任意整理中でも借りられる方法!ブラックリストに載っていても即日融資してもらう手順を解説

任意整理中でも借りられる方法!ブラックリストに載っていても即日融資してもらう手順を解説

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

債務整理

「任意整理中だけどお金が必要」
「任意整理中ってお金は借りられる?」
「任意整理中にお金を借りたらどうなる?」

結論、任意整理中でもお金を借りることは可能です。

ただし大手消費者金融や銀行などの金融機関で、任意整理中の方がお金を借りることは不可能と言っても過言ではありません。

なぜなら、「返済能力がある」ことが絶対条件であるからです。(下記引用参照)

第13条第1項
貸金業者は、資金需要者である顧客又は保証人となろうとする者の資力又は信用、借入れの状況、返済計画等について調査し、その者の返済能力を超えると認められる貸付けの契約を締結してはならない。

引用元:金融庁過剰貸付防止のための規制等のあり方

任意整理をすると「ブラックリスト」入りします。

ブラックリストの方は「返済能力がない」とみなされるため、審査に通らないのです。

ただし下記であれば、任意整理中でもお金が借りられる可能性があります。

任意整理中でもお金を借りられる方法

  • 中小の消費者金融に相談する
  • 親族から直接お金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付を利用する

今回の記事では、「任意整理中でもお金を借りられる方法」「任意整理中でも即日でお金を手に入れる方法」を詳しく解説します。

任意整理中でもリスクを回避しつつお金が借りられる方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

  • 任意整理中でもお金を借りられる方法
  • 任意整理中でもお金は借りられる?
  • 任意整理以外の債務整理(個人再生・自己破産)は借金を増やせない?
  • 任意整理中にお金を借りる時の注意事項
  • 任意整理中でも即日でお金を手に入れる方法

任意整理中でもお金を借りられる方法

任意整理中でもお金を借りられる方法

債務整理中でもお金を借りる場合、下記の方法がおすすめです。

任意整理中でもお金を借りられる方法

  • 中小の消費者金融に相談する
  • 親族から直接お金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付を利用する

それぞれ詳しく解説します。

中小の消費者金融に相談する

任意整理中でもお金を借りられる方法1つ目は、「中小消費者金融」です。

中小消費者金融は大手消費者金融と異なり、個々の状況に基づく柔軟な審査を行っています。

審査の特徴
大手消費者金融 スコアリングシステム(自動審査)
中小消費者金融 個々の状況に基づく柔軟な審査

中小消費者金融は面談や電話でのヒアリングを通じて、返済計画の現実性や個人の事情を総合的に評価してくれるのです。

  • 債務整理中
  • 過去に金融事故がある

そのため「債務整理中」「過去に金融事故がある」方でも、「返済能力」が認められればお金が借りられる可能性が高いです。

特に「街金」と言われる地域に根ざした小規模な金融業者では、顧客一人ひとりの事情を直接聞き、審査に反映させることが多いです。

ただし申し込み当日の「即日融資」は、厳しい傾向があります。

中小消費者金融で申し込む場合、余裕を持って申し込みましょう。

親族から直接お金を借りる

任意整理中でもお金を借りられる方法2つ目は、「親族」です。

親族であれば審査がないため、債務整理中でもお金が借りられます。

また「利息の支払いなし」「いつでも借りられる」など、メリットも多いです。

親族からお金を借りるメリット

  • 利息なしで借りられる
  • いつでも借りられる
  • 借りられる金額に上限がないなど

ただし親族と言えど、「いつまでに返す」「毎月いくら返す」など、しっかりと返済計画を伝えることが重要です。

お金を借りたことが原因で、関係が悪化することだけは避けましょう。

生命保険の契約者貸付を利用する

任意整理中でもお金を借りられる方法3つ目は、「生命保険の契約者貸付」です。

生命保険の契約者貸付とは

保険契約を解約した際の返戻金(還付金)の一定の範囲内でお金が借りられる制度

借入上限は、解約払戻金の7割〜8割程度が相場です。

解約払戻金の額が高い保険商品ほど、借入上限は大きくなります。

ただし掛け捨てタイプの保険を利用している場合、契約者貸付制度は利用できません。

契約者貸付が利用できない保険の種類

  • 定期保険
  • 終身年金保険
  • 財経商品
  • 確定拠出年金商品など

任意整理中でもお金は借りられる?

