【最新】保険相談おすすめランキング13社を徹底比較!

【最新】保険相談おすすめランキング13社を徹底比較!

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

保険

保険相談窓口では無料で保険選びのアドバイスやサポートをおこなってくれます。

「できるだけ保険料を安く抑えたい」「自分に合った保険を見つけてもらえる」といったメリットがあります。

近年では、店舗だけでなくオンラインでの相談もできるようになってきました。

(共同通信PRワイヤーより引用)

共同通信PRワイヤーの調査によると、オンラインで保険相談をした割合は45.6%と約半数と言う結果が出ています。

しかし保険相談窓口はさまざまな特徴があり、「結局どこが良いの?」と思われる方も多いはずです。

そこで今回はおすすめの保険相談窓口についていくつかご紹介します。

  1. 保険相談おすすめランキング13社
    1. 保険クリニック
    2. ほけんのぜんぶ
    3. 保険見直しラボ
    4. 保険deあんしん館
    5. ほけんパレット
    6. マネードクター
    7. 保険ライフ
    8. 保険市場
    9. 保険見直し本舗
    10. FPナビ
    11. 保険無料相談ドットコム
    12. 保険マンモス
    13. ニアエル
  2. 保険相談とは
  3. 保険相談を利用するメリット
    1. 無料でプロからのアドバイスを受けられる
    2. 複数の保険会社を比較検討し、自分に合ったものを選べる
    3. 契約後の保険管理も任せられる
    4. 何度でも無料で相談できる
    5. 担当者の変更ができる
  4. 保険相談を利用するデメリット
    1. 担当者によって知識や対応の質が異なる
    2. 取扱い保険会社数にバラつきがある
  5. 保険相談サービスを選ぶ際のポイント
    1. 相談員の質
    2. 取扱保険会社数
    3. 対応可能時間・エリア・場所
    4. 契約後のフォロー体制
  6. 保険相談を利用する際の注意点
    1. 必要書類は事前に用意する
    2. 目的を明確にしておく
    3. 無理に契約する必要はない
    4. 口コミや評判をチェックする
  7. 保険相談を利用するべきタイミングとは
    1. 就職・転職
    2. 結婚
    3. 妊娠・出産
    4. 退職
    5. 車や家を購入した時
    6. 契約中保険の更新前のタイミング
  8. 保険相談を利用する際のよくある質問
    1. Q1.保険相談にかかる時間はどれくらいですか?
    2. Q2.しつこい勧誘や営業はありますか?
    3. Q3.相談時に必要なものは何ですか?
    4. Q4.持病持ちだと面談を断られたりしますか?
    5. Q5.オンラインでの相談はできますか?
  9. 自分に合った保険相談窓口を見つけよう!

保険相談おすすめランキング13社

ここでは、おすすめの保険相談窓口についてそれぞれの特徴について解説します。

保険相談窓口 保険クリニック ほけんのぜんぶ 保険見直しラボ 保険deあんしん館 ほけんパレット マネードクター 保険ライフ 保険市場 保険見直し本舗 FPナビ
取扱保険会社数 最大46社(店舗により異なる) 40社以上 36社 44社 38社 31社以上 最大50社 94社 40社 店舗によって異なる
店舗数 279拠点 -(不明) 約70拠点 13拠点 17拠点 約100拠点以上 約20社 624拠点 377拠点 7拠点
対応エリア 全国 全国 全国 東京・神奈川・千葉(来店)、全国(オンライン相談) 全国 全国 全国 全国 全国 全国

保険クリニック

保険クリニック

取扱保険会社数 最大46社(店舗により異なる)
店舗数 279拠点
対応エリア 全国
相談方法 店舗(来店)、訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

保険クリニックは3年連続でオリコン顧客満足度調査の来店型保険ショップ総合1位を獲得し、目的に合った保険商品の提案が高く評価されています。

彼らは独自に開発した「保険IQシステム」を活用し、顧客が目的に合った保険商品を比較できる環境を提供しています。

このシステムを通じて同じ資料を参照することで、顧客と担当者の認識のずれが少なく、口コミ評価に寄与しています。

顧客の意見によれば、「まず既に加入している保険を把握してくれた」との好評が多く見受けられ、担当者は継続すべき保険を指摘しながら、的確な相談を進めているとの印象が浮かび上がります。

