審査無しでお金借りたい場合はどうすればいい?審査なしで即日融資を得る方法やお金を借りる際の注意点を紹介

審査無しでお金借りたい

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

お金を借りる

急にお金が必要になった時に便利な、「フリーローン」「カードローン」「キャッシング」

しかしローンやキャッシングなどを利用する際は、審査に通過しなければいけません。

第13条第1項
(1)返済能力の調査義務
① 貸金業者に対し、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の返済能力の調査を義務づけることとする。

引用元:金融庁 

上記からもわかるようにお金を借りる際に「借入」を選択した場合、「審査無し」でお金を借りることはできません。

ただし「審査に通るか不安」という方も多いでしょう。

そこで今回の記事では、「審査が不安な人がお金を借りる方法」を紹介します。

この記事でわかること

  • 審査なしでお金を借りるのが難しい理由
  • 審査なしでお金を借りる方法
  • 審査なしでお金を借りる時のリスク・注意点
  • 審査なしで安全にお金を借りるポイント
Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。

審査なしでお金を借りるのが難しい理由とは?

審査なしでお金を借りる方法はあります。

しかし「審査なしでお金を借りる方法」の中に、フリーローンやカードローンなど消費者金融からお金を借りる方法は含まれません。

上述したように、消費者金融などのカードローンは必ず借入審査を受けなければならないという決まりが設けられています。

貸金業法に審査義務が明記されているため

日本の貸金業法では、貸金業者が顧客の返済能力を確認するための審査を行うことが義務付けられています。

この規定は、消費者を過度な借入れのリスクから守るために設けられており、貸金業者は法律に従って適切な審査を実施しなければなりません。

このため、審査なしでの融資は法的に許されていないのです。

貸し倒れリスクを避けるため

金融機関は、貸し出した資金が返済されるかどうかを厳密に評価する必要があります。

審査を通じて、借入者の信用状況や過去の借入れ履歴、支払い遅延の有無などを確認することで、返済能力のある顧客かどうかを判断します。

これにより、貸し倒れのリスクを低減し、金融機関の資金が安全に管理されることを確保するのです。

借入者を過剰な借入から保護するため

審査プロセスは、借入者自身を保護する役割も果たします。

貸金業者は審査を通じて、借入者が返済可能な範囲内でのみ資金を借りられるようにします。

これにより、消費者が自分の返済能力を超えた借入れをすることを防ぎ、将来的な財政的な問題や借金の罠に陥るリスクを減らすことができるのです。

審査なしでお金を借りる方法

前述したように、消費者金融などの金融機関が取り扱っているローン商品を利用するには、必ず借入審査受けなければお金を借りられません。

しかし、それ以外の方法であれば、支払期日までにまとまったお金を用意することができます。

ここでは、審査なしでお金を借りる方法を紹介します。

質屋を利用する

質屋の利用は、急な資金調達に役立ちます。

貴金属やブランド品など価値ある品物を担保として、即時融資を受けることが可能です。

この方法は手続きが迅速で、信用情報に基づく審査が不要な点が大きな利点です。

しかし、返済が行えない場合、担保として預けた品物を失うリスクがあります。

質屋を利用する際は、そのリスクを理解し、返済計画を慎重に立てることが重要です。

生命保険の契約者貸付を活用する

生命保険に加入している場合、契約者貸付制度を利用して資金を借りることができます。

この方法では、保険契約に基づく貯蓄部分を担保にして、一定額の融資を受けられます

返済が滞ると保険の利益が減少するリスクがあるため、利用に際しては注意しましょう。

この制度は保険会社によって異なる条件を設けていることが多いため、契約内容をよく理解することが求められます。

家族や友人から借りる

家族や信頼できる友人からの借入は、審査が不要であり、より柔軟な条件で資金を調達できる可能性があります。

しかし、この方法は金銭的な問題が人間関係に影響を与えるリスクを含んでいます。

そのため、借入時には借用書を作成するなど、明確な条件を設定し合意することが重要です。

これにより、お互いの理解と信頼を保ちつつ、トラブルを避けることが可能になります。

公的機関の緊急小口資金制度を利用する

低所得者や生活困窮者向けの公的機関の緊急小口資金制度は、簡易な審査で小額の融資を受けることができます。

この制度は社会福祉協議会などが提供しており、緊急時の資金調達に適しています

利用に際しては、所得証明や生活状況に関する書類提出が求められることがあります。

該当する場合は事前に準備をしておくことが望ましいです。

クレジットカードのキャッシング枠を使用する

既に保有しているクレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合、追加の審査なしに利用することが可能です。

