今すぐお金が必要な時はどうすれば良い?至急お金を作る方法を緊急度別・金額別で13選紹介

今すぐお金が必要な時はどうすれば良い?至急お金を作る方法を緊急度別で13選紹介

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

お金コラム

「急にお金が必要になったけど、次の給料日までまだ遠い…」

このような悩みを抱えている方は多いでしょう。

急な出費で金欠トラブルに見舞われるのは誰にでも起こりうることです。

一方で、今すぐお金が必要になったとき、具体的にどのような方法で切り抜ければ良いのでしょうか。

この記事では、今すぐお金が必要になった時の対処法を緊急度別で13選紹介します。

また、必要な金額別ですぐにお金を調達する方法も紹介していますので、すぐにお金が必要になった際、慌てず対処するための参考としてぜひお役立てください。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。

【大至急】今すぐお金が必要な時の対処法6選

まずは、少しでも早く今すぐにお金が必要なときにできる対処法を6選紹介します。

もう少し期間が長ければ他にも方法はありますが、まずは緊急性が高い状況のときに利用できる選択肢を見ていきましょう。

質屋に入れてお金を借りる

質屋に入れてお金を借りるのも、今すぐお金が必要な時に役立つ方法です。

質屋と言えば、昔ながらのすぐにお金を手にする方法として知られています。

近くにある質屋に金銭的価値のあるもの(貴金属や骨董品など)を持って行き、その場で換金してもらう方法です。質屋で売却するのではなく、質に入れたものを担保として金銭を借ります。

■質に入れられる物の例

  • 宝石
  • ブランド品
  • 骨董品
  • 高級腕時計
  • パソコン・一眼レフカメラ
  • 楽器類

質にいれた品は、期限までにお金を支払うことで取り戻すことができます。

その場合は、買取価格の8割程度を前借りし、あとから返済していく仕組みです。しかし質屋での借り入れは、審査なしですぐに借り入れできる反面、かなり高額な金利が付くので注意しましょう。

質屋の金利は、最高年率109.5%まで認められています。

消費者金融のカードローンでも年率は最大20%までなので、その5倍以上です。

そのまま手放してしまっても良いものなら問題ありませんが、後で買い戻す場合は負担が大きくなることを留意しておきましょう。

車やバイクを売る

いま車やバイクを持っているという人なら、それを売ってしまうというのも一つの手段です。

交通手段が無くなるのは痛手ですが、都会に住んでいる人であまり使う機会がないならば売ってしまうのも良いでしょう。

このとき、なるべく高く売るためには対策が必要になります。

まず、車やバイクの車種や年式、走行距離など基本情報を抑えておきましょう。

情報を確認できたら、同じ車種がどれくらいの価格で売れているのか、平均相場を確認しましょう。そこである程度の価格を予想することができます。

査定を受ける際には1社だけに見てもらうのではなく、最低5社以上の複数社に査定をしてもらいましょう。

1社だけだと査定額が上がりにくいですが、複数社に見てもらうことで買取業者が価格競争を始めてくれるため、査定額が上がる可能性があります。

現金化アプリを利用する

今すぐ大至急でお金が必要になった時は、現金化アプリを利用してお金を用意する方法もあります。

■現金化アプリとは

不要品を写真で撮影してアプリにアップロードすると、即時に査定されて査定額がすぐに振り込まれる換金アプリのこと

電話番号さえあれば誰でも利用することができます。

電話番号の認証が完了したあと、不用品の写真を撮影してアップロードし、カテゴリやブランド、状態などの情報を入力すると査定され、数十分後には査定額が決定するのでスピーディーです。

査定後は、申請すればすぐに銀行口座に入金されます。銀行の営業時間内なら即日入金も可能です。

今すぐお金が必要な時は、銀行の営業時間内に即日入金してもらえるように、早い時間のうちに査定するようにしましょう。

消費者金融で借り入れする

消費者金融とは、個人向けに無担保でお金を貸してくれる融資サービスのことを指します。

「アコム」「SMBCモビット」「プロミス」という会社名は、CMや街中で見たり聞いたりしたことがある人も多いのではないでしょうか。

消費者金融でお金を借りるのは、審査さえ通過すれば非常に簡単です。

審査は収入状況や過去の返済トラブルを見て融資の可否を判断するもので、正社員でなくても派遣社員やアルバイト・パート、年金受給者でも利用できるものもあります。

金利は最大でも20%で、アコムやプロミスなどの大手消費者金融は最大18%に設定されている会社がほとんどです。

現在では、金利に加えて取り立てを制限する貸金業法が整備されたため、安心して利用できます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

