投資顧問会社と投資運用会社の違いとは?定義から契約のメリット・おすすめ投資顧問会社を紹介

投資顧問会社と投資運用会社の違い

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

投資顧問

投資顧問会社は、投資家に対して投資助言を行う会社のことで、投資運用業と投資助言・代理業を行う会社に分けられます。

つまり、投資顧問会社という名称には、いくつかの事業が含まれており、その中でどの事業を中心に行っているかでまた名称が変わります。

今回は、混同しがちな名称の違いから、投資顧問会社と契約するメリット・おすすめ投資顧問会社を紹介します。

【Pick Up】スナップアップ投資顧問
スナップアップ投資顧問
おすすめポイント
  • 株投資のプロによる銘柄選定!
  • 的確な売買指示助言!
  • リアルタイムによる徹底サポート
無料相談
可能
相談料金
3万円~50万円が目安
受付時間
平日:9:00~19:00 土日祝:10:00~18:00
金商登録番号
関東財務局長(金商) 第2937号
公式サイトはこちら

投資顧問会社とは?

投資顧問会社は別名、投資顧問代理業者と呼ばれます。

投資顧問の定義は、投資運用業・投資助言代理業の2業種を指しますが、一般的には投資助言代理業として認知している投資家が多いです。

投資顧問会社は日本の全ての金融機関を監督する、「金融庁」と呼ばれる政府機関に金融商品取引業者として正式に登録されている会社になります。

投資顧問会社とは
分類 業務内容
投資運用会社 投資運用を専門に行う
投資助言会社 投資家に対する助言を行う

投資運用会社とは?

投資運用会社は、投資顧問会社のうち、運用を専門的に行う会社のことを指し、「投資信託会社」、もしくは「資産運用会社」と呼ばれています。

主な業務
  • 運用時の売買指示
  • 投資判断
  • 投資信託の開発など

顧客(投資家)から依頼された資産を管理・運用し、その対価として報酬を得ているのが特徴です。

投資顧問会社と投資運用会社の違い

投資運用会社は、投資顧問会社の分類分けの1つに過ぎません。

投資顧問会社という箱の中に「投資運用会社」が入っているイメージです。

そのため、全く畑違いの会社、別業務を行っている会社というわけではなく、同じ業種の中で少しだけ分類分けが違うという認識を持っておくと良いでしょう。

投資顧問会社の主な業務内容

投資顧問の仕事は、投資家の利益に直結するアドバイスを行うことです。

例えば「A株を株価〇円で買い、株価〇円での売却を推奨します」「B株は株価〇円でロスカットし、〇円で買い戻しましょう」など具体的なアドバイスを受けられます。

そのため、今まで株取引をやったことがない方でも投資顧問会社の指示通りに投資するだけでプロと同じような取引が行えます。

投資のアドバイス以外にも資産運用会社の紹介、代理人として契約を締結するなどの業務も行っています。

投資顧問会社と契約するメリット

投資顧問会社と契約するメリットは以下の3つです。

  • プロからの専門的なアドバイスを受けられる。
  • 確度の高い、最新情報を入手できる
  • 銘柄判断や分析の時間を短縮できる

第三者のプロの意見を聞ける

投資顧問会社と契約すると投資のプロから専門的なアドバイスを受けられます。

特に投資を始めたばかりの方や、これから投資を始めようとしている方など、自分1人で資産運用することに不安がある方は投資顧問会社との契約をおすすめします。

自己流で投資した結果、資産を大きく減らしてしまう方が少なくないからです。

投資のプロにアドバイスを受ける事で、自分自身の投資リテラシーが高まると同時に、大きな失敗を防ぐことに繋がります。

最新の投資情報を元に運用できる

最新の投資情報を入手できることも、投資顧問会社と契約する大きなメリットと言えます。

特に資産運用に関する情報は変化が激しく、常に変わっていくので、情報が最大の武器と言っても過言ではありません。

また投資顧問会社は、金融庁に登録された投資のプロ集団でもあるため、情報の確度も高いです。

最も投資を行っている知人や知り合いの情報よりも、情報の信憑性が高いといってもいいでしょう。

投資顧問会社と契約し、確度の高い、最新の投資情報を入手することが投資の成功に繋がるのです。

銘柄判断における時間短縮ができる

投資家の多くは、仕事や家事の合間に投資を行っているため、投資に割ける時間は限られるでしょう。

まして投資は、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、銘柄の選定など投資判断に時間がかかる傾向にあります。

