株式投資の始め方を分かりやすく解説!初心者におすすめの勉強法や株の買い方、必要資金も紹介

株式投資の始め方を分かりやすく解説!初心者におすすめの勉強法や株の買い方、必要資金も紹介

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

投資

株式投資を始めたいけど「どんな方法があるのかわからない」とお悩みではありませんか。

これから株式投資を始めるなら、手順を把握しておくと困りません

しかし、株式投資の始め方は複雑で、初心者だと手順がわからず、どれから手をつけたらいいか分からないものです。

そこで、この記事では株式投資の始め方を、初心者でも分かるようにお伝えします

株式投資を始めれば、少しずつですが資産が増えるようになり、収入が上がるはずです。

参考に株式投資を始めて、今より明るい未来を掴んでください。

  1. 株とは
    1. 株式会社が発行する有価証券
    2. 企業の経営に参画することができる
    3. 配当金の分配や株主優待の特典がある
  2. 株式投資とは?初心者にもわかりやすく解説
    1. 株式における、投資と投機の違い
  3. 株式投資の始め方
    1. STEP1:証券会社に証券口座を開設する
    2. STEP2:証券口座に資金を入金する
    3. STEP3:株(銘柄)を選ぶ
    4. STEP4:株を購入する(買い方解説)
  4. 株式投資を始める前に知っておきたい2つのポイント
    1. 証券口座の出金にはタイムラグが出る
    2. 株主優待をもらうには条件がある
  5. 株式投資を始める初心者におすすめの証券会社
    1. 楽天証券
    2. SBI証券
    3. 松井証券
  6. 株式投資の始め方を解説した初心者向けの本
    1. 世界一やさしい 株の教科書 1年生
    2. マンガでわかる最強の株入門
    3. めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 改訂版第3版
  7. 株式投資を始める人におすすめの株アプリ
    1. 株たす
    2. トウシカ
    3. moomoo
  8. 株式投資を始めるメリット
    1. 値上がりによる利益が得られる
    2. 株主優待を受け取れる
    3. 配当金を受け取れる
    4. 経営参加権が得られる
    5. 預金と比較すると利率が高い
  9. 株式投資を始めるデメリット
    1. 株価が下がった時に換金すると購入金を下回る
    2. もしもの時、すぐに「買えない・売れない可能性」がある
  10. 株式投資を始める8つのコツ
    1. 少額投資から始める
    2. 余裕資金で行う
    3. 自分なりの取引ルールを決めておく
    4. 自分で情報を集めて判断する
    5. 複数の銘柄を組み合わせる
    6. 積立を有効活用して長期スパンで続ける
    7. 分散投資で値下がりリスクに備える
    8. 理解できないものには手を出さない
  11. 株式投資の初心者向け勉強方法
    1. 投資の全体像を学ぶ
    2. 投資で発生するリスクを把握
    3. 自分の投資スタイルを作る
    4. 金融商品の選び方や購入方法を学ぶ
    5. 投資先を判断する指標を学ぶ
  12. 株式投資を始める前の注意点
    1. 預金と異なり、元本が保証される金融商品ではない
    2. 株式が値下がりして損失が出る「価格変動リスク」がある
    3. 投資した会社が倒産してしまう「信用リスク」がある
    4. 外国の株式を購入する場合には「為替変動リスク」がある
  13. 初心者は株を買うなは本当?稼げる人と稼げない人の差
  14. 株式投資を始めるにはいくら必要?
  15. 株式投資の入門によくある質問Q&A
    1. Q.暗号資産の将来性は?
    2. Q.自社株の売買で儲けても問題ない?
    3. Q.NISA口座の手数料は?
    4. Q.1株単位でも配当金はもらえる?
    5. Q.ギャンブルとの違いは?
  16. 株式投資を始めるなら今すぐ証券口座を開設しよう

