証券では、楽天ポイントを使って投資信託を購入できます。

日常のショッピングやサービス利用で貯まったポイントを効果的に投資に活用できるため、特に楽天のサービスを頻繁に利用する方にとって魅力的な点です。

楽天カード決済で投信積立をすると、ポイント還元率0.5~2.0%になり、よりお得に投資信託の積立投資ができるでしょう。

楽天証券では、国内株式の売買手数料が完全無料化されており、投資信託の手数料も一部を除き無料です。

長期的な投資においてコストを抑え、リターンを最大化するのに有効です。

マネックス証券

monex

マネックス証券のおすすめポイントは以下のとおりです。

  • 毎日100円から積立可能
  • すべての投資信託の購入時申込手数料が無料
  • 投資信託の保有でマネックスポイントが貯まる

マネックス証券は、国内最大級のネット証券会社です。

毎日100円から積立投資を始められるサービスや、投資信託の手数料無料化など、さまざまなサービスを提供しています。

またマネックス証券では、投資信託の保有でマネックスポイントを貯めることが可能です。

貯まったポイントは、投資信託の購入や他社ポイントサービスに交換など、さまざまな用途に利用できます。

投資信託に関するよくある質問

ここでは、投資信託に関するよくある質問にお答えします。

投資信託に関するよくある質問

  • 全世界株式と米国株式の投資信託ならどっちがいい?
  • 投資信託のメリットとは?
  • 投資信託の種類は?
  • 投資信託にはリスクがある?

ほんとのところ、老後資金はいくら必要ですか?

全世界株式と米国株式の投資信託ならどっちがいい?

全世界株式投資信託と米国株式投資信託は、どちらも世界株式に投資する投資信託です。

ただし、投資対象やリスク・リターンが異なるため、投資目的やリスク許容度に合わせて選びましょう。

全世界株式投資信託 米国株式投資信託
概要
  • 世界中の株式に投資する投資信託
  • 日本を含む先進国株式と新興国株式をバランスよく投資できる
  • 米国の株式に投資する投資信託
  • 米国株式は世界株式の約半分を占めるため、世界株式の大きな部分をカバーできる
リスクとリターン 為替変動の影響を受けやすいが、米国株式投資信託よりもリスクが低い傾向がある 全世界株式投資信託よりもリスクが高く、リターンも高くなる傾向
投資目的とリスク許容度
  • 世界中の株式に分散投資してリスクを抑えたい
  • 長期的な資産運用をしたい
  • 米国経済や特定のセクターを重視
  • リスクを取ってでも高いリターンを狙いたい

投資信託のメリットとは?

投資信託のメリットは、以下のとおりです。

信託のメリット
  • 分散投資でリスクを抑えられる
  • 少額から投資が可能
  • 専門家に運用を任せられる
  • 手間がかからない

投資信託によっては、分配金は自動的に再投資され、手間をかけずに複利効果を享受することが可能です。

投資信託の種類は?

投資信託は、どのような金融商品に投資するかによって分類されています。

主な投資信託の種類
  • 株式投資信託
  • 債券投資信託
  • 不動産投資信託(REIT)
  • コモディティ(金、穀物、燃料)投資信託 など

また、運営方針には「アクティブ運用」と「インデックス運用」があります。

アクティブ運用は、投資信託の運用会社が銘柄選定やタイミングを決定し、市場平均を上回るリターンを目指す手法です。

インデックス運用とは、特定の指数(インデックス)の値動きに連動するような運用を行います。

アクティブな銘柄選定を行わず、アクティブ運用よりも低コストな点が特徴です。

各投資信託の運用方針、コスト、リスクを理解し、自分に合った投資信託を選びましょう。

投資信託にはどんなリスクがある?

投資信託には、以下のようなリスクが存在します。

投資信託の主なリスク
  • 価格変動リスク
  • 信用リスク
  • 利率リスク
  • 為替変動リスク

投資信託に投資する前に、上記のリスクを理解しましょう。

また、短期的な値動きの影響を受けないように、長期的な視点で運用することが大切です。

【初心者必見】株のおすすめ勉強法とは?今から株式投資を始める人が知っておきたい学習方法

投資信託は初心者にもおすすめの投資法

この記事では、株式投資信託を中心におすすめの投資信託を紹介しました。

投資信託は、少額から始められる、分散投資でリスクを抑えられる、専門家に運用を任せられるなどのメリットがあるため、初心者でも始めやすい資産運用の方法です。

投資信託を選ぶ際には、以下の4つのポイントが大切です。

投資信託を選ぶポイント
  • 投資目的の明確化
  • 投資期間を考慮
  • 運用実績をチェック
  • 手数料を比較

また投資信託には、価格変動リスク、信用リスク、為替変動リスクなどのリスクがあります。

リスクを十分に理解した上で、自分に合った投資信託を選択しましょう。

投資信託は、長期的な資産形成の手段として有効であり、適切な選択と継続的な投資が成功の鍵となります。

ミニ株・単元未満株とは?メリット・デメリットや始め方を解説

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。