総量規制以上に借りる方法はおまとめローンがおすすめ!総量規制オーバーでも即日融資する方法を徹底解説

総量規制以上に借りる方法はおまとめローンがおすすめ!総量規制オーバーでも即日融資する方法を徹底解説

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

お金コラム

総量規制では、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までと定められています。

原則、年収の3分の1以上の借り入れはできませんが、貸金業法が適用されない貸付方法があります。

おまとめローンは例外貸付に該当するため、総量規制の法律に関係なく、借り入れができる可能性が高いです。

こここでは、総量規制以上に借りる方法について紹介します。

おまとめローンを提供しているカードローンについても解説しているため、総量規制以上の借り入れを検討している人はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • 総量規制以上に借りる方法
  • 総量規制以上借りたい人がおまとめローンを利用する理由
  • おまとめローンのおすすめカードローン
Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。

総量規制以上に借りる方法

総量規制以上に借りる方法には「除外貸付」「例外貸付」が挙げられます。

そもそも総量規制とは、貸金業者が融資をする際、年収の3分の1以上の貸付ができないと定められた法律のことです。

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

引用元:金融庁 貸金業法Q&A

しかし、総量規制が適用されるのは貸金業者だけであり、対象とならないものもあります。

クレジットカード会社や消費者金融は貸金業者ですが、銀行や信用金庫などは貸金会社ではありません。

総量規制以上の借り入れをおこなう方法に、以下の4つが挙げられます。

  • おまとめローン
  • 配偶者と借入を合算して配偶者貸付で借りる
  • クレジットカードのショッピング枠を増額する
  • 不動産を担保にして借りる

ここでは、総量規制以上の借り入れをおこなう際の方法について詳しく解説していきます。

おまとめローン

おまとめローンは、総量規制の対象とはなりません。

複数の借入れを一本化する、いわゆる「おまとめローン」は、法令が規定する一定の条件を満たせば、「顧客に一方的有利となる借換え」として総量規制の「例外貸付け」に該当し、貸金業者から年収の3分の1を超えて利用できる場合があります。

引用元:日本貸金業協会 総量規制の「除外貸付け」に分類される契約

おまとめローンは、例外貸付に該当するため、銀行以外にも貸金業者である消費者金融が提供するおまとめローンの利用も可能です。

また、消費者金融は即日融資に対応しているため、すぐに借入先をまとめられます。

配偶者と借入を合算して配偶者貸付で借りる

配偶者と借入を合算した配偶者貸付を利用すると、年収の3分の1以上の金額も借りられる可能性があります。

配偶者貸付けとは、申込者に収入がない場合でも配偶者に安定した収入があれば融資を受けられる制度です。

配偶者の同意を得る必要がありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度があります。①配偶者の収入を証明する書類、②夫婦間の身分関係を証明する公的書類(住民票・戸籍抄本など)、③配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書、④指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書を提出することが必要です。

引用:日本貸金業協会 総量規制の「除外貸付け」に分類される契約

例えば、配偶者の年収が600万円で申込者の年収が0円と仮定します。

通常、申込者は収入がないため融資を受けられませんが、配偶者貸付けを利用することで200万円までの借り入れが可能です。

一方で配偶者貸付けで借り入れが成立すると、配偶者の借り入れは制限されます。

クレジットカードのショッピング枠を増額する

クレジットカードのショッピング枠の増額も、総量規制の対象とはなりません。

ショッピング取引については、「貸金業法」は適用されません(リボ払い、分割払い、ボーナス払いには、別途「割賦販売法」が適用されます。)。

引用:金融庁 貸金業法Q&A

ショッピング枠の分割払いやリボ払いは、総量規制の対象となる貸付には該当しないため、制限されないのです。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となるため、年収の3分の1以上の融資は受けられないでしょう。

