おすすめのカードローン会社15社の口コミ・評価を解説!

おすすめのカードローン会社15社の口コミ・評価を解説!

本ページにはPRリンクが含まれます。当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

カードローン

急な出費の際にお金を借りる方法として「カードローン」があります。

ただし一言にカードローンと言っても多くの企業があるため、「どれを選べば良い?」と疑問に感じる方も多いでしょう。

実際に金融庁の「貸金業者数の推移」によると、平成22年時点で4,254もの貸金業社があるとされています。

金融庁「貸金業社の種類」

出典:金融庁貸金業者数の推移

また貸金業社とは「消費者金融」を指す言葉であるため、銀行のカードローンを含めるとさらに多くの種類があります。

お金を貸す業務を行っており、財務局又は都道府県に登録をしている業者のことを、「貸金業者」といいます。具体的には、消費者金融、クレジットカード会社などが貸金業者です(※)。銀行や、信用金庫、信用組合、労働金庫なども、様々な融資を行っていますが、これらは「貸金業者」ではありません。

引用元:金融庁貸金業法が大きく変わりました!

そこで今回は、「消費者金融」「銀行」を含めた「おすすめのカードローン15選」を紹介します。

カードローンの選び方」や「審査のポイント」も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • おすすめのカードローン会社15社
  • 目的別!カードローンの選び方
  • カードローンの審査通過のポイント
  • カードローンとキャッシングの違いとは?
  1. おすすめのカードローン会社15社
    1. プロミス
    2. SMBCモビット
    3. 三井住友銀行カードローン
    4. 横浜銀行カードローン
    5. オリックス銀行カードローン
    6. 三菱UFJ銀行バンクイック
    7. レイク
    8. auPAYスマートローン
    9. セブン銀行カードローン
    10. みずほ銀行カードローン
    11. りそな銀行カードローン
    12. auじぶん銀行カードローン
    13. ソニー銀行カードローン
    14. オリックスマネー
  2. 目的別!カードローンの選び方
    1. 利息負担を軽減したいなら低金利のカードローン
    2. 無利息期間サービスがある券種なら利息額0円!
    3. 周囲バレを防ぐなら電話連絡がないカードローンを選ぶ
    4. 複数社からの借入はおまとめローンが最適
    5. 月々の支払が多いなら借り換えローンも検討しよう
  3. カードローンの審査通過のポイント
    1. 安定した収入をアピール
    2. ローン会社は1社に限定する
    3. 借入があれば借金をなるべく減らしておく
    4. 借入希望額は年収の3分の1までにする
    5. 借入希望額を低めに設定する
  4. カードローンとキャッシングの違いとは?
    1. キャッシングはクレジットカード会社から借り入れるもの
    2. キャッシングだとカードローンよりも金利が高め
    3. キャッシング枠がついていればすぐにお金を借りられる
  5. カードローンでよくある質問
    1. カードローンは審査なしでも契約できる?
    2. カードローンの審査では何を見られる?
  6. 自分に合ったカードローン会社を選ぼう!

おすすめのカードローン会社15社

ここでは、おすすめのカードローン会社15社についてそれぞれご紹介します。

おすすめのカードローン会社15社

  • プロミス
  • SMBCモビット
  • 三井住友銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行バンクイック
  • レイク
  • auPAYスマートローン
  • セブン銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン
  • auじぶん銀行カードローン
  • ソニー銀行カードローン
  • オリックスマネー

プロミス

プロミス

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
プロミス基本情報
金利 4.5〜17.8%
審査時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
融資時間 最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間 30日間
限度額 1~500万円
※2024/02/15時点の情報です
★プロミスのおすすめポイント
初めての方は30日間利息0円!

