クレジットカードの作り方とは?必要書類や申し込みから発行までの流れも解説

クレジットカード 作り方

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

クレジットカード

クレジットカードは、店舗や郵送だけでなく、24時間いつでもWebからも申し込みができるため気軽に作成できます。

しかし、クレジットカード発行には審査があり、審査を通過しなければ発行できません。

この記事では、クレジットカードを作る際の条件や必要書類、作成までの流れについて解説します。

クレジットカードを作る際にやってはいけないことも紹介してるため、審査を通過したい人はぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • クレジットカード発行の流れ
  • クレジットカードを選ぶ際の注意点
  • クレジットカードを初めて作る人におすすめのカード
【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら
  1. クレジットカードを作るときに必要なもの
    1. 本人確認書類
    2. 銀行口座
  2. クレジットカードの3通りの作り方
    1. ①インターネット申し込み
    2. ②郵送申し込み
    3. ③店頭申し込み
  3. クレジットカードを作る流れ
    1. 1.カードを選ぶ
    2. 2.必要情報の入力
    3. 3.本人確認書類の提出
    4. 4.カード会社による審査
      1. 信用情報
    5. 5.クレジットカードの発行
  4. クレジットカードを作る際の3つの条件
    1. 属性情報に問題がない
    2. 信用情報に傷がない
    3. 年齢条件を満たしている
  5. クレジットカードを作る際の注意点
    1. 虚偽の情報を申告しない
    2. 複数のカードに同時に申し込みをしない
    3. 現住所で申し込む
  6. クレジットカードを作った後にすべき3つのこと
    1. 申し込み内容を再確認する
    2. カード裏面に署名する
    3. カード会社の連絡先を登録する
  7. クレジットカードを選ぶ際の6つのポイント
    1. 年会費
    2. ポイント還元率
    3. 発行までのスピード
    4. 付帯サービス
    5. セキュリティ
    6. 国際ブランド
  8. 初めてクレジットカードを作る人におすすめのカード6選
    1. 三井住友カード(NL)
    2. JCBカード W
    3. 楽天カード
    4. 三菱UFJカードVIASOカード
    5. エポスカード
    6. イオンカードセレクト
  9. クレジットカード作り方についてよくある質問
    1. 主婦や学生は作成できる?
    2. 無職でも作成できる?
    3. 即日発行できるクレジットカードはある?
  10. クレジットカードの作り方の流れを把握し自分に合うカードを選択しよう

クレジットカードを作るときに必要なもの

クレジットカードを作る際は、以下のものを事前に用意して申し込みをおこないましょう。

  • 本人確認書類
  • 銀行口座

本人確認書類

クレジットカードを申し込む際は、本人確認書類が必要です。

書類は、申し込み者の名前、住所、生年月日が確認できるものでなければなりません。

提出する書類には、以下の書類が該当します。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票の写し(発行から6ヶ月以内)

申し込み者が記入した情報の正確性を確認するために、本人確認書類は必要です。

銀行口座

クレジットカードの利用代金の支払いには、銀行口座の情報が必要になります。

カード利用代金は申込者の銀行口座から自動引き落としされるため、引き落としが可能な口座を設定しましょう。

クレジットカードの3通りの作り方

クレジットカードを作る方法は、大きく分けて3つあります。

  • インターネット申し込み
  • 郵送申し込み
  • 店頭申し込み

それぞれの申し込み方法について、以下で解説していきます。

①インターネット申し込み

まず、インターネット申し込みは最も一般的な方法で、自宅や外出先から簡単に申し込むことができます。

インターネット申し込みのメリットは、24時間いつでも申し込める点です。

また、インターネットから申し込みをおこなうと審査が即時で完了し、即時発行できるカードもあります。

インターネットから申し込みをおこなうと特典が受けられる場合もあるため、クレジットカードを発行する際はインターネット申し込みを利用する人が多いでしょう。

②郵送申し込み

郵送申し込みは、インターネットにアクセスできない方や、オンライン手続きに不安を感じる方に適しています。

郵送申し込みの手順は、以下の通りです。

  1. 申し込み用紙をカード会社から取り寄せる
  2. 用紙に手書きで必要事項を記入する
  3. 郵送で送り返す

郵送申し込みのメリットは、オンラインに入力する手間を避ける点ですが、デメリットに手続きに時間がかかる点が挙げられます。

③店頭申し込み

店頭申し込みは、直接店舗で申し込む方法です。

店舗申し込みを利用するメリットに、申し込みの際に直接質問ができる点や即日でカードを受け取れる可能性が挙げられます。

しかし、申し込みができる店舗やカードの種類に限りがあるため、事前に申し込み可能な店舗やカードの確認が必要でしょう。

クレジットカードを作る流れ

クレジットカードをスムーズに作成するための、申し込みから発行までの流れについて解説します。

  1. カードを選択する
  2. 必要情報を入力する
  3. 本人確認書類を提出する
  4. カード会社による審査
  5. クレジットカードの発行

1.カードを選ぶ

最初に行うのは、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことです。

  • カードの種類
  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 付帯サービス
  • 国際ブランド
  • 発行スピード
  • セキュリティ