株とは

株についての入門編として、知っておくと良いことが主に3つあり、次の通りになります。

株3つの入門編

株の入門編として参考にしてみてください。

株式会社が発行する有価証券

株式は、株式会社によって発行される有価証券です。

購入することで、株式を持つ投資家はその会社の所有者の一人になります。

株式の発行は企業が資金を調達する主要な方法の一つであり、投資家は価値が上がるのを見越して所有します。

つまり、投資家が株式を持つのは、会社からメリットを得られるからです。

上場企業などの株式は、東京証券取引所などで毎日売買されています。

企業の経営に参画することができる

株式を買った投資家は、購入した株式の数に応じて、企業の経営に参加することが可能です。

これには株主総会での投票権が含まれ、企業の重要な決定に影響を与えることができます。

株主になると、経営陣の選任や重要な企業戦略についての決定に参加することができ、企業の方向性に間接的に貢献することができます。

配当金の分配や株主優待の特典がある

投資家として株式投資をする主な利点の一つは配当金の受け取りです。

これは企業が利益を出した場合に株主に分配されるお金です。

配当金の額は企業の業績や配当政策によって異なり、安定した収益源になります。

さらに、多くの企業は株主優待として、商品割引やサービスの特別提供などの特典を提供しています。

これらは、企業の製品やサービスを利用する株主にとって追加のメリットです。

株式投資とは?初心者にもわかりやすく解説

株式投資は、企業の株式を購入し、その企業の成長や利益によって得られる収益を目指す行為です。

これは、長期的な視点で将来性や業績を分析し、その企業の一部を所有することを意味します。

株式投資では、企業の配当や株価の上昇によるキャピタルゲイン(売却益)を得ることが可能です。

一方、投機は、株価の短期的な変動から利益を得ようとする行為です。

ここでは、市場の動向やセンチメント、テクニカル分析などを重視し、短期間での株価の変動を予測して取引を行います。

投機はよりリスクが高く、株価の急激な変動によって大きな損失を被る可能性もあります。

株式における、投資と投機の違い

投資と投機の主な違いは、そのアプローチと時間軸です

投資は一般的に長期的な視点で行われ、企業の基本的な価値や業績に基づいて株式を選びます。

これに対して、投機は短期的な市場の動きに焦点を当て、より高いリスクと報酬を伴います。

初心者が株式投資を始める際は、まずは自分の投資目的とリスク許容度を明確にすることが重要です。

長期的な資産形成を目指す場合は、安定した成長が見込める企業に焦点を当て、分散投資を行うことが推奨されます。

また、市場の知識や経験を積みながら徐々に投資戦略を磨いていくことが、成功への鍵となります。

株式投資の始め方

株式投資を始めるためのステップは、初心者でも容易に理解できるように4つの段階に分けられます。

株式投資の始め方
  • STEP1:証券会社に証券口座を開設する
  • STEP2:証券口座に資金を入金する
  • STEP3:株(銘柄)を選ぶ
  • STEP4:株を購入する

参考にして、株式投資を始めてみてください。

STEP1:証券会社に証券口座を開設する

株取引を行うためには、まず証券会社で証券口座の開設が必要です。

このプロセスは一般的に無料で、オンラインを通じて迅速かつ簡単に完了できます。

口座を複数の証券会社で開設することも可能ですが、取引手数料やサービス、利便性などを考慮して選ぶことが重要です。

特に初心者には、操作が簡単で手数料が低いネット証券がおすすめです。例えば、楽天証券やSBI証券は、初心者に人気のある選択肢です。

STEP2:証券口座に資金を入金する

口座開設後、株取引のためには資金を証券口座に入金する必要があります。

入金方法には、銀行振込みやインターネットバンキングなどがあり、証券会社によっては振込手数料が無料であったり、即時反映されるサービスも提供されています。

入金額は自分の投資計画に基づいて決定し、余裕を持った金額を入金することが推奨されます。

STEP3:株(銘柄)を選ぶ

資金が入金されたら、投資する株を選びます。

これには市場の動向や個別企業の業績、将来の成長見込みなどを考慮して行います。

初心者は、自分が親しんでいる企業や、将来性が高いと思われる業界の株を選ぶのが良いでしょう。

また、少額投資が可能なミニ株や、多様な企業に投資できる投資信託も選択肢として考慮できます。

STEP4:株を購入する(買い方解説)