投資のプロである投資顧問会社と契約することは、レベルの高い資産運用をより少ない時間で出来る事を意味するのです。

時間をかけずに質の高い投資を行いたい場合は、投資顧問会社と契約しましょう。

投資顧問会社と契約するデメリット

投資顧問会社と契約するデメリットは以下の2つです。

  • 投資顧問料がかかる
  • 投資顧問会社によって助言スタイルや契約プランが異なる

投資顧問料がかかる

投資顧問会社に依頼すると当然費用がかかります。

費用に関しては一般的に期間ごとに定額でかかる費用と、運用して利益が出た場合に成功報酬としてかかる費用の2種類に分けられます。

料金やプラン内容は投資顧問会社によって異なりますので、契約前に確認しましょう。

特に金銭面は、あとあと揉めるきっかけにもなるので、契約書面や重要事項説明を確認の上、疑問点があった場合は事前に解消しておくことが肝要です。

投資顧問会社によって助言スタイルや契約プランが異なる

各投資顧問会社により、助言スタイルや契約プランは異なります。

また得意とする分野やテクニック・情報網などもさまざまです。

投資顧問会社にお願いすれば、自分に合った投資アドバイスが受けられるわけではないため

「あなたがどんな情報を欲しいのか」「どんな運用をしたいのか」などあなたのニーズを解決できるサービスを提供している投資顧問会社を選ぶ必要があります。

信頼できる投資顧問会社を見つける際の注意点

信頼できる投資顧問会社を見つける際の注意点は以下の3つです。

  • 金商・投資助言業を持っているか確認する
  • 投資の目的に沿っている会社を選ぶ
  • 口コミや評判を見る

金商・投資助言業を持っているか確認する

世の中には金融庁の登録を受けていない、投資顧問を偽った業者も多数存在します。

謝って広告を見て、金融庁に無登録の投資顧問会社と契約してしまった場合、投資金を全て失ってしまう可能性があります。

助言を依頼する会社を選ぶ時は、必ず金商・投資助言業を持っているかを確認しましょう。

金商・投資助言業の登録表記
  • 関東財務局長(金商)第○○号

もし万が一金商・投資助言業を持っていない投資顧問業者に出会った場合は、違法な無登録業者の可能性が高いため取引しないようにしましょう。

投資の目的に沿っている会社を選ぶ

投資の目的に沿っていない会社を選ぶと、あなたが欲しいアドバイスが得られません。

せっかくお金を払って契約したのに、的外れなアドバイスをいただく羽目になります。

実のある投資を行うためにも、あなたの投資スタンスと目的にあった助言サービスを提供している投資顧問会社を選びましょう。

各投資顧問会社のホームページで、料金システムやサービス内容がわかりやすく紹介されていますので、ぜひ確認してみて下さい。

口コミや評判を見る

口コミや評判は、投資顧問会社を選ぶ際の大きな指標になります。

なぜなら口コミや評判は、既にその投資顧問会社を利用したことがある方の意見や感想だからです。

実体験ほど説得力のある情報はありません。

実際に投資顧問会社を利用したことがある方の感想を参考にすることで、投資顧問会社の様子や傾向が見えてきます。

もちろん口コミや評判が全てではないですが、出来る限り評判や評価の良いところを選びましょう。

おすすめの投資顧問会社一覧

【Pick Up】スナップアップ投資顧問
スナップアップ投資顧問
おすすめポイント
  • 株投資のプロによる銘柄選定!
  • 的確な売買指示助言!
  • リアルタイムによる徹底サポート
無料相談
可能
相談料金
3万円~50万円が目安
受付時間
平日:9:00~19:00 土日祝:10:00~18:00
金商登録番号
関東財務局長(金商) 第2937号
公式サイトはこちら

おすすめの投資顧問会社を紹介します。

特徴とおすすめの理由を解説しますのでぜひ参考にして下さい。

プレナス投資顧問


プレナス投資顧問

プレナス投資顧問の特徴は、金融工学を基盤として独自のAIを駆使し、過去の株価データや企業の業績など細やかなデータ分析をできることです。

AIを活用した効果的な投資に加え、25年以上の証券キャリアを持つ専門家を筆頭に質の高い投資助言を提供しています。

AIを活用した投資に興味がある方は、プレナス投資顧問への相談を検討してみましょう。

\↓最新AIによる次世代の投資戦略をご提案/

スナップアップ投資顧問

スナップアップ投資顧問

スナップアップ投資顧問には無料コースと有料コースがあります。

無料コースでは、無料メルマガに登録することで「無料の銘柄相談が受けられる」「投資情報および直近の実績を確認できる」といったサービスが受けられます。

一方有料コースでは以下のサービスを提供しています。

  • 短期上昇を期待できる情報の配信
  • 提供銘柄のその後の推移も含めた徹底サポート
  • 安全性や堅実性を重視した資産底上げサポート

短期売買で早期の利益獲得を目指す方から、堅実に資産の底上げを行いたい方まで幅広くサポートできることがスナップアップ投資顧問の特徴です。

同社では、他社投資顧問会社でよくあるクレームを防ぎ、より安全性を重視した投資サポートを提供しています。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。