金利 4.5~17.8%
審査時間 最短20分※
融資スピード 即日
借入限度額 500万円
無利息期間 30日間(初回借入日以降)
WEB完結 可能
コンビニ借入
学生の借入 18歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合可能
・申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は不可
専業主婦の借入 不可

プロミスはWEB申し込みの場合だと最短20分で審査が完了し、即日融資もできるカードローンです。

全ての手続きがWEB上で完結し郵送物もないので、職場バレ・家族バレを避けたい人にはおすすめです。

またプロミスでは、借入から30日以内に完済すれば、利息が一切かからないといった大きな魅力があります。

もし短期間で返済できる目処が立っているなら、プロミスお検討してみるといいでしょう。

\お申し込みはこちら!/

SMBCモビット

SMBCモビット

総合★★★★★ 5.0
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
SMBCモビット基本情報
金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
無利息期間 なし
限度額 1万円~800万円
※2024/02/16時点の情報です
★SMBCモビットおすすめポイント
簡易審査なら最短10秒で結果が分かる

金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資スピード 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
借入限度額 800万円
無利息期間 なし
WEB完結 可能
コンビニ借入
学生の借入
専業主婦の借入 不可

SMBCモビットは「電話連絡なし」「郵送物なし」で最短30分で審査完了する、借入限度額が高いカードローン会社です。

SMBCモビットは以下の条件を満たしている方であればWEBから申し込めます。

  • 「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合保険証を持っている

さらに、SMBCモビットはTポイントに対応しており、返済利息200円につき1ポイント、1ポイント=1円として返済に充てることもできます。

\お申し込みはこちら!/

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 年1.5~14.5%
審査時間 最短当日※
融資スピード 最短当日※
借入限度額 10~800万
無利息期間 なし
WEB完結 可能※(申込から契約までの手続きがWEBで完結。普通預金口座がなくても、本人確認をオンラインでされた場合はWEB完結が可能)
コンビニ借入
学生の借入
専業主婦の借入 不可

三井住友銀行カードローンは口座を持っていなくても、WEBからだと来店不要で24時間の申込ができます。

契約後は契約内容確認書類等が自宅へ郵送されるのが通常ですが、「カードレス」を選択するもしくはローン契約機でカードなどを受け取れば郵送物は自宅に届きません。

カードレスタイプを選ぶだけで0.6%もお得になるだけでなく、利用年数が長くなるにつれて適用金利が下がるといったメリットもあります。

すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っているのであれば、今使っているキャッシュカードをつかってそのまま借り入れができます。

利用状況もスマホアプリか簡単にチェックできるため、しっかり管理したいといった方におすすめだといえるでしょう。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

金利(年利) 年1.5~14.6%
審査時間 最短即日
融資スピード 最短即日
※ローンカードが届く前にご融資も可能です。(ご契約手続きの時間によっては、お振り込みが翌平日窓口営業日以降となる場合があります。)
借入限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
無利息期間 なし
WEB完結 可能
コンビニ借入
学生の借入 不可
専業主婦の借入 可能

横浜銀行カードローンはカードローンではかなり高い借入限度額を設定しており、最大1,000万円まで借り入れできる特徴があります。

また借入限度額が高いことから、複数のローンやリボ払いをひとつにまとめる「おまとめローン」として利用することもできます。

もし現在複数の消費者金融を利用中なら、横浜銀行にまとめて利息を減らすのもひとつです。

横浜銀行カードローンは利便性にも優れ、以下の各種ATMでであればどこでも借入・返済できます。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • イオン銀行(借入のみ)

専業主婦の借入もできるので自信がない方は検討してみるといいでしょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの審査

金利(実質年利) 年1.7~14.8%
最高利用限度額 800万円
無利息期間 あり
※契約日の翌日から30日間無利息
WEB完結 可能
コンビニ借入 可能
学生の借入 可能
※満20歳以上で安定収入がある場合のみ
専業主婦の借入 不可

オリックス銀行カードローンは口座開設や来店は不要、WEBで口座開設が完了するカードローンです。

オリックス銀行カードローンはガン保障特約付きプラン「Bright」が選択できるのが特徴です。

「Bright」は契約者がガンと診断された、もしくは死亡・高度障害状態になった際に、その時点での借入残高が0になる特約のことで、加入に当たっては契約者が保険料を負担する必要はありません。

