投資顧問会社と証券会社の違いとは?業務内容や契約するメリットを比較

投資顧問会社と証券会社の違い

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

投資顧問

これから投資顧問会社で契約しようと思い「証券会社との違いは何なのか」とお悩みではありませんか。

投資顧問会社は資産運用を直接管理したり、関連するアドバイスをする会社のことを指し、証券会社は投資信託などを販売するところです。

しかし、投資顧問会社と資産運用会社の違いがわかっても、契約するかは迷うものです。

そこで、この記事では投資顧問会社と証券会社の違いについて詳しく解説し、同時にメリット・デメリットをお伝えします。

投資顧問会社について詳しくなり、契約の失敗が減ります。ぜひ最後までご覧ください。

【Pick Up】スナップアップ投資顧問
スナップアップ投資顧問
おすすめポイント
  • 株投資のプロによる銘柄選定!
  • 的確な売買指示助言!
  • リアルタイムによる徹底サポート
無料相談
可能
相談料金
3万円~50万円が目安
受付時間
平日:9:00~19:00 土日祝:10:00~18:00
金商登録番号
関東財務局長(金商) 第2937号
公式サイトはこちら

投資顧問会社とは?

投資顧問会社は、個人や機関投資家に対し、資産運用に関する専門的なアドバイスや管理サービスを提供する金融機関です。

これらの会社は、顧客の投資目標やリスク許容度に合わせて、株式、債券、投資信託などの様々な金融商品に関する情報を提供し、適切な投資戦略を策定します。

市場の動向や経済状況を分析することにより、顧客の資産を効率的に増やすための指導を行います。

投資顧問会社の主な役割は、顧客の投資ポートフォリオの管理と、投資に関する個別の助言を提供することです。

これには、市場のリスクを分析し、顧客の資産を最適に配分することも含まれます。

また、税金対策や退職計画など、広範な財務アドバイスを提供することもあります。

投資顧問会社と証券会社の違い

投資顧問会社と証券会社は金融サービスの提供において重要な役割を担っていますが、そのサービス内容と顧客との関係性において異なる特徴を持っています。

投資顧問会社には2つある

投資顧問会社には大きく分けて二つのタイプが存在します

  1. 投資運用会社
  2. 投資助言会社

投資運用会社

投資運用会社は、顧客の資産を直接管理し、投資ポートフォリオを構築・運用する役割を担います。

これらの会社は、顧客の投資目標やリスク許容度に基づいて、株式、債券、不動産など多様な資産クラスにわたる資産配分を行います。

投資運用会社は、市場の動向や経済の変化に応じて、資産の運用戦略を柔軟に調整することが求められます。

投資助言会社

投資助言会社は、顧客に対して投資に関するアドバイスを提供することが主な業務です。

主な業務
  • 市場の分析
  • 投資戦略の提案
  • 個々の金融商品に関する情報提供

投資助言会社は、顧客の資産を直接管理することは少なく、むしろ個別の投資決定におけるアドバイザーとしての役割を果たします。

証券会社

証券会社は、株式や債券などの証券取引を仲介する業務を行います。

これには、顧客からの売買注文の処理、取引実行のサポート、市場の情報提供などが含まれます。

証券会社は、投資アドバイスを提供することもありますが、その主な機能は取引の仲介と市場アクセスの提供です。

投資顧問会社と契約するメリット

投資顧問会社と契約することは、多くの投資家にとって大きな利点をもたらします。

  • プロからの投資に関する専門的なアドバイス
  • プロの意見を参考に運用成績の向上が期待
  • 銘柄分析や投資判断などの時間が短縮
  • 情報提供による金融・資産運用リテラシーの向上
  • プロの運用理論・ノウハウによる運用効果
  • 投資のことを調べ、考え、取引をする時間と労力を削減

