株を買うタイミングはいつ?分析方法や注意点を解説

株を買うタイミングはいつ?分析方法や注意点を解説
投資

投資を始めたばかりの方の中には、「株を買うタイミングがわからない」といった方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、株を買うおすすめのタイミングや初心者の方が注意すべきポイントについて詳しくご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

【Pick Up】Zaif
Zaif
おすすめポイント
  • 手数料無料のカンタン自動売買
  • 1,000円から始められる「コイン積立」
  • コールセンター相談など安心の顧客対応
取扱暗号資産
20通貨※2024年1月時点
手数料
販売所:スプレッド 取引所:Maker 0%・Taker 0.1%
最低取引単位
販売所:0.0001 BTC 取引所:0.0010 BTC※2024年1月時点
取引形式
販売所・取引所
公式サイトはこちら 暗号資産交換業登録済 近畿財務局長 第00001号(暗号資産交換業) 商号:株式会社Zaif 加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

株を買う5つのタイミング

一般的に株を買うタイミングを見極めるときは、株価の動きを見るチャートや企業の決算情報などを見ながら、以下のポイントに注目してみるといいでしょう。

  1. 希望の銘柄のトレンドが見込める
  2. 移動平均線と株価が大きく離れた
  3. 企業の決算を見て将来性があると判断した時
  4. 出来高が急増したタイミング

希望の銘柄のトレンドが見込める

チャートを見て、希望の銘柄が「上昇トレンド」に上がっていく見込みがあれば株の買い時です。

株取引でのトレンドとは、株価が右上に伸びているのか、それとも下がっているかで判断できます。

またトレンドをチェックす際に役立つものとして、「移動平行線」と呼ばれる一定期間の株価の動きを平均化して表した線が挙げられます。

間隔は日や週、ときに分刻みでの平均が表示されるので、過去のチャートの動きを確認することでより株価傾向の予想ができます。(テクニカル分析)

さらに上昇トレンドであると判断するには、株価の動きの傾向を把握することも大事。

通常、株価の動きはストレートに伸びることはないので、株価の安値と高値でそれぞれ結んで右上に進んでいれば、上昇トレンドだと判断できます。

移動平均線と株価が大きく離れた

「マイナス乖離」は移動平均線に対して株価が大きく下へ離れた状態のことを指し、この状態のタイミングも買い時のひとつだといわれています。

マイナス乖離中は、平均的な株価の動きに比べて異常に安くなっている状態なので狙い目です。

また短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に交差して抜く「ゴールデンクロス」の状態も、株を買うタイミングとしては有名です。

ただし、株価の動きは企業業績や政治、法改正や経済界の動き、災害などといった、いわゆる外的要因(ファンダメンタルズ)によっても大きく影響を受けるといわれています。

したがって、「マイナス乖離」だからと焦ってすぐに判断せず、チャートと一緒にファンダメンタルズをチェックしておくといいでしょう。

企業の決算を見て将来性があると判断した時

企業の決算を見て将来性があると判断したら、株を買うタイミングだといえます。

企業の業績や将来的な伸びを分析したいときは、決算短信や有価証券報告書など企業が公表している「IR情報」をチェックするとわかってきます。

IR情報を見る際は以下の点に注目してみてください。

  • 前年比での売上や利益、支出
  • 資産や負債を持っているのか
  • 経営戦略を実施したのか
  • 今後の事業戦略イメージ
  • 企業価値に対して株価は割安かどうか

正直、決算短信や有価証券報告書などのIR情報・財務情報は読み慣れるまで時間がかかるといわれていますが、その分、メリットもたくさんあります。

まずは、決算短信のサマリー情報にある財務三表(損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書)の情報を読み解く練習をしておくといいでしょう。

株取引において、企業価値を正しく分析することは買い時を判断するためにかなり重要なポイントなのです。

出来高が急増したタイミング

株取引における「出来高」というのは、株の取引量のことを指します。

そして出来高に増加傾向が見られたタイミングが買い時だとされています。

出来高が増加するということはそれだけ投資家から注目されていたり、需要が高まっているということなので株価上昇が見込めます。

さらに先ほど紹介した「上昇トレンド」が見られれば、より長期的な株価上昇を期待できます。

株を買うタイミングを見極めるのにおすすめのツール

ここでは、株の買うタイミングを見極めるのにおすすめのツールについてご紹介します。

株を買うタイミングを見極める際は以下のやり方を参考にするといいでしょう。

  • チャート分析
  • 移動平均線
  • ファンダメンタルズ分析

チャート分析

「チャート分析」とは「テクニカル分析」ともいわれており、株価や為替といった将来の値動きを価格や出来高などの過去の動きから予測する分析方法です。

価格や需給の動きを時系列でグラフ化したものを「チャート」といい、チャートに出てくるグラフの形で値動きを予想します。

またチャート分析をする上で知っておきたいものに、「ダウ理論」といったものがあります。

ダウ理論とはテクニカル分析の基礎として用いられることが多く、株式以外にも為替の相場でも役立ちます。

ダウ理論を知っておくことで、より相場が上場トレンドに入っているかどうかの理解を深めることができるでしょう。

移動平均線

「移動平均線」は先ほども述べたように、一定期間の株価の動きを平均化して表した線のことで、株価が上抜けたときには上昇トレンドのサインとして株を買うタイミングを掴めます。

