キャッシングを利用するとローンが組めないは嘘!信用が下がらない利用方法やローンが組めない時の対策を解説

キャッシングを利用するとローンが組めないは嘘!信用が下がらない利用方法やローンが組めない時の対策を解説

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

カードローン

キャッシングを利用するとローンが組めないという噂を耳にして、不安に感じている方もいるでしょう。

しかし、結論から言えば、キャッシングを利用しているからと言ってローンが組めないということはありません。

キャッシンを利用するだけで信用情報に傷がつくわけではないので、キャッシングを利用している人でもローンを組める可能性は十分あります。

また、例えばクレジットカードのキャッシングを年収の3分の1近くまで利用しているから、総量規制によってさらにローンを組むことはできないと誤解している方もいます。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用元:日本貸金業協会貸金業法について

しかし中には「総量規制の対象外」のローンも存在します。

このようにキャッシングを利用していてもローンを計やすくる方法はありますので、あきらめずに自分に合った方法を見つけましょう。

キャッシングをしていても追加でお金が必要な人におすすめカードローン
Pick UP
プロミス 人気NO.1!
プロミス広告
金利(年率)
年4.5%~17.8%
融資スピード
最短3分融資! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
審査スピード
最短3分! ※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
限度額
1万~500万円
無利息の期間
30日間利息0円!
郵送物の有無
Web完結申し込みで無し※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
企業名
SMBCコンシューマファイナンス
Web完結の申し込みで最短3分融資
初めての方は最大30日間無利息!
※お申込み時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。

キャッシングを利用するとローンが組めないのは嘘

キャッシングを利用するとローンが組めないと聞いて不安を感じている方も多いかと思いますが、それは誤解です。

キャッシングを利用しているからと言ってローンが組めないということはありません。

ただしキャッシングの利用状況や、利用を考えているローンサービスによっては、ローンを組む際に不利になることもあります。

まずはキャッシングとローンサービスの関係について、誤解されがちな点を正しく認識することが重要です。

キャッシングとローンサービスの関係
  • カードローンを利用しているだけだと信用情報に傷は付かない
  • 総量規制対象外のローンがあるのでキャッシングを利用していても組める
  • 返済延滞があるとローンが組めなくなる

カードローンを利用しているだけだと信用情報に傷は付かない

カードローンを利用しているだけでは、信用情報に傷がつくことはありません。

重要なのは返済を計画的に行い、滞りなく支払いを完了させているかどうかです。

支払いが完了していれば、むしろ計画性や返済能力があると判断してもらう材料になることもあります。

ただし、ローンを借りるうえでキャッシングをしたという履歴があるとネガティブな印象を与えやすく、多少審査で不利になることもあります。

特に、返済がまだ終わってない、何度もキャッシングを繰り返している、完済しているのにキャッシングの解約をしていない等の状態は、ローン審査で不安視されやすいです。

「計画性がなさそう」「また大きな買い物をするのでは?」という印象を持たれやすいです。

結論、カードローンやキャッシングの利用はローン審査で不利になりやすい要素ではあるものの、ローンが利用できなくなるわけではありません。

キャッシングしても返済を計画的に行い、滞りなく支払いを完了させていれば、ローンを組める可能性は十分にあります。

総量規制対象外のローンがあるのでキャッシングを利用していても組める

貸金業法による総量規制によって、年収の3分の1を超える貸付はできないと制限されています。

そのため、例えばすでに消費者金融から年収の3分の1近くの借り入れをしている方の場合、ローンを組めないこともあります。

ただし総量規制の対象となるのは「貸金業者からの借入れ」なので、該当するのは消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング等です。

銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などは貸金業者ではないため、総量規制の適用外となります。

また消費者金融からの借入であっても、おまとめローンは総量規制の対象外になることがあります。

キャッシングと合算して年収の3分の1以上のローンを組みたい場合は、銀行や信用金庫等の貸金業者以外のローンを検討してみましょう。

キャッシングと合算して年収の3分の1までなら、消費者金融でもローンを組める可能性があります。

また、住宅ローンや自動車ローンは「除外貸付け」に該当し、総量規制は適用されません。

総量規制の対象となる借入

  •  クレジットカードのキャッシング
  • 消費者金融のカードローン 等

総量規制の対象外となる借入

  • 貸金業者以外(銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫 等)からの借入れ
  • クレジットカードのショッピング枠
  • 消費者金融のおまとめローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン 等

