新・楽天銀行FXのレバレッジは最大25倍?設定方法やロスカット基準などを紹介

新・楽天銀行FXのレバレッジは最大25倍?設定方法やロスカット基準などを紹介

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

投資

楽天銀行が提供するFXのレバレッジは、外国為替市場での取引を行う際に用いられる金融手法の一つです。

レバレッジとは、投資家が少ない資本(証拠金)を用いて、その数倍もの大きな金額の通貨取引を行うことができるシステムを指します。

このシステムを利用することで、投資家は比較的小さな資金でも、大規模な取引を行うことが可能になります。

今回は、楽天銀行FXのレバレッジについて、解説していきます。

FXにレバレッジがかかる仕組み

楽天銀行が提供するFXのレバレッジに関して、このシステムは外国為替取引において、投資家が小さな証拠金で大きな取引を行うことを可能にします。

レバレッジは、実際の取引額に対して、投資家が支払う必要がある資金(証拠金)を削減することで、高い金額の取引を行うことを可能にします。

証拠金を担保として取引を保証

このシステムの鍵は、「証拠金を担保として取引を保証する」機能にあります。

つまり、投資家は設定されたレバレッジ比率に従って、その比率分の取引量を、実際に持っている資金よりも大きく行うことができるのです。

少ない資金で多額の取引ができる

このレバレッジの利用により、「少ない資金で多額の取引ができる」という大きなメリットがあります。

例えば、証拠金として10万円を用意すれば、レバレッジ比率に応じて、それよりもはるかに大きな金額の取引を行うことが可能です。

この点が、特に資本の少ない個人投資家にとって魅力的です。

新・楽天銀行FXでレバレッジを設定する方法

楽天銀行のFXレバレッジ取引を始めるには、簡潔でわかりやすい3つのステップを踏む必要があります。これらのステップを順を追って説明します。

STEP1:「各種設定」を選択

この最初のステップでは、楽天銀行のFX取引プラットフォームにログインし、「各種設定」というセクションを選択します。

この段階では、投資家は自分の口座情報や取引に関する基本的な設定を確認し、必要に応じて変更を加えます。

ここでの設定は、その後の取引戦略や管理に重要な基盤を提供します。

STEP2:「レバレッジ設定」を選択

続いて、投資家は「レバレッジ設定」を選択します。

ここでは、どの程度のレバレッジを利用するかを決定します。

レバレッジは、投資家が自分の資金以上の金額を取引できるようにするための重要なツールですが、高いレバレッジはそれに比例して高いリスクも伴います。

したがって、自分のリスク許容度と投資目標に基づいて、適切なレバレッジレベルを慎重に選択することが肝要です。

STEP3:レバレッジコースとロスカット水準で申し込み

最後のステップでは、レバレッジコースを選択し、ロスカット水準を設定して申し込みます。

レバレッジコースは、取引の規模やスタイルに合わせて選択されます。

また、ロスカット水準は、損失が一定の水準を超えた場合に自動的にポジションを閉じるための重要な安全装置です。

この設定により、市場の急激な変動から生じる大きな損失を防ぐことができます。

新・楽天銀行FXでレバレッジを設定するメリット

楽天銀行のFXレバレッジ取引には、多くのメリットがあります。これらのメリットを詳細に見ていきましょう。

証拠金の最大25倍までの資金効率

楽天銀行のFXレバレッジを利用する最大のメリットの一つは、証拠金を最大25倍まで効率的に使える点です。

これは、投資家が少額の資金で大きな取引を行うことを可能にします。

たとえば、10万円の証拠金があれば、最大で250万円相当の通貨取引を行うことが可能です。

この高い資金効率は、特に資金が限られている個人投資家にとって大きな魅力となります。

1,000通貨から取引できる

もう一つの重要なメリットは、楽天銀行のFXでは、少額の1,000通貨から取引を始めることができることです。

これにより、投資家は小規模から取引を始めることができ、自身の経験や資金に応じて徐々に取引を拡大していくことが可能になります。

この柔軟性は、初心者から経験豊富なトレーダーまで幅広い層のニーズに応えることができます。

ロスカット基準は5%刻みで設定可能

さらに、楽天銀行のFXレバレッジ取引では、ロスカット基準を5%刻みで設定することができます。

ロスカットは、市場の不利な動きによる損失を限定するための重要な機能です。

この設定により、投資家は自身のリスク許容度に合わせて損失限定水準を設定し、市場の急激な変動から自己資本を保護することができます。

これにより、投資家はより安心して取引を行うことができます。

新・楽天銀行FXでレバレッジを設定するデメリット

楽天銀行のFXレバレッジ取引は多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。

これらのデメリットを理解することは、投資を行う際のリスク管理において非常に重要です。

レバレッジをかけるほどハイリスク

レバレッジ取引の最大のデメリットは、レバレッジを高く設定するほどリスクも増大することです。

高いレバレッジを使用すると、市場の小さな変動でも大きな損益に直結します。

たとえば、レバレッジが25倍の場合、市場がわずか4%動くだけで、投入した証拠金全額を失う可能性があります。

このように、高いレバレッジは大きな利益をもたらす可能性がある一方で、同時に大きな損失のリスクも伴います。

スキルがないと大きな損失を出す可能性

もう一つのデメリットは、十分な取引スキルや市場知識がない場合、大きな損失を出す可能性があることです。

FX取引は市場の動向を正確に読み、適切なタイミングで取引を行うスキルが求められます。

経験や知識が不足していると、市場の予想外の動きに対応できず、大きな損失を被ることになりかねません。

精神的に負担がかかる

レバレッジ取引は、精神的なストレスやプレッシャーを伴うこともデメリットの一つです。

市場の変動によって損益が大きく変動するため、投資家は常に高い緊張感の中で取引を行うことになります。

特に市場が不安定な時期には、この精神的な負担はさらに増大します。

証拠金不足に追い込まれるリスク

最後に、市場の動きが不利に働いた場合、証拠金不足に陥るリスクがあります。

市場が反対方向に大きく動いた場合、証拠金維持率が低下し、追加の証拠金を要求されることがあります。

このような状況に追い込まれると、投資家は追加資金を投じるか、または損失を確定させる必要が出てきます。

新・楽天銀行FXの取引ではレバレッジをどう設定するかが重要

楽天銀行に限らず、FX取引ではレバレッジの設定が重要になります。

当然ですが、レバレッジを高く設定するほどハイリスク・ハイリターンになり、逆にレバレッジを低く設定しすぎるとFX取引のうまみがなくなってしまいます。

自分の実力や取引の目的も考慮しながら、どれくらいに設定するかしっかり考えておきましょう。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。