任意整理中の場合、お金を借りることは厳しいです。

特に大手消費者金融や銀行などの金融機関では、「任意整理中」の方は借りられないことが一般的です。

下記で詳しく解説します。

ブラックリスト入りしているので難しい

任意整理をすると、ブラックリスト入りします。

ブラックリストの場合、金融機関は「返済能力がない」と判断します。

金融機関でお金を借りる場合、「返済能力があること」が一番重要であるため、借入審査に通りません。

なお「ブラックリスト」であることは、信用情報機関(下記引用参照)に記録されており、すべての金融機関で共有されています。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。
そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。

引用元:CIC信用情報とは

ブラックリストは任意整理後または、借金完済後から5年〜10年ほど情報が残ります。

借金完済から5年以上期間を開けて申し込む必要がある

消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りる場合、借金完済から5年以上期間を開ける必要があります。

なぜなら、ブラックリストである情報は最低でも5年間は残り続けるためです。

なお、自身の信用情報は信用情報機関で情報開示できます。

開示できる機関名 開示方法 手数料 支払い方法
CIC インターネット/郵送/窓口 1,000円(税込) クレジットカード
/定額小為替証書
全国銀行個人信用情報センター 郵送 1,000円(税・送料込) 定額小為替証書
JICC インターネット/郵送/窓口 1,000円(税込) クレジットカード/コンビニ払い/オンライン支払い/ペイジー対応の金融機関ATM

任意整理以外の債務整理(個人再生・自己破産)は借金を増やせない?

ここまでで任意整理をすると、お金が借りられない可能性が高いことを解説しました。

では任意整理以外の債務整理(個人再生・自己破産)の場合は、どうなのでしょうか。

ここからは、任意整理以外の債務整理(個人再生・自己破産)は借金を増やせないのかを詳しく解説します。

任意整理以外の債務整理(個人再生・自己破産)は借金を増やせない?

  • 消費者金融・金融機関から融資を受けられない
  • 生命保険の契約者貸付も不可能

それぞれ詳しく解説します。

消費者金融・金融機関から融資を受けられない

個人再生・自己破産の場合、消費者金融・金融機関から融資は受けられません。

なぜなら、審査の際に「個人再生」「自己破産」していることが信用情報から確認できるからです。

審査の流れ

また個人再生・自己破産の申請中であれば、裁判所からの許可が得られない可能性もあります。

個人再生の場合は「返済計画」を提出する必要があります。

新たな借入があると返済計画に則った返済ができないと判断されるのです。

また自己破産は、破産することが前提です。

「どうせ破産するなら借入しても問題ない」と判断したとみなされる恐れがあります。

生命保険の契約者貸付も不可能

個人再生・自己破産の場合、生命保険の契約者貸付も不可能な場合があります。

特に自己破産の場合、財産を処分して債権者(借金している会社)に分配(弁済)しなければいけません。

分配するとは、保険を解約して解約払戻金から返済するということです。

そのため下記の場合は、生命保険が強制解約になる可能性があります。

生命保険が強制解約になるケース

  • 解約返戻金見込額が20万円を超える
  • 複数の保険契約があり、解約払戻金が合計で20万円を超える

なお解約返戻金見込額が20万円未満であれば、自由財産となるため、解約不要です。

任意整理中にお金を借りる時の注意事項

任意整理中にお金を借りる時の注意事項

任意整理中にお金を借りることは厳しいものの、不可能ではありません。

仮に任意整理中にお金を借りる場合、下記の点に注意しましょう。

任意整理中にお金を借りる時の注意事項

  • 自己破産にならないレベルでお金を借りる
  • 任意整理の申請中はお金を借りない
  • ヤミ金から借金しないようにする

それぞれ詳しく解説します。

自己破産にならないレベルでお金を借りる

任意整理中にお金を借りる時の注意事項1つ目は、「自己破産にならないレベルでお金を借りる」です。

利息カットや長期分割払いができる任意整理は、財産をお金に変えて返済する必要はありません。

ただし自己破産は、20万円以上(異なる場合あり)の価値があるものはお金に変えて返済する必要があります。

たとえば、下記の通り。

  • 不動産
  • 株・仮想通貨・有価証券
  • 貴金属・ブランド品
  • 退職金(一部)
  • 生命保険(解約払戻金)など

自己破産になると、20万円以上の価値があるものを手放す必要が出てきます。

任意整理中にお金を借りる場合、自己破産にならない程度に抑えることが重要です。

任意整理の申請中はお金を借りない

任意整理中にお金を借りる時の注意事項2つ目は、「任意整理の申請中はお金を借りない」です。

なぜなら任意整理の申請中にお金を借りると、下記のリスクがあるからです。

任意整理の審査中にお金を借りるリスク

  • 債権者が交渉に応じてくれない
  • 一括請求・裁判になる
  • 弁護士・司法書士が辞任せざるを得なくなる
  • 支払いの督促が再開する
  • 遅延損害金が上乗せされるおそれ
  • 詐欺罪に問われる可能性がある