返済延滞があるとローンが組めなくなる

カードローンやキャッシングの返済に遅延があると、その情報は信用情報機関に記録されます。

返済が遅延すると信用情報に傷がついた状態となり、ローン審査の際不利になります。

遅延情報は返済が完了してから5年ほどは信用情報に残るため、ローンを組む予定がある場合はカードローンやキャッシングの返済遅延をしないよう慎重に返済計画を守ることが重要です。

また支払いを滞納してから61日以上経過すると、信用情報に金融事故情報が登録され、いわゆるブラックリスト入りになってしまいます。

ブラックリストに載ると住宅ローンや車のローンの審査に通らなくなるため注意しましょう。

キャッシングを利用しても信用を下げない対策

キャッシングは急な出費が発生した際に非常に便利です。

しかし、不適切な利用は信用情報に悪影響を及ぼし、以降のローン審査などに不利な要因となる可能性があります。

そこで、ここからはキャッシングを利用しても信用を下げない対策について解説していきますので目を通してみてください。

キャッシングを利用しても信用を下げない対策
  • 延滞しない
  • 返済が滞らないように返済計画を立てる
  • 契約違反をしない

延滞しない

最も大切な対策は返済の延滞を避けることです。

延滞は信用情報に記録され、その情報は5年ほど残り続けます。

信用情報に記録が残る間はローン審査で不利になってしまいますので、キャッシングを使うなら遅延せずに計画的に返済することが重要です。

さらに支払いを滞納してから61日以上経過するとブラックリスト入りになってしまい、住宅ローンや車のローンの審査に通らなくなるので注意しましょう。

返済が滞らないように返済計画を立てる

キャッシングでの借入前に、借りた金額と返済期間、月々の返済額を正確に計算し、自身の収入と支出を考慮した上で無理のない範囲での借入れと返済計画を立てることが重要です。

