10万円以下の少額融資なら審査なしでも借りられる?スマホアプリ・キャッシング商品など少額借入におすすめの商品を厳選

10万円以下の少額融資なら審査なしでも借りられる?スマホアプリ・キャッシング商品など少額借入におすすめの商品を厳選

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

お金を借りる

少額だけ融資を受けたい場合、スピーディーに借り入れができる方法を探している方もいるでしょう。

しかし、審査なしで少額融資を受けられる方法は限られています。

また、カードローンを利用した融資の場合は、少額であっても審査なしでお金を借りることはできません。

では、具体的にどのような方法なら審査なしで融資が受けられるのでしょうか。

今回は、少額融資でもカードローンは審査が行われる理由や、おすすめのキャッシング商品に加え、審査なしで少額融資を受ける方法を紹介します。

この記事でわかること

  • 少額融資でもカードローンで審査が行われる理由
  • 少額融資におすすめのカードローン
  • 少額融資に利用できる後払いアプリ
  • 審査なしで少額融資を受ける方法
Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。
  1. 審査なしで少額融資に対応しているカードローンがない理由
    1. 正規の貸金業者は必ず審査を実施している
    2. 融資したお金を確実に返済してもらうため
    3. 利用者自身が返済に苦しむのを防ぐため
  2. 10万円以下の少額融資におすすめの消費者金融5選
    1. プロミス
    2. アイフル
    3. SMBCモビット
    4. レイク
    5. ダイレクトワン
  3. 少額融資に対応している低金利の銀行カードローン3選
    1. 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
    2. 楽天銀行スーパーローン
    3. みずほ銀行カードローン
  4. 審査なしで利用できるおすすめの後払いアプリ
    1. 後払いアプリの選び方
    2. おすすめの後払いアプリ
      1. atone(アトネ)
      2. ペイディ(Paidy)
      3. メルペイスマート払い(あと払い)
  5. たとえ少額でも審査なしで融資を受けるのはリスクがある
    1. 審査なし=闇金
    2. 個人間融資は詐欺業者に繋がる可能性が高い
  6. 審査なしで10万円を借りる方法
    1. 生命保険の契約者貸付
    2. クレジットカードのキャッシング枠利用
    3. 質屋での借り入れ
    4. 公的融資を受ける
  7. 少額融資を受ける際のカードローンの選び方
    1. 融資のタイミング
    2. サービスごとの金利
    3. 無利息期間などの特典の有無
    4. 申し込み基準の高さ
  8. 少額融資を受けるなら消費者金融がおすすめ
    1. 消費者金融は少額を短期間借りるのに適している
  9. 少額融資に関するよくある質問
    1. Q.少額なら審査なしで融資を受けることはできる?
    2. Q.学生や主婦・無職でも融資を受けることはできる?
  10. 少額融資を受ける場合も審査は原則ある

