ACマスターカードの審査は甘い?厳しい?審査基準と口コミ・審査に落ちた時の対処法

ACマスターカードの審査
クレジットカード

ACマスターカードは、即日発行に対応しているクレジットカードです。

クレジットカードの中でも審査に不安があっても利用しやすいと人気のカードですが、実は大手消費者金融のアコムが提供している商品なのです。

アコムが提供しているクレジットカードのため、他のクレジットカードとは審査の事情が異なります。

そこで今回はACマスターカードの特徴や、審査の内容・審査難易度・即日発行の手順・利用者の口コミなどを徹底的に解説を行います。

ACマスターカードの申し込みを検討している人は是非チェックしてください。

\↓入会金・年会費無料!↓/

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

「ACマスターカード」の基本情報

【アコムACマスターカードのスペック】

 

年会費 なし
国際ブランド Mastercard
申込資格 満20歳以上で安定した収入のある人
手数料 ショッピング:10.0%~14.6%
キャッシング:3.0%~18.0%
利用限度額 ショッピング:最大300万円
ショッピング+キャッシング:最大800万円
還元率 0.25%
家族カード・ETCカード なし
各種保険 なし

アコムACマスターカードの特徴は、とにかく「シンプル」であることです。

さまざまなサービスや機能が付帯したクレジットカードを見慣れている人から見ると物足りなさを感じるかもしれません。

しかしクレジットカードとしての機能さえ備わっていればいいという人からは、これくらいがちょうどいいという意見も聞かれます。

ACマスターカードのメリットやデメリットについては詳しく後述していきたいと思います。

アコムACマスターカードの審査申し込み方法

申込方法 受付時間
インターネット 24時間365日受付
自動契約機 9:00~21:00 ※年中無休(年末年始除く)
アコム店頭 平日9:30~18:00(土日祝日は休業)
電話 24時間365日
郵送

アコムACマスターカードの申し込み方法は、一般的なクレジットカードの申し込み方法とほぼ同様です。
ただし、自動契約機でも申し込み可能なのは、やはりアコムならではですね。

アコムACマスターカード申込時の必要書類

【本人確認書類】

アコムACマスターカードに申し込みをする人全員が、提出しなければならないのが本人確認書類です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

など、顔写真付きの本人確認書類を準備しておきましょう。

顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合は、

  • 住民票
  • 公共料金領収書
  • 納税証明書

などの書類を健康保険証に添えて提出してください。

また、口座振替による返済を希望する場合は銀行の通帳も持参しましょう。

【収入証明書】

ACマスターカードのキャッシング枠の利用限度額を50万円以上希望している人

『他社借入額が100万円を超えている人』は収入証明書も提出しなければなりません。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 市県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

からいずれか1点を提出します。

収入証明書はすぐに準備できないこともありますので、アコムACマスターカードへの申し込みを検討し始めた段階で前もって用意しておきましょう。

ACマスターカード審査申し込みからカード発行までの流れ

どの申し込み方法でも基本的な流れは以下の通りです。

他にも申込方法や申し込みの流れの組み合わせはいろいろありますが、ここではアコムACマスターカードへの主な申込方法とその流れをご紹介します。

ACマスターカード審査申し込みからカード発行までの流れ
  1. 申込
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 契約手続き
  5. ACマスターカードの受け取り

【Step1】申込

インターネット申し込み 公式ホームページの申し込みボタンから情報を入力
自動契約機での申し込み タッチパネルで必要事項入力

申込票に記入してスキャナーで読み取り

電話による申し込み オペレーターに必要な情報を伝える
店頭での申込み 申込書に情報を記入

【Step2】必要書類の提出

インターネット申し込み 会員ログイン、専用アプリからアップロード

自動契約機のスキャナーで読み取り

店頭窓口で提出

自動契約機での申し込み スキャナーで読み取り、タッチパネルで必要事項を入力する

自動契約機のスキャナーで読み取り

店頭窓口で提出

店頭での申し込み 担当者に提出する
電話による申し込み 仮審査通過後、自動契約機か店頭へ

【Step3】審査

必要書類を提出すると審査が始まります。

審査結果が出るまで最短で30分ほど時間がかかりますので、そのまま待ちましょう。

【Step4】契約手続き

インターネット申し込み 「契約手続きのお願い」メールを確認、同意すれば契約完了

自動契約機、店頭でも契約可

自動契約機での申し込みタッチパネルで必要事項入力

契約書に必要事項を記入後、スキャナーで読み取り

店頭での申し込み 契約書の内容を確認、提出
電話による申し込み 自動契約機で提出

店頭窓口で提出

【Step5】ACマスターカードの受け取り

インターネット申し込み 自動契約機で発行・受け取り、店頭窓口で発行・受け取り
自動契約機での申し込み その場で発行・受け取り
店頭での申し込み その場で発行・受け取り
電話による申し込み 自動契約機で発行・受け取り、店頭窓口で発行・受け取り