ほかにもオリックス銀行カードローンは「提携ATMが多い」「契約日の翌日から30日間無利息」などうれしいポイントがあります。

三菱UFJ銀行バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
バンクイック基本情報
金利 1.8%~年14.6%
審査時間 最短即日
融資時間 最短翌営業日
無利息期間 なし
限度額 10万円~500万円
※2024/02/16時点の情報です
★バンクイックのおすすめポイント
三菱UFJ銀行・提携コンビニATM利用手数料0円!

金利(年率) 年1.8〜年14.6%
審査時間 最短当日
融資スピード 最短翌営業日
借入限度額 500万円
無利息期間 なし
WEB完結(※お申込みまではWEB完結) 可能
コンビニ借入
学生の借入 不可

三菱UFJ銀行バンクイックなら口座なしでもWEBから申込ができます。

なおすでに三菱UFJ銀行の普通預金口座があれば、少ない項目を入力すればいいのでよりスムーズに借り入れができます。

三菱UFJ銀行および提携コンビニATMで借入・返済が可でき、何度利用してもATM手数料はかかりません。

したがって、なるべく手数料を気にせず借入・返済したいといた方におすすめです。

三菱UFJ銀行バンクイックは最小返済額月1,000円からなので、コツコツ返済していきたい人にも向いています。

\お申し込みはこちら!/

レイク

レイク

金利 4.5%~18.0%
審査時間 最短15秒
融資スピード 最短即日
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
借入限度額 500万円
無利息期間 Web申込みで初回契約日の翌日から60日間利息なし
初回契約日の翌日からお借入額5万円まで180日間利息なし
※注釈あり
WEB完結 可能
コンビニ借入
学生の借入 可能
(20歳以上でパート、アルバイトによる安定した収入がある場合)
専業主婦の借入 不可

レイクでは、以下の「審査結果のお知らせ時間」内に申し込めば、最短15秒で審査結果が分かります。

  • 毎月第3日曜日の8時10分〜19時
  • 上記以外だと8時10分〜21時50分

さらに、スマホから申し込み、カードレス契約を選ぶとローンカードなしで契約でき、自宅への郵送物もないので家族にバレる心配もありません。

またはじめてレイクを利用する方は60日間利息が0円(WEB申込限定)、借入額の内5万円までだと180日間利息0円とほかの消費者金融よりも長く無利息で借りられるメリットがあります。

auPAYスマートローン

auPAYスマートローン

貸付利率 年2.9~18.0%(実質年率)
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
利用限度額 1万円~100万円
無利息期間 なし
WEB完結 可能
コンビニ借入 可能
※現在お取り扱いを停止しています
学生の借入 可能(満20歳以上で安定収入がある場合)

auPAYスマートローンはスマホ・パソコンからWEBで完結します。

カードレスローンなので郵送物がなく、職場バレ・家族バレを防ぎたい人におすすめです。

またauPAYスマートローンは専用サイトまたはアプリから借入金をauPAY残高へ直接チャージができ、残高はau PAY プリペイドカードおよびau PAYアプリで利用できます。

借入れ残高で買い物しても200円につき1ポイントのPontaポイントがたまります。

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
×
24時間対応
セブン銀行カードローン基本情報
金利 12.0%~15.0%(50万円までは15%)
審査時間 最短翌日
融資時間 最短翌日
無利息期間 なし
限度額 新規:10万円~50万円/初回借入れから約6ヵ月以上:最大300万円まで
※2024/02/16時点の情報です
セブン銀行カードローンのおすすめポイント
 
借入・返済手数料がずっと無料!