審査なしで少額融資に対応しているカードローンがない理由

少額融資を受ける際の選択肢に、カードローンを利用する方法があります。しかし、カードローンは、たとえ少額融資であっても審査なしでは利用できません。

数万円借りるだけであっても、必ず審査が実施されるためです。

カードローンでは、なぜ必ず審査が実施されているのか、審査なしで融資が受けられるカードローンがない理由について解説します。

正規の貸金業者は必ず審査を実施している

カードローンを提供する消費者金融は、金融庁からの認可を受けた貸金業者です。

貸金業者は、貸金業法に則って事業を営まなければなりません。

貸金業法では、総量規制で年収の3分の1を超える貸し付けが禁止されており、総量規制を上回る融資を行うと、貸金業者側が法的な罰則を受けることになります。

■総量規制とは

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

引用:貸金業法Q&A

総量規制内の貸付金額を遵守するため、カードローン事業者では必ず審査を行っています。

また、貸金業法ではなく銀行法に則って事業を営む銀行の場合も同様です。銀行のカードローンは総量規制対象外ですが、審査は実施されます。

審査なしの貸金業者がいるとすれば、それは違法業者です。

甘い言葉に惑わされて違法業者からお金を借りることがないように、十分注意してください。

融資したお金を確実に返済してもらうため

カードローン会社で審査が必ず行われるのは、申込者本人に融資したお金を返済していく能力があるか否かを見極めるためです。

カードローン会社は無担保、無保証人で融資を行っています。

有担保で融資をしている場合は、万が一返済ができなくても担保を回収すれば良いですが、無担保では貸したお金が戻ってこなければカードローン会社が大きな損害を被りかねません。

そうしたリスクを避けるために、カードローン会社は借入希望者を審査してどの程度の返済能力があるかを見極める必要があり、審査を実施しています。

利用者自身が返済に苦しむのを防ぐため

貸したお金を返済してもらえなかった場合、損失を受けるのはカードローン会社です。しかし、リスクがあるのはカードローン会社だけではありません。

充分な返済能力がないのにお金を借りてしまったら、たとえ少額融資であっても利用者自身も返済に苦しむことになります。

お金を借りるときは、少額なら返済していけると考えていても、繰り返しているうちに利用金額が膨れ上がり、結果として返済できないような状況に陥るかもしれません。

審査で返済能力があるかチェックしてもらうことは、利用者本人を多重債務から守るためにも非常に重要なプロセスです。

10万円以下の少額融資におすすめの消費者金融5選

ここからは、少額融資におすすめの消費者金融のカードローンを5選紹介します。

  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイク
  • ダイレクトワン

審査なしで利用することはできませんが、少額融資であれば比較的借りやすく、審査もスピーディーなので急いでいるときにもおすすめです。

事業者ごとのサービスの特徴や金利、利用限度額の違い、おすすめポイントについて紹介します。

プロミス

プロミスのキャプチャ-600×400

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
プロミス基本情報
金利 4.5〜17.8%
審査時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
融資時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間 30日間
限度額 1~500万円
※2024/02/15時点の情報です
★プロミスのおすすめポイント
初めての方は30日間利息0円!

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

プロミスのおすすめポイント

  • 18歳から申し込める
  • 初回利用時に限り30日間の無利息サービスあり
  • 最短3分(※)融資に対応

※お申込み時間や審査によりご希望に沿えないがございます。

プロミスはSMBCグループの一員で、三井住友銀行との親和性が非常に高いです。

三井住友銀行のATMを無料で利用できるため、ATMの手数料を節約したい、カードローンの利用を知られたくないという方に適しています。

また、審査通過後であれば、振込依頼から最短10秒で入金される「瞬フリ」の対象金融機関が多いのも特徴です。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

このほか全国約200の金融機関と提携しており、24時間対応の口座であれば24時間365日いつでも必要な時にすぐに融資が受けられます。

また、プロミスには初回利用時に限り適用される30日間の無利息サービスもあるため、短期間での返済を予定している方にもおすすめです。

\ 初回利用時30日間無利息サービス! /

アイフル

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
アイフル基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短20分
融資時間 最短20分
無利息期間 30日間
限度額 1万円~800万円
※2024/02/16時点の情報です
★アイフルのおすすめポイント
24時間365日WEBから申し込み可能

