ブラックカードおすすめ比較ランキング!必要年収・条件・サービスで選んだ人気6枚を厳選紹介

ブラックカードおすすめ比較ランキング
クレジットカード

ブラックカードはクレジットカードの中で最高位のステータスを持ち、一般、ゴールド、プラチナカードより上位に位置します。

特徴としては高額な年会費があり、これに見合った豊富な特典やサービスが提供されます。

具体的な特典やサービス内容はカード会社によって異なり、ブラックカードの情報は一般にはあまり公開されていないため、その詳細は限られた情報からの推測に依存します。

利用限度額が無制限であったり、プライベートジェットのレンタルなど、特別なサービスが提供されることもあります。

株式会社日本マーケティングリサーチ機構の調査によると、2022年のブラックカード保有率は0.1%でした。

このことから、ごく一部の方が使用していることが分かります。

今回は、そんなブラックカードの中でも、どこがおすすめなのかを徹底解説していきます。

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

おすすめのブラックカード6選

ここからは、国際ブランド各社や一部のカード会社から発行されている6種類のブラックカードについて紹介します。

また下記表は、今回取り上げるブラックカードの基本情報をまとめたものになります。

ブラックカード セゾンダイヤモンド・アメックスカード アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード ラグジュアリーカードマスターカードBlack Card JCBザ・クラス 楽天ブラックカード ダイナースクラブプレミアム
年会費 242,000円 550,000円 110,000円 55,000円 33,000円 143,000円
基本ポイント還元率 1.00% 0.50% 1.25% 0.50% 1.00% 0.50%
限度額 なし 1,000万円程度 一律の制限なし
付帯保険 国内・海外旅行保険
ショッピング保険
ゴルファー保険
国内・海外旅行保険
ショッピング保険
国内・海外旅行保険
ショッピング保険
国内・海外旅行保険
ショッピング保険
JCBスマートフォン保険
ゴルファー保険
国内・海外航空機遅延保険
国内・海外旅行保険
ショッピング保険
国内・海外旅行保険
ショッピング保険
コンシェルジュ
無料の空港ラウンジ 1,300箇所以上 1,200箇所以上 1,300箇所以上 1,300箇所以上 1,300箇所以上 1,300箇所以上
家族カード 年会費無料 4枚まで年会費無料 年会費:27,500円 8枚まで年会費無料 年会費無料
発行 招待制 招待制 申し込み可能20歳以上 招待制 招待制 招待制

セゾンダイヤモンド・アメックスカード

セゾンダイヤモンド・アメックスカード

年会費 242,000円
基本ポイント還元率 1.00%
限度額
付帯保険 国内・海外旅行保険
ショッピング保険
ゴルファー保険
コンシェルジュ
無料の空港ラウンジ 1,300箇所以上
家族カード 年会費無料
発行 招待制
おすすめポイント
  • セゾンダイヤモンドセレクションbyクラブ・コンシェルジュが基本無料
  • 家族カードの年会費が基本無料
  • 1,000円毎にJALマイルが10Ptずつ貯まる

セゾンダイヤモンド・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンアメックスカードの中で最上位に位置づけられるブラックカードです。

このカードの年会費は242,000円(税込)と高額ですが、それに見合う豊富な特典とサービスが用意されています。

このカードの大きな特徴の一つは、1,000円の支払いごとに10のJALマイルが貯まる点です。

マイルを効率的に貯めたい方には特に魅力的なカードと言えます。

また、セゾンダイヤモンドセレクションbyクラブ・コンシェルジュが無料で利用でき、高級レストランやホテルなどの優待を享受することができます。

家族カードの年会費が無料であることも大きなメリットです。

これにより、家族会員も同じ豪華なサービスを無料で享受できます。

アメリカン・エキスプレス センチュリオン・カード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

年会費 550,000円
基本ポイント還元率 0.50%
限度額 なし
付帯保険 国内・海外旅行保険
ショッピング保険
コンシェルジュ
無料の空港ラウンジ 1,200箇所以上
家族カード 4枚まで年会費無料
発行 招待制
おすすめポイント
  • 年会費・入会費に見合った最高峰のサービスが利用できる
  • 選ばれた資産家しか持てない入会困難なカードゆえ、信頼性も高い
  • 希望次第でカードを強固なチタン製素材にできる

アメリカン・エキスプレス センチュリオン・カードは、ブラックカードの中でも最高峰とされ、持つこと自体がステータスとされています。

このカードの年会費は550,000円(税込)、入会金は55,000円(税込)です。

高額な費用に見合う豪華なサービスと特典が用意されており、その中でも特筆すべきは、限度額が設定されていないことです。

これにより、利用者は高額な決済を容易に行うことができます。

また、センチュリオンカードで貯められるポイントには有効期限がなく、積極的な利用が可能です。

カードの素材はチタン製で、重厚感と高級感が見た目からも感じられます。

センチュリオン・カードは、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの利用者を中心に招待されるシステムを採用しており、招待を受けること自体が特別な体験となります。