金利(実質年利) 12.0〜15.0%
審査時間 最短翌日
融資スピード
最高利用限度額 300万円
無利息期間 なし
WEB完結 可能

セブン銀行カードローンはアプリやパソコンからWEBで完結し、セブン銀行の口座を持っていれば最短翌日で融資が受けられます。

セブン銀行カードローンは全国のセブン銀行ATMやダイレクトバンキングサービスから原則24時間いつでも手数料0円でお借入れ・返済ができるので、おもにセブンイレブンをよく使う方におすすめです。

またセブン銀行カードローンは、口座を持っていなくても運転免許証またはマイナンバーカードがあれば、アプリから即時口座開設ができるのでなるべく早く融資を受けたいといった方にも向いています。

ただしほかのカードローン会社に比べるとやや利用限度額が低いので、おもに少額の融資を受けたい人向けだと言えるでしょう。

\お申し込みはこちら!/

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利(実質年利) 2.0〜14.0%
最高利用限度額 10万円~800万円
無利息期間 なし
WEB完結 可能(みずほ銀行の口座を持っていない場合は、別途返済用口座として、普通預金の口座開設が必要)
コンビニ借入 可能
学生の借入 20歳以上で収入があれば可能
専業主婦の借入 不可

みずほ銀行のカードローンの金利は、年率2.0~14.0%と比較的低めに設定されているのが特徴です。

さらにみずほ銀行の住宅ローン契約中であれば、1,5%~13,5%と通常金利よりも引き下がります。

またみずほ銀行カードローンを利用した場合、みずほマイレージクラブのステージが最高ステージが適用されます。

みずほマイレージクラブは銀行利用時の振り込みや時間外手数料がお得になるサービスで、ステージごとにお得になる回数が増える仕組みとなっています。カードローンを利用していると以下のSステージが適用となります。

時間外手数料 イーネット時間外手数料・利用手数料 みずほダイレクのみずほ銀行本支店宛振込手数料 みずほダイレクト他行宛振込手数料 キャッシュカード新規発行手数料
Bステージ 0円 月1回まで0円 0円 0円
Aステージ 0円 月2回まで0円 0円 0円
Sステージ 0円 月3回まで0円 0円 月3回まで0円 0円

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローン

金利 3.5~13.5%
審査時間 通常1週間程度
融資スピード 非公開
借入限度額 800万円
無利息期間 なし
WEB完結 可能
コンビニ借入
学生の借入 不可

りそな銀行カードローンは金利が3.5~13.5%と低めに設定されています。

さらに給与振込もしくは住宅ローンを利用していれば、通常金利よりもさらに0,5%引き下がりますので、普段からりそな銀行を利用している方にはおすすめです。

またりそな銀行カードローンではATMでの借入のほかに、「オートチャージ(自動融資)」にも対応しています。

したがって、公共料金やクレジットカードの引き落とし時に残高が不足したとしても不足額を自動的に融資してくれるので安心です。

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローン

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
×
24時間対応
auじぶん銀行カードローン基本情報
金利 1.48%~17.5%
審査時間 最短1時間
融資時間 最短約1週間
無利息期間 なし
限度額 10万円~800万円
※2024/02/16時点の情報です
★auじぶん銀行カードローンのおすすめポイント
 
auIDを持っていれば最大0.5%金利優遇

年利) 通常 年1.48%~17.5%
誰でもコース 年1.38%~17.4%
借り換えコース(※) 年0.98%~12.5%
審査時間 最短当日
借入限度額 カードローンau限定割 誰でもコース 10万円以上800万円以内
カードローンau限定割借り換えコース 100万円以上800万円以内
※限度額は100万円の場合のみ
無利息期間 なし
WEB完結 可能
コンビニ借入
学生の借入 不可

auじぶん銀行は通常のコース(誰でも利用できる)で年金利1.48%~17.5%と高めに設定されていますが、au IDを持っていれば年0,5%の金利優遇が受けられます。

月々の返済は1,000円から設定できるため、コツコツと返済していきたい人にもおすすめです。

またauじぶん銀行では提携ATMの手数料がいつでも無料、任意の日付もしくは35日ごとに返済日を自分で決められるなど、カードローン会社にしてはかなり柔軟性が高いのもうれしいポイントです。