この方法は迅速で便利ですが、高い利息が適用されることが多いため、返済計画を事前にしっかり立てることが重要です。

キャッシングの利用は借金と同じであり、無計画な使用は財務上のリスクを招く可能性があるため、慎重な検討が必要です。

審査なしでお金を借りる時のリスク・注意点

前述した5つの方法であれば、審査なしでお金を借りることができます。

しかし、実行に移す際は、方法に伴うリスクを重々理解したうえで行動に移さなければ、後々、手痛いしっぺ返しに遭います。

ここからは審査なしでお金を借りた際に生じるリスク、方法に伴う注意点を紹介します。

闇金の利用は絶対に避ける

闇金からの借入れは、法外な金利と厳しい取り立てが特徴です。

これらの業者は違法であり、利用すると法的な問題に巻き込まれるリスクが高いです。

一度闇金からお金を借りると、膨大な借金に陥りやすく、個人の生活を脅かすことになります。

合法的な金融機関を利用することが、この種のリスクを避ける最も確実な方法です。

クレジットカードの現金化は避ける

クレジットカードの現金化は、多くの場合、カード会社によって禁止されています。

この行為は、カード利用規約に違反する可能性が高く、発覚した場合カードの利用停止や契約解除につながることがあります。

さらに、信用情報にも悪影響を及ぼし、将来的な金融取引に支障を来す可能性があります。

個人間融資でのトラブルを避ける

SNSや掲示板などで行われる個人間融資は、高い金利や返済トラブルの原因となりやすいです。

また、個人情報の漏洩や詐欺の被害に遭うリスクもあります。

個人間融資には様々な危険が潜んでいるため、信頼できる金融機関の利用が推奨されます。

騙される危険性を理解する

「審査なしで即日融資」と謳う業者は、大多数が闇金業者である可能性が高いです。

これらの業者は法律を遵守していないため、不当な取り立てや違法な金利で融資を行います。

公的な機関や信頼できる金融機関を利用し、怪しい業者への申し込みは避けるべきです。

信用情報の保護を重視する

審査なしでお金を借りる行為は、信用情報に悪影響を与える可能性があります。

信用情報は、将来的なローンやクレジットカードの利用に大きな影響を与えるため、その保護と維持に努めることが重要です。

信用情報の悪化は、将来的な金融取引において多くの障害を生じさせる可能性があります。

審査なしで安全にお金を借りるポイント

今回紹介した5つの方法は、審査なしでお金を借りることができる一方、方法に伴うリスクについて把握したうえで実行に移しましょう。

ここでは、前述した5つの方法を実行に移す際のポイントを紹介します。

信頼できる方法を選ぶ

審査なしでお金を借りる方法を選ぶ際は、信頼できるオプションを選びましょう。

例えば、質屋や生命保険の契約者貸付など、合法的かつ透明性のある方法を優先することが重要です。

違法な貸付業者や闇金を避け、正規の金融機関や公的制度を利用するべきです。

借入条件をしっかり確認する

借り入れを行う前に、返済条件や利息、手数料などの借入条件をしっかり確認しましょう。

特に質屋の利用時は、質料(利息+保管料)が発生するため、その金額や返済期限をよく理解しておく必要があります。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

家族や友人から借りる場合は明確な取り決めを決めておく

家族や友人から借りる場合は、借入と返済の条件を明確に取り決めておくことが大切です。

返済期限や返済方法などを事前に話し合い、できれば文書化しておくと良いでしょう。

これにより、後々の誤解やトラブルを防ぐことができます。

公的機関の利用を検討する

金融機関からの借入が困難な場合、市区町村などの公的機関が提供する緊急小口資金制度などを検討することも一つの方法です。

これらの制度は一定の条件下で低所得者や生活困窮者を支援するためのものです。

そのため低利での融資が可能です。

借入に伴うリスクを理解する

審査なしでお金を借りる場合でも、借入には必ずリスクが伴います。

借入後の返済計画をしっかり立て、自身の返済能力を超える借入は避けるべきです。

また、個人情報の取扱いにも注意し、信頼できる業者との取引に限定することが重要です。

査なしでお金を借りる方法はあるがリスクを重々理解したうえで行うこと

ここまで、審査なしでお金を借りる方法について解説してきました。

原則、消費者金融などの金融機関が取り扱っているローン商品を利用するには、借入審査を通過しなければ利用できません。

仮に審査なしで借入ができる機関があるとすれば、十中八九そこは「闇金業」である可能性が高いです。

よって、審査なしでお金を借りるなら、質屋や公的機関の緊急小口資金生道などの手段を取りましょう。

ただし、これら方法を実行に移す際は、方法に伴うリスクを重々理解したうえで利用しましょう。

さもなくば、自身の信用に傷をつけることになります。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。