不動産を担保にして借りる

不動産を担保にして借り入れる際も、総量規制の対象には該当しません。

不動産担保とは不動産を担保として融資を受けるローンのことです

不動産担保の貸付は、除外貸付けに分類され、借り入れが借入残高に算入されないのです。

不動産担保では、担保にする不動産の価値と申込者の信用力に基づいて審査が進められていきます。

一般的なカードローンよりも、まとまった金額が低金利で借りられるのが特徴です。

総量規制以上に借りたい人におまとめローンをおすすめする理由

総量規制以上に借りたい人におまとめローンをおすすめする理由は、2点あります。

  • 返済額の負担を軽減できる
  • 借り入れ元を一つにまとめられる

おまとめローンには、返済額の負担軽減や借り入れ元をまとめられるメリットが挙げられます。

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

返済金額の負担を軽減できる

おまとめローンでは、返済金額の負担を軽減できるメリットがあります。

現在借り入れをおこなっている金融機関よりも金利が低いカードローンを選択することで、返済金額の負担が軽減できるのです。

例えば、2社の金融機関A社とB社からそれぞれ100万円ずつの融資を受けていたと仮定してシミュレーションしてみます。

利用限度額 金利 返済金額
A社 100万円 年15.0% 90,258円
B社 100万円 年15.0% 91,000円
C社 200万円 年10.6% 176,390円

A社の総返済額は1,083,094円、B社の総返済額は1,082,706円で合計2,165,800円です。

一方、おまとめローンを利用して金利の低いカードローンに乗り換えた場合のC社の総返済額は2,116,366円となります。

同じ金額を同じ期間借り入れた場合でも、5万円程度返済額が軽減されるのです。

借り入れ金額が大きくなるほど減額される金額も大きくなるため、返済金額の負担を減らしたい人はおまとめローンを利用するとよいでしょう。

借入元を一つにまとめられる

おまとめローンを利用すると借り入れ元を一つにまとめられることもおすすめの理由に挙げられます。

借り入れ元を一つにまとめられると、返済額が軽減できるだけでなく、返済日もまとめられるのです。

複数の会社から借り入れをおこなっていると、20日はA社、25日はB社など返済日が異なります。

ひと月に返済日が複数あると、管理が大変になるだけでなく、支払い忘れのリスクもともないます。

おまとめローンを利用すれば、返済日をまとめることが可能なため管理が楽になるでしょう。

裁量規制以上に借りたい人におすすめのおまとめローンを紹介

総量規制以上に借りたい人におすすめのおまとめローンは、以下の通りです。

カードローン プロミス アイフル SMBCモビット 三菱UFJ銀行「バンクイック」 アコム レイク
金利 年4.5%〜年17.8% 年3.0%〜年18.0% 年3.0%〜年18.0% 年1.8%〜年14.5% 年3.0%〜年18.0% 年4.5%〜年18.0%
借入限度額 1〜500万円 1〜800万円 1〜800万円 10〜500万円 1〜800万円 1〜500万円
審査時間 最短3分 最短18分 最短10秒 最短即日 最短20分 最短15秒
融資時間 最短3分 最短18分 最短60分 最短即日 最短20分 最短25分
無利息期間 借り入れの翌日から30日間 契約時の翌日から30日間 なし なし 契約時の翌日から30日間 契約時の翌日から最大180日間

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
それぞれのカードローンの特徴について、詳しく解説していきます。

プロミス

プロミス

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
プロミス基本情報
金利 4.5〜17.8%
審査時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
融資時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間 30日間
限度額 1~500万円
※2024/04/09時点の情報です
★プロミスのおすすめポイント
初めての方は30日間利息0円!
プロミス概要
金利 年4.5%〜17.8%
限度額 1万円~500万円
申込条件 年齢18歳〜74歳
ご本人に安定した収入がある
無利息期間 借り入れの翌日から30日間