\お申し込みはこちら!/

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン

金利(実質年利) 2.5〜13.8%
審査時間 最短翌営業日
融資スピード
最高利用限度額 800万円
無利息期間 なし
WEB完結 可能
コンビニ借入 可能
学生の借入 可能
専業主婦の借入 不可

ソニー銀行はソニーグループのネット銀行です。

上限金利は13,8%と、これは先に紹介したりそな銀行に続いて低い金利設定となっています。

ソニー銀行カードローンでは主に以下の提携ATMを利用できます。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • イーネット
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

いずれのATMも借り入れは月4回まで、返済は無制限に手数料無料となるのでかなり利便性が高いといえるでしょう。

ただしソニー銀行は、カードローンを利用するにはソニー銀行の口座をつくらなければいけません。

初めて黄砂開設をした方を対象に、「初回振込サービス」を利用でき、カード受け取り前に振込で融資を受けることができるメリットがあります。

オリックスマネー

ORIX MONEY(オリックスマネー)の審査

総合★★★★★ 4.5
Web完結
身内にバレない
郵送物無し
24時間対応
ORIX MONEY PERSONALローン基本情報
金利 1.5%~17.8%
審査時間 最短1時間
融資時間 最短即日
無利息期間 30日間
限度額 10万円~800万円
※2024/02/16時点の情報です
★ORIX MONEY PERSONALローンのおすすめポイント
 
アプリ型(カードレス)を選べばカード発行なし・郵送物なし!

金利 1.5~17.8%
審査時間 最短60分
融資スピード 最短即日
借入限度額 800万円
WEB完結 可能
学生の借入 可能
(日本国内に居住し、年齢が満20歳~69歳の毎月定期収入のある方)
専業主婦の借入 不可

オリックスマネーは審査から融資まで最短60分で完了するので、その日のうちに融資を受けられます。

また、オリックスマネー利用者は以下のようなオリックスグループの各サービスで優待特典を受けられます。

オリックスレンタカー 基本料金が優待価格で利用可能
オリックスカーシェア ICカード発行手数料が無料、月額基本料と時間料金(2,200円分)も2ヶ月無料
個人向けカーリース 新規成約でAmazonギフト券2,000円分プレゼント

オリックスマネーはアプリやインターネットでスマートに借り入れができ、郵送物も一切ないので職場バレ・家族バレも避けられます。

\お申し込みはこちら!/

カードローンおすすめ会社ランキング!人気全国300社の金利や審査・評判を比較【2023年最新】

目的別!カードローンの選び方

カードローンは目的や用途によって選ぶことが大事です。

そこでここでは、目的別のおすすめのカードローンについてご紹介します。

利息負担を軽減したいなら低金利のカードローン

なるべく利息負担を抑えたい方であれば、「銀行カードローン」を選ぶといいでしょう。

なぜなら、銀行カードローンは消費者金融や信販会社より金利が低めに設定されていることが多いからです。

借入金額が同じであっても金利が低いところ選べば、その分利息負担を減らせます。

なお一般的なカードローンの多くは、「3.0%~18.0%」といったように金利に幅がありますが、初めて借りる際や限度額が低い場合は上限金利が適用されます。

したがって金利で選ぶ際は上限金利をチェックしておくといいでしょう。

無利息期間サービスがある券種なら利息額0円!

