プレナス投資顧問のAI投資は実際に稼げる?サービスの特徴と費用・注意点

プレナス投資顧問のAI投資は実際に稼げる?サービスの特徴と費用・注意点

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

投資顧問

プレナス投資顧問は、株式投資の専門家が最新の技術である人工知能(AI)を活用して、投資家に向けてアクティブな運用戦略を立案する投資顧問です。

当社は、独自のAI技術開発に積極的に取り組んでおり、その技術を活用して投資家に適切な投資戦略を提供しています。

このような先進的な技術と幅広い知識を組み合わせることで、プレナス投資顧問は株式投資専門の高い識見を持つアドバイザーとして自負しています。

今回は、プレナス投資顧問が提供しているAI投資を活用すれば稼げるのか?という疑問について解説します。

\↓最新AIによる次世代の投資戦略をご提案/

【Pick Up】スナップアップ投資顧問
スナップアップ投資顧問
おすすめポイント
  • 株投資のプロによる銘柄選定!
  • 的確な売買指示助言!
  • リアルタイムによる徹底サポート
無料相談
可能
相談料金
3万円~50万円が目安
受付時間
平日:9:00~19:00 土日祝:10:00~18:00
金商登録番号
関東財務局長(金商) 第2937号
公式サイトはこちら

プレナス投資顧のAI投資は稼げる?

プレナスは、革新的な人工知能(AI)技術を駆使して投資助言を提供する投資顧問サービスです。

このサービスは、関東財務局長から金融商品取引業者の認可(第3245号)を受けており、投資家に対してAIを活用した株情報や助言を提供しています。

プレナスが注目される理由の一つは、市場に存在する他のAI投資システム、例えばグローイングAIやアルファAIとは異なり、利確までのプロセスを綿密にサポートしている点にあります。

しかし、プレナスの公式サイトを見ると、具体的な投資実績の詳細が掲載されていません。

多くの投資関連サイトでは、サービスの信頼性と有用性を示すために、過去の実績や成功事例が掲載されていることが一般的です。

高騰銘柄の情報があれば、それが利益をサポートする証明となり得ます。

しかし、プレナスの場合、公式ページには「直近上昇銘柄例」というセクションがありますが、これらはプレナスが推奨した銘柄ではなく、単に国内株式市場で上昇した銘柄の例示に過ぎないようです。

このような情報の提示方法は、利用者に誤解を招く可能性があります。

プレナスが悪質なサービスであるかどうかをこの情報のみで判断することはできませんが、投資を検討する際には他の株サイトと比較検討し、慎重な判断を行うことが重要です。

プレナス投資顧問のAI投資サービス【無料サービス】

プレナス投資顧問は、AI技術を活用した革新的な投資サービスを提供しています。

その中でも特に注目すべきは、無料で提供されるAI銘柄選定サービスとAI銘柄診断サービスです。

AI銘柄選定サービス

このサービスでは、プレナスの最新AI技術を用いて選定された銘柄を投資家に紹介しています。

AIが市場データを分析し、投資の機会を見出すことによって、利用者は自身の運用パフォーマンスを向上させる可能性があります。

重要なのは、このサービスが銘柄の選定に留まり、具体的な売買のフォローや投資戦略の提供は行っていない点です。

AI銘柄診断サービス

AI銘柄診断サービスは、利用者が興味を持つ銘柄についての詳細な分析を行います。

このサービスの特徴は、人間の感情や偏見を排除し、客観的なデータに基づいた分析を提供することです。

このAIによる分析は、投資家が冷静かつ合理的な判断を下すのに役立つ情報を提供します。

これらの無料サービスは、特に個人投資家にとって有用なツールであり、プレナスが提供するAI技術の進歩と投資戦略の革新性を体感する機会を提供します。

しかし、これらのサービスを最大限に活用するためには、ユーザー自身の市場知識と判断が不可欠であり、無料サービスに頼るだけではなく、自身の投資戦略と併用することが推奨されます。

プレナス投資顧問のAI投資サービス【有料サービス】

プレナス投資顧問は、AI技術を駆使した有料の投資サービスを提供しており、その中核をなすのが「運用ストラテジー(期間契約)」サービスです。

このサービスは、投資家の資産状況やニーズに合わせた運用戦略を提案し、代表の太田雅之氏によるさらなる厳選を経て選び出された銘柄を提供するものです。

運用ストラテジー(期間契約)