選んだ銘柄の株を購入する際は、ネット証券のプラットフォームを利用して注文を出します。

注文方法には「指値注文」と「成行注文」があり、希望の価格は指値注文を、即時に購入したい場合は成行注文を選ぶことができます。

取引はスマートフォンを使って簡単に行うことができ、注文が成立する前であれば変更やキャンセルも可能です。

これらのステップを踏んで株式投資を始めることで、初心者でも安心して市場に参入することができます。

株式投資を始める前に知っておきたい2つのポイント

株式投資を始める前に、特に初心者は知っておきたい重要なポイントがあります。

事前にしておくことで、投資の際に無駄なコストや手間を避けることにつながり、より良い投資判断を下すことができます。

株式投資を始める前に知っておきたいポイント
  • 証券口座の出金にはタイムラグが出る
  • 株主優待をもらうには条件がある

証券口座の出金にはタイムラグが出る

多くの証券会社では証券口座から直接の出金ができず、まず銀行口座に資金を移す必要があります。

証券口座から銀行口座への出金には、手続きによるタイムラグが生じます。

そのため、緊急に資金が必要になった場合でも、すぐに引き出すことができない点に注意が必要です。

出金手続きはタイムラグを考慮して余裕を持って対応する必要があります。

株主優待をもらうには条件がある

株主優待を受け取るためには、保有株数や権利確定日など、企業によって異なる条件が設定されています。

ただ株を購入するだけでは優待を受け取れないことがありますので、優待狙いで投資をする場合には注意が必要です。

投資する企業の株主優待の条件を事前に確認し、必要な株数を保有しているか、権利確定日までに株を保有しているかを確認しましょう。

中には株主優待を提供していない銘柄もありますので、事前に確認しましょう。

株式投資を始める初心者におすすめの証券会社

これから株式投資を始める初心者ににおすすめの証券会社を厳選して3紹社介します。

資産運用を始める初心者におすすめの証券会社

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

楽天証券

楽天証券

楽天証券は投資信託の積立や株取引で楽天ポイントが貯まる点が特徴で、ポイントを活用して低コスト・低リスクな取引ができます。

例としては、投資信託や米国株へのポイント投資を利用することで、楽天市場でのポイント還元率が最大1%分アップします。

さらに貯めたポイントで国内株式や投資信託を購入することも可能で、ポイントを活用した効率的な運用が可能です。

また、無料で日経新聞が読めるサービスも提供しています。

市場情報の収集に便利で、初心者が資産運用を始めやすい環境となっています。

楽天カードの審査基準は厳しい?必要年収の目安・審査に落ちた時の対処法を解説

SBI証券

SBI証券

SBI証券は単元未満株(S株)の取引が可能で、小額投資に向いています。

多くの場合100株(1単元)からしか取引できない株も、単元未満株サービスに対応した銘柄なら1株から購入できます。

銘柄によっては数百円から投資可能になるため、まずは少額から投資を経験してみたい初心者におすすめです。

クレジットカードでの積立投資によりポイントが貯まる利点もあり、初心者から上級者まで、幅広いニーズに応える証券会社です。

楽天証券にも単元未満株サービスはありますが、 SBI 証券の方が単元未満株サービス対応銘柄が多いのがメリットです。

松井証券

松井証券

松井証券は、25歳以下のユーザー向けに、日本株の取引手数料が約定代金にかかわらず無料になるサービスを提供しています。

25歳以下の若者世代の投資家にはもちろんおすすめですが、25歳以上でも50万円までの取引なら手数料が無料なので、50万円以上の取引を検討しないユーザーにもおすすめです。