\約50の保険会社を比較して自分にあった商品を選べる/

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ-キャプチャ

取扱保険会社数 40社以上
店舗数 -(不明)
対応エリア 全国
相談方法 訪問、オンライン
予約方法 Web
受付時間 24時間365日

「ほけんのぜんぶ」の特徴は、在籍する相談スタッフのFP取得率が100%であり、信頼度の高い保険相談窓口として有名です。

知識の豊富さは顧客のニーズに適切な保険を提案できる要素であり、評価コメントには「説明がわかりやすい」「条件に合ったものに加入できた」といった好意的な意見が多く見受けられます。

しかし、一部の利用者からは連絡が取れない場合や不安を残したまま加入したとの指摘もあり、コミュニケーションや対応の一貫性に課題があるといった声もあるため注意が必要です。

もし上記のような状況に陥った場合、担当者を変更するかほかの保険相談窓口の利用も検討してみるといいでしょう。

保険見直しラボ

保険見直しラボ

取扱保険会社数 36社
店舗数 約70拠点
対応エリア 全国
相談方法 店舗、訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

「保険見直しラボ」は、ベテランFPが在籍し、長い業界経験が豊富な知識を提供する強みを持っています。

新商品の積極的な導入や多様な保険会社の取り扱いにより、顧客のニーズに的確に応えることが可能です。

また、「イエローカード制度」の導入も信頼を築く一因となっています。

顧客からは「親身になって話を聞いてくれた」「要望にしっかり応えてくれた」といった好意的な意見が多く寄せられ、家計状況やライフプランに合わせた保険提案が顧客の安心感に直結しています。

保険deあんしん館

保険deあんしん館

取扱保険会社数 44社
店舗数 約13拠点
対応エリア 東京・神奈川・千葉(来店)、全国(オンライン相談)
相談方法 店舗、訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

「保険deあんしん館」の相談員「ライフコンシェルジュR」は、独自の3か月間の厳しい研修と試験に合格したプロフェッショナルです。

基礎知識や相談スキルに加え、挨拶や礼儀、ホスピタリティも身についており、口コミでは「親身に相談にのってくれた」「説明がとても丁寧でわかりやすい」と高い評価を受けています。

上記のように高評価のものが多く、最大44社の保険会社から最適な商品を提案しています。

相談前には「しつこい勧誘や無理な営業の禁止」や「個人情報の保護」を宣誓し、不快な場合は「相談ストップコール制度」を利用して即座に別のコンシェルジュへの変更が可能なのもうれしいポイントです。

ほけんパレット

ほけんパレット

取扱保険会社数 38社
店舗数 17拠点
対応エリア 全国
相談方法 訪問、オンライン
予約方法 Web
受付時間 24時間365日

「ほけんパレット」はAIコンサルタント株式会社が運営し、取扱い保険会社が38社に上ります。

生命保険21社、損害保険13社、少額短期保険4社を含み、多彩な保険商品の中から相談者に最適な提案を行います。

相談内容は多岐にわたり、「既存の保険の適切さ」「教育資金の確保」「資産運用」など、個々の要望に対応しています。

ほけんパレットでは、利用者の相談内容に応じて最適なFPをマッチングし、親切できめ細かい相談が行われていると評価されています。

実際の利用者のコメントには「一から親切に教えてくれた」「要望通りの商品を一緒に選べた」といった意見が多く寄せられ、97%という高い満足度が反映されています。

また、「強引な勧誘0宣言」により、無理な勧誘が禁止されており、担当者との相性に不安を感じた場合は即座に相談の中止や担当者の変更ができるといった柔軟性も高い評価を得ています。

マネードクター

マネードクター

取扱保険会社数 31社以上
店舗数 約100拠点以上
対応エリア 全国
相談方法 店舗、訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