プレナスのこの有料サービスは、その内容と料金においていくつかのプランが用意されています。

例えば、「Active AI」プランでは、500,000円から2,000,000円の範囲で、1か月から6か月の契約期間内に4から24銘柄を提供します。

これらのプランはいずれも、AI技術による銘柄選定を基盤としていますが、プレナスの運用成績が公開されていないこと、さらに料金が高額であることを考えると、投資家にとっては慎重な検討が必要です。

AIサービスというと低コストを連想させられますが、実際には高額な投資が求められることが多いのが現状です。

そのため、利用を検討する際には、サービスの内容や費用対効果、さらにはリスク管理について十分に考慮することが重要となります。

投資は常にリスクを伴うため、特に高額なサービスを利用する際には、そのサービスが自身の投資目標やリスク許容度に適合しているかを慎重に評価する必要があります。

Active AI

プラン名 Active AI1 Active AI2 Active AI3
報酬額 500,000円 1,200,000円 2,000,000円
期間 1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月
銘柄数 4銘柄 12銘柄 24銘柄

Passive AI

プラン名 Passive AI1 Passive AI2
報酬額 300,000円 600,000円
期間 1ヵ月 3ヵ月
銘柄数 3銘柄 9銘柄

Bullbear AI

プラン名 Bullbear AI1 Bullbear AI2
報酬額 150,000円 300,000円
期間 1ヵ月 3ヵ月
銘柄数 2銘柄 6銘柄

\↓最新AIによる次世代の投資戦略をご提案/

AI投資を活用する際の注意点

AI技術を株取引に活用することは、近年多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、この技術を利用する際には、いくつかの重要な注意点があります。

必ず「稼げる」という保障がない

AIが人間のトレーダーを上回る能力を持つことがあると評価されている一方で、AI投資が常に利益を保証するわけではありません。

実際、どんなに高度なAIを使用しても、100%の勝率を保証することは不可能です。

市場の不確実性や予期せぬイベントにより、大きな損失を被る可能性もあります。

AIの動作は使用するデバイスの動作環境に左右される

AI投資ツールの性能は、それを動かすデバイスの動作環境に大きく依存します。

したがって、特定のオペレーティングシステム(OS)でのみ動作するツールもあります。

利用前にツールが自分のシステム環境と互換性があるかどうかを確認することが重要です。

AI判断で負けても責任は投資家自身にある

AIによる投資判断に従って損失が発生した場合でも、最終的な責任は投資家にあります。

例えば、市場が予期せぬ動きをした場合(例: コロナショック時のフラッシュクラッシュ)、AIは適切に対応できないことがあり、これによって生じた損害は投資家の自己責任となります。

使えないAIツールを売りつける詐欺サイトの存在

AIの名を利用して、非効果的、または全く使えないツールを高額で販売する詐欺サイトが存在します。

このため、AIサービスを利用する際は、利用者の口コミや独立した検証ページなどの情報を参考にし、慎重にサービスを選ぶ必要があります。

プレナス投資顧問を活用して稼ぐにはAI投資の特徴と投資リスクへの理解が必要

【Pick Up】スナップアップ投資顧問
スナップアップ投資顧問
おすすめポイント
  • 株投資のプロによる銘柄選定!
  • 的確な売買指示助言!
  • リアルタイムによる徹底サポート
無料相談
可能
相談料金
3万円~50万円が目安
受付時間
平日:9:00~19:00 土日祝:10:00~18:00
金商登録番号
関東財務局長(金商) 第2937号
公式サイトはこちら

プレナス投資顧問は、AI銘柄選定サービスをはじめとする株情報サービスを提供しています。

このサービスの最大の特徴は、AIによる銘柄提案と売買指示の提供です。

これにより、特に銘柄選定に悩んでいる投資家にとって、アクセスしやすい情報源となっています。

無料コンテンツの提供により、初心者から上級者まで幅広いユーザーが気軽に利用できる点もプレナスの魅力の一つです。

しかし、プレナスのサービスを最大限に活用するには、ある程度の株知識が必要です。

AIは過去のデータに基づいて判断を行いますが、未曾有の市場変動やイレギュラーな事象には弱いとされています。

したがって、AIの提案する銘柄や売買指示に完全に依存するのではなく、投資家自身の知識や判断力を併用することが重要です。

\↓最新AIによる次世代の投資戦略をご提案/

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。