ゴールドカードの審査基準は厳しい?必要年収の目安・審査に落ちた時の対処法を解説

ゴールドカードの審査基準
クレジットカード

ゴールドカードは一般カードの上のランクに位置するクレジットカードで、一般的には審査が厳しいクレジットカードと認知されています。

実際にゴールドカードを取得しようと思ったら、どれくらい厳しい審査に通る必要があるのでしょうか?

今回は、ゴールドカードの審査基準について詳しく紹介していきます。

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

ゴールドカードの審査はどれくらい厳しい?

ご存じの通り、ゴールドカードは、一般カードの上位ランクに位置するカードです。

そのため、ゴールドカードの審査基準は、一般的なクレジットカードに比べて厳格であることが多いです。

カード審査が厳格な理由
  • 一般カードに比べて利用しているサービスや特典が豊富なため
  • 一般カードよりも利用できる限度額が高く、利用額未払いによる金融リスクを避けるため
  • カード会社がカードの信頼性と保持者の信用度を高く保つ必要があるため

またゴールドカードの審査には、申込者の年収や職業、クレジットヒストリーが重要な要素として考慮されます。

カード会社は、これらの情報をもとに、支払い能力や金融リスクを評価することで、カード会社は信頼できる顧客を選別します。

これらの点から、ゴールドカードの審査は、一般カードを申し込むときに行われる入会審査よりも厳しいといえます。

ゴールドカードの審査基準

ここでは、前述した内容を基に、ゴールドカードを申し込んだときに実施される審査で見られる審査基準を4つ紹介します。

いずれも、申込者の「信用」を絡めて確認される項目です。

申込者本人の基本情報

ゴールドカードの申込みでは、まず申込者の基本情報が審査の基本となります。

基本情報で確認される項目
  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年齢
  • 住居状況(持ち家か賃貸か)
  • 世帯主であるかどうか
  • 固定電話の所有有無
  • 配偶者や扶養家族の有無
  • ローンの有無など

これらの要素が申込者の財政的安定性と信頼性を判断するのに重要です。

職種・勤続年数

職種と勤続年数は、申込者の職業の安定性と経済的持続性を評価する上で重要です。

ゴールドカードの審査においては、具体的な就業形態よりも、大まかな職種(会社員、公務員、自営業者など)が考慮されます。

勤続年数が長いほど返済能力が高いと判断されますが、他の要素が優れていれば、勤続年数が短くてもカードが発行される可能性があります。

安定かつ継続的な収入を得ている

ゴールドカード申込者には、安定かつ継続的な収入が求められます。

年収は通常自己申告ですが、キャッシング枠の利用や他社からの借入額が一定水準を超える場合、所得証明書の提出が求められることがあります。

副業や不動産からの収入なども考慮され、申込者の総合的な経済状態がカード発行の決定に影響します。

クレジットヒストリーに問題がない

最も重要な審査基準の一つはクレジットヒストリーです。

これは、過去の返済履歴や金融事故の有無を確認するもので、申込者の信用情報に大きく影響されます。

信用に悪影響を及ぼすクレヒスの状態
  • 利用歴に遅延・延滞の経歴がないかどうか
  • 公共料金や税金の未払いがないかどうか
  • 債務整理を実施していないどうか

返済の遅滞や金融事故がないことが、ゴールドカードの発行において重要な判断基準となります。

ゴールドカードの審査にかかる期間

ゴールドカードは、一般的なクレジットカードよりも高い限度額が設定されていたり、充実した付帯サービスをついているなどの関係で一般ランクのカードよりも厳格な姿勢で審査が実施されます。

この厳格な審査プロセスには、申込者の信用状況や経済状況を詳細に調査する必要があるため、一般的なカードと比較して、審査期間が長くなる傾向にあります。

クレジットードのランク 審査期間
一般カード 即日~1週間以内
ゴールドカード 1~2週間前後

通常、一般のクレジットカードの審査は迅速に行われ、最短で即日発行されたり、1週間程度でカードが到着するのに対して、ゴールドカードは通常2週間前後の時間を要して審査が行われます。

これは、ゴールドカードの審査基準が一般カードよりも高いレベルに設定されているためであり、申込者の経済的背景やクレジットヒストリーをより詳細に検証する必要があるためです。