アイフル概要
商品名 アイフル
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

アイフルのおすすめポイント

  • 最短20分融資に対応
  • 申し込み前にピッタリ診断や1秒診断でシミュレーション可能
  • 女性専用のキャッシングサービス「SuLaLi」がある

アイフルも、最短20分融資に対応しているため、スピーディーに融資が受けられる消費者金融です。

「ピッタリ診断」や「1秒診断」を利用すれば、申し込み前に借り入れ可能かがチェックできます。

また、アイフルでは、勤務先の在籍確認について事前に相談に乗ってもらえるのも特徴です。

電話による職場への在籍確認が不安な場合は、書面提出などに変更してもらえないか相談してみると良いでしょう。

さらに、女性専用商品の「SuLaLi」もあります。利用限度額10万円までの少額融資に対応しており、相談ダイヤルも女性オペレーターが担当してくれる商品です。

消費者金融の利用に不安がある方は、女性オペレーターに相談できるアイフルのSuLaLiの利用を検討してみましょう。

\ 申し込み前に1秒診断! /

SMBCモビット

SMBCモビット-20230821

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
SMBCモビット基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
無利息期間 なし
限度額 1万円~800万円
※2024/02/16時点の情報です
★SMBCモビットおすすめポイント
簡易審査なら最短10秒で結果が分かる

SMBCモビット概要
商品名 SMBCモビット
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 申し込み手続きがWEBで完結できる
  • カードレス利用が可能
  • Tポイント(Vポイント)が貯まる独自サービスあり

SMBCモビットは、申し込み手続きをWEBで行えば、職場への電話による在籍確認や自宅への郵便物なしで利用できるカードローンです。

即日融資にも対応していますが、連休前などの混みあっているタイミングでは翌営業日以降になる場合もあります。

また、SMBCモビットは、三井住友銀行ローン契約機でも申し込み手続きが可能です。三井住友銀行ATMからの借り入れや返済は、手数料無料で利用できます。

手数料はかかりますが、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMなど、提携のコンビニATMでも利用可能です。

\ 10秒で簡易審査! /

レイク

レイク

レイク概要
商品名 レイク
利用限度額 1万円以上~500万円以内
金利 4.5%~18.0%
担保・保証人 不要

レイクのおすすめポイント

  • 5万円以下の少額融資なら最長180日間無利息
  • カードレス利用に対応
  • 最短25分融資も可能

レイク最大の特徴は、初回利用時に限り選べる2種類の無利息サービスがある点です。

5万円以下の少額融資であれば、最長180日間無利息で利用できるため、少額融資を利用したい方はレイクの無利息サービスを活用すればお得に利用できます。

5万円を超える借り入れでも、200万円までであれば最長60日間無利息で利用できるのでおすすめです。200万円超の借り入れで適用される無利息サービスは、30日間となります。

SBI新生銀行カードローンのATMに限り、手数料無料で利用可能です。そのほか全国の提携コンビニATMでも、手数料はかかりますが借り入れ、返済ができます。

ダイレクトワン

ダイレクトワン

ダイレクトワン概要
商品名 ダイレクトワン
利用限度額 1万~300万
金利 4.9%~18.0%(実質年率)
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

ダイレクトワンのおすすめポイント

  • 店頭窓口での申し込みなら即日融資も可能
  • 中小消費者金融では珍しい無利息サービスあり
  • パートやアルバイトでも申し込める

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループの中小消費者金融が提供するカードローンです。

店頭申し込みであれば即日融資に対応しています。また、融資まで時間はかかるものの、WEB申し込みなら全国どこからでも可能です。

ダイレクトワンの特徴は、中小消費者金融の中では珍しい初回利用時に55日間の無利息サービスが受けられる点にあります。

また、パートやアルバイトでも申込者本人に安定した収入があれば申し込めるため、正社員ではないが少額融資を受けたいという方にもおすすめです。

少額融資に対応している低金利の銀行カードローン3選

消費者金融よりは審査が厳しい傾向にあるものの、金利が低い銀行カードローンもおすすめです。

銀行カードローンは即日融資には対応していませんが、金利が低いため返済負担を軽減できます。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
バンクイック基本情報
金利 1.8%~年14.6%
審査時間 最短即日
融資時間 最短翌営業日
無利息期間 なし
限度額 10万円~500万円
※2024/02/16時点の情報です
★バンクイックのおすすめポイント
三菱UFJ銀行・提携コンビニATM利用手数料0円!