今すぐお金が必要な時は、クレジットカードのキャッシング枠の利用もおすすめです。

クレジットカードは、ショッピング時以外にも、契約によってはキャッシング枠が付帯しているものがあり、それを利用してお金を借りることができます。

クレジットカードも消費者金融や銀行カードローンと同様、申し込み時に審査が必要です。

審査難易度はクレジットカード会社によって異なるので一概には言えませんが、安定した収入があれば学生が利用できるものもあります。

クレジットカードのキャッシングは、消費者金融と同程度の金利です。

そのため、頻繁に利用するのはおすすめできませんが、海外旅行など国内にいないときや急な出費で至急お金が必要になった際に活躍してくれます。

親戚や知人に借りる

どうしても今すぐお金が必要な時、親戚や知人に借りるのも選択肢の1つですが、ほぼ最終手段です。

周りの人に援助を申し出て、お金を借りるため、人間関係が崩れる可能性があります。

少なくとも、借りた人からの信頼を多少なり損ねてしまうでしょう。

信頼関係が薄い人に申し出た場合、今後の関係を切られてしまうかもしれません。

この方法を取る場合は、信用を得るために借用書を用意して返済期限と利息をしっかり決めましょう。

そして双方がサインをして、コピーを作成して原本を相手に渡し、返済する意思が明確にあることを伝える必要があります。

至急お金が必要だからと言って、決して口約束で借りてはいけません。

【数日~1週間以内】今すぐお金が必要な時の対処法4選

ここからは、今すぐお金が必要で給料日まで時間がない場合でも、数日から1週間程度なら猶予があるときに利用できる対処法を4選紹介します。

会社から前借り・前払いしてもらう

今すぐお金が必要な時、今働いている会社に借りたり、給与を先に貰うよう交渉したりするのも選択肢の1つです。

「前借り」と「前払い」の意味を混同しがちですが、前者はまだ働いていない分を借りることであるのに対し、後者は既に働いている分の給与を給料日前に貰うことを意味します。

前借りに応じてくれるかは勤務先の会社によって異なるため、必ずしも必要な時にお金が手に入るわけではありません。上司や社長に交渉して、了承を得る必要があります。

一方、前払いはそこまで難しくはありません。

労働基準法では以下のような場合、前払いに応じなければならないと定められています。

前払いしなくてはならない場合
  • 結婚
  • 出産
  • 死亡
  • 災害

前払いは、正社員だけでなくアルバイトやパートでも申請可能です。
上記のような非常時でなかった場合でも、会社に相談すれば対応してもらえる可能性があります。

フリマサイトで不用品を売る

フリマサイトで不要になったものを売却すれば、今すぐお金が必要になった時にも対処できます。

■フリマサイトで売れるもの

  • ブランドもの
  • 家具家電
  • アクセサリー・腕時計
  • 化粧品
  • 中古のスマートフォン
  • 空の牛乳パック・ペットボトル
  • トイレットペーパーやラップの芯

