おまとめローンのデメリットは返済期間が長期化する事?対策法やメリットを活用する方法を解説

おまとめローンのデメリットは返済期間が長期化する事?対策法やメリットを活用する方法を解説

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

カードローン

「おまとめローンのデメリットは?」
「おまとめローンを利用すると後悔する?」
「おまとめローンのデメリットには対策方法はないの?」

おまとめローンは、複数の借入を1本化できるローン商品です。

うまく活用できれば、「金利が下げらる」「返済の管理が容易になる」など多くのメリットがあります。

またおまとめローンは総量規制の対象外であるため、多くの方が借金返済に向けて利用しています。(下記引用参照)

複数の借入れを一本化する、いわゆる「おまとめローン」は、法令が規定する一定の条件を満たせば、「顧客に一方的有利となる借換え」として総量規制の「例外貸付け」に該当し、貸金業者から年収の3分の1を超えて利用できる場合があります。

引用元:日本貸金業協会総量規制が適用されない場合について

ただし、おまとめローンにもデメリットが存在します。

今回の記事では、「おまとめローンのデメリット」と「対策方法」を詳しく解説します。

最後まで見ることで、失敗しないおまとめローンの利用方法が理解できますよ。

おすすめおまとめローン会社3選

この記事でわかること

  • おまとめローンのデメリット
  • おまとめローンのデメリットを対策する方法
  • おまとめローンのメリット
  • おすすめのおまとめローン
Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットは、下記の通りです。

おまとめローンのデメリット

  • 返済期間が長期化する
  • 追加の借入が難しくなる
  • 繰り返し利用が厳しい
  • 利息が増えてしまう可能性がある
  • 完済出来なかった時のリスクが高い

それぞれ詳しく解説します。

返済期間が長期化する

おまとめローンのデメリット1つ目は、「返済が長期化する」点です。

返済期間が長期化する主な理由

毎月の返済金額が低く設定しすぎて、元金が減らないため

返済が長期化してしまう理由は、毎月の返済金額が低いからです。

毎月の返済金額が低いと、利息の支払いが大きく、元金が減りません。

おまとめローンを利用する際は、返済期間が長くなりすぎないよう注意が必要です。

追加の借入が難しくなる

おまとめローンのデメリット2つ目は、「追加の借入が難しくなる」点です。

カードローンの場合、利用限度額以内であれば何度でも借入できます。

たとえば借入上限が30万円で10万円借りている場合、残りの20万円はいつでも審査なしで借入可能です。

一方でおまとめローンは、一度借入をしたら追加で借入することはできません。

なぜならおまとめローンは、返済専用のローン商品だからです。

また返済しても、利用可能額が増えることもないです。

ただしおまとめローンとは別に、カードローンを契約することは可能な場合もあります。

繰り返し利用が厳しい

おまとめローンのデメリット3つ目は、「繰り返し利用が厳しい」点です。

たとえば、A社のおまとめローンを利用した後に、B社でもおまとめローンの申し込みをしても審査に通らない可能性があるのです。

なぜなら繰り返しおまとめローンを利用すると、「返済に困っている」「経済状況が良くない」と判断されるから。

おまとめローンを利用する際は、基本的に「繰り返し利用はできない」ことを頭に入れておきましょう。

利息が増えてしまう可能性がある

おまとめローンのデメリット4つ目は、「利息が増えてしまう可能性がある」点です。

利息が増えるケース

毎月の返済金額を抑えて、返済回数を増やした場合

おまとめローンは、複数のローンをまとめることで金利が下がる点がメリットです。

ただし毎月の返済額を減らしすぎると元金が減らず、利息が増えてしまうのです。

たとえば100万円の借金を金利10%・15%で返済する場合、約8.5万円も多く支払う必要があります。

毎月の返済額 返済総額
金利10% 34,665円 1,247,934円
金利15% 18,525円 1,333,837円
支払い総額の差 16,140円 85,903円