「マネードクター」は、1,399名のFP資格保有者と574名のMDRT会員が在籍し、国際的にも認められた相談員が保険相談に対応しています。

この豊富な資格保有者やMDRT会員の存在は、知識とサービスの面での安心感を提供します。

口コミからは、保険に留まらず「お金のこと」に関する相談ができ、その充実感が満足度に繋がっていることが伺えます。

また、全国に拠点を持つため、地元の相談員が迅速に対応してくれるという利点も口コミで強調されています。

保険ライフ

保険ライフ

取扱保険会社数 最大50社
店舗数 約20社
対応エリア 全国
相談方法 訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

「保険ライフ」の最大の特徴は、最大50社の取扱保険会社と2,000名以上の在籍FPを有する圧倒的な「数」です。

多岐にわたる選択肢が利用者に理想的な保険に出会う可能性を高めています。

また、「ストップコール制度」を活用することで、不満や相性の合わなさを感じた場合には気軽に担当者の変更が可能です。利用者の評価では、「家庭状況に適したプランを提案してくれた」「説明が丁寧だった」といった好意的なコメントが多く寄せられています。

しかし一部の利用者からは、「何度も質問すると担当者が不機嫌そうだった」「保険の選択肢が多すぎて最適なものが見えない」といった不安が残る声もあります。

保険ライフは選択肢の幅を武器にし、ストップコール制度を通じて柔軟な対応を提供していますが、改善の余地があるようです。

保険市場

保険市場

取扱保険会社数 94社
店舗数 624拠点
対応エリア 全国
相談方法 店舗、訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

「保険市場」の特徴は、指名できるコンサルタントが存在し、総勢120名以上のプロフィールが公開されています。

相談者は顔や名前、年間の相談件数、口コミ、得意分野などから自ら相談相手を選ぶことができます。

オンライン保険相談も予約なしでその場で行え、アバターを利用した対話が気軽で利便性が高まっています。

口コミからはコンサルタントへの信頼が窺えますが、「希望をしっかりと聞いてくれた」「納得のいく保険が見つかった」といった好評の一方で、担当者の頻繁な交代や多忙での連絡難が不満として挙がっています。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

取扱保険会社数 40社
店舗数 377拠点
対応エリア 全国
相談方法 店舗、訪問、オンライン、電話
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

「保険見直し本舗」は1世帯1担当制を採用し、利用者の保険状況やライフスタイルを深く理解し、長期的な安心を提供します。

利用者の口コミからは「メリット・デメリットをしっかり説明してくれた」「ヒアリングをしっかりしてくれた」などの肯定的な意見があり、個別のニーズに合わせた相談が行われていることが評価されています。

相談方法は「店舗」「訪問」「オンライン」「電話」の4つから選べ、利用者の状況に合わせた多様な相談スタイルが特徴です。

直接相談員と会いたい方、忙しくて外出が難しい方、子育て中でオンラインや電話が便利な方など、柔軟な選択肢が提供されています。

また、保険見直し本舗では保険証券データの一元管理サービスも提供しており、スマホで保険証券の写真を撮ってアップロードするだけでデータを管理できます。

これにより、証券の紛失や汚れの心配がなくなり、便利で安心なサービスとなっています。

FPナビ

FPナビ

取扱保険会社数 店舗によって異なる
店舗数 約7拠点
対応エリア 全国
相談方法 訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

「FPナビ」はセブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社ニッセンライフが提供する保険相談サービスで、他にはない特徴として自分でFPを選べることが挙げられます。

FPは年齢、性別、エリア、得意分野から選択でき、口コミ評価も掲載されており、FPの信頼性を確認できます。

独自の認定制度を導入し、経験年数や資格などで優れたFPを厳選。FPの質を高く評価するユーザーにとって特におすすめの相談サービスです。

また、株式会社ニッセンライフは無料保険相談サービスだけでなく、「Will Navi(ウィルナビ)」という保険のパンフレットを無料で資料請求できるサービスも提供しており、まずはそちらからパンフレットを取り寄せることもおすすめです。

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

取扱保険会社数 約30社
店舗数 3拠点
対応エリア 全国
相談方法 訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 24時間365日