上記はあくまで一例ですが、近年は、不要になったスマートフォンなども初期化して売却する人が増えています。

そのほか、空の牛乳パックやペットボトル、トイレットペーパー・ラップの芯などは、子どもの幼稚園や学校で入用になることが多いため、意外に需要があるものです。

今すぐお金が必要でも多少時間に猶予があるなら、家にある不要なものを売ってお金を用意しましょう。

短期バイトで稼ぐ

今すぐお金が必要な時は、短期バイトで収入を得る方法もあります。

例えば、隙間時間を活用して即日アルバイトに入れるアプリやフードデリバリーなどは、比較的短期間で収入を得られる方法です。

短期間で収入を得る働き方の中には、即日即金で給与が支払われるものもあります。

働いた時間分の収入以上を得ることはできませんが、数日~1週間程度の間に数千円~数万円程度であれば用意できる方法です。

契約者貸与制度を利用して借りる

今すぐお金が必要な時は、契約者貸与制度を利用して契約している保険でお金を借りる選択肢もあります。

解約返戻金がある保険契約なら、この制度が利用できることがあるので確認してみると良いでしょう。

契約者貸与制度を利用した借り入れは、カードローンなどの融資と比べて金利が低い点が特徴です。

急にお金が必要になっても、契約者貸与制度を利用して借り入れを申し込めば数日~1週間程度で指定の口座にお金が振り込まれます。

ただし、返済できなければ保険契約自体が失効してしまうため、計画的に利用してください。

【1か月以内】今すぐお金が必要な時の対処法3選

ここからは、今すぐお金が必要になったが、1か月程度の準備期間がある場合に利用できる対処法を3選紹介します。

銀行カードローンで借り入れする

今すぐお金が必要になった際、消費者金融以外にも銀行カードローンを利用して借り入れする方法もあります。

銀行カードローンはその名の通り、銀行が提供するお金を借りることができるサービスのことです。

一般的に、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが審査通過は難しいとされています。その分、審査に時間がかかる傾向にあり、即日融資には対応していないケースがほとんどです。

銀行カードローンには、金利が低いというメリットがあります。

そのため、消費者金融や銀行カードローンの利用をしたことがなく、大きな借り入れも少ないようなら銀行カードローンから申し込みをすると良いでしょう。

金利は低いが審査通過が難しい銀行カードローンで申し込みをして、審査を通過できなければ消費者金融という流れがおすすめです。

銀行カードローンは、銀行口座の開設が必要になる場合もあります。どの銀行カードローンを利用するか調べてから申し込むようにしましょう。

生活福祉資金貸付などの公的融資制度を利用する

今すぐお金が必要で生活に困窮するほどの状態に陥っている場合は、国や自治体の公的融資制度を活用しましょう。

生活福祉資金貸付制度は、生活が困窮した際に条件を満たしていれば利用できる融資制度です。

生活福祉支援金

引用:貸付対象|厚生労働省

連帯保証人を立てれば無利子で借り入れできるほか、連帯保証人を立てない場合でも年利1.5%で借り入れできます。

そのほか、申請可能な補助金については、以下のページで詳しく解説しています。

アンケート・覆面モニターで稼ぐ

至急お金が必要になった際、アンケートモニターや覆面モニターで収入を得る方法もあります。

即日即金は難しいものの、1か月程度の猶予があれば、数千円~数万円程度稼げる方法です。

また、案件によってはお金での報酬ではなく、化粧品や家具・家電、食品などの現物が支給される場合もあります。

飲食店や美容サロンの覆面モニターなども同様です。モニターで働きながら、食費や美容代を浮かせることができるため、支出を抑えて費用を捻出するなどしてお金を作ると良いでしょう。

大至急お金が必要な場合の金額別調達法

ここからは、お金が大至急必要になった場合に対応できる金額別の調達法を紹介します。

  • 至急数千円調達する方法
  • 至急1万円調達する方法
  • 至急5万円調達する方法
  • 至急10万円調達する方法

金額ごとにおすすめの調達方法や、実際に資金調達する際のポイントを詳しく解説します。

至急数千円調達する方法

今すぐ数千円のお金を用意しなければならない場合は、以下の方法で捻出しましょう。

  • 現金化アプリ
  • 不用品売却
  • アンケート・覆面モニター
  • 短期バイト

これらの方法は、高額を準備することはできません。不用品売却の場合は、売却する物によっては数万円程度確保できる場合もあります。

ただし「今日中にお金が必要」というほど緊急性が高い場合は、確実に用意できるカードローンの利用もおすすめです。

至急1万円調達する方法

至急1万円調達する必要があるときは、以下の調達方法がおすすめです。

  • クレジットカードのキャッシングを利用する
  • 親戚や知人に借りる
  • 質屋に入れてお金を借りる
  • 不用品売却(家具・家電・電子機器など)