多くの金融機関で提供している返済シミュレーションを活用して、返済プランを具体的にイメージしましょう。

先に返済計画を立てることで、自分の返済能力以上の借り入れを防止し、返済遅延を抑止する「効果も期待できます。

契約違反をしない

クレジットカードの現金化など、契約違反に該当する行為は絶対に避けましょう。

契約違反行為は金融機関によって厳しく取り締まられ、カードの利用停止や強制解約といった措置が取られます。

または違反行為信用情報にも記録される可能性があり、ローンを組む際に審査に通りずらくなる等、将来的な金融活動において不利な影響を及ぼすこともあります。

信用情報の健全性を保つためにも、利用規約を把握し、違反する行動をとらないようにしましょう。

ローンが組めない時の対策

ローンを申し込みたいけれど、過去の借入れや信用情報の問題で審査が心配、という方も多いでしょう。

適切な対策をとることで、ローンの審査通過率を高めることが可能です。

ここからは、ローンが組めない時の具体的な対策を紹介します。

ローンが組めない時の対策
  • 借金を返済する
  • 一定期間同じ所で働く
  • 信用情報が書き換えられるのを待つ
  • 頭金を用意する

借金を返済する

既存の借金が多いとローン審査に不利になります。

おまとめローンを利用して高利の借金を低利で一本化したり、繰り上げ返済で借金を迅速に減らすなど、積極的な返済計画を立てましょう。

返済負担を軽減することで、将来のローン審査においても有利に働きます。

一定期間同じ所で働く

ローン審査では、申込者の収入と職歴の安定性が重要なポイントとなります。

同じ職場での勤続年数が長いほど、収入の安定性が高いと見なされます。

目安として、3年以上の勤続年数があれば、審査において好印象を与えることができます。

信用情報が書き換えられるのを待つ

信用情報に事故情報が記録されている場合、その情報が消去されるまで待つことも一つの手です。

延滞の記録は5年、債務整理は最大10年で消去されるため、それまでの間に信用情報を清潔に保つことが大切です。

信用情報機関からの開示請求を通じて、定期的に信用情報を確認しましょう。

頭金を用意する

自動車購入など特定のローンでは、頭金を用意することで借入れ額を減らすことが可能です。

借入れ額が少なければ、返済負担も軽減され、ローン審査においても有利になります。

可能な限り頭金を準備して、審査の通過率を高めましょう。

キャッシングを利用していて追加でお金がほしい人はおまとめローンがおすすめ

キャッシングを利用しているものの、追加でお金が必要になってしまった場合には「おまとめローン」がおすすめです。

おまとめローンは総量規制の適用外なので、年収の3分の1以上の借り入れとなる場合も問題ありません。

以下ではキャッシングを利用していて追加でお金がほしい人におすすめのおまとめローンを紹介します。

キャッシングを利用していて追加でお金がほしい人はおまとめローンがおすすめ
  • プロミス
  • アイフル
  • 楽天銀行
  • 三菱UFJ銀行

プロミス

プロミス

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
プロミス基本情報
金利 4.5〜17.8%
審査時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
融資時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間 30日間
限度額 1~500万円
※2024/04/09時点の情報です
★プロミスのおすすめポイント
初めての方は30日間利息0円!

プロミス「おまとめローン」概要
商品名 おまとめローン
利用限度額 ~300万円
金利 6.3~17.8%
担保・保証人 原則不要
遅延損害金 20.0%

プロミスのおまとめローンのポイント

  • 最長10年をかけて返済できる
  • 返済期日が選べる
  • 主婦や学生、パート・アルバイトでも申し込める

プロミスのおまとめローンは300万円までの融資が可能です。

最長10年間の契約ができ、120回まで分割返済できる点が特徴です。

返済期日は5日、15日、25日、末尾の4日程から選択可能で、給料日に合わせて返済計画を立てられるのも嬉しいポイント。

Webからの申し込みの場合、最短3分融資が可能です。※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

申し込みから借り入れまでWeb完結し、カードレスでの取引なので郵送物もありません。

コンビニATMや銀行ATM・プロミスATMからも借り入れができ、手数料も無料で利便性が高いのが強みです。

主婦や学生、パート・アルバイトでも申し込みできます。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

アイフル

アイフル キャプチャ
総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
アイフル基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間

最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

融資時間

最短18分

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

無利息期間 30日間
限度額 1万円~800万円
※2024/04/09時点の情報です
★アイフルのおすすめポイント
24時間365日WEBから申し込み可能

アイフルの概要
商品名 アイフル
審査時間 最短18分 ※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
利用限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
無利息期間 初回利用日から30日間
担保・保証人 不要
Web完結 可能
電話での在籍確認 原則なし
申し込み可能年齢 20歳~69歳
遅延損害金 20.0%

アイフルのおまとめローンのポイント

  • 利用限度額最大800万円
  • 消費者金融のおまとめローンの中では上限金利が低め
  • 年齢条件に上限なし

アイフルの「おまとめMAX」や「かりかえMAX」は総量規制の対象外となる商品です。

申し込みから借り入れまでスマホアプリで完結し、24時間365日取引ができます。

契約後はスマホアプリを利用して、借入や返済が可能です。

セブン銀行ATMもしくはローソン銀行ATMと提携しているので、ATM数も多く利便性が高いです。

アイフル   広告
アイフル
審査・融資のスピード
最短18分融資! ※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
限度額
1万円~800万円
Web完結の申し込みで最短18分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!

楽天銀行

楽天銀行

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
×
24時間対応
楽天銀行カードローン基本情報
金利 1.9%~14.5%
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
無利息期間 30日間
限度額 10万円~800万円
※2024/04/09時点の情報です
★楽天銀行カードローンのおすすめポイント
 
楽天会員ランクに応じて審査優遇あり
楽天銀行スーパーローン概要
商品名 楽天銀行スーパーローン
利用限度額 ~800万円
金利 1.9%~14.5%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