顧客サポートの面も高く評価されており、2023年のオリコン顧客満足度®ランキングでは「ネット証券 初心者部門」第1位を獲得。

さらにHDI-Japan主催の問合せ窓口格付けで「三つ星」を13年連続で獲得しています。

初心者におすすめの低リスクの投資法である投資信託の取扱いも豊富で、初心者が安心して投資を始められる環境が整っています。

老舗ネット証券ならではのノウハウが強みです。

株式投資の始め方を解説した初心者向けの本

これから投資を始める、株式投資の初心者におすすめの入門本を3冊に絞りました。主な内容は下記の通りです。

株式投資の初心者向け入門本
  • 世界一やさしい 株の教科書 1年生
  • マンガでわかる最強の株入門
  • めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門

参考にすれば、株式投資初心者の中でもグッとくる意見が言えるはずです。参考にしてみてください。

世界一やさしい 株の教科書 1年生

世界一やさしい 株の教科書 1年生

世界一やさしい 株の教科書 1年生は、株式投資の基本から始め、初心者にも理解しやすい言葉で説明します。

投資の基礎概念、市場の仕組み、株式の選び方、リスク管理など、株式投資に必要な全ての情報があります。

読者はこの本を通じて、株式投資の初歩的な知識を身につけ、実際の投資に自信を持って取り組めるでしょう。

マンガでわかる最強の株入門

マンガでわかる最強の株入門

マンガでわかる最強の株入門は、マンガ形式を用いて株式投資の基本を分かりやすく解説しています。

ストーリーを通じて、株式市場の動きや投資戦略、分析方法などが楽しく学べます

特に視覚的に学ぶことを好む読者や、金融概念を直感的に理解したい人に最適です。

このアプローチは、株式投資の基本を気軽に楽しく学ぶことを可能にします。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 改訂版第3版

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 改訂版第3版

株式投資専門誌「ザイ」が制作したもので、投資に関する豊富な情報と実践的なアドバイスが特徴です。

最新の市場動向、投資戦略、ポートフォリオの構築方法など、現代の株式市場に即した内容が詰まっています。

この改訂版では、最新の市場情報とトレンドが反映されており、初心者だけでなく経験者にも有用な情報が提供されます。

株式投資を始める人におすすめの株アプリ

株式投資を始める際、適切なツールの選択は非常に重要です。以下は、初心者におすすめの株の入門アプリを紹介いたします。

株式投資の入門アプリ
  • 株たす
  • トウシカ
  • moomoo

参考にして株式投資を始める練習をしましょう。

株たす

株たす

「株たす」は、初心者でも簡単に株式投資を学びべるアプリです。

このアプリは、株式市場の基本から投資戦略まで、幅広い知識を提供しています。

リアルタイムの市場データやニュースへのアクセス、簡単な操作性が特徴で、初めての株式投資でも迷いません。

また、シミュレーション機能を通じて、実際の投資を行う前に仮想トレードを経験できる点も魅力的です。

トウシカ

トウシカ

「トウシカ」は、使いやすさと教育的なコンテンツで知られるアプリです。

初心者が株式市場について学びやすいように設計されており、基本的な用語の説明から始まり、市場の分析方法や戦略について詳しく解説しています。

インタラクティブなチュートリアルやクイズを通じて、楽しく学びながら投資スキルを身につけることができます。

また、ユーザーフレンドリーなインターフェースが初心者にとっての心理的ハードルを下げるでしょう。

moomoo

ムームー

「moomoo」は、先進的な取引機能と豊富な教育リソースを兼ね備えたアプリです。

このアプリは、株式のリアルタイム取引データ、詳細な企業分析、市場のトレンド情報を提供し、投資家がより情報に基づいた判断を下せるよう支援します。

初心者には、株式投資の基本から応用までを幅広くカバーするチュートリアルが非常に有用です。

また、ユーザーはカスタマイズ可能なニュースフィードやアラート機能を通じて、常に市場の動向を追跡できます。

株式投資を始めるメリット

株式投資を始めることには、いくつかのメリットがあります。

株式投資を始めるメリット
  • 値上がりによる利益が得られる
  • 株主優待を受け取れる
  • 配当金を受け取れる
  • 経営参加権が得られる
  • 預金と比較すると利率が高い