とくに緊急性が高い場合は、すぐにお金が手に入る方法を選びましょう。

例えば、不用品売却をフリマアプリではなく買取店に持ち込んだり、すでにキャッシング枠が付帯しているクレジットカードで借り入れしたりする方法です。

数日の猶予があるなら、短期バイトでも1万円稼ぐことができます。

至急5万円調達する方法

至急5万円のお金が必要になったときは、以下の方法で調達すると良いでしょう。

  • 車やバイクを売る
  • 消費者金融で借りる
  • クレジットカードのキャッシングを利用する
  • 契約者貸与制度を利用して借りる

車やバイクは、所持しているもの次第で数十万円~数百万円確保できる場合もあります。ただし、年式の古いものは数万円程度の値しかつかないこともあるので注意しましょう。

5万円を急いで確保したい場合、消費者金融での借り入れもおすすめです。

消費者金融では、初回利用に限り30日間~60日間程度の無利息サービスを提供しているところがあるため、早く返済できれば利息なしで利用できる可能性があります。

契約者貸与制度も利用できますが、お金が入金されるまでに数日~1週間程度かかることが多いため、急いでいる方は他の方法を選びましょう。

至急10万円調達する方法

至急10万円を用意しなければならないとき、活用できるのは以下の調達方法です。

  • 銀行のカードローンで借りる
  • 消費者金融で借りる
  • 会社から前借り・前払いしてもらう
  • 生活福祉資金貸付などの公的融資制度を利用する

例えば、高級ブランド品や人気の家具家電、比較的新しい車やバイクなどであれば売却して10万円以上のお金を確保することは可能です。

しかし、短時間で稼いだり、物を売ってお金を作ったりするのはあまり現実的ではありません。生活に必要なものを切り売りする必要が出てきてしまうためです。

また、短時間で稼げると謳って求人を出している仕事の中には、違法なものも紛れ込んでいる可能性があります。

そこで、現実的に今すぐお金を10万円以上用意するなら、融資の利用を検討しましょう。

低金利で利用したいのであれば銀行のカードローン、少しでも早く借りたいなら消費者金融のカードローンがおすすめです。

どうしても生活に困っている状況であれば、公的支援制度の活用も検討しましょう。

今すぐお金が必要な時でもやってはいけないこと

今すぐお金が必要になった時、慌てて手を出してはいけない方法でお金を用意しようとするのは避けなければなりません。

とくに、以下のような資金調達の方法は避けましょう。

  • 闇金の利用
  • 闇バイト
  • クレジットカードの現金化

ここからは、大至急お金が必要になった場合でもやってはいけないことや、リスクについて紹介します。

闇金の利用

どんなに今すぐお金が必要な時でも、闇金は絶対に利用してはいけません。

金融庁の登録を受けていない闇金融業者は、法外に高い利息を要求し、違法な取り立て行為を行うことがあります。

これらの業者は、一般的な銀行カードローンや消費者金融の審査に落ちた人をターゲットに「必ず借りられる」「審査なし」などと謳い、甘い言葉で勧誘してくるため注意が必要です。

激しい取り立てにより、債務者の職場や家族にまで迷惑をかける可能性もあります。

審査なしなどと謳って勧誘したり、厳しい取り立てを行ったりするのは、貸金業法および出資法に違反する行為です。

万が一関わってしまった場合は、速やかに弁護士に相談しましょう。

裏バイト

大至急お金が必要になった時、誘惑に駆られてしまいがちなのが「裏バイト」です。

裏バイトは合法的な雇用形態から逸脱した仕事であり、しばしば法律違反や倫理に反する行為を伴います。

例えば、不法な物品の販売、違法なサービスの提供などです。近年では、闇バイトで集まった人員による強盗被害も報告されています。

これらの仕事は、一時的な収入源にはなるかもしれませんが明確な違法行為です。個人の安全に対する脅威をもたらす可能性があります。

クレジットカードの現金化

今すぐお金が必要になった時でも、クレジットカードの現金化をしてはいけません。

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る「現金化」は、多くのリスクを伴います。

この方法では、商品購入を装って実際は現金を手に入れるという手段が取られるようです。

しかし、これはクレジットカード会社の規約違反にあたり、最悪の場合カードが使用停止になる可能性があります。

また、違法な業者による詐欺のリスクも高く、ショッピング枠の利用による借金が増えるだけでなく、法的な問題に巻き込まれる恐れもあります。

大きなお金のトラブルは弁護士や知人に相談しよう

この記事では、今すぐ大至急でお金が必要になった時にお金を稼ぐ方法や借りる方法について解説しました。

とにかくお困りの方や、安全な方法が取れない方は、まずは弁護士や知人に相談してみましょう。

少なくとも、次のような手段は絶対に取ってはいけません。

絶対やってはいけない!
  • 闇金
  • 裏バイト
  • クレジットカードの現金化

これらの方法は、より悪質な詐欺被害に陥ったり、犯罪に手を染めることになってしまう可能性があります。

そのようなことをしなくても、国の支援制度や融資制度が利用できる可能性もあるので、まずは公的機関に相談してみましょう。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。