利息が増える=支払い総額が増える」ため、注意しましょう。

完済出来なかった時のリスクが高い

おまとめローンのデメリット5つ目は、「完済出来なかった時のリスクが高い」点です。

おまとめローンは、自力で借金が返済できる最後の手段と言っても過言ではありません。

仮におまとめローンが完済できないと、債務整理を検討する必要が出てきます。

おまとめローンが完済できないリスク

債務整理を検討する必要がある

なお債務整理をすることで返済の負担が減らせるものの、「ブラックリスト」になってしまいます。

ブラックリストになると、5年〜10年は「ローンが組めない」「クレジットカードが作れない」など生活に支障が出る恐れもあります。

おまとめローンのデメリットを対策する方法

おまとめローンのデメリットを対策する方法

おまとめローンにはデメリットがあるものの、下記のようにデメリットを対策する方法も存在します。

おまとめローンのデメリットを対策する方法

  • 事前に返済シミュレーションを行う
  • 過度に返済額を下げない
  • おまとめローン以外の消費者金融に申し込まない

それぞれ詳しく解説します。

事前に返済シミュレーションを行う

おまとめローンを検討する方は、事前に返済シミュレーションを行いましょう。

返済シミュレーションを行うことで、どのくらい金利が下がるのかが理解できます。

複数社のシミュレーションを行い、一番金利が下げられる金融機関を選びましょう。

過度に返済額を下げない

おまとめローンを利用する際は、過度に返済額を下げすぎないことも重要です。

先述したように返済額を下げすぎると、元金が減らず、利息支払いの割合が大きくなってしまいます。

返済額を下げるリスク

元金が減らず、利息の支払いの割合が大きくなる

結果的おまとめローンを利用したことが原因で、返済総額が高くなってしまうことも多いです。

毎月の負担を減らしつつ、元金も減らせる返済額を設定しましょう。

おまとめローン以外の消費者金融に申し込まない

おまとめローンを利用する消費者金融以外の貸金業社に申し込まないことも重要です。

なぜなら、「申し込みブラック」になる恐れがあるからです。

申し込みブラックとは

短期間で複数社の申し込みをすることで、審査が通りにくくなる状態のこと

おまとめローンに限らず、ローン申し込みをすると信用情報機関に記録されます。

信用情報は全金融機関で共有されており、申し込み情報は6ヶ月間残ります。

複数の申し込みをしていると、「経済状況が悪いのでは」と不安視されて審査に落とされてしまう恐れがあるのです。

そのため、おまとめローンを利用する消費者金融以外のローン会社への申し込みは控えましょう。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリット

おまとめローンの主なメリットは、下記の2点です。

おまとめローンのメリット

  • 金利を下げて返済の負担を減らせる
  • 返済箇所を1本化にして返しやすくできる

それぞれ詳しく解説します。

金利を下げて返済の負担を減らせる

おまとめローンのメリット1つ目は、「金利を下げて返済の負担を減らせる」点です。

たとえばA社・B社・C社から借入している場合、1本化(おまとめローン)することで金利が下げられます。

金利を下げて返済の負担を減らせる

金利が下がることで、毎月の返済額が減らせます。

返済箇所を1本化にして返しやすくできる

おまとめローンのメリット2つ目は、「返済箇所を1本化にして返しやすくできる」点です。

複数の借入先があると、それぞれの返済日が異なる方も多いでしょう。

返済日が異なることで管理ができずに、支払い忘れが起こる恐れもあります。

支払い忘れが続くと、下記のリスクがあります。

支払い忘れが続くリスク

  • 一括返済を求められる
  • 催促状が届く
  • ブラックリストになるなど

その点おまとめローンは借入先が一本化できるため、管理が容易です。

おすすめのおまとめローンを紹介!

おすすめのおまとめローンを紹介!

おまとめローンを提供している金融機関は多数存在します。

そのため「どれを選べば良いの」と迷う方も多いでしょう。

そこでここからは、数あるおまとめローンから厳選したおすすめの3社を紹介します。

おすすめのおまとめローンを紹介!

それぞれの特徴を詳しく解説します。

プロミス

プロミス

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
プロミス基本情報
金利 4.5〜17.8%
審査時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
融資時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間 30日間
限度額 1~500万円
※2024/04/09時点の情報です
★プロミスのおすすめポイント
初めての方は30日間利息0円!

プロミスのおすすめポイント

  • 最大融資額は300万円・返済期間は最長10年(120回)
  • 返済方法が豊富
  • 返済日が決められる

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営するローン会社です。

最大融資額は300万円・返済期間は最長10年(120回)となっています。

「貸金業者」と「クレジットカード」の無担保ローンが対象です。

返済方法は、「インターネット返済」「口座振替」「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」となっています。

返済日は5日・15日・25日・末日のいずれかから選択できますよ。

プロミスの概要
商品名 プロミスおまとめローン
利用限度額 300万円
金利 6.3%~17.8%(実質年率)
担保・保証人 不要
Web完結 可能
電話での在籍確認 あり
申し込み可能年齢 18~74歳
遅延損害金 20.0%