参考にメリットを把握してみましょう。

値上がりによる利益が得られる

株式投資の最大の魅力の一つは、投資した株式の価格が上昇することで得られる利益(キャピタルゲイン)です。

株価は企業の業績や市場の需給バランスによって変動し、これを正確に予測し投資することで高いリターンを得る可能性があります。

長期間保有することで、企業の成長に伴う価値の増加を期待できます。

株主優待を受け取れる

多くの企業は投資家に対して、株主優待として特典を提供しています。

これには、商品割引券、無料サービス、特別な商品などが含まれ、企業によって様々です。

株主優待は楽しみの一つとして、多くの投資家にとって魅力的な要素となっています。

配当金を受け取れる

株式投資のもう一つの魅力は配当金です。多くの企業は利益の一部を株主に分配します。

この配当金は、株価の上昇とは独立して定期的に支払われるため、収入の安定した源泉になります。

特に、長期的な配当実績がある企業の株式は、定期的な収入を期待できる投資対象として人気です。

経営参加権が得られる

株式を保有すると、その企業の一部の所有権を持つことになり、株主総会での投票権を通じて企業経営に参加する権利が得られます

これにより、企業の重要な決定に影響を与えることができるため、株主としての責任と権利を行使することが可能です。

預金と比較すると利率が高い

一般的に、株式投資は銀行預金や国債などの低リスク投資商品と比較して高い収益を期待できます。

株式市場にはリスクが伴いますが、適切に分散投資を行い、長期的な視点で投資することで、インフレーションを上回るリターンを得ることが可能です。

株式投資はこれらのメリットを享受できる一方で、市場の変動によるリスクも伴います。

したがって、投資を始める前には、それらのリスクを理解し、自身の許容度に合わせた投資戦略を立てることが重要です。

株式投資を始めるデメリット

株式投資を始める際には、メリットと同じくらい重要なデメリットも理解することが必要です。主なデメリットは下記の通りです。

株式投資を始めるデメリット
  • 株価が下がった時に換金すると購入金を下回る
  • もしもの時、すぐに「買えない・売れない可能性」

デメリットを把握し、株式投資を始めるか参考にしてみてください。

株価が下がった時に換金すると購入金を下回る

株式投資の最大のリスクの一つは、市場の変動により株価が下落し、購入価格を下回ることです。

企業の業績悪化、経済的な不確実性、市場のセンチメントの変化など、様々な要因で株価は下がる可能性があります。

このリスクを抱えながらも、投資家は長期的な視点を持つことが重要です。

短期的な価格変動に動じず、企業の基本的価値に注目することで、株価が回復する可能性を見込むことができます。

もしもの時、すぐに「買えない・売れない可能性」がある

株式市場は流動性が高いとはいえ、市場の状況によっては、株式を即座に売買することが難しくなることがあります

特に市場が急激に下落する時や、特定の銘柄に対する需要が急激に減少する場合、株式を適切な価格で売却することが困難になることがあります。

また、市場が閉じている時間帯に大きなニュースが発表されると、価格変動が起こることもあります。

株式投資を始める8つのコツ

株式投資を始める際に役立ついくつかのコツがあります。

株式投資を始める8つのコツ
  1. 少額投資から始める
  2. 余裕資金で行う
  3. 自分なりの取引ルールを決めておく
  4. 自分で情報を集めて判断する
  5. 複数の銘柄を組み合わせる
  6. 積立を有効活用して長期スパンで続ける
  7. 分散投資で値下がりリスクに備える
  8. 理解できないものには手を出さない

