任意整理をするとクレジットカードはどうなる?任意整理後に起こることとクレカを使い続けるコツ

任意整理をするとクレジットカードはどうなる?

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

債務整理

クレジットカードの任意整理は、債務整理の一種で、債務者が自ら債務整理手続きを行うことを指します。

主に個人が多重債務に陥った場合に、返済が困難な状況を改善するために行われます。

この場合、任意整理後のクレジットカードの利用はどうなるのでしょうか?詳細について解説していきます。

審査が甘い・緩いクレジットカードは本当にある?審査基準や審査落ちの原因も解説【クレカ審査が不安な方必見】

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。

クレジットカードを任意整理した際に起きること

長期分割や金利カットができる

クレジットカードの利用分を任意整理することによって、長期分割や金利カットができるといたメリットがあります。

もし将来発生する利息が全てカットできた場合、合計返済額の利息分や月々の返済額が減額したり、返済期間が短くなります。

クレジットカードが即日使えなくなる

任意整理をするとクレジットカードは解約扱いとなり、即日使用できなくなるので注が必要です。

任意整理をした場合、ショッピングとキャッシングを分けて対応してくれるクレジットカード会社はほとんどありません。

また「キャッシングリボだけ任意整理する」といった場合でも、任意整理をすればショッピングもキャッシングも共に利用できなくなります。

付随するETCカード・家族カードが使えなくなる

もしクレジットカードに家族カードやETCカードを付随している場合、任意整理すると利用できなくなります。

ただし、ETCカードは交通事故を防ぐため、急なカードの利用停止はされていないようです。

しかし使い続けていると、クレジットカード会社から連絡が来たり、法的措置を取られたりしますので自主的に利用を中止するようにしましょう。

貯めていたポイントが失効する

クレジットカードを任意整理すれば、クレジットカードは解約扱いになるためポイントも同時に失効にあんります。

したがってもし、ポイントがかなり残っているのであれば任意整理前に使っておくことをおすすめします。

ちなみにポイントを使ったからといって、任意整理において不利になることはありません。

信用情報機関に事故情報が登録される

クレジットカードに限らず、任意整理をした場合信用情報機関に事故情報として登録されることとなります。

信用情報機関とは、金融における支払い能力を判断する個人情報を蓄積していく機関のことです。

任意整理など、支払いが不可能になった際の手続きは「金融事故」として、この機関に登録されることとなり、通称「ブラックリスト」入りとなるので注意しなければいけません。

ブラックリストに一度登録されてしまうと、他社のクレジットカードであっても審査が通らなかったり、新しくローンを組めなくなるなどデメリットがあります。

ただし、すでに組んでいる住宅ローンや自動車ローンには影響はありません。

なお、信用情報が回復する(ブラックリストから外れる)までには通常、完済から5~7年程度かかると言われています。

任意整理後にクレジットカードを利用する方法

任意整理後は基本的にクレジットカードは使えなくなります。

しかしクレジットカードが使えなくなるとさまざまな弊害があるのも事実。

そこでここでは、クレジットカードの代替になる方法やカードを使えるようにする方法についてご紹介します。

デビットカードを作る

デビットカードであればブラックリストに登録されていてもカードの発行ができます。

デビットカードとは、カードでの支払いと同時に登録している自身の銀行口座から引き落としされるシステムで、クレジットカードと同等の使い方ができます。

ただしデビットカードの場合、使用後即時登録した銀行口座から引き落とされるので、所持している金額以上は利用できません。

また、デビットカードは15歳以上(中学生を除く)から作ることもできます。

家族カードを一緒に使う

もし家族カードを作ってくれる家族がいるのであれば、作ってもらうのもひとつです。

ブラックリストに登録されるのはあくまで自身のみなので、家族はクレジットカードを使っても問題ありません。

クレジットカードには、契約者の家族も利用できるカード(家族カード)を作ることができる機能が付帯しているのがほとんどです。

信用情報機関に登録された事故情報が消えるまで待つ

信用情報に登録された任意整理の情報は、通常は数年間残ります。時間が経つにつれて、信用情報における影響が薄れ、新しいクレジットを得る難易度が低くなります。

任意整理後にクレジットカードを作りやすくするコツ

一度ブラックリスト入りしてしまうと、しばらくの期間はクレジットカードを作れません。

しかしこれまでの取引内容や現在の収入によっては、多少ではありながらも期間が前後する可能性もあります。

そこでここでは、任意整理後にクレジットカードを作りやすくなるコツについて解説します。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

任意整理していない会社に申し込みをする

任意整理など、債務整理によって解約したクレジット会社は、信用情報機関への登録がなくなったとしても契約する際の難易度が上がるといわれています。

したがってもし、新たに契約する際には他社のカード会社に申し込みをおこないましょう。

ちなみに比較的審査が甘いといわれているクレジットカードは以下のものが挙げられます。

  • 三井住友カードRevoStyle
  • Tカードプラス
  • 楽天カード
  • アメックス

複数のカード会社に同時に申し込まない

新たにクレジットカード会社へ申し込む際は1社ずつ申し込むのがおすすめです。

なぜなら同時に何社も申し込むと、カード会社としては「経済状況が悪いのでは」と信頼度にかかわることがあるためです。

審査に落ちたら半年以上の期間を空ける

ブラックリストへの登録が削除されているにも関わらず、審査に落ちた場合は次回の申込みまでに少なくとも半年以上の期間を空けるのがいいでしょう。

逆に短期間にわたって頻繁に申し込みをすると、経済状況が悪いと勘ぐられ、より申し込みがしにくくなるおそれがあります。

限度額の低いカードから申し込むのもひとつ

クレジット制限の低いカードを選ぶと、発行が容易であり、返済もしやすくなります。

徐々にクレジットスコアが向上すれば、制限が引き上げられる可能性もあります。

新しい信用情報を少しずつ残すようにする

任意整理後には、良好なクレジット履歴を築くことが重要です。

定期的に請求書やローンの返済を滞りなく行い、信用情報を良好に保つことが新しいクレジットを得るための手段となります。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。