バンクイック概要
商品名 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万単位)
金利 年1.8%~年14.6%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%
必要書類 運転免許証or健康保険証orパスポートor個人番号カードor在留カードor特別永住者証明書

バンクイックの最高金利は年14.6%です。消費者金融の最高金利が年18.0%前後であることと比較すると、その低さがよくわかります。

借入・返済ともに、三菱UFJ銀行のATM利用手数料が無料なのも嬉しいポイントです。

金利や借り入れ・返済時の手数料などにかかる費用を抑えたい方に適しています。

利用限度額の最小金額は10万円からとなっているため、低金利で少額融資が受けられるおすすめのカードローンです。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
×
24時間対応
楽天銀行カードローン基本情報
金利 1.9%~14.5%
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
無利息期間 30日間
限度額 10万円~800万円
※2024/02/16時点の情報です
★楽天銀行カードローンのおすすめポイント
 
楽天会員ランクに応じて審査優遇あり

楽天銀行スーパーローン概要
商品名 楽天銀行スーパーローン
利用限度額 10万円~800万円
金利 年1.9%~年14.5%
担保・保証人 不要
遅延損害金 年20.0%
必要書類 運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証+住民票

楽天銀行スーパーローンは、スピーディーな対応とお得な特典が魅力のカードローンです。

最短翌営業日での融資に対応しているため、銀行カードローンの中では最高水準の融資スピードを誇ります。

新規入会で、楽天ポイントが1,000ポイントもらえるほか、定期的に金利優遇キャンペーンなどを行っており、お得な特典が定期的に利用できるのも特徴です。

また、楽天会員のポイントランクに応じて、審査優遇が受けられる独自の審査基準も設けています。

最高金利も年14.5%と申し分なく、低金利でカードローンを利用したい方や楽天ユーザーの方におすすめです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン概要
商品名 みずほ銀行カードローン
利用限度額 10万円~800万円(専業主婦は50万円まで)
金利 年2.0%~年14.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 年19.90%

みずほ銀行カードローンは、最小10万円からの少額融資に対応しています。

銀行カードローンのため金利も低く、みずほ銀行で住宅ローンを契約中の方はさらに0.5%の金利優遇が受けられるのも魅力です。

また、みずほマイレージクラブ会員なら、みずほ銀行ATM時間外手数料が0円となる特典も請けられます。

WEB申し込みなら最短即日審査にも対応しているため、スピーディーに融資が受けられるのも特徴です。

ただし、必ず最短で審査が受けられるとは限らないため、数日程度は余裕をもって申し込むことをおすすめします。

審査なしで利用できるおすすめの後払いアプリ

審査なしでお金を工面したい場合は、後払いアプリを利用する方法もあります。

■後払いアプリとは

スマートフォンを使用して、商品購入やサービスの利用後に支払いを行う新しいタイプの決済サービスのこと。

伝統的に後払いの選択肢としてはクレジットカードや請求書払いなどが存在しましたが、後払いアプリはこれらとは異なる独自の特性を持っています。

後払いアプリの独自のメリットとしては、審査なしで利用できることや、請求書、QRコード決済など多様な決済方法で支払える点が挙げられます。

また、クレジットカード情報や銀行口座情報をオンライン上で共有する必要がないため、セキュリティの面でのリスクを低減できるのも特徴です。

後払いアプリの利用は便利ですが、お金の支払いが後になるため、使用金額を計画的に管理する必要があります。

後払いアプリの選び方

後払いアプリを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 審査の有無
  • 後払いアプリが利用できる提携店の種類
  • 利用上限額
  • 手数料の有無