自身が重要視している項目に注目してカードを選択します。

例えば、ポイントが貯まりやすいカードを発行したい場合は還元率の良いカードを選択するなどカードを発行する目的は人によって異なります。

希望するカードが選択できれば、公式サイトから申し込みをおこないましょう。

2.必要情報の入力

カードを選んだら、次に行うのは申し込みフォームに必要事項を入力して送信しましょう。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業
  • 年収
  • 引き落とし口座
  • メールアドレス

この際、正確な情報の提供が重要です。

3.本人確認書類の提出

オンラインで申し込んだ場合は、本人確認書類のスキャンまたは写真をアップロードする必要があります。

郵送の場合は、コピーを郵送します。

本人確認書類には運転免許証やパスポートなどが一般的です。

4.カード会社による審査

申し込み後は、カード会社による審査が行われます。

審査では、申込者の信用情報や収入、属性がチェックされます。

審査期間はカード会社やカード種類によって異なりますが、一般的には数日から1週間程度必要です。

信用情報

信用情報とは、クレジットカードやカード契約に関する申し込み情報のことです。

信用情報は、信用情報機関であるCICやJICCに登録されており、クレジットカード発行の際は信用情報の確認が必ずおこなわれます。

過去に支払いの遅延や延滞、債務整理をおこなっている場合は信用情報に傷がついている可能性が高くなります。

信用情報に傷がついている場合は審査通過は厳しくなるため、信用情報に不安がある人は事前に開示請求をして確認しましょう。

5.クレジットカードの発行

審査に通過すると、クレジットカードが発行されて郵送されます。

受け取り方法は、郵送が主流ですが店頭受取のサービスやデジタルカードを提供している場合もあります。

クレジットカードを作る際の3つの条件

クレジットカードを作る際は、以下の条件を満たしていなければ審査通過は難しいでしょう。

  • 属性情報に問題がない
  • 信用情報に傷がない
  • 申込条件を満たしている

属性情報に問題がない

属性情報は申込者の支払能力を評価するための情報で、勤務先の詳細や年収、家族構成、住宅形態などが含まれます。

これらの情報は、カード利用者が安定した収入を持ち、責任をもって支払いができるかどうかを判断するのに役立ちます。

信用情報に傷がない

信用情報には過去のクレジットカード利用履歴やローンの返済状況などが含まれ、これは申込者の信用度を評価するために用いられます。

カード会社はこれらの情報を基に、申込者が過去に延滞や返済不履行を起こしていないか、他のローンやクレジットの利用状況を確認します。

年齢条件を満たしている

クレジットカードの基本条件としては、満18歳以上(高校生を除く)であることが求められます。

また、安定継続した収入があることが求められる場合もあります。

クレジットカードを作る際の注意点

クレジットカードを作る際は、以下の3つの点に注意しましょう。

  • 虚偽の情報を申告しない
  • 複数のカードに同時に申し込みをしない
  • 現住所で申し込む

虚偽の情報を申告しない

クレジットカードに申し込みをする際は、虚偽の申告はしないようにしましょう。

虚偽の情報を申告することは、カード会社に対する信用を失うことに繋がります。

また、故意でない場合でも申告ミスは審査落ちの要因となります。

審査を通過するためにも、すべて正確に記入しましょう。

複数のカードに同時に申し込みをしない

クレジットカードの審査を通過するためにも、複数のカードに同時に申し込みをしないことも重要です。

クレジットカードの同時申し込みは、申し込みブラックとなります。

申し込みブラックは、お金に困っていると判断され、審査落ちする可能性が高いです。

クレジットカードを複数枚発行したい場合は、期間をあけて申し込みするようにしましょう。

現住所で申し込む

クレジットカードは通常、申し込み時に提供した住所に郵送されます。

過去の住所や他人の住所で申し込むと、カードを受け取ることができず、セキュリティ上の問題も生じる可能性があります。

クレジットカードを作った後にすべき3つのこと

クレジットカードを作った後は、以下の3つのことをおこないましょう。

  • 申し込み内容を再確認する
  • カード裏面に署名する
  • カード会社の連絡先を登録する

申し込み内容を再確認する

カードが手元に届いたら、まずは内容に誤りがないか確認します。

氏名、住所、クレジット枠などが正しいかをチェックしてください。

カード裏面に署名する

クレジットカードの裏面には署名欄があります。

署名のないクレジットカードは、使用できません。

正式にカードを使用するためには、署名は必ずおこなってください。

カード会社の連絡先を登録する

クレジットカードが手元に届いたら、カード会社の電話番号を把握しておきましょう。

カード紛失や盗難、その他の緊急時に迅速に対応するために、カード会社の連絡先をスマートフォンに登録しておくことが望ましいです。

クレジットカードを選ぶ際の6つのポイント

クレジットカードを選ぶ際は、以下の6つの項目に注目して作成しましょう。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 発行までのスピード
  • 付帯サービス
  • セキュリティ
  • 国際ブランド