株式会社トラストライフが運営する無料保険相談サービス「保険無料相談ドットコム」は、無駄のない本当に必要な保険を提案しています。

勧誘行為に不安を感じた場合は、即座に担当者変更に対応し、アンケートでは95%の高い評価を獲得。

サービス提供者はFPであり、お金全般の知識を有しているため、保険だけでなく幅広い情報を提供可能です。

公式サイトには過去半年分の口コミ評判が掲載されており、2年前までのアンケート内容も確認可能。

これにより、ユーザーはミスマッチなく相談できるでしょう。

保険マンモス

保険マンモス

取扱保険会社数 22社以上
店舗数
対応エリア 全国
相談方法 訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 平日:9:00~19:00
土日祝:9:00~21:00

「保険マンモス」は創業19年で、15年以上の歴史を持つ保険相談の業界で特筆されます。

これまでの歴史の中で相談件数は57万件を突破し、多くの相談実績から高品質なFPが在籍していることが伺えます。

4,500人以上のFPと提携しており、地域ごとに活動しているFPを見つけやすいのも特徴です。

また、保険マンモスは利用者の顧客満足度が95%を獲得しており、多くの利用者が満足していることがうかがえます。

初めて保険相談する方を対象にした豪華なキャンペーンも実施しており、利用者にとって魅力的な選択肢となっています。

ニアエル

保険相談ニアエル

取扱保険会社数 約1,700社以上
店舗数 約2,000拠点
対応エリア 全国
相談方法 店舗、訪問、オンライン
予約方法 Web/電話
受付時間 9:30〜18:30(年中無休)

「ニアエル」は、自分に合った保険相談窓口を手軽に予約できる検索サイトで、全国2,000以上の店舗で相談ができます。

掲載店舗数No.1で、保険ショップや地域密着型店舗など様々なタイプがあり、自宅や勤務先に近い代理店を見つけることができます。

日本生命保険相互会社のグループ会社が運営しており、安心感があります。

保険ショップの取り扱い店舗数は全国すべての都道府県で1,700店舗以上あり、最短30秒程度で予約が可能です。

口コミも7,000件以上あり、詳細な情報から信頼性のある相談先を選ぶことができます。

保険相談とは

保険相談は、お金や保険に関する資格を持つ相談員が提供する無料のサービスで、通常はFP(金融・税制・不動産・住宅ローン・保険・教育資金・年金制度などについての専門的な知識を持つ)などが在籍しています。