後払いアプリは、種類によって審査が実施されるものと審査なしで利用できるものがあります。

審査がある後払いアプリの場合、自身の信用状況や属性評価によっては利用できないケースも出てくるので注意しましょう。

また、後払いアプリによって、利用ができる店舗にも違いがあります。アプリの提携店舗や加盟店を確認し、日常の買い物に利用できるかどうかをチェックすることも大切です。

その他にも、利用上限額や手数料もアプリによって設定が異なるので、用途や予算に応じて選ぶ必要があります。

おすすめの後払いアプリ

ここからは、審査なしで利用開始できるおすすめの後払いアプリを紹介します。

atone(アトネ)

atone

atoneは、会員登録後すぐに利用開始できる後払いアプリです。

決済時に与信審査が行われる仕組みのため、登録にあたって事前に審査を受ける必要はありません。

請求手数料が毎回209円(税込)かかる点に注意しましょう。

また、毎月滞りなく支払いを続けていると、実店舗でのコード決済も利用できるようになります。

ペイディ(Paidy)

Paidy

ペイディは、Visaと提携している後払いサービスです。

決済時に手数料はかかりませんが、請求金額や分割払い回数に応じて109円~390円の手数料が発生します。

口座振替であれば手数料無料で利用できるため、審査なしで後払いを利用したい方におすすめです。

支払いが決済の3か月後にできる「超あと払い」を利用したい場合に限り、審査が実施されます。

メルペイスマート払い(あと払い)

メルペイスマート払いは、入金(チャージ)なしで利用できる後払いサービスです。

自動引き落としやメルペイ残高の利用であれば、手数料無料で利用できます。そのほかの生産方法の場合は、300円の手数料負担が必要です。

本人確認を済ませる必要はありますが、審査なしで利用開始できます。

たとえ少額でも審査なしで融資を受けるのはリスクがある

カードローンでお金を借りる際には必ず審査を受けなければなりませんが、審査なしで融資が受けられると勧誘している業者もいます。

少額だけ借りてすぐ全額返済できるのなら、そのようなところで借りても問題なさそうに思えるかもしれませんが、審査なしで融資を受けるのはリスクが非常に大きい行為です。

審査なしで融資を受けるとどのようなリスクがあるのか、危険性について解説します。

審査なし=闇金

「審査なしで即日融資OK」や「ブラックでも無審査で融資可能」などと宣伝している貸金業者がいます。

しかし、これらは金融庁に登録をしていない闇金である可能性が高い業者です。

安易に闇金に手を出してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

  • 返済能力以上の金額を融資する
  • 法外な利息をとる
  • 違法な取り立てをする

闇金業者は利息の上限規制や総量規制を遵守しておらず、どのような手段を用いてでも資金を回収しようとします。

いくら審査なしの少額融資といっても、そのような業者からお金を借りてしまったら人生が大きく狂ってしまうでしょう。

個人間融資は詐欺業者に繋がる可能性が高い

違法業者だけでなく、個人間融資にも注意が必要です。

SNSなどネット上でお金の貸主と借主を募集して、業者を介さずにお金の貸し借りをする個人間融資が増加しています。

何の面識もない相手を信用してお金の貸し借りをすることは、闇金と同様にトラブルに巻き込まれる原因になりかねません。

実際に、個人間融資を利用した詐欺や犯罪が社会問題化しています。

  • 性犯罪・詐欺などのトラブルに巻き込まれる
  • 個人情報の漏洩
  • 闇金業者が貸し手になりすましている

個人間融資は匿名でやり取りできるため、本当に安全で信用できる相手か判断するのは困難です。

少額だけ借りてすぐ返済するつもりでいても、個人情報を面識のない相手に知らせる行為にもつながるため、必ず正規の貸金業者から融資を受けるようにしてください。

審査なしで10万円を借りる方法

お金を審査なしで調達する方法として活用できるのは、以下の4つの手段です。

  • 生命保険の契約者貸付
  • クレジットカードのキャッシング枠利用
  • 質屋での借り入れ
  • 公的融資を受ける

ここからは、具体的に10万円を借りる際に適した方法を紹介します。

生命保険の契約者貸付

生命保険に加入している場合、解約返戻金の範囲内での貸し付けが受けられる「契約者貸付」の利用が可能です。

この契約者貸付は、保険会社に申し込む方法のほか、提携先のATMから直接借入れができることもあります。

非常に便利な方法ではありますが、返済を怠ると保険金から差し引かれたり、保険そのものが失効するリスクもあるため、利用する際は注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング枠利用