これらのコツを理解し実践することで、投資のリスクを軽減し、成功の可能性を高めることができます。

少額投資から始める

株式投資は大きな資金を必要とするものではありません。

少額から始めることで、市場の動きを学びながら徐々に投資額を増やすことができます。

これにより、大きなリスクを冒すことなく、投資に慣れることができます。

余裕資金で行う

投資はリスクを伴いますので、生活費や緊急時に必要な資金を投資に充てるのは避けるべきです。

余裕資金、つまり生活に影響を与えない範囲の資金を使って投資を行うことが重要です。

自分なりの取引ルールを決めておく

自分の投資戦略や取引ルールを事前に決めておくことで、市場の感情的な動きに流されることなく、一貫した投資判断を下すことができます。

例えば、一定の損失が出たら売却する、特定の利益が出たら売却するなどのルールを設定することが有効です。

自分で情報を集めて判断する

株式市場は情報が常に更新されており、それらの情報を基に自分で判断することが重要です。

企業の財務状況、業界の動向、経済ニュースなどを参考にして、自分なりの投資判断を下すことが求められます。

複数の銘柄を組み合わせる

一つの銘柄に集中するよりも、複数の銘柄に分散して投資することで、リスクを分散し、安定したリターンを目指すことができます。

異なる業界や国の株式に投資することも有効な方法です。

積立を有効活用して長期スパンで続ける

積立投資は、定期的に一定額を投資する方法で、長期にわたってリスクを分散し、市場の平均的なパフォーマンスを享受するのに適しています。

長期間にわたる積立投資は、市場の変動に対しても安定した成果をもたらす可能性があります。

分散投資で値下がりリスクに備える

分散投資は、異なる銘柄や資産クラスに投資することで、リスクを分散し、一部の投資が損失を出しても他でカバーが可能です。

これは、全体のポートフォリオのリスクを低減する効果があります。

理解できないものには手を出さない

投資対象や市場について十分に理解していない場合は、投資を避けるべきです。理解できる範囲内で投資を行うことが重要です。

株式投資においては、知識と理解が資産を守るための最も重要なツールです。

自分が理解し、自信を持って投資できる範囲でのみ行動することが、長期的な投資成功の鍵となります。

株式投資の初心者向け勉強方法

株式投資は魅力的ですが、成功するためには適切な知識と戦略が必要です。以下の5ステップは、株式投資の基本を学ぶための効果的なアプローチを提供します。

株式投資の初心者向け勉強方法
  1. 投資の全体像を学ぶ
  2. 投資で発生するリスクを把握
  3. 自分の投資スタイルを作る
  4. 金融商品の選び方や購入方法を学ぶ
  5. 投資先を判断する指標を学ぶ