相談時間は平均1時間30分~2時間程度であり、何度でも無料で利用できます。

保険相談は運営会社が保険会社から契約手数料を得ていることから、基本的に無料で利用できるといった特徴があります。

また保険相談は、「店舗型」「訪問型」「オンライン(電話)」型の3通りの相談方法があり、それぞれひとりひとりの状況に合わせて選択できます。

店舗型は大型商業施設内にあり、ショッピングのついでに利用できますし、訪問型は自宅や指定した場所で相談が行え、特に子育てや介護中の方におすすめです。

オンライン(電話)型は感染症の影響を受けて普及が進み、自宅から気軽に相談ができるメリットがあります。

保険相談は焦らずじっくり行い、契約の際には納得した上で決定することがなによりも大切です。

保険相談を利用するメリット

保険相談を利用するメリットには以下のものが挙げられます。

無料でプロからのアドバイスを受けられる

保険相談を利用する一番のメリットは、保険やお金に関する知識や経験が豊富なプロに無料で相談できることです。

専門家のアドバイスを受けることで、高額な支払いが伴う保険商品について正確な理解が得られます。

誤った判断や理解を避けることができる

相性の善し悪しはあるものの、プロの目線で分かりやすく説明されるため、きちんとした知識を基に保険を選ぶことができます。

複数の保険会社を比較検討し、自分に合ったものを選べる

保険相談では、複数の保険会社の商品を比較・検討できるため、お客様のニーズに合わせて最適な商品を選ぶことができます。

保険会社の営業マンが扱うのは自社商品に限られるため、他社の製品を紹介することが難しいですが、保険相談では多岐にわたる商品を提案できます。

また生命保険や入院保険など、異なる部分を異なる保険会社の商品でカスタマイズすることもできます。

各商品のメリット・デメリットを分かりやすく説明し、比較検討できるのが保険相談の大きな利点です。

契約後の保険管理も任せられる

保険相談では、契約後も担当相談員に保険の管理を任せることができます。

通常、複数社の保険に加入している場合、事故発生時には各保険会社に連絡しなければなりません。

保険相談で契約している場合は、各保険会社への対応を担当者がしてくれる

これにより、手続きや対応がスムーズに行われ、保険の管理が簡単になります。

また、契約後に保険内容の変更や新たな加入の相談も担当相談員に任せることができます。

何度でも無料で相談できる

保険相談窓口では、何度相談しても費用が発生しません。

保障内容や注意事項などを詳しく説明してもらい、理解した上で契約できるため安心です。

老後資金や子どもの教育資金など、お金に関する幅広い相談ができます。

「無料相談後は必ず契約する必要がある」といった制約もないため、気軽に相談できます。

担当者の変更ができる

保険相談でマッチングされた担当者との相性が悪かったり、不安な対応をされるケースも考えられます。

その場合、即座に担当者の変更が可能です。

お金に関する相談は信頼性が重要ですが、担当者との相性が合わない場合は、保険相談のサポートに連絡して担当者の変更をお願いすることができます。

このような変更は利用者の安心感を考慮し、スムーズに対応してくれるため、安心して相談できます。

保険相談を利用するデメリット

保険相談の利用はさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットもあるので注意が必要です。

ここでは、保険相談を利用する際のデメリットについていくつかご紹介します。

担当者によって知識や対応の質が異なる

保険相談でマッチングされる相談員は、プロフェッショナルであるが故に知識や経験に個人差が生じることがあります。

基本的な知識は共通していても、経験や対応の質には差があります。

相談員は強引な勧誘を禁じられていますが、コミュニケーションの不調や誤解が生じることもあるかもしれません。

そのような場合は、担当者変更制度を活用して、相性の良い相談員に変更するのがおすすめです。

取扱い保険会社数にバラつきがある

保険相談で公開されている取扱保険会社数と担当者が取り扱える保険会社数が異なる場合があります。

これは、保険相談と担当者が提携関係にある場合が主な要因です。

なぜなら直接雇用の相談員は、保険相談が取り扱っているすべての保険会社を対象に提案が可能ですが、提携相談員は個人が契約している保険会社に限定されるからです。

担当者が取り扱う保険会社が限られている場合、理想の保険に出会えない可能性があります。

その際は、他の取扱保険会社が豊富な担当者に変更するか、サポートセンターに相談して解決策を模索することが重要です。

保険相談サービスを選ぶ際のポイント

ここでは、保険相談サービスの利用で失敗しないために、チェックしておくべきポイントについてご紹介します。

相談員の質

相談員には資格を保有している方とそうでない方、経験豊富な方と浅い方など様々なプロフィールがあります。

資格や経験だけでなく、人間関係や相性も重要であり、相談者に合った理解と説明が得られるかがポイントです。