消費者金融のカードローンには無利息期間サービスがついています。

無利息期間サービスとは言葉の通り、期間中に利息が一切かからないといったサービスのことです。

たとえば「30日間無利息」といった記載があれば、30日以内に返済できれば利息は0円となります。

消費者金融は銀行に比べると金利が高めに設定されている傾向がありますが、無利息期間中に返済できれば利息はかかりません。

したがって短期間で完済する予定があるのであれば、無利息期間サービスがついているカードローンがおすすめです。

周囲バレを防ぐなら電話連絡がないカードローンを選ぶ

カードローンの利用を職場や家族にバレたくないといった方は、電話による在籍確認がないカードローンがおすすめです。

カードローンの審査では在籍確認が必須となり、電話でも基本的にばれるリスクは低いといわれています。

しかしどうしても不安な方はWEB申込に対応しているカードローンを選んでおけば安心です。

ちなみに今回ご紹介したカードローン会社でWEB申込に対応しているのは、「プロミス」「アイフル」「SMBCモビット」が挙げられます。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

複数社からの借入はおまとめローンが最適

もしすでにいくつかの会社から借入があるのであれば、「おまとめローン」に対応しているところを選ぶといいでしょう。

「おまとめローン」とは複数の借入をひとつにまとめることを指し、「返済や管理が楽になる」「低金利のローンにまとめれば利息負担を減らせる」「総量規制の対象外となる」などのメリットがあります。

しかし「おまとめローン」には「おまとめ以外の利用や追加の借入ができなくなる」といったデメリットもあるので注意が必要です。

またどのカードローンでも対応しているわけではなく、なかには「おまとめローン」が利用できないカードローンもあるので事前に確認してみてください。

月々の支払が多いなら借り換えローンも検討しよう

契約先はひとつなのに月々の支払負担が大きいといった方は、「借り換えローン」も検討してみてください。

借り換えとは利息負担を減らすために、他のカードローンへ乗り換えることです。

とくに消費者金融を利用している場合は、銀行への借り換えで返済額を減らせる可能性が高いといわれています。

しかし金利の高いカードローンに借り換えるとかえって返済額が増えるリスクがあるため、必ず契約しているカードローンよりも低金利のカードローンに借り換えるようにしましょう。

カードローンの審査通過のポイント

カードローンには必ず審査が必須となります。

そこでここでは、カードローンの審査に通過するためのコツについてご紹介します。

安定した収入をアピール

カードローンの審査では「返済能力があるか」が重視されるため、安定した収入があることをアピールしましょう。

具体的に返済能力があると判断される材料には以下のものが挙げられます。

  • 収入
  • 勤務先・職業
  • 勤続年数
  • 住居(持ち家か賃貸か)
  • 年齢
  • 家族構成

なかでもとくに重要なのは収入です。

高収入でなければいけないわけではなく、パートやアルバイトでも審査に通る可能性は大いにあります。

しかし反対に無職など安定した収入がなければ審査には通りません。

ローン会社は1社に限定する

確実に審査に通りたいのであれば複数社に申し込むのではなく、ローン会社は1社に限定することをおすすめします。

なぜなら複数のローン会社に同時に申し込むと、「きちんと返済できるのか」と返済能力がないとみなされるおそれがあるからです。

直接申告しなくても金融機関は審査の際に必ず信用情報をチェックするので、隠すことはできません。

1社だと不安だと感じても、複数社に申し込むのは避けるべきです。

プロミス広告
プロミス
審査・融資のスピード
最短3分融資
限度額
1万~500万円
Web完結の申し込みで最短3分融資!/
初めての方は最大30日間無利息!
※お申し込み時間や審査により希望に添えない場合がございます。

借入があれば借金をなるべく減らしておく

すでに他社での借り入れがあるのなら、できる限り残高を減らしてから申し込むと審査に通りやすくなります。

なぜなら他社の借り入れ残高やあまりにも件数が多すぎると、「返済能力がない」「総量規制(年収の3分の1以上の借入)を超えるおそれがある」と審査に落ちる可能性があるからです。