このカードは、その独特の特典とサービスで、世界中の高所得者にとって憧れの存在です。

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

年会費 110,000円
基本ポイント還元率 1.25%
限度額
付帯保険 国内・海外旅行保険
ショッピング保険
コンシェルジュ
無料の空港ラウンジ 1,300箇所以上
家族カード 年会費:27,500円
発行 申し込み可能20歳以上
おすすめポイント
  • 基本還元率が1.25%と非常に高い
  • インビテーション制じゃないので誰でも申し込み可能
  • 貯まったポイントは様々なマイルに交換できる

ラグジュアリーカード Mastercard Black Cardは、ステンレススチールを採用した金属製で、高級感あふれるデザインが特徴です。

このカードは、マスターカードブランドの中で最上位のステータスを誇り、デザイン重視の方にもおすすめの一枚となっています。

初年度の年会費は110,000円(税込)で、返金保証があります。

基本ポイント還元率は1.25%で、最大還元率は2.75%にも及びます。

また、貯まったポイントは、最大1.5%の還元率でキャッシュバックが可能で、月々の支払いへの充当や登録口座への振込みが選べます。

このカードは、フィラディスワインのお買い物クーポンへの交換で、1ポイントあたり最大11円相当となるなど、多彩な交換オプションを提供しています。

さらに、ANAマイルやJALマイルをはじめとする複数のマイルとの交換も可能で、交換手数料は無料です。

特にJALマイルへのポイント移行は、年間15,000ポイント(45,000マイル)の上限なしで利用できます。

JCB ザ・クラス

JCB ザ・クラス

年会費 55,000円
基本ポイント還元率 0.50%
限度額
付帯保険 国内・海外旅行保険
ショッピング保険
JCBスマートフォン保険
ゴルファー保険
国内・海外航空機遅延保険
コンシェルジュ
無料の空港ラウンジ 1,300箇所以上
家族カード 8枚まで年会費無料
発行 招待制
おすすめポイント
  • 24時間365日いつでもザ・クラスコンシェルジュサービスが利用できる
  • 年会費が他所に比べて安価
  • 厳選された有名レストランのコースメニューが2名以上の利用で1名無料

JCB ザ・クラスは、JCBブランドの中で最も高いステータスを誇るブラックカードです。

このカードは、特に厳選された人々にのみ提供されるインビテーション制で、JCBゴールドやJCBプラチナのカード利用者が対象となります。

年会費は55,000円(税込)で、基本ポイント還元率は0.5%、利用限度額は約350万円となっています。

JCB ザ・クラスの最大の魅力は、その豊富な特典とサービスにあります。

24時間365日対応のコンシェルジュサービス「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」は、旅行やゴルフ場の予約代行、レストランの予約など、幅広い要望に応えてくれます。

「もうひとりの秘書がいるような」体験を提供し、利用者にとって大変便利なサービスです。

JCB ザ・クラスは、そのステータスと豊富な特典により、多くの人にとって憧れの存在です。

既にJCBのゴールドやプラチナカードを持っている方は、このブラックカードへのインビテーションを待つ価値があるでしょう。

高級感と便利さを兼ね備えたJCB ザ・クラスは、選ばれた方々に最高のサービスと体験を提供します。

楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

年会費 33,000円
基本ポイント還元率 1.00%
限度額 1,000万円程度
付帯保険 国内・海外旅行保険
ショッピング保険
コンシェルジュ
無料の空港ラウンジ 1,300箇所以上
家族カード
発行 招待制
おすすめポイント
  • 年会費が3.3万円と比較的安価
  • 4つの国際ブランドから選べる
  • コンシェルジュサービスの利用が可能

楽天ブラックカードは、楽天が発行する最上級のブラックカードで、招待制を採用しています。

このカードの年会費は33,000円(税込)と、他のブラックカードに比べて比較的手頃です。

基本ポイント還元率は1.0%で、利用限度額は300万円から1,000万円程度となっています。

特筆すべきは、その充実した付帯サービスです。

楽天ブラックカードには、専門スタッフによるコンシェルジュサービスが付帯しており、レストランの予約や旅行、エンターテイメント、ゴルフ場の予約代行など、幅広いニーズに応えてくれます