年会費

クレジットカードを選ぶ際は、年会費が必要になるクレジットカードであるかは重要なポイントです。

年会費の有無はカードのステータスにもよりますが、ポイント還元率が高還元なものほど必要になります。

しかし、年会費無料で利用できるカードを選択する人が多い傾向です。

年会費無料のカードの中には、還元率が1.0%以上のものや特定の店舗で利用するとポイント還元率がアップするものなどがあります。

また、年会費が必要になるカードの場合でも年間に1度でもカードを利用すると年会費が無料になるカードもあるのです。

年会費が必要なカードにも魅力的な特典はありますが、初めてカードを作成する場合は年会費無料のカードを選択するのが無難でしょう。

ポイント還元率

クレジットカードを選ぶ際は、ポイント還元率にも注目しましょう。

一般的に還元率0.5%のクレジットカードが多く、1.0%以上の還元率は高還元カードとよばれます。

貯まったポイントは、クレジットカードの支払いに充当できたり、Pontaポイントやdポイントなどさまざまなポイントに交換可能です。

クレジットカードによっては、店舗やネットショップと相性のよいカードを発行している場合もあります。

日頃から利用する店舗で使用すると高還元になるクレジットカードを選択すれば、ポイントも貯まりやすいでしょう。

発行までのスピード

発行までのスピードが早いクレジットカードも、魅力的です。

通常、クレジットカードの発行には1週間程度かかります。

しかし、デジタルカードでの即時発行や店舗で即日発行できるカードもあるのです。

すぐにクレジットカードを利用したい人は、即日発行に対応しているクレジットカードを選択するとよいでしょう。

付帯サービス

付帯サービスが充実していることも、クレジットカード選びでは重要です。

主に付帯されているサービスは、以下の通りとなります。

  • 海外旅行傷害保険の付帯
  • ショッピング補償サービス
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 飲食店や商業施設が優待価格で利用できる

クレジットカードでは、保障内容や優待価格で利用できる店舗などはカードによって異なります。

カード発行時に、利用したいサービスが付帯されているクレジットカードを選択しましょう。

セキュリティ

クレジットカードを選ぶ際は、セキュリティ面にも注目しましょう。

クレジットカードでは、カードの不正利用個人情報の流失などの被害に合う人がいます。

近年では、カード情報が盗み見されないようにカード表面にカード番号がないナンバーレスカードが多く発行されています。

不正利用に合わないためにも、セキュリティ対策がしっかりおこなわれているカードを選択しましょう。

国際ブランド

クレジットカードには、さまざまな国際ブランドがあります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

最初に発行するクレジットカードには、シェア率が高いVISAやMastercardを発行するとよいでしょう。

初めてクレジットカードを作る人におすすめのカード6選

初めてクレジットカードを作る人におすすめのカードは、以下の6選です。

  • 三井住友カード(NL)
  • JCBカード W
  • 楽天カード
  • 三菱UFJカードVIASOカード
  • エポスカードVisa
  • イオンカードセレクト

それぞれのクレジットカード特徴を、以下で紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

年会費 永年無料
還元率 0.5%〜7.0%
国際ブランド VISA

Mastercard

発行スピード 最短10秒
申込条件 満18歳以上
付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円

選べる無料保険

三井住友カード(NL)おすすめポイント
  • 年会費は永年無料
  • 即時発行を利用すると最短10秒で発行できる
  • 券面にカード番号がないナンバーレスカード

三井住友カード(NL)は、年会費は永年無料で利用できます。

通常還元率は0.5%ですが、コンビニや飲食店で利用すると最大7%のポイントが還元されるなどポイントが貯まりやすいカードです。

また、発行スピードが早いのも特徴でしょう。

スマートフォンから9:00〜19:30分までに申し込みが完了すると、最短10秒でモバイルカードが発行できます。

JCBカード W

年会費 永年無料
還元率 1.0%〜30%
国際ブランド JCB
発行スピード 最短5分
申込条件 18歳以上39歳以下

本人または配偶者に安定継続収入がある方

高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方

付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円

ショッピングガード保険海外最高100万円

JCBカード Wおすすめポイント
  • 還元率がJCB通常カードの2倍
  • 年会費は永年無料
  • パートナー店舗で利用すると最大30倍のポイントが還元される