参考にして、株式投資に詳しくなりましょう。

投資の全体像を学ぶ

投資の世界に入る前に、その全体像を理解することが重要です。

株式市場の基本、株式の仕組み、市場の動きなどの基礎知識を身につけましょう。

これには、市場の歴史、主要な市場指数、株式と他の金融商品との違いを理解することが必要です。

このステップは、投資に関する広範囲の基礎知識を築くことを目的としています。

投資で発生するリスクを把握

投資にはリスクが伴います。株式投資におけるリスクを理解し、それらをどのように管理するかを学ぶことが非常に重要です。

市場の変動性、特定の銘柄のリスク、経済や政治的な要因による影響など、多様要因を把握しましょう

リスク管理の基本を学ぶことで、予期しない市場の動きにも対応できるようになります。

自分の投資スタイルを作る

自分に合った投資スタイルを確立することが大切です。

これには、投資目的の設定、リスク許容度の確認、投資期間の考慮などが含まれます。

長期投資と短期取引の違いを理解し、自分のライフスタイルや目標に合った投資方法を選びましょう

自分に適した投資スタイルを見つけることで、より効果的に投資活動を進めることができます。

金融商品の選び方や購入方法を学ぶ

様々な金融商品の中から、自分の投資スタイルに合ったものを選び、購入方法を学びます。

株式、ETF、投資信託など、それぞれの特徴を理解し、自分のポートフォリオに適した商品を選択しましょう。

また、取引プラットフォームの使用方法や注文の種類(指値注文、成行注文など)についても学ぶと良いです。

投資先を判断する指標を学ぶ

最後に、投資先を選ぶ際に役立つ指標を学びます

企業の財務諸表の読み方、価格収益率(P/E比率)、配当利回りなど、投資判断に重要な指標を理解することが重要です。

また、業界の動向や市場全体の状況を分析する能力を身につけることも、成功への鍵です。

株式投資を始める前の注意点

株式投資を始める際にはいくつかの重要な注意点があり、これらを理解しておくことは賢明な投資戦略の基礎となります。

株式投資を始める注意点
  • 預金と異なり、元本が保証される金融商品ではない
  • 株式が値下がりして損失が出る「価格変動リスク」がある
  • 投資した会社が倒産してしまう「信用リスク」がある
  • 外国の株式を購入する場合には「為替変動リスク」がある

参考にすれば、株式投資を始めても失敗を減らせます。ぜひ最後までお読みください。

預金と異なり、元本が保証される金融商品ではない

株式投資は預金とは異なり、元本が保証される金融商品ではありません

株価は市場の需給、企業の業績、経済情勢など多くの要因に影響され、変動するため、投資した金額が減少する可能性が常にあります。

このため、株式投資はリスクを伴うことを理解し、損失を受け入れる必要があります。

株式が値下がりして損失が出る「価格変動リスク」がある

株式市場は常に変動しており、投資した株式が市場の変動によって値下がりする可能性があります。

この「価格変動リスク」は、企業の業績悪化、市場のセンチメントの変化、政治的・経済的なイベントなどによって引き起こされます。

株価の下落は投資額を下回る可能性があります。

投資した会社が倒産してしまう「信用リスク」がある

株式投資を行う際には、投資した企業が倒産するリスク、すなわち「信用リスク」が存在します。

企業が倒産すると、株主としての資産は通常、債権者に優先して返済されるため、投資資金の一部または全てを失う可能性があります。

これは特に財務状況が不安定な企業に投資する場合に顕著です。

外国の株式を購入する場合には「為替変動リスク」がある

海外の株式に投資する場合、その国の通貨で取引されるため、為替レートの変動が収益に影響を与える「為替変動リスク」が生じます。

為替レートが不利な方向に動くと、その影響で投資収益が減少する可能性があります。

逆に、為替レートが有利に動けば、追加の利益をもたらすこともあります。

初心者は株を買うなは本当?稼げる人と稼げない人の差

株式投資の世界では初心者が直面する困難と、成功する投資家の特徴には明確な差があります。

稼げる投資家は市場の知識だけでなく、自己管理のスキルも得意です。

彼らは自己規律を持っており、感情的な判断に流されず、長期的な視点で投資で稼ぎます。

加えて、成功する投資家は常に学ぶ姿勢を持っています。

市場の動向、新技術、政策の変更など、絶えず変化する要素に対応し、投資戦略を適応させる能力があります。

これには時間と経験が必要であり、初心者が短期間でこれを身につけるのは困難です。

そのため、初心者は少額から株式投資を始めて、徐々に経験を積むことも有効な戦略です。

株式投資を始めるにはいくら必要?

株式投資を始めるために必要な金額は、証券会社や投資する銘柄によって異なります

多くのオンライン証券会社では、低い投資額や単位で取引が可能です。

一部の会社では数千円から始められる場合もありますが、リスク管理と資金配分を考慮すると、より多くの資金を用意しておくことが望ましいです。

株式投資の入門によくある質問Q&A

これから株式投資を始める入門者に、よくある質問Q&Aを集めました

「これが聞きたかった」と参考になる意見もあるかと思います。

ぜひ最後までお読みください。

Q.暗号資産の将来性は?