もし手元にキャッシング機能付帯のクレジットカードがあれば、最寄りのATMからすぐに借り入れができます。

ただし、キャッシングはクレジットカードのキャッシング枠内での利用となるため、キャッシング枠を超えての利用ができない点に注意してください。

また、キャッシング枠が付帯していないクレジットカードの場合は、キャッシング枠を増枠するための審査に申し込む必要があります。

質屋での借り入れ

質屋を利用して、品物を担保に融資を受ける方法もあります。ブランド品や高級腕時計、骨董品など、価値が高いものであれば借りやすいでしょう。

質屋での借り入れは、返済期限内に元金と利息を返済すれば、預けた品物が戻ってきます。返済できなければ、担保として預けた品物が回収されて手元に戻ってこなくなるため注意しましょう。

ただし、品物の価値に合わせた融資しか受けられないため、十分な価値がある品物を持ち込む必要があります。

また、一般的なカードローンよりも高い利息が設定されていることが多いため、利用する前に利息について確認しておくことが大切です。

公的融資を受ける

条件さえ満たしていれば、公的融資を受けることも可能です。

■公的融資とは

国や自治体が提供している生活困窮者や特別な事情がある場合に利用できる融資制度のこと。銀行カードローンよりもさらに低金利で利用できる点が特徴。

さまざまな種類の制度があり、個人向けだけでなく事業者向けの融資制度もあります。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
  • 日本政策金融公庫
  • 生活福祉資金貸付制度

上記はあくまで一例ですが、生活困窮状態などの緊急性の高い方や融資条件に該当する場合は、申請してみると良いでしょう。

また、公的融資のほか、返済不要の助成金や補助金制度もあります。金銭的に困ったときは、利用できる公的支援制度がないか、一度確認してみるのもおすすめです。

少額融資を受ける際のカードローンの選び方

どこで少額融資を受ければ良いか迷った時は、優先したいポイントを考えてみましょう。

ここからは、カードローンを利用して少額融資を受ける際の選び方について解説します。

融資のタイミング

少額融資を利用しようと思って申し込んだにも関わらず、融資を受けるタイミングが合わないと、必要な時にお金の準備が間に合わない可能性があります。

そのような事態を避けるためにも、融資をいつ受けられるのか必ず確認しておきましょう。

急いでいる場合は、即日融資に対応している事業者を選ぶ必要があります。

時間に猶予がある場合は、少し審査に時間がかかるものの低金利で利用できる銀行カードローンを利用するなど、利用したいタイミングに合わせて選ぶと良いでしょう。

サービスごとの金利

お金を借りる場合、借り入れた金額に対して利息が発生します。

金利が高ければ高いほど支払う利息も増えるため、返済時の負担が大きくなる点に注意しなければなりません。

お金を借りるのであればできるだけ低い金利で借りた方が、結果的に支払う金額が少なく済みます。

しかし、少額融資の場合、低い金利で借りることは難しいでしょう。基本的に借り入れ金額が少ないほど、上限金利が適用されることが多いためです。

低金利で融資が受けられる銀行カードローンを利用するなど、負担が少ない方法を選びましょう。

無利息期間などの特典の有無

可能な限り利息負担を軽減するには、低金利で利用できるカードローンを選ぶだけでなく、無利息サービスをうまく活用する方法もあります。

「30日間無利息」「60日間無利息」など、カードローン事業者によって無利息サービスの期間が異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