クレジットカードの受け取りは自動契約機が便利ですが、全ての自動契約機がアコムACマスターカードの発行に対応しているわけではないので注意してください。

ACマスターカード発行に対応している自動契約機は、アコムのホームページから簡単に検索できます。

\↓最短1時間で即日発行!↓/

ACマスターカードの審査は甘くない

ACマスターカードの審査は、一概に「甘い」とも「厳しい」とも言えない複雑なものです。

審査結果は、申請者の個々の信用情報や金融状況、そしてアコム独自の審査基準に大きく依存します。

ACマスターカードはリボ払い専用カードであり、この支払い方式は手数料が高くなりやすいため、他のクレジットカードより審査に通りやすいとされることがあります。

しかし、申請者の信用スコア、収入状況、職歴などの要素も厳しく評価されるため、必ずしも全ての申請者に審査が緩いわけではありません。

そのため、ACマスターカードの審査は申請者によって大きく異なり、個々の状況に合わせた審査が行われることが重要です。

ACマスターカードの審査基準

ACマスターカードの審査基準で重要なのは、申込者が毎月安定した収入があるか、他社からの借り入れ状況、そして返済能力の有無です。

これらの基準は、ACマスターカードを安心して使用するために必要な要件であり、申込者の信用度と返済能力を総合的に評価する基準になります。

安定収入

ACマスターカードの申込条件の一つは、安定した収入の確認です。

これは、カードユーザーがクレジットカードの請求やカードローンの返済を適切に行えるかどうかを見極めるためのものです。

無職の場合、通常は審査に通るのが難しいですが、例えば投資からの利益など不労所得がある場合は、これを収入として考慮されることもあります。

他社からの借り入れ状況

他社での借入状況も重要な審査項目です。

過度な借入れや多重債務は、返済能力に疑問を持たせる要因となります。

ACマスターカードの審査では、他社の借入状況を詳細に確認し、申込者の信用状態を評価します。

返済能力の有無

最も重要なのが返済能力の有無です。

これは、申込者がクレジットカードの利用代金やカードローンの返済を適時に行えるかどうかを判断するための基準です。

年齢、勤務先、勤続年数、年収、居住形態、家族構成などの情報が審査において重要視されます。

また、虚偽の情報を提供すると、審査に悪影響を及ぼし、審査落ちの原因となるため注意が必要です。

ACマスターカードの審査時間

ACマスターカードの審査は、迅速なプロセスが特徴です。

最短で30分という短時間で審査が完了することが多いため、急いでいる人にとっては非常に便利です。

ただし、これはあくまで最速のケースであり、審査には申込内容や個人情報の詳細によって時間が異なることがあります。

例えば、申込内容に不備があったり、提供された情報が不完全であったりすると、審査にはより長い時間がかかる可能性があります。

また、ACマスターカードの公式サイトには「3秒診断」という機能が設置されており、これを利用することで、審査の進行具合をある程度予測することができます。

総じて、ACマスターカードの審査時間は迅速であることが多いですが、個々の申込者の状況や提出情報、さらには申込時の混雑度によって変わることを理解しておくことが重要です。

ACマスターカードの審査に落ちる原因

独自の審査基準が設けられているACマスターカードでも、申込者のステータスや属性に不安があると感じられると、審査落ちになる可能性があります。

ここでは、審査落ちの原因とも考えられる者を4つ紹介します。

返済能力が低い

ACマスターカードの審査では、申込者の返済能力が重要視されます。

年収や勤続年数が審査基準の一部となるため、これらの条件が満たされない場合、返済能力が低いと判断され審査に落ちる可能性があります。

総量規制を超過する

ACマスターカードはカードローン機能付きであるため、賃金業法の総量規制が適用されます。

この規制により、申込者の年収の3分の1を超える借入れがある場合、審査に落ちることがあります。

金融事故を起こした経歴がある

過去に滞納や自己破産などの金融事故がある場合、これは審査に不利に働きます。

特に長期間の滞納や債務整理はブラックリスト入りの原因となり、審査落ちにつながる可能性が高いです。

同時期に複数社にカード入会の申込を行っている

複数のクレジットカードに同時に申し込む「多重申し込み」も審査に悪影響を及ぼします。

これは不正利用の疑いや、他社カードの利用を優先する意図があると見なされるため、審査で不利になります。

ACマスターカードの審査に通るポイント

ACマスターカードの審査に絶対に通りたい!なんとか即日発行を成功させるコツはないの…?

ACマスターカードの審査に通過するには、確実に審査に通過するためにポイントを押さえておくことが大切!

きちんと対策を行って申し込むことで、審査に通過しやすくなります!