さらに、国内外の空港ラウンジを同伴者2名まで無料で利用できるサービスや、世界140カ国以上で展開するHertzレンタカーの優待価格利用が可能です。

申し込みには楽天プレミアムカードからのステップアップが必要で、カードの利用履歴に基づいて招待されるシステムとなっています。

ダイナースクラブプレミアム

ダイナースクラブプレミアム

年会費 143,000円
基本ポイント還元率 0.50%
限度額 一律の制限なし
付帯保険 国内・海外旅行保険
ショッピング保険
コンシェルジュ
無料の空港ラウンジ 1,300箇所以上
家族カード 年会費無料
発行 招待制
おすすめポイント
  • 多岐に及ぶ優待サービスが受領できる
  • MasterCardの最上位ステータス「TRUST CLUB ワールドエリートカード」が付帯
  • 貯まったポイントには有効期限が設けられていないため、いづ手も好きなタイミングで使用できる

ダイナースクラブプレミアムカードは、ダイナースクラブによる最上級ランクの招待制ブラックカードです。

このカードの年会費は143,000円(税込)で、基本ポイント還元率は0.4%となっています。

利用限度額は個々の経済状況に応じて100万円から700万円程度に設定され、フレキシブルな使用が可能です。

ダイナースクラブプレミアムカードの最大の特徴は、その豊富なサービスと特典です。

24時間対応のコンシェルジュサービスが利用者のさまざまなニーズに応え、プレミアムエグゼクティブダイニングでは2名以上で利用する際、1名分のコース料金が無料となります。

また、ダイナースクラブ銀座プレミアムラウンジの利用も可能で、これらのサービスは高級感と快適さを提供します。

ブラックカードを持つメリット

ご存じの通り、ブラックカードは、クレジットカードのランクの最上位に位置するカードです。

その特徴ゆえ、社会的信用が高いだけじゃなく、カードを持つことで利用できる特別なサービスを受けることもできます。

ここでは、ブラックカードを持つ特徴を基に所有するメリットについて紹介します。

ステータスの高さ

ブラックカードはクレジットカードのランクの中で最上位に位置し、持つこと自体が一定の社会的地位や年収を示唆します。

オリコンニュースの調査によると、「お金持ち」や「高級」というイメージが強く、96.0%の人々がブラックカードを持つ人を富裕層と見なしています。

金属素材を使用した重厚なデザインが、そのステータスをさらに強調します。

充実した特典サービスが満載

ブラックカードの特典は質が高く、その種類は豊富です。

プラチナカードやゴールドカードにも提供される一般的なコンシェルジュサービスとは異なり、ブラックカードには専属のコンシェルジュが付き、24時間365日のサービスが提供されることもあります。

また、国内外の高級ホテルやレストランでの限定優待も特徴の一つです。

これらのサービスは、持ち主のライフスタイルをさらに豊かにし、非日常的な体験を提供します。

利用限度額が大きい

ブラックカードは利用限度額が非常に高く設定されています。

多くのカードは数百万から数千万円の範囲で、中には利用限度額が設定されていないカードも存在します。

この高い利用限度額は、持ち主が信頼されている証であり、大きな支出でも容易に処理できる利便性を提供します。

ブラックカードの選び方

一部のブラックカードを除いて、ブラックカードを発行するにはカードを発行しているカード会社から発行に関する招待状を受け取る以外、取得する方法がありません。

もちろん、すべてのカード会社がブラックカードを発行しているわけではありません。

ここでは、ブラックカードを発行している会社を選ぶ時の基準となるポイントを4つ紹介します。

カードのステータス性を確認する

ブラックカードの選択において最も重要なのは、カードのステータス性です。

ステータスの高いブラックカードを選ぶ場合は、アメリカン・エキスプレス®︎・センチュリオン・カードやダイナースロイヤルプレミアムカードのような国際ブランドから直接発行されているプロパーカードをチェックすることが重要です。

これらのカードは高いステータスを持ち、その所有だけで一定の社会的地位が認められると考えられています。

カードの特典内容を確認する

ブラックカードを選ぶ際には、提供される特典内容を確認することが肝心です。

特に、専属コンシェルジュサービスや、高級ホテルやレストランでの限定優待などは、ブラックカードならではの特別な特典と言えます。

また、独自のラウンジアクセスやグルメ特典なども重要な選択肢となります。

カードの年会費で選ぶ

年会費の高さは、ブラックカードのサービスや特典の質を示す重要な指標です。

高額な年会費を支払うことで、より豪華で高品質なサービスを享受できます。

例えば、アメリカン・エキスプレス®︎・センチュリオン・カードやダイナースロイヤルプレミアムカードは高額な年会費を課していますが、それに見合う豊富なサービスと特典を提供しています。

