消費者金融(サラ金)の限度額とは?限度額を上げる方法も解説!

消費者金融(サラ金)の限度額とは?増額方法についても解説
カードローン

サラ金(消費者金融)では、各社それぞれにカードローンの限度額が設けられています。

しかしサラ金(消費者金融)に限らず借入は、年収の1/3までと「総量規制」で定められています(下記引用参照)。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)

とはいっても、想定していなかった出費があり限度額以上のお金を借りたいという方も少なくありません。

そこで今回は、「大手サラ金の限度額」「限度額を上げる方法」を紹介します。

この記事でわかること

  • 大手消費者金融(サラ金)の限度額
  • 限度額の決まり方
  • 消費者金融(サラ金)の限度額を上げる方法

大手消費者金融(サラ金)の限度額を比較

下記は、大手消費者金融(サラ金)の限度額を比較したものです。

消費者金融 限度額
プロミス 500万円
レイク 500万円
SMBCモビット 800万円
アイフル 800万円
アコム 800万円
オリックスカードレスVIP 800万円
ダイレクトワン 300万円
ベルーナノーティス 300万円
セントラル 300万円

上記のように、各消費者金融で借入できる上限金額はさまざまです。

消費者金融(サラ金)の限度額は年収の3分の1

消費者金融の限度額は、年収の1/3と定められています。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用元:日本貸金業協会

ただし、誰もがサラ金で年収の1/3までの借入ができるわけではありません。

下記でも詳しく解説しますが、借入の目的や収入などの審査に応じて「返済能力に見合った金額」の借入ができます。

消費者金融(サラ金)の限度額の決まり方

先にも述べたように限度額は申込時の審査によって異なります。

おもに消費者金融では申込者の以下の項目を見て限度額を決定していると言われています。

申込者の年収

一般的に申込者の年収が多いと、消費者金融から「返済できる能力が高い」と判断されるため、限度額も比例して高く設定されやすいです。

申込者の職業

申込者がついている職業が安定しているとみなされれば限度額は高くなります。

たとえば「大手企業に勤めている」などであれば、継続した収入があるとみなされ返済能力が高いと判断されます。

勤続年数

申込者の職業だけではなく、勤続年数が長ければ長いほど限度額は高くなります。

なぜなら、「勤続年数が高い=安定した収入がある」と判断されやすいからです。

信用情報の傷の有無

過去にクレジットカードやローンを滞納した、または自己破産などの債務整理をした記録のあるなど信用情報に不安要素があれば限度額は低く設定される恐れがあるので要注意です。

とくに債務整理をした記録は「ブラックリスト」と呼ばれ、信用情報に傷がつきます。

なお過去の信用情報の履歴は5年~10年記録されるといわれています。

信用情報に傷があると、限度額が低くなるのみならずそもそも審査に通らないといったリスクもあるため注意しなければいけません。

ほかにも、お金を借りる際は他社の借入状況についても考慮しなければいけません。

貸金業者からの借入やクレジットカードのキャッシング枠の利用は「総量規制」の対象となる可能性があるためです。

金額を実際より少なく申告することや、借入があるのに「なし」と申告をすれば虚偽の申告として借入できなくなることもあります。

消費者金融(サラ金)の限度額を上げる方法

消費者金融は利用中に限度額を上げることもできます。

限度額を上げることを「増額」といい、増額をするには申込先の消費者金融の会員ページもしくは電話問い合わせによって申請するかたちとなります。

消費者金融(サラ金)の限度額を上げるには「増額審査」が伴う

増額審査とは、増額したあと返済できる能力があるのかを、消費者金融側が判断するための審査です。

増額審査に通過するためには、以下のポイントを抑えておくといいでしょう。

  • 増額希望金額が年収の3分の1以下であること
  • 返済期日から遅延しないなど利用実績を作る
  • 現在の借入額に余裕を持たせておく
  • 「収入証明書類」を準備してから増額申請をおこなう

増額の際、以下の条件に当てはまる場合は「収入証明書類」を提出しなければいけません。

  • 借入希望額が50万円を超えている
  • 他社との借入額を合わせた金額が100万円を超えている

なお「収入証明書類」として該当するのは以下のものが挙げられます。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 市民税・県民税額決定通知書

ただし「収入証明書類」として認められるのは、消費者金融によって異なるため必ず確認しておくようにしましょう。

消費者金融(サラ金)の限度額を上げるメリット

限度額を増額するメリットには以下のものが挙げられます。

  • 融資額を多く借りられる
  • 複数のローンを持っている場合1社にまとめられ、返済管理の効率が上がる
  • 金利が下がる可能性がある

増額するタイミングとしてはある程度利用回数を重ねて返済期日を守り、良好な利用履歴を残したあとがベストだといわれています。

消費者金融(サラ金)の限度額を上げるデメリット

限度額を増額するデメリットには以下のものが挙げられます。

  • 利用限度額が増えると、万が一のカードの紛失や盗難などリスクが大きくなる
  • 金利が高い(利息制限法上限金利 貸付額に応じ20%~15%)
  • 借り過ぎに注意しなければいけない

消費者金融(サラ金)の限度額はひとりひとり異なる

今回は消費者金融の限度額についてご紹介してきました。

借りられる限度額の上限は総量規制によって基本的に「年収の3分の1までと決められていますが、誰もが限度額を借りられるわけではないので注意が必要です。

もし申込時の限度額が少ないといった場合、返済実績を積むなどで返済能力がある人と認められれば、増額申請の審査に通る可能性が高くなります。