相談員の中には資格を持っていなくても真摯に向き合い、適切なアドバイスを提供する方もいます。

ただし、FP資格やMDRT会員などの資格を保有している相談員は、広範な知識や高度なアドバイスが期待できる場合があります。

特に、全員が資格を保有している保険相談や、相談員のプロフィールを公開し顔写真を掲載している場合は、信頼性が高いと言えます。

公式サイトや口コミを確認し、自身に合った相談員を選ぶようにするといいでしょう。

取扱保険会社数

保険相談においては、取り扱い保険会社数が様々で、20社前後から90社以上まで幅広い選択肢があります。

この数が多いほど複数の商品を比較検討でき、より適切な保険選びが可能です。

生命保険だけでなく、損害保険やその他の種類の保険も取り扱っているかもポイントです。

取扱い保険会社数の情報は変動するため、公式ウェブサイトや最新情報を確認するようにしてみてください。

対応可能時間・エリア・場所

保険相談の利便性を考える際には、相談が可能な時間や場所の柔軟性が重要です。

通常、保険相談は全国対応していますが、特に都市部から離れた場所での相談を希望する場合は、事前に対応エリアを確認することがポイントです。

相談方法も重要なポイントです。

  • 店舗型
  • 訪問型
  • オンライン型

上記の中から、希望する方法が提供されているかを確認しましょう。

訪問型の場合、訪問場所に関するルールも注意が必要です。

また、オンライン相談の際は、使用するデバイスやアプリの事前準備についても確認が必要です。

上記の情報を確認することで、スムーズかつ理想的な相談ができるようになります。

契約後のフォロー体制

保険契約後のアフターフォローがしっかりしている相談窓口を選ぶことで、生活が変化した際にも安心感が増します。

家庭環境の変化により契約内容が合わなくなった場合、しっかりとしたアフターフォローがあれば、再度相談せずとも適切な調整ができます。

転勤や転居の可能性がある場合は、全国対応の保険相談を選ぶことが重要です。

新しい居住地域でも同じ相談窓口を利用でき、安心して相談ができるでしょう。

保険相談を利用する際の注意点

保険相談を利用する際はあらかじめ準備をしておくとスムーズです。

そこでここでは、保険相談を利用する際は以下の点に注意するようにしましょう。

必要書類は事前に用意する

保険に関する相談では、家庭の収支が重要な要素となります。

相談の際には、状況が理解できるように家庭の収支に関連する書類を事前に用意することが重要です。

これにより、相談員が正確で適切なアドバイスを提供できルメリットがあります。

相談員は多岐にわたるケースを経験しており、悩みや状況に対する理解がスムーズに進みます。

自分の家庭状況について恥ずかしいと感じることはなく、必要な情報を提供してスムーズに相談を進めることが重要です。

おもに保険相談の際に持っておくと便利な書類は以下のものが挙げられます。

  • 契約中の保険証券
  • 給与明細や源泉徴収票
  • 家計簿など
  • ねんきん定期便
  • ローンの残債など返済計画がわかるもの

目的を明確にしておく

保険に関する相談を行う際は、漠然としたニーズではなく、具体的な目的を持つことが重要です。

例えば、「保険料を削減したい」「現在の保障内容を確認したい」など、自身のニーズや目標を明確にしておくといいでしょう。

相談の過程で新たな目的が浮かぶこともあります。

しかし、最初に基本的な目的を伝えそれを起点に話を進めることが効果的です。

ただし、細かすぎる目的設定は柔軟性を損なう可能性があるため、一定の幅をもたせつつ、相談の進行に合わせて調整するのが良いでしょう。

無理に契約する必要はない

保険相談時には相談員に遠慮せず、自分の疑問や希望を率直に伝えることが重要です。

相談員はプロフェッショナルで、断られることに慣れていますので、率直なコミュニケーションが期待通りの提案やアドバイスを受けるための鍵です。

遠慮や妥協せず、自分の思いを正確に伝えることで、後日の不満や後悔を避け、満足できる結論を得ることができます。

特に保険は高額な商品であり、慎重な選択が必要ですので、自身のニーズや希望に合わせてしっかりと相談することが重要です。

口コミや評判をチェックする

口コミ評判は保険相談窓口の実際の対応やサービスに関するリアルな情報を提供しており、他の相談者の経験を知る手段となります。

悪い口コミが多い場合、対応が不適切だったり情報提供が不明瞭な可能性があり、これらの情報を元に事前にトラブル回避や失敗を防ぐことができます。

また、口コミ評判を確認することで下記の要素が分かります。

  • 保険相談窓口の特徴
  • 得意分野
  • 弱点など

事前に情報を収集し、自分のニーズに合致するかどうかを判断できます。

ただし、口コミはあくまで個人の主観的な意見であるため、複数の情報源を参考にして総合的に判断することが重要です。

保険相談を利用するべきタイミングとは

そもそも保険相談はどのタイミングで見直したらいいのでしょうか?