JCBカード Wは、年会費永年無料でJCB通常カードの2倍のポイントが還元されます。

さらに、パートナー店舗でカードを利用すると最大30倍のポイントが還元されるなど、ポイントが貯まりやすいカードでしょう。

最短5分でナンバーレスカードが発行でき、インターネットや店舗ですぐに利用できます。

楽天カード

楽天カード

年会費 永年無料
還元率 1.0%〜2.0%
国際ブランド VISA

Mastercard

JCB

American Express

発行スピード 1週間程度
申込条件 18歳以上
付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円

カード盗難保険

楽天カードおすすめポイント
  • 通常還元率が1.0%と高還元
  • 年会費は永年無料
  • 楽天市場や楽天Payと相性がよい

楽天カードは、通常ポイント還元率が1.0%とポイントが貯まりやすいのが特徴です。

ポイントは普段の買い物だけでなく、カードを使って楽天市場で買い物すると3倍のポイントが還元されます。

また、貯まったポイントは月々の支払いに充当できるだけでなく、楽天ポイントのマークがある店舗で利用可能です。

三菱UFJカードVIASOカード

VIASOカードの審査は甘い?

年会費 永年無料
還元率 0.5%〜14.0%
国際ブランド Mastercard
発行スピード 最短翌営業日
申込条件 18歳以上

本人または配偶者に安定した収入がある

18歳以上の学生の方

付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円

ショッピング保険最高100万円

三菱UFJカードVIASOカードおすすめポイント
  • 年会費は永年無料
  • 貯まったポイントは自動でキャッシュバックされる
  • カードは最短翌営業日発行される

三菱UFJカードVIASOカードは、年会費無料で最短翌営業日にカードが発行されます。

携帯電話やインターネットでカードを利用するとポイントが2倍になったり、POINT名人.comを利用すると最大14倍のポイントが還元されたりとポイントを効率よく貯められます。

また、貯まったポイントは自動でキャッシュバックされるため、ポイント失効の心配がありません。

エポスカード

エポスカード

年会費 永年無料
還元率 0.5%
国際ブランド VISA
発行スピード 即日発行
申込条件 18歳以上
付帯保険 海外旅行傷害保険最高3,000万円
エポスカードおすすめポイント
  • 裏面にカード番号が印字されている
  • 年4回あるマルコとマルオの10%オフに参加できる
  • 店舗受け取りを希望するとカードが即日発行できる

エポスカードは、インターネットから申し込みをおこない店舗受け取りを希望するとカードが即日発行できます。

また、エポスカードは10,000店舗で優待やポイントアップが受けられるのも魅力です。

年4回ある10%オフセールにも参加できるため、マルイをよく利用する人にはかかせないカードでしょう。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費 永年無料
還元率 0.5%〜1.0%
国際ブランド VISA

Mastercard

JCB

発行スピード 最短5分
申込条件 18歳以上
付帯保険 ショッピングセーフティ保険

クレジットカード盗難保障

イオンカードセレクトおすすめポイント
  • イオングループで利用するとポイントが2倍になる
  • 毎月20日と30日にイオングループで利用すると5%オフになる
  • ゴールドカードが無料で発行できる

イオンカードセレクトは、イオングループで利用するとポイントが2倍還元されます。

さらに、イオングループで実施している割引やキャンペーン特典が受けられるため、日ごろからイオングループを利用している人には魅力的なポイントです。

イオンカード会員の人で条件を満たしているとゴールドカードも無料で利用できます。

クレジットカード作り方についてよくある質問

主婦や学生は作成できる?

クレジットカード作成の条件はクレジットカードによっても異なりますが、主婦や学生でも作成は可能です。

しかし、満18歳以上と記載がないクレジットカードは作成できません。

学生でも、高校生は不可としているため申し込みの際には各クレジットカードの申込条件の確認が必要です。

無職でも作成できる?

クレジットカードの発行条件に、収入の記載がなければ発行は可能です。

しかし、収入がある人よりも審査は厳しくなります。

キャッシング枠を0円にする、他社から借り入れしないなどの対策をしてから申し込みしましょう。

即日発行できるクレジットカードはある?

クレジットカードには、即日発行できるカードがあります。

即日発行できるカードの特徴として、デジタルカードの発行や店舗受け取りができる点が挙げられます。

クレジットカードの作り方の流れを把握し自分に合うカードを選択しよう

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

クレジットカードの作り方の流れや自分に合うクレジットカードの選択方法について解説しました。

クレジットカードには多くの種類がありますが、それぞれ特徴があります。

年会費が無料なものや還元率が1.0%以上の高還元カード、特定の店舗で利用するとポイント還元率が高くなるものなどさまざまです。

よく利用する店舗がある人やポイントを貯めたい人はポイントが貯まりやすく、還元率がよいクレジットカードを選択するとよいでしょう。

自分の生活スタイルに合うクレジットカードが選択できれば、快適なカード生活を送れます。