(東京都 20代 男性)
プロミスのおまとめローンは、「インターネット返済」「口座振替」「お客様サービスプラザ」と返済方法が多様です。自分のライフスタイルに合わせて選べるのが非常に便利です。また、返済日も5日、15日、25日、末日の中から選択できるため、給料日合わせて計画的に返済を行うことが可能です。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

アイフル

アイフル

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
アイフル基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間

最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

融資時間

最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

無利息期間 30日間
限度額 1万円~800万円
※2024/04/09時点の情報です
★アイフルのおすすめポイント
24時間365日WEBから申し込み可能

アイフルのおすすめポイント

  • 24時間365日いつでもWEBから申し込み可能
  • 最大融資額は800万円・返済期間は最長10年(120回)
  • 郵送物なしで利用できる(カードレス・口座振替選択時)

アイフルは、アイフル株式会社が運営する独立系のローン会社です。

最大融資額は800万円・返済期間は最長10年(120回)となっています。

アイフルのおまとめローンは、貸金業者・銀行ローン・リボが対象です。

「カードレス」「口座振替登録」を選択すると「郵送物なし」で利用できるため、家族にもバレにくいです。

21:00までにWEB申込を行い、専用のフリーダイヤルへ連絡すれば優先的に審査してくれる可能性があります。

アイフルの概要
商品名 アイフル
審査時間 最短18分 ※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
無利息期間 初回利用日から30日間
担保・保証人 不要
Web完結 可能
電話での在籍確認 原則なし
申し込み可能年齢 20歳~69歳
遅延損害金 20.0%

(東京都 20代 女性)

アイフルは、「カードレス」「口座振替登録」を選ぶことで「郵送物なし」で利用できます。家族に知られずに借入れができる点が良いです。さらに、21:00までにWEBで申し込み後、専用フリーダイヤルに連絡すると、優先的に審査してもらえる可能性がある点も魅力です。

アイフル   広告
アイフル
審査・融資のスピード
最短18分融資! ※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
限度額
1万円~800万円
Web完結の申し込みで最短18分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!

SMBCモビット

SMBCモビット

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
SMBCモビット基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間

最短30分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

融資時間

最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

無利息期間 なし
限度額 1万円~800万円
※2024/04/09時点の情報です
★SMBCモビットおすすめポイント
簡易審査なら最短10秒で結果が分かる

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 最大融資額800万円
  • 返済期間最長160回(13年4ヵ月)
  • 利用に応じてTポイントが貯まる・Tポイントで返済できる

SMBCモビットは、SMBCグループが運営するローン会社です。

最大融資額は800万円、返済期間は最長160回(13年4ヵ月)となっています。

貸金業社からの借入(カードローン)・クレジットカードのキャッシングなど、無担保ローンが対象です。

返済日は、5日、15日、25日、末日から自由に設定できるため、自分のペースで返済したい方におすすめのおまとめローンです。

SMBCモビットの概要
商品名 SMBCモビット
利用限度額 800万円
金利 3.0%~18.0%
担保・保証人 不要
Web完結 可能
電話での在籍確認 あり
申し込み可能年齢 20歳~74歳
遅延損害金 20.0%

(京都府 20代 女性)

SMBCモビットのカードローンは、返済でTポイントが貯まり、さらにTポイントでの返済も可能な点が大変魅力的です。日常の買い物で貯めたポイントを賢く活用できます。また、返済期間が最長160回と長期間設定されているため、毎月の返済負担を軽減できる点も良いと感じました。

モビット 広告
SMBCモビット
審査・融資のスピード
最短即日融資!
限度額
1万円~800万円
Web完結の申し込みで最短即日融資!/

おまとめローンのデメリット・メリットを把握して上手く活用しよう

今回はおまとめローンのデメリットと対処法を紹介しました。

おまとめローンは複数社の借入を1本化でき、金利も下げられるメリットがあります。

ただし、下記のようにデメリットも存在します。

おまとめローンのデメリット

  • 返済期間が長期化する
  • 追加の借入が難しくなる
  • 繰り返し利用が厳しい
  • 利息が増えてしまう可能性がある
  • 完済出来なかった時のリスクが高い

これらのデメリットの対策方法は、下記の通りです。

おまとめローンのデメリットを対策する方法

  • 事前に返済シミュレーションを行う
  • 過度に返済額を下げない
  • おまとめローン以外の消費者金融に申し込まない

おまとめローンはうまく利用できれば、大きなメリットがあるローン商品です。

メリット・デメリットを理解した上で、賢く利用しましょう。

なおおまとめローンなら、下記の3社がおすすめです。

おすすめのおまとめローン