無利息サービスが適用されている期間中に完済できれば、利息を一切払わず借り入れた元金のみの返済で済みます。

少額融資なら無利息期間が長いレイクや、55日間の無利息サービスがあるダイレクトワンなど、無利息サービスの期間が長いカードローンを選ぶのもおすすめです。

申し込み基準の高さ

カードローンは、事業者によって申し込み基準の高さが異なります。

具体的には、以下のような点です。

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 信用情報のキズの有無

例えば、申し込み可能な年齢要件が18歳からのカードローンもあれば、20歳以上でなければ申し込めないところもあります。

また、正社員や契約社員でなければ申し込めないケースもあれば、アルバイトやパートでも利用できるカードローンがあるなど、基準は事業者によってさまざまです。

自身の状況に合わせて申し込み基準でカードローンを比較しながら、利用する商品を選ぶと良いでしょう。

少額融資を受けるなら消費者金融がおすすめ

少額融資でも審査なしで利用するというわけにはいきませんが、借りるのは少額で良いという人には消費者金融がおすすめです。

消費者金融は少額を短期間借りるのに適している

カードローンは、大きく分けると銀行カードローンと消費者金融の2種類です。

しかし、銀行はもともと法人向けの大型融資をメインに取り扱っているため、個人向けの融資であるカードローンの審査は消費者金融や信販会社に保証業務を任せています。

消費者金融は、無担保の個人向け融資を専門にして長年営業しており、独自の審査基準を設けているほか、小額融資に適したサービスが豊富にある点が特徴です。

  • 消費者金融は少額融資がメインなので審査スピードが早い
  • 50万円以下の少額融資なら本人確認書類のみで審査受付
  • 少額融資を短期間で返済できれば初回は無利息も可能

消費者金融のカードローンは、担保や保証人なしで利用できる代わりに金利を高めに設定しています。

しかし、初回利用時に適用される無利息サービスなども充実しているため、うまく利用すれば利息の負担なく少額融資を利用できるでしょう。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

少額融資に関するよくある質問

ここからは、少額融資の利用に関してよくある質問に回答します。

Q.少額なら審査なしで融資を受けることはできる?

A.少額でも審査なしでカードローンのような融資を受けることは基本的に不可能です。

貸金業法の総量規制などによって貸付金額の上限が設けられており、貸金業者に「返済能力の調査」を義務付けているため、正規の業者は審査を経ずに融資をすることはできません。

銀行や信用金庫などの金融機関も、貸し倒れのリスクを避けるため、返済能力の確認を行います。

ただし、生命保険の契約者貸付などの特定の融資方法では、審査を行わない場合もあります。

Q.学生や主婦・無職でも融資を受けることはできる?

A.学生や主婦、無職の方でも融資を受けること自体は不可能ではありません。

しかし、金融機関は返済能力の確認を重視しますので、学生や主婦、無職の方が融資を受けるためには、一定の収入や担保を持つ必要がある場合が多いことも事実です。

例えば、学生ローンは特定の条件下で学生を対象に融資を行っていたり、配偶者の収入を基に審査を行っていたりと、学生や専業主婦でも借り入れできる商品はあります。

それでも、返済能力が不十分と判断される場合は、融資を受けることが難しい場合があるので注意しましょう。

具体的な融資条件や審査基準は、各金融機関によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

少額融資を受ける場合も審査は原則ある

カードローンで少額融資を受ける場合でも必ず審査を受ける必要があります。

審査は、カードローン会社と利用者の双方を守るための大切な手続きであり、省略することはできません。

少額融資を受ける、もしくは支払いを先延ばしにして現状の資金繰りをするための選択肢は、主に以下の方法です。

  • 消費者金融のカードローンを利用する
  • 銀行カードローンを利用する
  • 後払いアプリを利用する
  • 契約者貸付や公的融資を利用する

審査を受けるのが不安な場合でも、審査なしで融資している違法業者からは絶対に融資を受けないように注意してください。

また、審査に不安がある方向けに、審査が比較的甘い傾向にあると言われるカードローンを以下のページで紹介しています。ぜひ参考にしてください。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。