楽天銀行スーパーローンのポイント

  • 利用限度額が最大800万円
  • 楽天のポイントランクによって審査優遇が受けられる
  • 審査申し込みはWeb完結

楽天銀行スーパーローンはおまとめ専用ローンではないものの、おまとめ利用も可能なカードローンです。

利用限度額が最大800万円あるため、高額利用にも対応しています。

また、利用に応じて楽天ポイントが付与されるため、楽天ユーザーなら特にお得に使いやすいです。

また、楽天のポイントランクによって審査優遇が受けられるメリットもあります。

審査申し込みはWeb完結なので、店舗に足を運ぶ必要がなく手軽なのも魅力です。
楽天銀行スーパーローン 広告
楽天銀行スーパーローン
審査・融資のスピード
最短即日融資!
限度額
10万円~800万円
Web完結の申し込みで最短即日融資!/公式サイトで申し込む!
初めての方は最大30日間無利息!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
バンクイック基本情報
金利 1.8%~年14.6%
審査時間 最短即日
融資時間 最短翌営業日
無利息期間 なし
限度額 10万円~500万円
※2024/04/09時点の情報です
★バンクイックのおすすめポイント
三菱UFJ銀行・提携コンビニATM利用手数料0円!
三菱UFJ銀行カードローン概要
商品名 バンクイック
利用限度額 10万~500万円
金利 1.80%~14.60%
担保・保証人 不要
遅延損害金 借入時の金利が遅延損害金利率となる

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のポイント

  • 1.80%~14.60%と低金利
  • 限度額500万円でおまとめローンとしても利用可
  • 最短即日融資にも対応

三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は、メガバンクの三菱UFJ銀行が提供するサービスです。

バンクイックはカードローンですが、低金利であることと限度額500万円という特徴から、おまとめローンとしての借り換えにもおすすめです。

最短即日融資にも対応しており、ネットから24時間365日いつでも利用申し込み可能です。

ATM手数料無料で、アプリから振り込みでの借入にも対応しています。

バンクイック 広告
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
審査・融資のスピード
最短翌営業日融資!
限度額
10万円~500万円
Web完結の申し込みで最短翌営業日融資!/

キャッシングを利用するデメリット

キャッシングは急な出費や資金不足の際に便利ですが、デメリットについても理解したうえで利用するのがおすすめです。

ここではキャッシングを利用するデメリットについてまとめています。

キャッシングを利用するデメリット
  • 総量規制の対象になる
  • 滞納するとブラックリストに入る
  • 利息がかかる
  • 借りすぎる可能性がある

総量規制の対象になる

貸金業法による総量規制は、個人の年収の3分の1を超える借入ができないように定めています。

この総量規制はによって、貸金業者で既に多額の借入れがある場合、新たにローンを組んだりキャッシングする際に金額が制限される可能性があります。

銀行ローン等の総量規制の対象外となる借入もありますが、限度額の管理と自身の返済能力の把握は必須です。

返済能力を超える借り入れをしないように気を付けましょう。

滞納するとブラックリストに入る

キャッシングの返済を滞納すると、信用情報に傷がつきます。

さらに返済の遅延が61日間を過ぎるとブラックリストに登録され、事故情報の記録が残る間は新たにローンが組めなくなります。

近々大きな買い物などでローンを組む予定がある場合は特に、遅延しないよう返済計画をしっかり立てることが重要です。

利息がかかる

キャッシングは便利ですが、利用額が大きくなるほど利息負担が増加します。

借入額や返済期間によっては、元金を超える利息を支払うこともあります。

利息を最小限に抑えるためにも、短期間での返済計画が必要です。

借りすぎる可能性がある

キャッシングは利便性が高いため、自分が返済できる範囲を超えて借り過ぎてしまうリスクがあります。

利用可能枠内であれば繰り返し借入が可能なため、無意識のうちに多額の借金を抱えることになりかねません。

そのため、借入額を新調に管理する意識が重要となります。

キャッシングを利用してもローンは組める!信用が下がらないように返済していく事が重要

キャッシングを利用するとローンが組めないと聞いて不安を感じている方も多いかと思いますが、実際、キャッシングを利用しただけでローンが組めなくなることはありません。

重要なのは、信用が下がらないように、遅延なく確実に返済していく事です。

支払いが問題なく完了している履歴があれば、むしろ計画性や返済能力があると判断してもらう材料になることもあります。

ただし、返済が遅れて信用に傷がついたり、長期間返済を怠ったことでブラックリスト入りしてしまうと、ローンが組めなくなる可能性もあります。

特に数年以内に大きな買い物などでローンを組む予定がある場合は、キャッシングの前に事前に念入りに返済計画を立て、返済能力以上の借り入れはしない等、慎重に利用するようにしましょう。