このため、ゴールドカードの申込を検討している方は、審査期間について十分な余裕を持って申込みを行う必要があります。

ゴールドカードの審査に落ちてしまう人の特徴

ゴールドカードの審査に落ちる主な理由は、主に次の3点に集約されます

  • 申し込み条件を満たしていない
  • 同時期にカードの複数申込を行っている
  • クレジットヒストリーに傷がある

これらの要因を理解し、審査に向けて準備することで、ゴールドカードの承認率を高めることができます。

申し込み条件を満たしていない

多くのケースで、ゴールドカードの審査に落ちる最も一般的な原因は、申し込み条件を満たしていないことです。

たとえば、ステータスが高いゴールドカードを目指して申し込む際、申込者の年収がカード発行会社の設定する基準に達していない場合、審査に通過するのが困難になります。

申込要項を満たしていない事例
  • 年収の水準
  • 勤続年数
  • 申し込み可能な年齢に達していない

また、勤続年数が短いと、返済能力に対する信頼性が低いと見なされる可能性があります。

これは、継続的な収入の安定性に対する疑問を生じさせるためです。

同時期にカードの複数申込を行っている

もう一つの重要な要因は、複数のクレジットカードに同時に申し込むことです。

これは、カード会社に対して申込者が資金繰りに困っているか、または信用リスクが高いと見なされる行為です。

このような場合、カード会社は申込者が他の債務を抱えている可能性があると判断し、審査に落ちるリスクが高まります。

したがって、複数のカードに同時に申し込むのではなく、一つずつ時間をおいて申し込むことが重要です。

クレジットヒストリーに傷がある

最後に、クレジットヒストリーの問題も審査に落ちる大きな要因です。

審査に悪影響を及ぼすクレヒスの状態
  • 返済履歴に延滞・滞納などの金融事故を起こした履歴が付いている
  • 公共料金・税金の支払いが順当に行われていない
  • 債務整理を行った経歴がある

中でも、返済履歴に遅延や未払いがあると、カード会社は申込者が今後も信頼できる返済者であるかどうか疑問を持ちます。

加えて、過去に金融事故を起こしている場合は、信用情報に大きな傷がつき、ゴールドカードの審査に通過するのが非常に難しくなります。

とはいえ、信用情報は時間とともに回復することがありますが、その期間は個々の状況によって異なります。

回復したと判断されるまでは、審査の通りやすい一般的なクレジットカードから申し込むことをお勧めします。

ゴールドカードの審査を通過する方法

ゴールドカードの審査を通過するためには、いくつかの重要なポイントがあります。

申し込み条件を満たしているかを確認する

最初のステップとして、申し込み条件を満たしているかを確認することが重要です。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 職業など

くれぐれも審査で有利になりたいという気持ちから、虚偽の情報で申し込むのはNGです。

カード会社は、申込者が開示した情報を信用情報機関が保管する情報と照合して、情報に誤りがないかを確認します。

仮に、虚偽の申告が発覚した場合、審査に不利な影響を与える恐れがあります。

若いうちからクレジットヒストリーを構築しておく

クレジットカードの審査では、申込者の過去のクレジット履歴が重要な評価ポイントになります。

若いうちからクレジットカードを利用し、一貫して良好な返済履歴を維持することで、将来のゴールドカード申込時に有利に働きます。

定期的に支払いを行い、遅延や未払いを避けることが肝心です。

新規カードを申し込んだら一定期間空けてから申し込む

新規のクレジットカードを申し込んだ後は、次のカード申込まで一定期間を空けることが望ましいです。

複数のカードに短期間で申し込むと、カード会社によっては申込者の信用状況に対する疑念が生じる可能性があります。

ステータスが高すぎないカードを選ぶ

最後に、審査に通りやすいカードを選ぶことも重要です。

特にステータスが高すぎるカードは審査基準が厳しく設定されていることが多いため、申込者にとって挑戦的なものになりがちです。

自分の信用状況に見合った、ステータスが高すぎないカードを選ぶことが賢明です。

招待制のゴールドカードの特徴

ゴールドカードの中には、インビテーション制、つまりカード会社から招待状が届かなければ取得ができないゴールドカードが存在します。

招待制のゴールドカードは、カード会社から特定の条件を満たした一般カードの利用者に限定して招待状が送られる特殊なシステムです。

これらの招待状は、一般的な申込みプロセスを経ずに特定の顧客にのみ提供され、通常は非公開の基準に基づいて選ばれた顧客に対して送付されます。

  • 定期的かつ安定したカード利用
  • 返済履歴に延滞・遅延などの経歴が付いていない
  • 債務整理を実施していない

など、カード会社はこれらの要素を重視して招待対象者を選定します。

招待状を受け取っても審査が行われる

インビテーション制のゴールドカードを取得するには、申込で取得できるゴールドカード同様に、入会審査を受けなければなりません

招待状を受け取ったことは、ゴールドカードへの入会資格を得たことを意味しますが、これは自動的にカードが発行されるわけではありません。

よって、カードを手にするには正式な申込みと審査のプロセスを踏む必要があります。

申込者は、ゴールドカードの申し込みを行い、その後カード会社による審査を通過することでゴールドカードを手にできます。

このプロセスは、カード会社が申込者の信用度や財務状況を改めて評価する機会となり、招待されたとしても審査基準を満たさなければカードは発行されません。

申込前にゴールドカードの審査基準について理解しておこう

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

ゴールドカードの申込みを検討する際には、その審査基準を理解しておくことが重要です。

ゴールドカードは一般的なクレジットカードに比べて審査が厳格であるため、申込み前に自分の状況を審査基準と照らし合わせることが肝心です。

審査では、主に申込者の年収、職業、勤続年数、過去のクレジットヒストリーが重視されます。

年収は安定した収入があるかを示す重要な指標であり、職業や勤続年数はその安定性を補完します。

また、過去にクレジットカードやローンの支払いを遅延させたり、未払いがあった場合、これがクレジットヒストリーに影響を与え、審査の障害となる可能性があります。

ゴールドカードの審査には、それぞれのカード会社によって異なる特有の基準があります。

しかし、基本的な審査基準と自分の状況をよく理解し、自分に適したカードを選ぶことで、審査を通過する可能性を高めることができます。

審査基準に合致しているかどうかを自己評価し、申込みを慎重に行うことが成功のカギとなります。