プロミスのおすすめポイント

  • 最短3分で融資が可能
  • Web完結に対応している
  • 原則勤務先への在籍確認なし
  • 50万円以下の融資には原則収入証明書は不要

プロミスのおまとめローンは、300万円までの融資が可能で、計画的に返済することで借入残高が減少します。

プロミスは、Webからの申し込みの場合、最短3分融資が可能です。

申し込みから借り入れまでWebで完結し、カードレスでの取引なため、郵送物も届きません。

インターネット振込を選択すると、最短10秒で指定口座への振り込みが完了します。

また、コンビニATMや銀行ATM・プロミスATMからも借り入れができ、手数料も無料です。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

アイフル

アイフル キャプチャ
総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
アイフル基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間

最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

融資時間

最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

無利息期間 30日間
限度額 1万円~800万円
※2024/04/09時点の情報です
★アイフルのおすすめポイント
24時間365日WEBから申し込み可能
アイフルの概要
商品名 アイフル
審査時間 最短18分 ※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
無利息期間 初回利用日から30日間
担保・保証人 不要
Web完結 可能
電話での在籍確認 原則なし
申し込み可能年齢 20歳~69歳
遅延損害金 20.0%

アイフルのおすすめポイント

  • アプリで申し込みから融資まで完結する
  • カードレスでの借り入れが可能
  • 自宅や勤務先への在籍確認なし
  • 30日間の無利息期間あり

アイフルの「おまとめMAX」「かりかえMAX」は総量規制の対象外となる商品です。

アイフルは、申し込みから借り入れまでスマホアプリで完結します。

スマホから必要事項を入力し、免許証などの本人確認書類の読み込みもフォームからおこなえます。

契約後は、スマホアプリを利用して、セブン銀行ATMもしくはローソン銀行ATMから借り入れや返済が可能です。

スマホがローンカードとなり、24時間365日取引ができます。

アイフル   広告
アイフル
審査・融資のスピード
最短18分融資! ※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
限度額
1万円~800万円
Web完結の申し込みで最短18分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!

SMBCモビット

SMBCモビット

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
SMBCモビット基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間

最短30分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

融資時間

最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

無利息期間 なし
限度額 1万円~800万円
※2024/04/09時点の情報です
★SMBCモビットおすすめポイント
簡易審査なら最短10秒で結果が分かる
SMBCモビット概要
金利 年3.0%〜18.0%
限度額 1万円~800万円
申込条件 年齢20歳〜74歳の安定した定期収入がある方
無利息期間 なし

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 安心のSMBCが提供するカードローン
  • 返済でTポイントが貯まる
  • Web完結できる
  • 三井住友銀行内にあるローン契約機からカードの発行が可能

SMBCモビットのおまとめローンは、800万円まで融資ができ、来店不要で契約ができます。

SMBCモビットは、SMBCグループが提供する信頼度の高いカードローンです。

来店や郵送物が不要なWeb完結にも対応しているため、こっそり借り入れたい人も安心して利用できます。

また、返済時の利息分200円につき、Tポイントが1ポイント貯まります。

貯まったポイントは、返済にも利用が可能です。

モビット 広告
SMBCモビット
審査・融資のスピード
最短即日融資!
限度額
1万円~800万円
Web完結の申し込みで最短即日融資!/

ダイレクトワン

ダイレクトワン

ダイレクトワン概要
金利 年4.9%〜18.0%
限度額 1万円~300万円
申込条件 年齢20歳〜69歳
ご本人に安定した収入がある
無利息期間 契約日の翌日から55日間