先ほど紹介した「ダウ理論」と一緒に組み合わせて確認することで、よりトレンドの制度を高められるはずです。

ファンダメンタルズ分析

「ファンダメンタルズ分析」はおもに国の経済や企業の財務など基礎的な指標を用いて、株価や為替の将来の値動きを予想する方法を指します。

たとえば、内閣府が公表する「景気動向指数」や「GDP統計」、先行きを占う「先行指数」などが挙げられます。

もし先行指数が上向きであれば、企業や家計における先行きも明るいと期待できるので、同時に株式を買うタイミングであると判断もできます。

初心者が株を買う際に注意すべきポイント5つ

株式投資を始めて間もない初心者やこれから始めようと考える人は以下のポイントに注意しておくといいでしょう。

  1. 株を購入した翌日に値下がりしても問題ない
  2. さまざまなところから情報収集をおこなう
  3. 複数の銘柄に分散投資をする
  4. 自己資金以上の投資はしない
  5. 長い目で買い増しを意識すること

株を購入した翌日に値下がりしても問題ない

初心者だととくに、「株を飼ったら必ずプラスにならないといけない!」と焦ってしまいがちです。

しかし株を購入したからといって、翌日に値下がりしたり株価が上がらなくても基本的に問題ありません。

なぜなら、株価が上がるタイミングについてはだれも予測できないからです。

短期売買であれば損切りしてつぎに挑むのもひとつですが、少なくとも中長期投資であれば1日や数日間の下げなどはそこまで気にしなくても大丈夫。

特に株価が下がった大きな理由もない場合、どっしりと持ち続けるくらいのスタンスでいることも必要なのです。

さまざまなところから情報収集をおこなう

投資初心者はとにかくさまざまなところから情報収集をおこなうことが何よりも大事です。

おもな情報源としては以下のものをチェックしておくといいでしょう。

  • 経済系のニュースサイト
  • 株式情報サイト
  • 決算短信や有価証券報告書

さらに粉飾決算や従業員の不祥事などのコンプライアンス違反や、経営難による事業縮小・売却といったマイナス情報にもアンテナを張っておくことで、今後見込みが薄い株についても見開けられます。

複数の銘柄に分散投資をする

ひとつの下部に絞って購入するのではなく、複数の銘柄に分散投資することでよりリスク回避につながります。

分散投資の方法についてはおもに以下のやり方が挙げられます。

  • 異なる業種に属する企業の株を買う
  • 同業界で異なる株式を複数購入する
  • 国内・海外株を買う

しかし資金がそもそも少なかったり、複数の銘柄を管理するのが困難だという方にはおすすめできません。

初心者だととくに管理ができなくなるおそれもあるので、まずは少額から安めの株を集中的に購入するスタイルが良いでしょう。

自己資金以上の投資はしない

株取引では基本的に生活用資金以外の余剰資金を使って、自己資金以上を使って投資をしないことが大事です。

なぜなら、レバレッジ(預けた保証金以上の金額で取引すること)ができる信用取引の場合、万が一失敗した際に追証による追加入金が発生したり、生活面にも悪影響を及ぼす危険があるからです。

とくに初心者は、現物取引か楽天ポイントやdポイントなどを使ったポイント投資から始めるのもひとつ。

一括投資はかなりリスクが高いので、初心者であろうとベテランであろうと、まずは時期や銘柄を分散しながら少しずつ投資することをおすすめします。

長い目で買い増しを意識すること

初心者にとって短期での株価の動きを予想するのは至難の業なので、まずは長い目で買い増しを意識することが大事です。

また先にも述べたように、短期的な一括投資はリスクが高いため、つねに資金に余裕を持ちながら長期的に取り組むようにしましょう。

株取引は短期での売買やデイトレードだけではないので、自分の状況に合わせて少額ずつの積立や買い増しから始めてみてください。

自分に合った分析方法で株を買うタイミングを見極めよう

【Pick Up】Zaif
Zaif
おすすめポイント
  • 手数料無料のカンタン自動売買
  • 1,000円から始められる「コイン積立」
  • コールセンター相談など安心の顧客対応
取扱暗号資産
20通貨※2024年1月時点
手数料
販売所:スプレッド 取引所:Maker 0%・Taker 0.1%
最低取引単位
販売所:0.0001 BTC 取引所:0.0010 BTC※2024年1月時点
取引形式
販売所・取引所
公式サイトはこちら 暗号資産交換業登録済 近畿財務局長 第00001号(暗号資産交換業) 商号:株式会社Zaif 加入協会:一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

今回は、株を買うおすすめのタイミングや初心者の方が注意すべきポイントについて詳しくご紹介してきました。

投資に絶対はありませんが、「上昇トレンド」「マイナス乖離」「企業の将来性」などを注意深く観察していると、株を買うタイミングが次第に見えてくることもあります。

上記のポイントに加えて、日頃からの情報収集や分散投資などリスク回避を意識すれば、投資初心者であってもプラスになることも。

今回の記事を参考に、自分に合った分析方法で株を買うタイミングを見極めてみてくださいね。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。