いくら収入が安定していても審査に通らないこともあるので注意が必要です。

また他社で延滞がある場合も審査に落ちるリスクが高くなるので、申し込む際は必ず延滞を解消してから申し込むようにしましょう。

借入希望額は年収の3分の1までにする

カードローンを申し込む際の借入希望額は年収の3分の1までに抑えるようにしましょう。

一般的に年収の3分の1を超える借り入れを規制する仕組みのことを「総量規制」といいますが、総量規制を超える金額を借りると審査に落ちる可能性が一気に高くなります。

たとえば年収300万円の場合、100万円までしか借りられないことになります。

ただし、「借り換え」や「おまとめ専用ローン」だと総量規制を超えて借りられるケースもあります。

したがってもし複数社のカードローンをまとめたいといった、高額な借入をする際は検討してみることをおすすめします。

借入希望額を低めに設定する

一般的なカードローンの審査では以下の「本人確認書類」と「収入証明書」が必要となりますが、借入金額が50万円以内なら収入証明書が不要となります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • パスポート
  • 各種保険証

【収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 税額通知表
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

ただしアルバイトや個人事業主の場合や審査結果によっては、借入希望額が50万円以下でも収入証明書が必要となるケースがあるので注意が必要です。

したがって万が一のために収入証明書も捨てるのではなく、残しておくと安心です。

カードローンとキャッシングの違いとは?

カードローンとよく比較されるものに「キャッシング」と呼ばれるものもあります。

そこでここでは、カードローンとキャッシングの違いについて解説します。

キャッシングはクレジットカード会社から借り入れるもの

カードローンとキャッシングの違いは、サービスを提供している金融機関にあります。

カードローン 消費者金融や銀行、信販会社
キャッシング クレジットカード会社

キャッシングは各クレジットカード会社の付帯機能のひとつであり、一般的にクレジットカードでお金を借りる行為だと認識されています。

キャッシングだとカードローンよりも金利が高め

通常、キャッシングはカードローンよりも金利が高い傾向があります。

銀行カードローン 年2.0~15.0%程度
消費者金融カードローン 年3.0~18.0%程度
キャッシング 年15.0~18.0%程度

上限金利は消費者金融のカードローンと同じ18.0%程度ですが、やはり銀行カードローンと比べると高いといえます。

しかし多額を借り入れると金利が下がるケースもあるため、金利を重視するならカードローンがおすすめです。

ちなみにキャッシングからカードローンに借り換えることもできます。

キャッシング枠がついていればすぐにお金を借りられる

クレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合、追加の審査なしですぐにお金を借りられるメリットがあります。

したがってもし少額のお金をすぐに借りたいのであればキャッシングがおすすめです。

反対に「まとまったお金が必要」「少しでも金利を抑えたい」「借り入れる頻度が多い」といった方はカードローンがいいでしょう。

目的や返済予定に合わせて選んでみて下さい。

カードローンでよくある質問

ここでは、カードローンでよくある質問についてご紹介します。

カードローンは審査なしでも契約できる?

カードローンは審査なしで契約できません。

なぜならカードローン会社は「返済能力があるか」「総量規制に該当しないか」を判断するために審査をおこなうからです。

反対に審査なしを謳っているカードローンだと、闇金など違法業者である可能性が高いので注意が必要です。

カードローンの審査では何を見られる?

カードローンの審査では主に以下の項目が見られます。

  • 本人の属性
  • 信用情報
  • 他社からの借り入れ状況

本人属性とはおもに、年齢、年収、勤務先、職業などの基本的にな情報を指します。

また信用情報(クレジットヒストリー)は具体的にクレジットカードやローンの利用状況などのことで、信用情報に傷があるとカードローンの審査に落ちる可能性が高いです。

また、総量規制に該当しないかどうかを確認するため、他社からの借り入れ状況も必ずチェックされます。

銀行カードローンは総量規制は適用されませんが、各社自主的に基準を設けているので、事前に確認するようにしましょう。

自分に合ったカードローン会社を選ぼう!

今回はおすすめのカードローン会社の口コミについてご紹介してきました。

カードローンは会社によってサービス内容が異なるので、金利や融資スピード、利便性などに合ったカードローン会社を選ぶことが大事です。

今回の記事を参考にぜひ自分に合ったカードローン会社を選んでみてください。