ダイレクトワンのおすすめポイント

  • 最短即日の借り入れが可能
  • スルガ銀行との連携が可能
  • 55日間の無利息期間あり
  • 申し込み方法が3種類あり

ダイレクトワンのおまとめローンは、満25歳以上の安定した収入と返済納涼があれば申し込みができます。

ダイレクトワンは、インターネットからの申し込みはもちろん郵送や店頭窓口での申し込みが可能です。

インターネットからの申し込みは、24時間365日いつでもおこなえます。

一方、電話での申し込みの場合、不安な点や疑問点もオペレーターに質問できるため、安心して借り入れがおこなえる利点があります。

店頭窓口での契約は、最短30分でローンカードが発行され、自宅に郵送物が届くことはありません。

ダイレクトワン(ジャンプ広告)
ダイレクトワン
審査・融資のスピード
最短即日!※1
限度額
1~300万円
Webから24時間365日どこからでも申し込み可能!/公式サイトで申し込む!
主婦・パート・学生・アルバイトの方でも申込み可能
※1店頭窓口でお申込みをされた場合は、当日のお借入れが可能です

レイク

レイク

レイク概要
金利 年4.5%〜17.8%
限度額 1万円~500万円
申込条件 年齢18歳〜74歳
ご本人に安定した収入がある
無利息期間 借り入れの翌日から30日間

レイクのおすすめポイント

  • 最大180日間の無利息期間あり
  • 最短25分での融資が可能
  • 21時までに契約が完了で即日融資ができる
  • 審査結果は最短15秒で表示される

レイクのおまとめローン「レイクde おまとめ」は専用フリーダイヤルに電話し、自動契約機で契約を進めていきます。

レイクは、最大180日の無利息期間が設けられているカードローンです。

5万円までの借り入れの場合、180日間の無利息期間が適用されます。

また、申し込みから借り入れまでWebで完結し、審査結果は最短15秒で申し込み画面で確認が可能です。

21時までに契約手続きが完了していると、即日融資が可能なため、即日融資を希望する場合は早めに申し込みを完了させましょう。

総量規制以上に借りたい人が消費者金融に申し込む時の注意点

総量規制以上に借りたい人が消費者金融に申し込む時の注意点に、以下の3つが挙げられます。

  • 追加の借り入れが難しくなる
  • 審査が厳しくなる可能性
  • 返済が長期化すると利息の負担が多くなる

総量規制以上の借り入れは、原則できないため、今後の審査や返済に影響がでる可能性があります。

それぞれの注意点について、詳しく見ていきましょう。

追加の借り入れが難しくなる

総量規制以上の借り入れを希望すると、追加の借り入れが難しくなります。

また、総量規制以上の借り入れの際におすすめなおまとめローンでは追加融資をおこなうことは困難でしょう。

なぜなら、おまとめローンは利用限度額が決まっているからです。

おまとめローンは大きな借り入れたなるためずぐの追加融資は難しい

おまとめローンで追加融資を受けたい場合は、ある程度まとまった返済をおこなわなければなりません。

審査が厳しくなる可能性

総量規制以上の借り入れの申し込みをした場合、審査は厳しくなる傾向にあります。

総量規制の対象となるのは、貸金業者なため銀行カードローンは総量規制の対象にはなりません。

しかし、銀行カードローンも総量規制に基づいた審査を進めるため、貸金業者に該当しない場合でも審査が甘くなるわけではないのです。

さらに、銀行カードローンの審査の方が消費者金融が提供するカードローンよりも厳しいといわれています。

貸金業者ではない金融機関に申し込む場合でも、安易に審査は通過できないでしょう。

返済が長期化すると利息の負担が多くなる

借り入れた金額が大きくなると、返済が長期化する可能性が高いです。

返済の長期化は、利息の負担も多くなるため早く完済するよりも総返済額が多くなります。

長期の返済は月々の返済負担を軽減させられるメリットがある一方総返済額も増加する

総返済額で見ると、早めに完済するほうが負担は少ないでしょう。

総量規制以上にお金を借りる方法はおまとめローンがおすすめ!

総量規制以上にお金を借り入れる方法として、おまとめローンがおすすめです。

おまとめローンは例外貸付に該当し、総量規制の対象となりません。

また、おまとめローンは総返済額が減らせたり、返済元を一つにまとめられたりするメリットもあります。

原則、年収の3分の1以上の借り入れはできませんが、おまとめローンを利用して、借り入れを検討してみましょう。