そこでここではACマスターカードの審査に確実に通りやすくするために気を付けたい5つのポイントを紹介していきます。

ACマスターカードの審査に通りやすくするポイント
  1. 申し込み時に入力ミスをしない
  2. クレヒスに問題が無いかを確認しておく
  3. すでに年収の3分の1以上の借り入れを行っていないか
  4. 借入希望額が高すぎないか
  5. ACマスターカードからの在籍確認の対策をしておく

申し込み時に入力ミスをしない

ACマスターカードの審査申し込み時には、情報の入力ミスを起こさないように慎重に行いましょう。

入力ミスを起こしてしまうと、連絡を取ることができず正常に審査が進められず、審査に時間がかかってしまいことも。

特に即日発行を検討しているのであれば、入力ミスによる確認作業で時間ふがかかってしまっては大変もったいないです。情報の入力は慎重に行いましょう。

クレヒスに事故履歴を残さない

ACマスターカード審査申し込みの前に、自分の信用情報の問題が無いかもチェックしておきましょう。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で、要は自分の信用情報のことを指します。

信用情報とはこれまでのクレジットカードやカードローンなどの利用・申し込み履歴が記録されている機関であり、クレジットカードの審査時などに申し込み者の信用力をチェックするために照会作業が行われます。

過去にクレジットカードの支払いを長期滞納したり、債務整理などを起こしていると、この信用情報機関に記録が残ります。

審査が甘いと言われがちのACマスターカードですが、過去に問題を起こして信用情報にキズがついていると、審査に通過することができません。

まずは自分の信用情報にキズが付いていないことを確認しましょう。

信用情報機関に問い合わせれば、すぐにチェックすることができますよ。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC

年収の3分の1以上の借り入れをしない

ACマスターカードでは、利用者の総量規制も審査時にチェックが入ります。

総量規制とは貸金業法という法律の中の一つで、貸金業が融資を行う際、利用者の年収の3分の1までしか借り入れを行うことができないという決まりです。

ACマスターカードでは消費者金融の審査基準で進められていくため、利用額もこの総量規制に則って決められていきます。

総量規制を超えた金額で申し込みをした時点で審査落ちとなってしまう可能性が高いため、確実に審査に通過するためには、自分の年収の3分の1以下の金額で申し込みを行いましょう。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)
出典:日本貸金業協会

融資希望額を低く抑える

ACマスターカードの審査申し込み時に、契約希望額が高すぎると、審査に時間がかかってしまいやすいです。

契約金額が高額でなればなるほど、毎月の支払い時に滞納のリスクが高まってしまいます。

そのため審査担当者も審査に通過させることに慎重になってしまい、場合によっては審査落ちの原因となってしまうことも。

しかし逆に希望金額が低いと、審査担当者としても返済滞納のリスクが低いとされ、審査に通過させやすくなる傾向にあります。

確実にACマスターカードの審査に通過したいのであれば、契約希望額を少なめにして申し込み、利用が進んでいく中で増額申請を出すことがおススメです。

在籍確認の対策をしておく

ACマスターカードでは、審査の最終段階で勤務先への在籍確認が行われます。

この在籍確認が取れないと、ACマスターカードの審査に通過することはできません。

勤務先に電話がかかってくるなんて…と心配される方が多いですが、ここでACマスターカードの在籍確認のポイントを解説します。

  • 在籍確認ではACマスターカード・アコムの名前はださない
  • 確認自体は5分程度で完了
  • 本人が対応できなくても在籍の有無がわかれば対応完了

このように、第三者にACマスターカードの利用がわからないように徹底した対応を行って貰えます。

ACマスターカードの審査のポイントまとめ

【Pick Up】ACマスターカード
アコムACマスター
おすすめポイント
  • 最短即日発行で今日カードが手に入る!
  • 審査に不安があっても作りやすい
  • 年会費は無料
年会費
永年無料
国際ブランド
Mastercard
発行スピード
最短即日
還元率
0.25%
公式サイトはこちら

今回は大手消費者金融のアコムが提供するクレジットカード、ACマスターカードについて徹底解説を行いました。

  • 即日発行ができるクレジットカード
  • 消費者金融のカードのため、他の商品よりも審査基準が異なる
  • ポイント還元などのお得感はあまり期待できない
  • クレジットヒストリーを積みたい人にはおすすめ

などがわかりました。

  • とにかく今日中にクレジットカードを作りたい
  • 審査に不安がある

上記に当てはまる人には、おススメしたいクレジットカードです。

また即日発行や審査の通りやすさを重視するのであれば、審査がスムーズに進むように対策を行いながら申し込むことがおススメです。

今回ご紹介したポイントを元に、ACマスターカードの審査通過を目指しましょう!

\↓入会金・年会費無料!↓/