特に、投資のプロフェッショナルからの専門的なアドバイスを受けることは、その主要なメリットの一つです。

プロからの投資に関する専門的なアドバイス

投資顧問会社には、市場の動向や各種金融商品に関する深い知識を持った専門家がいます。

彼らからのアドバイスを受けることで、投資家はより知識に基づいた決定が下せます。

これにより、投資のリスクを管理しつつ、資産を効果的に増やすことが可能になります。

プロの意見を参考に運用成績の向上が期待

専門家の意見を取り入れることで、投資家はより効率的な投資戦略を立てられます

プロの分析に基づいた投資選択は、運用成績の向上に寄与する可能性があります。

銘柄分析や投資判断などの時間が短縮

投資顧問会社は、市場分析や銘柄選定に必要な時間を大幅に削減できます。

投資家が個別にこれらの分析を行う場合、多大な時間と労力が必要になりますが、プロのサポートを受けることで、より迅速かつ効率的な投資判断が可能になります。

情報提供による金融・資産運用リテラシーの向上

定期的な報告やアドバイスを通じて、投資家は金融市場や資産運用に関する知識を深めることができます。

これは、長期的に見て投資家自身のリテラシー向上に繋がり、自分の資産をより自信を持って管理することに役立ちます。

プロの運用理論・ノウハウによる運用効果

投資顧問会社は、多年にわたる経験と専門知識に基づいて独自の運用理論やノウハウを持っています。

これらを活用することで、投資家は市場の変動に強い、効果的な投資ポートフォリオを構築することが可能になります。

投資のことを調べ、考え、取引をする時間と労力を削減

最も大きなメリットの一つは、投資に関連する時間と労力を節約できることです。

投資顧問会社が資産の管理を担うことで、投資家は自分の時間を他の重要な活動や趣味に充てることができます。

投資顧問会社と契約するデメリット

投資顧問会社との契約は多くのメリットを提供する一方で、いくつかのデメリットも存在します。

  • 投資顧問料がかかること
  • 失敗しても補償がないこと
  • アドバイスが正しいとは限らない

これらのデメリットを理解することは、投資の決定をする際に重要です。

投資顧問料がかかること

最も顕著なデメリットは、投資顧問料の発生です。

投資顧問会社は、提供するサービスに対して料金を請求します。

料金体系
  • 資産に基づく料金
  • 固定料金
  • 取引ごとの料金など

これらの料金は、運用成績に直接影響し、特に小額の投資の場合、運用利益を圧迫する可能性があります。

失敗しても補償がないこと

投資顧問会社が提供するアドバイスに基づいて投資を行っても、その結果に対する補償は一般的にありません。

市場の変動や予測不能な要因により、投資が損失を生む可能性が常に存在します。

これは、投資家がリスクを理解し、自己責任で投資決定を下す必要があることを意味します。

アドバイスが正しいとは限らない

投資顧問会社のアドバイスは、その専門知識と市場分析に基づくものですが、必ずしも正しいとは限りません。

市場は予測不可能な要素によって動くことがあり、専門家であっても間違った判断を下す可能性があります。

また、投資顧問会社によっては、自社の利益に合ったアドバイスをする場合もあり、そのために顧客の利益が損なわれることもあります。

投資顧問会社と証券会社の違いを把握してから契約しよう

【Pick Up】スナップアップ投資顧問
スナップアップ投資顧問
おすすめポイント
  • 株投資のプロによる銘柄選定!
  • 的確な売買指示助言!
  • リアルタイムによる徹底サポート
無料相談
可能
相談料金
3万円~50万円が目安
受付時間
平日:9:00~19:00 土日祝:10:00~18:00
金商登録番号
関東財務局長(金商) 第2937号
公式サイトはこちら

投資顧問会社は2つあり、以下の通りです。

  1. 投資運用会社
  2. 投資助言会社

投資運用会社は代わりに資産を直接管理し、投資ポートフォリオを構築・運用する役割を担います。

投資助言会社は投資のアドバイスをする会社です。

投資顧問会社と契約すると、専門的なアドバイスがもらえたり運用成績の向上が見込めます。

しかし、投資顧問会社と契約すると、投資顧問料がかかり、補償がありません。

投資顧会社と証券会社の違いをはあくすることは、契約の失敗をへらします。

ぜひ参考にして投資顧問会社と契約をしてくださいね。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。