カードのデザインで選ぶ

ブラックカードのデザインも重要な選択基準の一つです。

金属製のカードや、純金でコーティングされたカードなどは、見た目の高級感や所有する喜びを高めます。

また、カード番号や名前が手作業で施されたデザインは、個性とステータスの象徴となり得ます。

ただし、金属製カードは一部の店舗で利用できない場合もあるため、プラスチック製のサブカードを持つことも検討してください。

ブラックカード作成に必要な招待状を受け取る方法

冒頭でも紹介したように、ブラックカードを持つには、カードを発行している会社から招待状を受け取るのが原則となります。

また招待状がどのような条件下で送られてくるのかは公表されていません。

しかし、ブラックカードは社会的信用が他のカードよりも高いという特性を有しています。

ゆえに、会社側から向けられる信用が関係しているとも考えられます。

ここでは、「信用」に基づいて、ブラックカード作成に必要な招待状を受け取る方法について考察していきます。

プラチナカードを使用する

ブラックカードのインビテーションを受け取るためには、まずプラチナカードの所持が一般的なステップです。

プラチナカードはブラックカードに次ぐ高いステータスを持ち、これを利用することでクレジットカード会社に対し、高い信頼性と支払能力を示すことができます。

ブラックカードへの招待は、プラチナカード利用者の中でも特に優れた信用実績を持つ顧客に限られるため、まずはプラチナカードの取得とその利用実績の積み重ねが重要です。

年間利用額300万円を目安にカードを使用する

ブラックカードの招待を受けるためには、年間のカード利用額も重要な要素です。

一般的には年間利用額が300万円以上であることが望ましいとされています。

この金額はカード会社によって異なる場合もありますが、高額のカード利用がブラックカードの招待を受けるための重要な基準の一つであることは間違いありません。

このため、定期的な大きな支出をカードで行うことが有効です。

滞納や延滞などの金融事故を引き起こさない

ブラックカードを手に入れるためには、信用情報の維持が不可欠です。

これには、クレジットカードの支払いを毎回期日までに完済することが含まれます。

支払いの遅延や滞納、その他の金融事故は、ブラックカードの招待を得るチャンスを大きく減少させる可能性があります。

したがって、カードの支払いを遅れることなく行うことが、ブラックカードへの道を開く鍵となります。

ブラックカードを持つために必要な年収の目安

ブラックカードは、クレジットカードの中で最高位のステータスを象徴しており、その所有は一定の財力や信用を必要とします。

一般的に、ブラックカードを所有するためには、かなりの高収入が必要とされています。

所有者の多くが高所得者である理由
  • 高額ともいえる年会費や入会金の支払いが発生するため
  • カード会社による厳格な審査基準が存在するため

年収の具体的な目安は、カード会社によって異なりますが、ブラックカードを持つためには通常、年収が数千万円以上であることが望ましいとされています。

例えば、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードやJCBザ・クラスなどの高級カードでは、年収だけでなく、既存のクレジットカードの使用実績や資産状況、信用記録なども総合的に評価されます。

さらに、ブラックカードは単なる決済手段ではなく、所有者に対して高度なサービスや特典を提供します。

これには、専用のコンシェルジュサービス、限定イベントへの招待、特別な旅行保険などが含まれることがあります。

これらのサービスを充分に活用するためにも、一定以上の収入が必要となるのです。

おすすめのブラックカードに関する質問

最後にブラックカードに関する疑問について解説して行きます。

自己申請で作成できるブラックカードはある?

ブラックカードの多くは招待制ですが、インビテーションなしで申し込むことができるブラックカードも存在します。

その代表例がラグジュアリーカード Mastercard Black Cardです。

このカードは、高いポイント還元率やマイル交換の柔軟性が特徴で、豊富な特典を提供しています。

一般のクレジットカードと同様に申込みが可能で、特にインビテーションを待つ必要がないため、アクセスしやすいブラックカードと言えます。

ブラックカードの招待状を受け取るのに年収は関係ある?

ブラックカードの招待状を受け取るためには、ある程度の年収が必要とされています。

一般的には年収1,000万円以上が目安とされていますが、公式な発表は少ないため、カードによって異なる可能性があります。

ただし、年収だけでなく、クレジットヒストリーや利用実績なども重要な審査基準となるため、年収が基準に達していなくても、他の条件を満たしていれば招待される可能性はあります。

ブラックカードの作成に年齢制限はある?

ブラックカードの申込みに特定の年齢制限が設けられている場合があります。

しかし、これはカード会社やブラックカードの種類によって異なり、一律の基準はありません。

一般的には成人(20歳以上)であることが要求されることが多く、それ以上の具体的な年齢基準はカード会社によって設定されます。

ブラックカードは成熟した金融知識と安定した経済基盤を持つ顧客に向けて設計されているため、一定の年齢や社会的な地位がある程度求められる傾向にあります。

ブラックカードは入手すること自体が困難

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

ブラックカードは流通量自体が極めて少なく、入手すること自体が困難という特徴があります。

また、ブラックカードの提供はカード会社のブランディング的な側面もあり、業績が好調でないタイミングだと流通がガクッと減るともいわれています。

入手自体が困難であることを肝に銘じておき、しっかりと実績を積んでインビテーションが届くなどのタイミングを待ちましょう。