任意整理の申請中にお金を借りると、その後の状況が不利になる可能性が高いです。

任意整理の申請中はお金を借りないよう、注意しましょう。

ヤミ金から借金しないようにする

任意整理中にお金を借りる時の注意事項3つ目は、「闇金からお金を借りない」です。

「ブラックでも借りられる」「任意整理中でもOK」など謳う貸金業者は闇金の可能性が高いです。

一度闇金を利用してしまうと、「法外な利息」「違法な取り立て」に遭い、抜け出せなくなる恐れがあります。

なお、「ブラックでも借りられる」「任意整理中でもOK」「審査が甘い」など、誤解を招く表現は貸金業法で禁止されています。(下記引用参照)

1.誇大広告の禁止等
貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告をするときは、貸付けの利率その他の貸付
けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも
著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。(法第 16 条
第 1 項)

引用元:日本貸金業協会広告審査に係る審査基準(案)

仮にお金を借りる際に「闇金かな?」と迷った際は、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」を利用することがおすすめです。(下記引用参照)

貸金業を行う場合には、登録を受けなければなりません。借り入れを行おうとする業者が登録業者であるかどうか「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ最新情報を確認しましょう。

引用元:金融庁登録貸金業者情報検索サービス

任意整理中でも即日でお金を手に入れる方法

任意整理中でも即日でお金を手に入れる方法

任意整理中でも、中小消費者金融であればお金が借りられる可能性があります。

ただし即日融資は、不可能な場合が多いです。

そのため任意整理中ですぐにお金が借りたい場合、金融機関以外の方法も検討しましょう。

任意整理中でも即日でお金を手に入れる方法

  • 即日バイトアプリを使用する
  • 換金率の高い商品を売る

それぞれ詳しく解説します。

即日バイトアプリを使用する

任意整理中でも即日でお金を手に入れる方法1つ目は、「即日バイトアプリを使用する」です。

アルバイトであれば、働いた時間だけお金が発生し、返す必要もありません。

また即日バイトアプリであれば、「当日にシフトが入れられる」「即日で給与がもらえる」ことも多いです。

即日バイトアプリ例

  • タイミー
  • シェアフル
  • シェアジョブなど

短時間でも働けるバイトも多いので、チェックしてみましょう。

換金率の高い商品を売る

任意整理中でも即日でお金を手に入れる方法2つ目は、「換金率の高い商品を売る」です。

換金率の高い商品とは、「ブランド品」「貴金属」などがあります。

換金率の高い商品

  • ブランド品
  • 貴金属
  • 不動産
  • PC・電化製品
  • 時計など

なお、「売りたくない」という方は「質屋」がおすすめです。

質屋とは

商品を預ける代わりにお金が借りられる店舗のこと

質屋に質入れした商品を担保に、商品金額の7割〜8割程度のお金が借りられます。

ただし期限までに元金と利息を払えないと、質入れした商品は質屋の所有物となるため注意しましょう。

 

任意整理中でもお金を借りられるがリスクが高いので注意しよう

任意整理中でも、お金を借りることは可能です。

任意整理中でもお金を借りられる方法

  • 中小の消費者金融に相談する
  • 親族から直接お金を借りる
  • 生命保険の契約者貸付を利用する

中小消費者金融は大手消費者金融と異なり、個々の状況に基づく柔軟な審査が実施されます。

そのため、任意整理中でもお金が借りられる可能性がある唯一の金融機関です。

ただし、任意整理の審査中にお金を借りることはNGです。

任意整理の審査中にお金を借りるリスク

  • 債権者が交渉に応じてくれない
  • 一括請求・裁判になる
  • 弁護士・司法書士が辞任せざるを得なくなる
  • 支払いの督促が再開する
  • 遅延損害金が上乗せされるおそれ
  • 詐欺罪に問われる可能性がある

任意整理中の場合、リスク・注意点を理解してからお金を借りましょう。