一般的に以下のタイミングで保険を見直してみるのがいいとされています。

就職・転職

学校を卒業し、社会人として独立する就職や転職のタイミングは、保険相談に適した時期です。

新卒や社会人初期の方々は、将来のイメージがまだつきにくく、必要な保険の判断が難しいです。

アドバイスを受けることで、様々な可能性や必要な保険が見えてくる

また、フリーターからの就職や転職も、生活環境が大きく変わるタイミングであり、新しい生活や将来設計に関するアドバイスを受けることが有益です。

結婚

結婚や離婚により家族構成が変わる際は、保険を見直すのがおすすめです。

結婚時には夫婦の将来設計や生活環境を考慮し、保障を見直してみてください。

特にマイホーム購入時は長期的な計画が必要で、お金に関する資格を持つ相談員に相談すると良いでしょう。

離婚時にも新しい家庭環境に合った保障を検討し、経済的な相談も重要

ひとり親や介護に備えた生活設計を考え、新しいスタートに向けて安心感を得られるでしょう。

妊娠・出産

家族が増える出産を機に、多くの人が保険の見直しを考えます。

特に子どもの将来に備え、学資保険などの貯蓄型保険を検討する傾向があります。

現在は自治体の補助や保育料の無償化も進んでおり、小さい時から貯蓄ができるようになっています。

同時に、親の不測の事態に備えて死亡保障も検討することが重要です。

家庭の収支や今後の出産予定などを考慮し、相談員に相談することで適切な保障を見つける手助けになります。

退職

定年退職を迎える際は、老後の保障を見直すチャンスです。

収入の変動や老後の備えを考慮して、これまでの保険料が負担となる可能性あり

老後の不安を感じる方は、保険だけでなく、お金に関する専門家やFP資格を持つプロに相談することがおすすめです。

定年退職後も安心して計画的な生活を送るためには、適切なアドバイスが得られるでしょう。

車や家を購入した時

住宅ローンやマイカーローンを検討・契約する際には、支出が増加することを考慮し、同時に必要な保障を見直すことが重要です。

保険料の見直しを通じて、家計全体を適切に見直すチャンスとなります。

契約中保険の更新前のタイミング

既存の保険が更新時期を迎える際は、保障を見直す絶好の機会です。

定期型保険は期間が経過すると保険料が高くなりがち

更新時に必要な保障を再評価し、適切な選択をすることで無駄な出費を避けることができます。

保険相談を利用する際のよくある質問

ここでは、保険相談を利用する際のよくある質問をご紹介します。

Q1.保険相談にかかる時間はどれくらいですか?

相談時間は、平均で1時間30分~2時間ほどです。

約2時間かかる想定で、時間を確保するとGOOD

時間の確保が厳しい場合は、予約段階で確保できる時間を伝えるようにしましょう。

Q2.しつこい勧誘や営業はありますか?

しつこい勧誘は営業は少ないです。

絶対にないとは言い切れませんが、強引な勧誘をされた場合は担当者を変えることもできます。

担当を変える制度:イエローカード制

中には、イエローカード制を導入していない窓口もありますが、報告することで担当者を変えられます。

もし、強引な勧誘を受けた際は担当変更をしましょう。

Q3.相談時に必要なものは何ですか?

保険相談の際は、本人確認書類や身分証、保険の証券などを持参すると良いでしょう。

他にも、加入記録がわかる書類があるとスムーズに相談ができます。

下記のようなものがあると、家計の見直しやライフプランについても相談できます。

  • 家計簿
  • 通帳
  • ねんきん定期便

必要なものは相談窓口によっても異なります。

気になった際は、利用する相談窓口に事前に聞いておくことをおすすめします。

Q4.持病持ちだと面談を断られたりしますか?

基本的に、持病を持っていても面談を断られません。

相談者の健康状態によっては紹介してもらえる保険が少なくなる恐れがある

なお、相談時点では確実に保険の紹介をしてもらえるわけではないため注意しましょう。

Q5.オンラインでの相談はできますか?

オンラインでも相談は可能です。

相談時に利用する資料も画面共有により確認できるため、窓口相談と同様の相談が可能となっています。

ただし、オンライン相談をしていない場合もあるため、利用の際は確認をしましょう。

自分に合った保険相談窓口を見つけよう!

今回はおすすめの保険相談窓口についていくつかご紹介してきました。

保険相談窓口は様々な特徴を持っており、店舗相談やオンライン相談など、自身の利便性に合わせて選ぶことが大切です。

今回の記事で紹介した窓口は全て相談料無料なので、複数利用して比較検討するのがいいでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。