電気の開通手続きは引っ越しの何日前にするべき?手順や注意点も解説

電気の開通手続きは引っ越しの何日前にするべき?手順や注意点も解説

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

お金コラム

引っ越しを検討している方のなかには、「電気の開通手続きは引っ越しの何日前からすればいいの?」と悩む方もいるでしょう。

そこで今回は電気の開通手続きのタイミングや手続きの手順、注意点などについて解説します。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。
【Pick Up】くらしテク(引越し手続き代行)
くらしテク SP用画像
おすすめポイント
  • LINEで最短20秒で申し込み完了!
  • 解約から導入手続きはコンシェルジュが対応
  • 契約料金の見直し・相談も無料対応
無料相談
可能
相談料金
基本無料
土日・祝対応
可能
問い合わせ
24時間対応
公式サイトはこちら

電気の開通手続きは引っ越しの1~2週間前が一般的

電気の使用開始手続きは、引っ越しの1週間~2週間前、遅くとも3日前までに済ませておくのがベストです。

また、3月〜4月の引っ越し繁忙期の場合、電力会社に電話がつながりづらくなったり、手続きに時間がかかったりすることがあるため、繁忙期の場合は2週間前など余裕をもって手続きすると安心です。

なお電気の停止手続きについては引っ越しの2日前までに済ませておくことをおすすめします。

電話の場合、日曜日・祝日に受付を停止している電力会社もあるので、あらかじめ営業時間を調べておくとよいでしょう。

電気の開通手続きを忘れてしまった際の対処法とは?

もし事前の手続きを忘れて、引っ越し当日を迎えてしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

電気開通には「従来型メーター」と「スマートメーター」の2種類あり、物件によって異なります。

もし「従来型の電力メーター」である場合は、ブレーカーをあげれば電気を即時利用でき、引っ越し当日でも開通手続きができます。

しかし一方、「スマートメーター」の場合は電力会社に直接開通手続きを依頼する必要があります。

一般的には手続きに数日程度要するといわれていますが、電力会社によっては即日契約可能なプランもあるので探してみるといいでしょう。

電気の開通手続きの手順

電気の開通手続きはまず、現住所(引っ越す前の家)の電気の停止手続きをおこなってから、引っ越し先での電気開通手続きをおこなうのが一般的です。

以前住んでいた家での電気を停止する際もインターネットや電話から契約している電力会社に連絡することで手続きを進められます。

電気の使用停止には以下のものが必要となるので、あわせて準備しておくようにしましょう。

  • 契約者の氏名
  • 現在(旧居)のお客様番号
  • 供給地点特定番号
  • 電気を停止する住所
  • 電気を停止する希望日

「お客様番号」や「供給地点特定番号」については聞きなれないですが、検針票や月々の電気料金の領収証などで確認できます。

新しく契約する電力会社にインターネットや電話で連絡することで、電気の開通手続きは進められます。

ちなみに以前住んていた家と同じ電力会社を利用する場合、電気使用停止・開通の手続きをまとめて行えます。

ちなみに電気の開通手続きに必要となるものは以下のものが挙げられます。

  • 契約者の氏名
  • 電気を使用開始する住所
  • 電気の使用開始希望日
  • 支払い方法(銀行口座・クレジットカード等)
  • 電気を停止する希望日(※請求書払いの場合は不要)
  • 希望する電気料金プラン

引っ越しに伴う手続きは電気だけでなく、水道やガスの閉栓・開通手続きなど数多くの作業をこなさなければいけないので、手続きのし忘れに注意が必要です。

電力会社を変更する際の選び方

引っ越しを機に電力会社を変更する際は、以下のポイントをおさえて電力会社を選ぶようにしましょう。

新居先が電力供給エリアになっているか

引っ越しを機に電力会社を変更するのであれば、新居先のエリアで電力を供給している会社に絞り込んでから、契約するようにしてください。

なぜなら、電力会社ごとにカバーしている電力供給エリアは異なり、全ての電力会社が全国に電力を供給しているわけではないからです。

必ず住んでいるエリアが電力供給しているところかどうかをチェックしておきましょう。

料金プラン

電力会社ごとにさまざまな料金プランがあり、プランによって電気料金も変わるため、自分のライフスタイルにあったプランかどうかを見極めることが大事です。

例えば、電気代をなるべく安く済ませたい方は、電気とガスをまとめて契約する「セットプラン」がおすすめです。

関西なら「大阪ガス」、関東なら「東京ガス」が現在のところ電気とガスをひとつにまとめています。

セットプランを利用することで割引や特典が受けられ、電気とガスを別々で契約するよりも料金を抑えられるでしょう。

また、一度の手続きで電気とガスを契約でき、手続きの手間も減り引っ越し時の作業負担を軽減できるメリットもあります。

ただしセットプランをおこなっている会社はかなり限定的なのでそこは注意が必要です。

電気の開通手続きをおこなう際の注意点

ここでは、電気の開通手続きをおこなう際の注意点についていくつかご紹介します。

電気料金が二重払いになっていないか

電気の契約は基本的に複数の住宅で重複して行えるので、以前住んでいた家と引っ越し先の家との電気の契約期間が重なってもとくに問題はありません。

しかし、それぞれの電気の契約には基本料金があるため、電気を使用していなくても一定額の料金がかかります。

長期間の二重払いになると出費もかさむので重複していないかどうかチェックしておくようにしましょう。

土日や繁忙期はすぐに対応してもらえないことも

土日や繁忙期に電気を開通する場合はなるべく早めに手続きをしておくのが望ましいでしょう。

なぜなら引っ越しが土日を挟む場合や春先の引っ越し繁忙期は電気開通・停止の問い合わせが多く、直前だと業者に連絡が通じない可能性があるためです。

引っ越し前の1〜2週間前には電力会社に連絡し手続きを済ませておくと安心です。

電力会社を選べない物件もある

多くのマンションでは自由に電力会社を選べますが、「高圧一括受電契約」を採用しているマンションは自分の好きな電力会社を選べないので注意が必要です。

「高圧一括受電契約」とは、マンションが一括で電力会社と契約することで安価に電力が供給される契約のことを指します。

もし上記の契約を引っ越し先の家が結んでいる場合、マンションの管理者と電力会社が建物単位で電力を契約している関係で入居者自身が自由に選べません。

もし希望の電力会社があるのであれば、マンションに引っ越しする際は、高圧一括受電契約かどうか管理会社に確認しておくと確実です。

電気の開通手続きはなるべく早めにおこなうのがベスト!

【Pick Up】くらしテク(引越し手続き代行)
くらしテク SP用画像
おすすめポイント
  • LINEで最短20秒で申し込み完了!
  • 解約から導入手続きはコンシェルジュが対応
  • 契約料金の見直し・相談も無料対応
無料相談
可能
相談料金
基本無料
土日・祝対応
可能
問い合わせ
24時間対応
公式サイトはこちら

今回は電気の開通手続きのタイミングや手続きの手順、注意点などについて解説してきました。

引っ越しは電気の開通だけではなく、ほかにもやるべきことがたくさなります。

引っ越し当日でも対応してもらえるケースもありますが、なるべく1~2週間前までに手続きしておくのが望ましいでしょう。

入居後に電気をすぐに使えるように、事前に準備しておくようにしてください。

Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。