A.暗号資産(仮想通貨)は、その革新性と高いリターンポテンシャルで注目されていますが、同時に高いボラティリティ(価格変動)と規制の不確実性です。

将来性は、技術の進化、市場の受容度、規制の動向などに大きく依存するので、誰も読めることができません

Q.自社株の売買で儲けても問題ない?

A.自社株の売買は法的に制限される場合があり、特にインサイダー取引は厳しく禁止されています。

インサイダー情報を利用した取引は違法行為となるため、自社株の売買には細心の注意が必要です。

Q.NISA口座の手数料は?

A.NISA口座(少額投資非課税制度)は、一定の非課税枠内で投資することができる制度で、手数料は証券会社によって異なります。

また、取引する金融商品によっても変わるので、事前に各証券会社の手数料体系を確認することが重要です。

Q.1株単位でも配当金はもらえる?

A.はい、1株単位でも配当金を受け取ることができます

配当金は保有している株式の数に基づいて計算されるため、たとえ1株であっても配当の権利があります。

Q.ギャンブルとの違いは?

A.株式投資とギャンブルの主な違いは、投資の背景にある分析とリサーチです。

株式投資では、企業の財務状況、市場動向、経済環境などを基に意思決定を行います。

これに対して、ギャンブルは主に運に基づくもので、確固たる分析に基づくものではありません。

株式投資を始めるなら今すぐ証券口座を開設しよう

株式投資は投機とは違い、企業の成長や利益を得られる伝統的な投資方法です。

これから株式投資を始めるなら下記の手順を踏みます。

STEP1:証券会社に証券口座を開設する
STEP2:証券口座に資金を入金する
STEP3:株(銘柄)を選ぶ
STEP4:株を購入する

株式投資を始めるなら、必ず証券口座を開設する必要があります。

まだ口座開設をしていないなら、今すぐ証券口座を開設しましょう。

この記事を参考に、証券口座を開設することで、手順は分かります。ぜひ、株式投資を始めて収入を増やしてくださいね。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
商号等 :株式会社ストックジャパン 金融商品取引業者 投資助言代理業
登録番号:関東財務局長(金商) 第2937号
加入協会:日本投資顧問業協会 第012-02762号 証券金融商品あっせん相談センターFINMAC
[投資顧問契約に係るリスクについて]
国内株式を投資対象とする場合、価格下落、発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、資産価額が下落し、損失を被ることがあります。会員様の投資元本は保証されているものではありません。株式の変動要因としては、主に「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」等があり、また当該株式を売買する際に対価や委託手数料等のコストを支払う必要があります。新規公開株式等については、公開後、株価が大幅に上下する場合があります。一般に、新規公開株式等は、既公開株式に比べて価格変動リスクが大きくなります。信用取引や有価証券関連デリバティブ取引については、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
株式会社ストックジャパン(以下、弊社)コンテンツでの提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮の上、ご自身の判断・責任のもとにご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
また、ご提供する情報内容に関して万全を期しておりますが、確実性や安全性を保証するものではありません。投資結果には一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面や会員様向け資料等をよくお読みいただき、ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
[重要事項]
投資顧問契約にあたり「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担いただく助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を必ず事前にお読みください。また、ご契約に関する事前の注意事項・情報提供料金・提供サービス内容は、各商品の詳細ページにて事前にご確認ください。金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があることをご了承ください。
[免責事項]
弊社コンテンツ上での提供情報は著作権法によって保護されております。弊社に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じております。
提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものです。したがってあくまでも投資勧誘を目的とするものではありません。弊社コンテンツ上でご案内しておりますあらゆる情報は、売買指示ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分に考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用をお願い申し上げます。